スギテツのGRAND NACK RAILROAD

パーソナリティー

プロフィール スギテツ

公式サイト

パーソナリティー

プロフィール 久野知美

公式ブログ
 

◆番組名:スギテツのGRAND NACK RAILROAD
◆放送日時:毎週日曜日 朝6:00〜6:55
◆パーソナリティー:スギテツ(杉浦哲郎、岡田鉄平)
同窓会電車 & ゲスト 伊藤 桃さん・豊岡真澄さん

みなさん、こんにちは!

番組ディレクターの三國です。

先週、関東地方では真夏日・夏日が早くもやってきました。暑さに体が慣れていないこの時期、急激な気温の上昇は熱中症をもたらします。もともと春は気温の変化が激しいのですが、先週のような温度差は要注意です。

 

きょうの「鉄分満載!スギテツの鉄道トーク」では、西武鉄道と同窓会幹事代行業の笑屋が企画した同窓会電車をご紹介しました。

走る電車の中で同窓会を開こうというものです。この企画は今年が2年目で、西武線沿線の学校を卒業した人たちに会場を提供します。電車は西武線おなじみの黄色い電車2000系。ターミナルに集合して、会が終わったら都合の良い駅で降りることができるというすぐれものです。今年は9月30日と10月1日に運行の予定です。くわしくは西武鉄道と笑屋のホームページでご確認ください。

IMG_4512.jpg

   http://dsksyoya.com/plan/seibu

   http://syoya.com/releases/577723188

 

後半の「つれづれTRAIN」は、杉浦さんプロデュースの「国鉄民営化30周年記念トリビュート・アルバム JNR to JR」特集企画の4回め。ゲストに鉄道タレントの伊藤 桃さんとママ鉄の豊岡真澄さんをお迎えしました。お二人とも鉄道に関してはキャリアは十分。

楽しいお話を聞かせてくださいました。

みなさんも、ぜひこのアルバムをお手に取って、そしてお買い求めいただければ番組スタッフとしても嬉しいです。

IMG_4554.jpg

4/16 高〜い地下鉄駅 & ゲスト 南 正時さん

みなさん、こんにちは!

番組ディレクターの三國です。

街を歩いていると、新入社員や新入生に出会います。4月はいろいろな場面で新しいことが始まります。

 

きょうの「鉄分満載!スギテツの鉄道トーク」では、地下鉄のあれこれをご紹介しました。いま、東京の渋谷では大規模な再開発工事が行われています。地下鉄銀座線の駅もいまの位置から少し表参道駅よりに移設されます。また、銀座線の表参道駅の少し渋谷駅寄りのところに古いホームが残されています。銀座線の表参道駅のホームは、千代田線の表参道駅が開設された時にいまの位置に移設されました。残されている古いホームは、それ以前に使われていたものです。写真を載せようと思ったのですが、撮影が難しいのでうまく撮れたら載せます。

そして、ご紹介したのは日本一標高の高いところにある地下鉄駅。仙台市営地下鉄東西線の八木山動物公園駅です。標高136.4mのところにあるのですが、なんとホームは地下にあります。さらに興味深いのは、駅には「八木山てっぺんひろば」という展望施設があることです。地下鉄の駅を出ると、視界がグーンと広がるなんて見てみたいです。

IMG_4223.jpg

銀座線渋谷駅の移設工事の現場です

 

後半の「つれづれTRAIN」はニューアルバム「JNR to JR」に参加したアーティストをお迎えするシリーズの3回目。今回はアルバムのジャケット写真を提供していただいた鉄道写真家の南正時さんです。SL時代から鉄道写真を撮り続けている南さん。鉄道への深い愛情を感じさせるお話をたくさんしてくださいました。アルバム「JNR to JR」を聴きながら南さん撮影の数々の写真を鑑賞するのは、なんとも贅沢な瞬間です。

IMG_4556.jpg

4/9 重要文化財の電車 & ゲスト木村裕子さん

みなさん、こんにちは!

番組ディレクターの三國です。

首都圏では桜の花が一気に咲きました。春爛漫といった感じです。

みなさんはもうお花見はしましたか?

 

きょうの「鉄分満載!スギテツの鉄道トーク」では、電車が国の重要文化財に指定される運びとなったニュースをお伝えしました。1914年製造のナデ6141号電車と1927年製造の地下鉄1001号電車の二つです。

ナデ6141号電車は日本初の三扉車で、総括制御装置を導入した電車です。総括制御装置とは、モーターのついた何両もの電車を連結して一人の運転士の操作で走行できる装置のことです。

また地下鉄1001号電車は、それまで車両は木造が当たり前だった時代に初めて全鋼製の電車として製造されました。さらに自動扉、自動列車停止装置(ATS)を搭載した初めての電車でもあります。

この二つの電車はいずれも日本の電車の近代化・標準化の歩みを知る上で、とても重要と判断されて重要文化財の指定への道が開かれました。今ではごく当たり前の装置や設備ですが、開発に携わった人たちの血と汗の結晶だったんですね。電車に乗るときは、時々こうした先人の労苦を思い出してみませんか?

IMG_4511.jpg

 

後半の「つれづれTRAIN」。今月は杉浦さんがプロデュースしたアルバム「JNR to JR」に参加したアーティストをお迎えしてお話を聞いています。2回目の今回は、元祖鉄道アイドルの木村裕子さん。鉄道アイドルとして売り出すまでのことや、お小さい頃の話などたくさんうかがいました。番組には今回が初めての登場でしたが、これからは機会があるごとにご登場いただければと思います。

IMG_4510.jpg

4/2 国鉄とJRのフリーきっぷ & ゲスト 上野耕平さん

みなさん、こんにちは!

番組ディレクターの三國です。

 

首都圏では先週木曜日が暖かかったので、桜の花もずいぶん咲きました。

みなさんの地域ではいかがですか?

 

きのう4月1日、国鉄が分割民営化されてJRとなって30年となりました。そこで、きょうの「鉄分満載!スギテツの鉄道トーク」では、国鉄最後の日限定のフリーきっぷなど、この30年の節目ごとに発売されたフリーきっぷをいくつかご紹介しました。どれも魅力いっぱいです。特に国鉄最後の日、つまり1987年3月31日限定の「謝恩フリーきっぷ」は、新幹線も在来線の特急・急行・普通も、それに当時はまだ現役だった連絡船のどれにも自由に乗れるという、夢のようなきっぷでした。その後JRとなってからも10周年にもフリーきっぷが発売され、20周年ではフリーきっぷではないものの、青春18きっぷが割安で発売されました。30周年の今年は、各社をまたいだきっぷは発売されません。さすがに30年も経過すると、各社それぞれに事情があって横並びというわけにはいかないようです。でも、節目の年ですから、今からでも何か鉄道ファンを喜ばせるようなきっぷの発売を期待するのはぼくだけでしょうか?

IMG_4513.jpg

 

今週から後半の「つれづれTRAIN」では、杉浦さんプロデュースによるアルバム「JNR to JR」に参加したアーティストをお迎えして、いろいろなお話をうかがいます。

きょうはそのトップバッター。サキソフォン奏者の上野耕平さんでした。上野さん、その鉄分の濃さにはさすがの杉浦さんもビックリのようでした。サキソフォンという楽器の魅力とともに、深い鉄道愛を語ってくださった上野さんには、また機会を作ってお越しいただきたいです。

来週は、元祖鉄道アイドルの木村裕子さんをお迎えする予定です。

IMG_4508.jpg IMG_4506.jpg

 

さて、先週お伝えした女子鉄アナウンサー久野知美さんの九州鉄道記念館レポート。遅くなりましたが、写真をご覧に入れます。

IMG_4499.jpg IMG_4503.jpg

 

IMG_4500.jpg IMG_4496.jpg

3/26 鉄道をめぐる新しい動き & 九州鉄道記念館

みなさん、こんにちは!

番組ディレクターの三國です。

3月最後の日曜日になりました。今週土曜日からは新年度です。

気分が新たになる季節。桜の花も咲き始めて、春爛漫ですね。

東京では桜が咲きましたよ!

 

きょうの「鉄分満載!スギテツの鉄道トーク」でご紹介したのは、東京葛飾区と石川県金沢市が打ち出した新しい鉄道の話題でした。葛飾区には新金線というJRの貨物路線があって、これを旅客用に活用しようということで、調査のための費用を新年度予算に盛り込みました。葛飾区は南北に長いのですが、区内を南北に走る鉄道は京成金町線しかありません。区民にとっては、新しい路線は大変ありがたいものになるということです。

そして、北陸・金沢市では金沢港から北陸鉄道の野町駅までを結ぶ新たな路線を作ろうと計画中です。ただし、鉄道にするのか、バスにするのかの双方を考慮中ということです。いまのところ、BRTによる陸上輸送が望ましいとなっているそうです。

いずれも結論が出るのはまだ先ですが、新しい路線の話題は鉄道ファンでなくてもワクワクしますね。

IMG_4277.jpg

 

後半の「つれづれTRAIN」は、女子鉄アナウンサー久野知美さんが九州鉄道記念館を訪ねた時の様子をお伝えしました。インタビューに応じてくださったのは、副館長の宇津宮照信さん。食堂車勤務の経験もあるというユニークな方です。門司港駅に隣接する九州鉄道記念館。もし九州へお出かけの機会があったら、ぜひお立ち寄りください。

IMG_4490.jpg

3/19 あの名物列車は今 & 池上線レポート Part 2

みなさん、こんにちは!

番組ディレクターの三國です。

予想では今週から桜の開花が始まるということです。いよいよ本格的な春の到来です。桜前線はスタートから北上を続け、およそ2ヶ月かけて

日本最北に到達します。今年、みなさんはどんな春を迎えますか?

 

きょうの「鉄分満載!スギテツの鉄道トーク」では「あの名物列車はどうなった?」という話題をお届けしました。日本一長い距離を走る普通列車のご紹介でした。JR北海道 根室本線の2427Dという列車は、滝川〜釧路間308.4kmを走ります。今月から実施されているJRの新しいダイヤでは、中央本線・篠ノ井線の高尾〜長野間を直通で走る441Mという列車が登場しました。245.0kmを4時間51分かけて走ります。鉄道ファンにとっては、青春18きっぷを利用しての乗車が良さそうです。

IMG_4203.jpg

 

後半の「つれづれTRAIN」は、先週に続いて女子鉄アナウンサー久野知美さんの乗り鉄レポート「東急池上線編」のPart 2をお届けしました。旗の台、荏原中延、そして戸越銀座の商店街を巡りました。中でも戸越銀座の商店街は、日本有数の大きな商店街として知られています。久野さんがレポートしたように、戸越銀座の駅前から第二京浜国道の方に延びる商店街の終点は肉眼では見えないほど長大な街並みです。

どの商店街も地元の人々に愛され、支えられていることがよくわかりました。みなさんのお近くの商店街は、どんな街ですか?

IMG_4482.jpg IMG_4451.jpg

 

IMG_4454.jpg 

3/12 583系引退 & 池上線レポート Part 1

みなさん、こんにちは!

番組ディレクターの三國です。

相変わらず花粉症に悩まされております(涙)。

 

きょうの「鉄分満載!スギテツの鉄道トーク」で取り上げたのは、国鉄時代から活躍した特急型の583系電車がついに完全引退するという話題でした。

「ゴッパーサン」の愛称で親しまれた583系は、昼は座席特急として、夜は寝台特急として文字通り昼夜を分かたずに日本中を駆け抜けました。今はJR東日本秋田支社に1編成6両があるだけで、来月この車両が秋田〜弘前間を走るのがラストとなります。

そしてJR東日本では、秋田駅と弘前駅で記念入場券を発売します。このラストランと記念入場券、そのほか関連の催しなどについては、JR東日本のホームページに詳しいプレスリリースがありますので、そちらをご覧ください。

 

http://www.jreast.co.jp/press/

IMG_4388.jpg

 

後半の「つれづれTRAIN」は、女子鉄アナウンサー久野知美さんの乗り鉄レポート。今回は東急池上線に乗りました。きょうはそのパート1。

蒲田駅から洗足池駅までをお送りしました。

途中、池上駅、池上本門寺、雪谷検車区などをめぐり、前半最後は洗足池を訪ね、なんとスワンボートに乗ってしまいました!

池上線は、3両編成のこじんまりした電車ですが、沿線には興味深いスポットが満載です。前半の写真をご覧に入れますので、みなさんもぜひチャレンジしてください。来週は、パート2をお送りします。

IMG_4406.jpg  IMG_4464.jpg

蒲田駅は櫛形ホーム         池上駅の構内踏切

IMG_4414.jpg IMG_4415.jpg

池上本門寺の石段 96段あります   こちらは大堂 ここで引いたおみくじは全員「凶」!

IMG_4426.jpg IMG_4450.jpg

雪谷検車区の車両基地      洗足池 大人3人でスワンボートに乗りました

3/5 そば・うどんキャンペーン & JR四国

みなさん、こんにちは!

番組ディレクターの三國です。

 

3月に入りました。

そして、きょうは二十四節気のひとつ啓蟄。地中で冬を過ごした虫たちが外へ出てくる頃です。まだ寒い日もありますが、季節は春です。

また、卒業式シーズンでもあります。春は、別れ、旅立ちの季節。そして、4月になれば出逢いの季節になります。みなさんはどんな春をお迎えですか?

 

「春」、「春」と言いながら、きょうの「鉄分満載!スギテツの鉄道トーク」では鉄道会社が関係するそば・うどんのキャンペーンをご紹介しました。京王電鉄の「高尾山の冬そばキャンペーン」と西武鉄道の「西武沿線うどんラリー2017」の二つです。「高尾山の冬そばキャンペーン」は、今年で15回目。ぼくも何度も参加しています。そして、西武線が走る東京の多摩地区と埼玉県の西部はうどんが名物。駅そばもそうですが、鉄道とそば・うどんは濃い関係にありますね。この二つのキャンペーンは、いずれも今月いっぱい行われています。

IMG_2338.jpg IMG_2349.jpg

写真は、以前女子鉄アナウンサー久野知美さんと高尾山に取材に行った時に撮ったものです。

 

後半の「つれづれTRAIN」では、JR四国のデスティネーションキャンペーンについてJR四国総合企画本部地域連携室の早馬直樹さんに電話でお話をうかがいました。JRグループの中でもとりわけユニークなJR四国。スギテツもいろいろご縁のある会社です。今回のデスティネーションキャンペーンについては、↓こちらもごらんください。

http://www.jr-shikoku.co.jp/shikoku_dc/

2/27 お詫びと訂正

番組ディレクターの三國です。

2月26日のブログ記事について、お詫びと訂正があります。

 

まず、手違いのためブログの更新が遅れてしまったことをお詫びします。

 

また、「中国地方ローカル線の旅ガイドブック〜愛しの三江線〜」の紹介文の中に

  「編集を担当された株式会社メディアジョンプレスの山本紀子さん」

との記述がありますが、これを

  「著者のフリーランスライターやまもとのりこさん」

に訂正します。

やまもとさんはフリーランスの立場でこの本を著されました。

 

よろしくお願いいたします。

2/26 JR九州の新特急 & 三江線の魅力

みなさん、こんにちは!

少しずつですが、春が近づいています。

ぼくの家の近所では、沈丁花の花が咲いています。あの香りに気づくと、春を実感しますね。

 

きょうの「鉄分満載!スギテツの鉄道トーク」では、JR九州の新しい特急「かわせみ やませみ」をご紹介しました。肥薩線の川線と呼ばれる区間を走る列車です。JR九州では、これまでもユニークな列車をいくつも生み出してきました。どれも九州の魅力を満喫できるようにと企画されたもので、今回の「かわせみ やませみ」は人吉球磨地域に観光客を呼び込もうというものです。車内では地元特産の球磨焼酎の販売もあるとか。さらに地元の食材をふんだんに使った食事も楽しめるということです。最近、こうした企画性の強い列車が多くなっています。みなさんはどんな列車に乗ってみたいですか?

JR九州のサイトです。

http://www.jrkyushu.co.jp/#

 

後半の「つれづれTRAIN」では、中国地方を走るローカル線を紹介する書籍「中国地方ローカル線の旅ガイドブック〜愛しの三江線〜 」の編集を担当された株式会社ザメディアジョンプレスの山本紀子さんに電話でお話をうかがいました。三江線はすでに廃止が決まっていますが、ファンの多い路線です。ぼくも廃止前にぜひ乗りたいと思っています。

そして、株式会社ザメディアジョンプレスさんのご好意で、この本をリスナー3名の方にプレゼントします。ご希望の方は、このブログのタイトル下にある「ブックプレゼント」というボタンからご応募ください。お待ちしています。

※手違いでブログの更新が遅れてしまいました。申し訳ありません。ブックプレゼントの応募締め切りをきょうの午後6時まで延ばします。

IMG_4391.jpg

 

アーカイブ