スギテツのGRAND NACK RAILROAD

パーソナリティー

プロフィール スギテツ

公式サイト

パーソナリティー

プロフィール 久野知美

公式ブログ
 

◆番組名:スギテツのGRAND NACK RAILROAD
◆放送日時:毎週日曜日 朝6:00〜6:55
◆パーソナリティー:スギテツ(杉浦哲郎、岡田鉄平)
9/30 番組回想記

おはようございます。

レコーディングは無事終わりましたが
次のミッションに日々追われ続けている
パーソナリティのすぎうらです。

P9260096.jpg

こちらはそのミッションのひとつ。
久々に行ってまいりました鉄道博物館。
但し、打ち合わせのための来訪だったので
全然ゆっくりできず。。。
帰り際、運よくC57の転車の時間だったので、
汽笛の音も聞けました。


さてさて、今日で9月も終わり。明日からは10月ということで、
いよいよ秋も深まっていきますね。
今夜は十五夜。お月見の晩です。

image-2.jpeg

きょうはベートーヴェンの三大ピアノソナタのひとつ「月光」と、
野口雨情と本居長世の「十五夜お月さん」を
マッシュアップしてお送りしました。


十五夜と言えば…。
昨日29日は、愛知県の奥三河にある作手という所で
コンサートをさせてもらったのですが、
ステージの向こうが壁一面の窓ガラスで、
その窓を解放してのお月見コンサートでした。

鉄道とは関係ないんですが、
あまりにも素敵なステージだったのでご紹介をします。
十五夜お月さま、かがり火、そしてススキをバック
標高600mの山の中で演奏するという
秋の夜長の優雅で贅沢なひと時。

P9290112.jpg

こちらが客席からで

P9290121.jpg

こちらはステージの裏から。
かがり火がとてもキレイでした。

参加してくれたリスナーの皆さんも
たくさんいらっしゃると思いますが、
その前の日は渋谷のネオン街の
ド真ん中にあるビルのライブハウスでしたから、
この落差たるや…!!
とっても不思議な気分でした。


…おっと閑話休題、
今日の「鉄分満載!スギテツの鉄道トーク」では
再来週日曜14日の「鉄道の日」関連のイベントを
いくつかピックアップしてご紹介しました。

その中でもおもしろそうだったのが
青森県の弘南鉄道のイベントには、
雪国ならではの「ラッセル車見学」という催し。
ラッセル車乗車体験なんて、
そうそうできることではありません。

青森といえば、吉幾三さん。
鉄平くんがピピッと反応して、「俺ら東京さ行ぐだ」を
イントロからたっぷり演奏しておりましたね。

僕たちも鉄道の日にお仕事があるのですが、
大人の事情でここでは発表しにくいので…
スギテツウェブサイトをご覧ください!


そして女子鉄AN久野知美さんとの「つれづれTRAIN」。
月一レギュラーの南田裕介マネージャーも加わって、
今年開業90周年を迎えた東急池上線を取り上げました。
南田さんは長い間池上線沿線にお住まいだそうで、
熱く、厚く語ってくれました。


…いよいよ、ニュー・アルバムが
来月24日にリリースされます。
そして、これから来年にかけてコンサートが続きます。
ぜひ僕たちのHPでご確認ください!

発売記念イベントの一環として
ついに、「日本三大鉄道ミュージアムツアー」が実現!
詳細は間もなくです!

9/23 番組回想記

おはようございます!

レコーディングの最終行程のさなか、
なんと広島にひとっ飛びしてきたパーソナリティのすぎうらです。

IMG_3918.jpg

お目当ては7月に特集をした広島電鉄、
こちらはアルバムに参加していただく100形路面電車。
江波の車庫にて、合図音「チンチン」を
収録させていただきました!

これで全てレコーディング終了!と思いきや、
ただいまジャケットの校正で目が皿のようになっています。

aaa.png

新幹線の先頭部分の板金打ち出し技術による
金属製ヴァイオリン(写真)による史上初のレコーディングを始め、
今までにない試みを色々した分、
音楽制作以外のハードルも数多く乗り超えてきました。

たくさんの方々にご協力を得て生まれた
ニューアルバム「SUGITETSU EXPRESS」。
10月下旬には当番組でも特集を組んでいただけるとのこと、
皆さん楽しみにしていて下さい!


さて、本日の「鉄分満載!スギテツの鉄道トーク」は
今月初めに発表された新幹線についての情報をお届けしました。
新型車両はJR東日本と西日本の共同開発によるもので、
東日本の車両はE7系、西日本の車両はW7系と呼ばれます。

東北新幹線E5系でおなじみの
「グランクラス」を含む素敵なフォルム。
詳細はこちらをご覧下さい!

http://www.jreast.co.jp/press/2012/20120903.pdf



そして「つれづれTRAIN」のコーナーは、
新しい投稿フォーム、「久野知美さんへ」への
お便りが溜まってきたので一挙にご紹介!!
みなさん、やはり久野さんの声に癒されてらっしゃるようですね。

僕もいつも和ませてもらってますが、そんな久野さんに、
今回はこの番組で初めて取材レポをしていただきました。

23区内では最もコアな盲腸線、東武大師線。
大師線は、西新井駅と大師駅の間ちょうど1kmを結ぶ単線の路線です。
西新井大師という大きなお寺への参詣客が多く利用していますが、
環七沿いに延伸の計画があったとは知りませんでしたね。

これからも久野さんには首都圏の鉄レポを
ジャンジャンレポートしてきていただきたいなと思ってます。


そしていよいよ今週末は渋谷にてライブ!
皆様のご来場をお待ちしています!


◆ スギテツ業務連絡 ◆

スギテツ with Friends SPECIAL TOUR

9/28(金) 東京 7th floor

詳しい情報はこちらへ ↓

9/16 番組回想記

おはようございます。レコーディングもいよいよ最終行程、
早く自由になりたいパーソナリティのすぎうらです。

IMG_20120912_131500aa.jpg

今回はオーケストラからバンドサウンド、打ち込みものまで
今までになくかなり幅広いジャンルで
構成されたアルバムになっている中、
こちらはヴァイオリンとピアノだけのシンプルな曲を
レコーディングしている最中の写真です。



さてさてあっという間に9月の半ばを過ぎて、
きょうは16日。秋祭りのところも多いようですね。

明日は「敬老の日」ということで、
きょうは「大きな古時計」の生演奏でスタートしました。
鉄平くんに指摘されましたが、
この歌にはおじいさんは出てくるけど、
よく考えたらおばあさんが出てきませんね。。。

さて、「鉄分満載!スギテツの鉄道トーク」では、
次の日曜日 23日に開かれる
「頑張るぐんまの中小私鉄フェア 2012」をご紹介しました。

ディーゼル機関車DE10形の運転室乗車体験について触れましたが、
このDE10形の運転台は、進行方向に対して横向きに座る位置に
向かい合わせに二つ作られています。

短い距離での折り返し運転や入れ換え作業で、
その都度運転席を移動したり、
運転士が窓から後ろ向きに顔を出す必要がないようにするためです。
運転室に入る機会はなかなかありませんし、
特にディーゼル機関車の運転室に入れることは滅多にありません。
もしご都合がよければ、ぜひこのイベントにお出かけになってはいかがですか?

こちらをごらんください↓ 

http://www.watetsu.com/ 


女子鉄AN久野知美さんとお送りした「つれづれTRAIN」。
今週は、先月上旬に訪れた大井川鉄道のSL乗車記をお送りしました。

P8090013.jpg


こちら噂のSLくん!

お伝えしたとおり、いま制作中の新しいアルバムには、
大鉄のC11、C56をはじめ、
日本の鉄道史を彩った名車の汽笛・警笛が、
音楽とコラボするという斬新な試みが収録されます。

今回、大井川鉄道にお邪魔したのは
アルバムに収録するSLの音を録音させていただくためでした。

お聴きのように警笛といい、シュッシュッポッポという音といい、
素晴らしい音が録れました!
どんな形でコラボするのか、
アルバムの完成を楽しみにお待ちください。


IMG_0767.jpg

こちらは久野さんが話題にしていたアプトラインの記念乗車券です。


そして長らく関東圏でコンサートがなくて
皆さんをお待たせしましたが、
いよいよ来週は渋谷にてライブ!
皆様のご来場をお待ちしています!


◆ スギテツ業務連絡 ◆

スギテツ with Friends SPECIAL TOUR

9/28(金) 東京 7th floor

詳しい情報はこちらへ ↓

9/9 番組回想記

おはようございます。
パーソナリティのすぎうらです。

新譜のレコーディングがいよいよ追い込みで、
いつものNACK5スタジオではなく、
荻窪のレコーディングスタジオで
ここ数回は番組収録をしております。

回想記の前に…
以前「鉄おも!」という雑誌を
番組で取り上げさせていただきましたが、
先日の中部国際空港駅の発車式の模様が
掲載されています。
ぜひご覧くださいませ。

http://www.tetsuomo.com/


IMG_0760.jpg

さて今日の放送は、前半にゲストをお迎えしました。
僕たちとは大変縁の深いインストゥルメンタル・グループ
SIBERIAN NEWSPAPERからヴァイオリンの土屋雄作さんと
ギターの真鍋貴之さんのお二人。

これまで、いろいろなステージで共演してきた
気心の知れた二人です。
だがしかし!二人とも鉄分は、ほぼゼロ!

かつて交通博物館があった
秋葉原の近くで生まれ育った土屋さんはまだ良いのですが、
四国は香川県出身の真鍋さんにいたっては、
県内の地名もうろ覚えというありさま…。

それでもこの二人、最近は僕たちに影響を受けたのか、
それぞれヴァイオリンとギターで
鉄道擬音にチャレンジしています。
番組でもレッスンの様子をお届けしました。
まだまだ「鉄音楽家」としては未熟ですが、
努力する姿を見るのは大変心強いです。

今月28日(金)には、彼らとのLIVEが予定されています。
このブログの最後に書いておきますので、
リスナーの皆様、ぜひ集合して下さい!
無理矢理、鉄道擬音を彼らにやってもらいますので(笑)。


女子鉄AN久野知美さんとの「つれづれTRAIN」。

IMG_0769.jpg

今週は懐かしい国鉄特急色の車両、
そして大手私鉄での仕事を終えて、
地方の路線で活躍する「譲渡車両」の話題をお届けしました。

東京・渋谷のハチ公前に保存されている東急の青ガエル、
今でも熊本電鉄で活躍中とは驚きです!
地方で昔の車両に出会うと、なんだか嬉しくなります。

皆さんからのメッセージ紹介のコーナーでも
SIBERIAN NEWSPAPERの二人に加わってもらいました。
何ともかみ合っているのか、
かみ合っていないのかよくわからない会話、
お楽しみいただけたでしょうか?


暑かった今年の夏もようやくゴールが見えてきました。
番組開始から間もなく1年。
これからも「スギテツのGRAND NACK RAILROAD」を
よろしくお願いいたします!


◆ スギテツ業務連絡 ◆

スギテツ with Friends SPECIAL TOUR

9/28(金) 東京 7th floor

詳しい情報はこちらへ ↓

9/2 番組回想記

おはようございます。
レコーディングが佳境に入り、
コンサート活動も徐々に再開、
9月も猪突猛進のパーソナリティのすぎうらです。

まだまだ暑い日は続きそうですが、
なんとか今月の早い時期に
秋風が吹いてくれるといいですね。

IMG_0764.jpg

そこで今日は、JR各社の秋のイベントをご紹介しました。

まずJR各社が関わる大きなイベント、
「山陰デスティネーションキャンペーン」。

期間は10月1日から12月31日まで。
テーマは「ほっと一息 あなたの旅 山陰から」
番組でお伝えしたように、期間中はさまざまなイベントや、
特別列車の運行が予定されています。
詳しくは、このウェブサイトでご確認ください。

http://www.saninji.jp/

P1110405.jpg

ちなみに僕たちはこちらはもう4年近く前に、
三江線にて、「ほのぼの山陰」で
お座敷コンサートをした時の模様です。


そして、関東圏でのイベントとしてJR東日本高崎支社の
「高崎鉄道ふれあいデー」をご紹介しました。

今年は電気機関車が走り始めて100周年ということで、
なつかしい車両の展示があります。
グッズや記念の弁当販売、レール溶接の実演など、
詳しくはこちらへ。

http://www.jreast.co.jp/takasaki/news/20120801.html



女子鉄AN久野知美さんとお送りした
「つれづれTRAIN」、
今回は千葉県で唯一残る非電化区間
「久留里線」をご紹介しました。

房総半島というと海をイメージしてしまいますが、
この久留里線は海側から内陸へ入って
急勾配を登って行くという山間路線。

放送でご紹介したとおり、
新型車両キハE130形が導入されることになっていて、
先日輸送作業が行われたそうです。

エンジン全開で急坂を上る
気動車の姿は格好いいですよね。
初秋の一日、小さな旅に出るのもいいなぁと思いながら、
仕事にむかう毎日です。


…あ、そうそう、小さな旅と言えば、
この番組の準レギュラー南田祐介さんから
僕宛にメールが…

1000ddd.jpg

先日ご一緒した24時間テレビイベントの翌日、
東海道線木曽川駅近辺で、
大型の貨物を鉄道輸送するために設計された
大物車、シキ1000の撮影をしたそうで、
写真を添付してくれていました!

僕は貨物に詳しくないのですが、
わざわざ「貨物時刻表」でチェックして行かれたとのこと。
さすが南田さん、極めてますね〜!
今月末も報告待っています!


来週は、ゲストをお迎えする予定です。
僕たちとはとても縁の深い音楽仲間なんですが、
鉄分が(?)…どうぞお楽しみに!


◆ スギテツ業務連絡 ◆
スギテツ with Friends SPECIAL TOUR

8/31(金) 浜松 ハァーミットドルフィン
9/02(日) 名古屋 DOXY
9/03(月) 大阪 KNAVE
9/28(金) 東京 7th floor

その他の情報はこちらへ ↓

1
アーカイブ