スギテツのGRAND NACK RAILROAD

パーソナリティー

プロフィール スギテツ

公式サイト

パーソナリティー

プロフィール 久野知美

公式ブログ
 

◆番組名:スギテツのGRAND NACK RAILROAD
◆放送日時:毎週日曜日 朝6:00〜6:55
◆パーソナリティー:スギテツ(杉浦哲郎、岡田鉄平)
8/25 おかげさまで放送100回を迎えました!

おはようございます!

パーソナリティーのすぎうらです。

番組冒頭でも触れましたが、

「スギテツのGRAND NACK RAILROAD」はきょう、

放送100回を迎えました。

これもひとえに番組を聴いてくださっているリスナーのみなさんの

支えのおかげです。

ほんとうにありがとうございます!
 

第1回が2011年10月2日でしたから、およそ1年11ヶ月。

初めての「ラジオパーソナリティ」というお仕事が

こんなに続けられるとは思っていませんでしたが、

これからもがんばります。

引き続き、応援してください!
 

IMG_1428.jpg

 

さて、きょうの「鉄分満載!スギテツの鉄道トーク」では、

山梨県立博物館で開催中の

「山梨の近代人物と鉄道展」

をご紹介しました。

阪急電鉄の創設に関わった小林一三、鉄道王・根津嘉一郎、

甲州財閥の雨宮敬次郎など、鉄道を通じて日本の近代化に

大きく貢献した人たちは山梨県の出身なんです。

こうした人たちの功績を紹介する展示や、鉄道グッズの展示など、

興味深い展覧会となっています。
 

74773_600600289991059_1259242441_n.jpg


僕もひと月ほど前に行ってきましたが、

山梨に鉄道賢人がこんなにいらっしゃったのにはびっくりでした。

そしてさすが山梨、リニア新幹線についての展示もたくさんありましたが、

個人的には「中央東線」ヒストリーのコーナーが面白かったです。

お時間のある方、お出かけになってはいかがでしょう。

JR甲府駅または石和温泉駅からバスが便利です。

 

女子鉄アナウンサー久野知美さんがリポートする

NACK5と西武鉄道とのコラボ企画

「久野知美の体験シリーズ」

今回は、番組でお知らせした「1日こども電車教室」に

密着取材しました。

以下、三國Dのリポートです。

 

                                ◇ ◇ ◇ ◇ ◇

 

番組ディレクターの三國です。

今回は久野さんといっしょに、西武研修センターにおじゃましました。

 

IMG_1727.jpg

研修センター こちらが授業風景

 

IMG_1726.jpg

久野さんも真剣に受講します。

 

IMG_1733.jpg

お楽しみ「運転シミュレーター」

 

IMG_1735.jpg

久野さんも2000系の運転にチャレンジ!

(オーバーランしました……)

 

IMG_1739.jpg

いただいた修了証書を手に

 

参加したお子さんたち、親御さんたちも大満足でした。

(もちろん、久野さんも僕も!)

今回は、普段は一般には公開しない研修センターに

特別に入れていただき、貴重な体験ができました。

西武鉄道の関係者のみなさん、ありがとうございました!

8/18 DVD「車両基地2」 & 西武秩父駅周辺探訪

おはようごさいます!

依然猛暑が続いていますが、皆さんお元気でしょうか?

結局お盆休みゼロ、この夏、

鉄分不足が確実のパーソナリティのすぎうらです。。

 

きょうの「鉄分満載!スギテツの鉄道トーク」には久々にゲストが登場!

今年の1月にも来ていただいたJR東日本企画の手老 善(てろうぜん)さんです。

手老さんといえば、大ヒットDVD「車両基地」を監修されました。

 

今回は第二作「車両基地2」のPRに来てくださったのです。

今回の内容は、京浜急行、東京メトロ、西武鉄道の車両基地。

 

あれ? JRは出てこないの?

そうなんです、JR東日本企画の方が関わっているのに、

「JRのJの字も出てこない」!

前作は、鉄道DVDながら鉄道ファン以外にも

「環境DVD」として売れたといいます。

今回も、私鉄3社の車両基地を密着撮影。

多くの人に好まれる内容です。

なんと、手老さんからリスナープレゼントとして

同作品3枚をお預かりしました!

このブログの一番最後に応募要領が記されますので、

よくお読みになってご応募ください。

(なんと、来月には第3弾もリリース、今度はバスのDVDだそうです!)
 

IMG_1690.jpg
 

IMG_1742.jpg



 

女子鉄アナウンサー久野知美さんが西武鉄道をさまざまな角度から取材、リポートする

「体験シリーズ」、今回は西武秩父駅周辺を訪ねました。

以下、取材に同行した三國Dのリポートです。
 

100_1303.jpg


西部秩父駅の外観です。

 

000_1431.jpg


大好きな4000系に乗って正丸トンネルへ!

 

100_1307.jpg


西武秩父駅から歩いて2分

秩父鉄道御花畑駅からSL「パレオエクスプレス」に乗車。

乗車券(中央)は硬券!

 

100_1316.jpg


長瀞駅に停車中のC56パレオエクスプレス

みなさん記念撮影に夢中です。
 

100_1328.jpg


長瀞駅、風情のある駅でした。

 

単線のトンネル内で上り列車と下り列車がすれ違うところ、秩父鉄道のSLパレオエクスプレス

に乗車、西武秩父駅に隣接する商店街など、興味深い内容でした。

池袋から最速78分。気軽に行かれる秩父、夏休み中、秋の行楽シーズンにぜひお出かけを!

 

最後にDVD「車両基地2-THE RAILYARD 2-」プレゼントの応募要領です。

このページの一番上に「DVD希望」というボタンがあります。

これをクリックして応募フォームに入り、必要事項を記入して送信してください。

3名様にプレゼントします。

〆切はきょうのお昼12時、正午です。

応募者多数の場合は抽選とします。

当選者の発表は、商品の発送をもって代えさせていただきます。

たくさんのご応募をお待ちしています!

 

以上、三國がお伝えしました。来週もお楽しみに!

8/11 「竜飛海底駅」廃止 & 西武国分寺線 Part 2

おはようございます!

灼熱の日々が続きますが皆さんお元気ですか?

僕の住んでいる名古屋は首都圏より湿気が多く、

そりゃあもう大変な毎日ですが、、、、

そんな中、お盆も無休で働くことになってしまいそうな

パーソナリティのすぎうらです。

 

きょうの「鉄分満載!スギテツの鉄道トーク」では、

鉄道ファンにはちょっと残念なニュースをお伝えしました。

世界で一番低い(深い)ところにある駅として、

この番組でも何度も取り上げたJR海峡線の「竜飛海底駅」が、

この11月に営業を停止、廃止されることになりました。

本州と北海道を結ぶ青函トンネルの途中に作られた駅。

「駅」といっても、一般の利用客が自由に乗り降りできるわけではなく、

あくまでも見学者向けに特急列車を停車させて、

駅を見学してもらうようにしていたのです。

青函トンネル内には、この竜飛海底駅ともうひとつ、北海道側に

「吉岡海底駅」がありますが、こちらはすでに休止されています。

今回の廃止措置は、2年後をめざす北海道新幹線の開業に向けて、

トンネルの改修が必要になったためと、JR北海道は説明しています。

新しい路線ができるのは、鉄道ファンとしてうれしいのですが、

それに伴って、何かがなくなるのは寂しいかぎりです。

 

そして、先週からお送りしているNACK5と西武鉄道のコラボ企画、

女子鉄アナウンサー久野知美さんの「西武線体験シリーズ」。

2回目のきょうは、先週に続いて西武国分寺線のリポートです。

ここからは、久野さんに同行した三國Dにバトンタッチします。

 

     ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇

 

国分寺駅から東村山駅まで(実際はその先へ乗り入れ)を走る西武国分寺線。

先週は、日本に四つしかない「恋」という文字のつく駅のひとつ

「恋ケ窪駅」にスポットを当てましたが、きょうはそれ以外の駅を

訪ねました。

 

IMG_1679.jpg

 

再び国分寺駅から乗車。

 

IMG_1668.jpg

 

最初に降り立ったのは、恋ケ窪駅の次の「鷹の台駅」。

ほんとうに鷹がいるのではと思わせる深い緑と、

近くにいくつもある学校の生徒・学生の明るい声とが

混じり合う駅でした。

駅の近くには玉川上水が流れ、そのそばの踏切で

音を収録、JINGLEに加工してお届けしています!

 

つづいて訪れたのは

IMG_1672.jpg

 

「小川駅」

前の鷹の台駅とは違って、西武新宿駅への直通電車と連絡する

ターミナルです。

駅前には商店街がつづいていて、地元の方々の生活拠点といった趣き。

そして、都心ではなかなか見られない懐かしいアイテムを見つけました。

 

IMG_1671.jpg

 

「口から入れて、お腹から出すものな〜に?」

というなぞなぞ、おぼえてますか?

昔懐かしい郵便ポスト。

多摩地区では、まだ見受けられます。

 

小川駅の次は、「東村山駅」。

ここで国分寺線は終着なのですが、実際はここからさらに

乗り入れがあります。

 

IMG_1675.jpg

 

西武国分寺線、短い路線ですが、東京とは思えない

自然の中を走る、癒しの路線です。

みなさん、ぜひ一度はご乗車を!

 

※ここでお願いです。

 明日8月12日は、乗員乗客520人が犠牲になった

 日航ジャンボ機墜落事故から28年にあたります。

 鉄道と航空の違いはありますが、同じ交通機関

 を愛する者として、犠牲になった方々に哀悼の意を

 表します。

 リスナーの方々にも、犠牲者の冥福をお祈りいただければ

 うれしく思います。

 

以上、番組ディレクターの三國がお伝えしました。

 

     ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇

 

今週も西武線コラボ企画、楽しい放送でしたね!

まだまだ続きますので、来週もお楽しみにです。

 

ちなみの上記「お願い」の補足ですが、

三國Dはお友達をこの事故で亡くされているそうです。

8月は追悼の思いを馳せなければならない日々が続く月でもありますね。

8/4 「肥薩線を世界遺産に」運動 & 西武線「恋ケ窪駅」

おはようございます!

4日前はJR東海タカシマヤにて鉄道イベントに出演、

3日前は仙台にて公演のお仕事、

2日前は同じく仙台にてTV出演、

昨日は埼玉県三芳町でコンサート、

そして今日は愛知県豊川市でコンサートと、

相変わらず飛び回っているパーソナリティのすぎうらです。

名古屋〜仙台のN700A~E5系の乗り継ぎ、なかなかリッチな気分でした。

 

jikokuhyo.jpg


仙台では、とあるご縁からJR東日本仙台支社にもお邪魔させてもらい、

なんとお土産に業務用の時刻表をいただいちゃいました!

そう、みどりの窓口とかにあるやつ。

よく見てください、値段が買いてないんですよね〜。

 

さて、今日の「鉄分満載!スギテツの鉄道トーク」は、

熊本県から鹿児島県まで走るJR肥薩線(ひさつせん)の話題でした。

富士山が世界文化遺産に登録されましたが、

肥薩線の地元・熊本県人吉市には、

「肥薩線世界遺産推進室」というのが設置されていて、

肥薩線の世界遺産登録をめざして運動が展開されています。

肥薩線は沿線の絶景が有名ですが、推進室のホームページには、

「産業と自然がみごとに融合した全国でも珍しく貴重な路線」

と書かれています。
 

http://www.city.hitoyoshi.lg.jp/q/divisionlist/69.html

 

もともと人吉から雑木を運んでいた肥薩線は、日本の近代化実現の

一翼を担う路線でしたし、建設当時の最先端技術によって作られた

産業遺産も残されています。

登録にはまだまだ越えなければならないハードルがありますが、

もし実現すれば、鉄道としては世界で4番目、日本ではもちろん

初めてのことです。

今後が楽しみですね。

 


そしてそして!!

NACK5と西武鉄道のコラボ企画、これまでもいろいろお伝えしてきました。

いよいよ、我らが女子鉄アナウンサー久野知美さんがスタジオを飛び出して、

西武鉄道をさまざまなアングルから取材する「体験シリーズ」がスタート!

ここからは取材に同行している三國Dにバトンタッチします!
 

ーーーーー

 

おはようございます。

1回目のきょうは、西武国分寺線の「恋ケ窪駅」をフィーチャーしました。

国分寺駅から東村山駅まで(その先も乗り入れがあります)走る国分寺線。

 

IMG_1677.jpg

 

久野さん、西武カラーのスカートをまとって国分寺駅で乗り込みます。

到着したのは、となりの「恋ケ窪駅」。

 

IMG_1642.jpg

 

IMG_1643.jpg

 

お伝えしたように、「恋」がつく駅は日本に4つだけ!

久野さん、到着してさっそく駅周辺を散策しようとしたら、

そこへ西武園行き電車が入線。

しかも、西武の全路線・全車両でたった一つだけという

「ハート形の吊り輪」があると噂の車両!

迷わず乗ってしまう久野知美さんでした(笑)。

そして、乗ってみたら……

な、な、なんと!(流行の言葉でいえば「じぇじぇ!」)

 

IMG_1646.jpg

 

ありました!さすが久野さん、強運の女子鉄!

 

IMG_1645.jpg

 

車掌さんがアナウンス中に、ルンルンの一枚!

 

ちょっと寄り道してしまいましたが、

再び恋ケ窪駅に戻り、そこから「姿見の池」をめざします。

 

恋ケ窪駅から歩くことおよそ20分。

住宅街のむこうに「姿見の池」はあります。

 

IMG_1655.jpg

 

あたりは武蔵野の面影を感じさせる風情。

 

IMG_1654.jpg

 

およそ900年前の悲恋物語が伝わるとか。

しばし、静寂の中に身を置いて

恋ケ窪駅へ戻ります。

 

途中、西武国分寺線とJR武蔵野線が交差するあたりで

「撮り鉄少年」に遭遇、インタビューしました。

 

IMG_1665.jpg

 

駅舎をバックに一枚。

 

IMG_1663.jpg

 

取材を終えて、「ガリガリ君」で一息。
 

ーーーー
 

以上、久野さんと三國Dのレポ、いかがでしたか?

西武国分寺線、東京を走る路線ですが、

ローカル線の趣もあるすてきな路線です。

来週は、もう一度国分寺線に乗って、各駅で下車して

路線の魅力を探ります。

1
アーカイブ