スギテツのGRAND NACK RAILROAD

パーソナリティー

プロフィール スギテツ

公式サイト

パーソナリティー

プロフィール 久野知美

公式ブログ
 

◆番組名:スギテツのGRAND NACK RAILROAD
◆放送日時:毎週日曜日 朝6:00〜6:55
◆パーソナリティー:スギテツ(杉浦哲郎、岡田鉄平)
1/31 貨物線を走る旅客列車 & 南海電車のナゾ

みなさん、こんにちは!

番組ディレクターの三國です。

あっという間に1月が終わってしまいます。

今週には節分、立春があって季節はゆっくりですが春へと向かっていきます。

 

きょうの「鉄分満載!スギテツの鉄道トーク」では、貨物線を走る旅客鉄道についてお伝えしました。

これ、実は意外に多くて、例えばJR埼京線と湘南新宿ラインの大崎・池袋間は山手貨物線ですし、湘南新宿ラインはさらに山手貨物線を通って田端から大宮までは東北本線の貨物線を走ります。また、番組でご紹介した湘南ライナーは、東海道貨物線を走る区間があって、そのため東海道線なのに横浜駅を通りません。

いま、鉄道貨物は環境を破壊しないことから見直されていますが、昔は貨物といえば鉄道が多くを担っていました。そのため貨物専用の線路が敷かれたのですが、貨物がトラック輸送に取って代わられた時代は、貨物列車の数がぐんと減ってしまいました。そこで線路を遊ばせておくのはもったいないと、旅客列車を貨物線に走らせて混雑の緩和とスピードアップを図ったのです。

貨物線を走る列車だけに乗る旅も面白そうです。

IMG_3186.jpg

こちらは逆に旅客線を走る貨物列車(JR南武線)

 

後半の「つれづれTRAIN」では、関西出身の女子鉄アナウンサー久野知美さんが、地元の南海電車のナゾを解き明かしてくれました。

そのナゾとは、列車種別に「普通」と「各停」があることです。

通常、「普通」と「各停」は同じ意味と思われますが、南海に限っては違う種別の列車です。

今宮戎駅と萩ノ茶屋駅は、南海高野線と本線が並行していますが、この二駅のホームは高野線にしかありません。だから高野線の「各停」はすべての駅に停車しますが、本線はこの二駅を通過するので「普通」と呼ばれます。

いやぁ、鉄道にはまだまだナゾが隠されていますね。

みなさんの周りに鉄道のナゾがあったら、ぜひ教えてください。

1/24 北海道新幹線オプション券 & ロマンスカー

みなさんこんにちは!

番組ディレクターの三國です。

このところ一段と寒さが厳しい日が続きます。

風邪やインフルエンザに罹る人が多くなりました。

毎週のようにお伝えしていますが、みなさん、くれぐれもご注意ください。

ぼくも手洗いとうがいを心がけています。

 

今日の「鉄分満載!スギテツの鉄道トーク」は、北海道新幹線開業に伴う「青春18きっぷ」の取り扱いについてのお話でした。

北海道新幹線の開業によって、青函トンネルを通る在来線特急がなくなります。これまでも海峡線の蟹田と木古内の間は、18きっぷでも特急自由席に限り乗車できる特例がありました。ところが、3月26日以降は在来線は貨物だけになってしまい、旅客は新幹線を利用することになります。それでは18きっぷ利用者は北海道へは行かれなくなってしまいます。

そこでJRグループでは、18きっぷでも新幹線を利用できる「青春18きっぷ北海道新幹線オプション券」を発売することになりました。1枚2,300円。これは微妙な価格で、フェリーならもう少し安く利用できます。速さを取るか、安さを取るか…。

でも、新幹線を18きっぷで利用できるのも魅力です。ここは思案のしどころ。

春まだ浅い北海道への旅、やはり一度は新幹線で行きたいですね。

IMG_3906.jpg

珍しいスリー・ショット!

 

後半の「つれづれTRAIN」は、小田急ロマンスカーについて女子鉄アナウンサー久野知美さんがお伝えしました。ロマンスカーという名称は小田急電鉄によって商標登録されているので、他社が勝手に使うことはできませんが、日本最初のロマンスカーは、なんと久野さんが大好きな京阪電鉄で昭和2年のことでした!その後東武鉄道にもロマンスカーがあったということです。

首都圏から箱根へ出かけるには大変便利な小田急ロマンスカー。利用された方の感想などお聞かせください。

IMG_3910.jpg

相変わらず背後に映り込むAD田中(笑)

1/17 JR大回り乗車 & 北海道のさよならツアー

みなさん、こんにちは!

番組ディレクターの三國です。

全国的にインフルエンザの流行シーズンに入ったと厚生労働省が発表しました。

みなさんもくれぐれもご注意ください。

特に受験生は十分に気をつけて、万全の体調で試験に臨んでください。

 

きょうの「鉄分満載!スギテツの鉄道トーク」では、JRの大回り乗車をご紹介しました。

東京、大阪など大都市圏には「近郊区間」というのが設定されていて、この区間内なら目的地まで最短乗車でなくてもOKという特例があります。

ただしルールがあって、途中下車は不可、同じ駅を通ってはいけない(乗車駅に戻らない)、初乗り運賃の普通乗車券で乗車することが鉄則です。

きょうご紹介したルートは、常磐線北小金から同じ常磐線の馬橋駅までを、なんと1,000kmi以上を乗車するという壮大なというか、時間と体力がなければ無理!というもの。しかも、大晦日の終夜運転を利用しなければ不可能という行程でした。

この大回り乗車、違法行為ではありませんが、駅員さんや車掌さんに切符の提示を求められた時などは、きちんとした説明をしなければなりません。説明が不十分だと不足分の運賃を請求されます。

チャレンジするときはご注意ください。

IMG_3864.jpg

 

後半の「つれづれTRAIN」では、女子鉄アナウンサー久野知美さんがこの3月で廃止される予定のJR北海道寝台急行「はまなす」と特急「スーパー白鳥」に乗るツアーをご紹介しました。国内唯一の寝台急行「はまなす」の廃止を惜しむ声はあちこちで聞かれます。また、もえぎ色の車体が印象的な特急「スーパー白鳥」も多くのファンを持っていました。北海道新幹線開業という華やかなムードの中で、そっと姿を消す列車があることを忘れないようにしたいですね。

ツアーの詳細はこちらへ ↓

  http://www.jrview-travel.com/reserve/travelItem/detail?genteiCd=2&courseNo=15B1119

 

IMG_3917.jpg IMG_3918.jpg

背後に映り込むAD田中が気になる久野さん(笑)

1/10 金太郎塗り & 遅れの多い路線・少ない路線

みなさん、こんにちは!

番組ディレクターの三國です。

大学入試センター試験が近づきました。今週末の16日(土)と17日(日)の二日間、全国で行われます。

受験生のみなさんは最後の追い込みです。どうぞ風邪やインフルエンザには十分注意して、最善を尽くしてください。

また、雪の多い地方の方は、試験会場までの交通機関にも気をつけてください。

 

さて、今日の「鉄分満載!スギテツの鉄道トーク」では、電車の塗装「金太郎塗り」をご紹介しました。

言葉で説明するより、写真でご覧いただいた方がわかりやすいかな?

IMG_0924.jpg

これは千葉県を走る流山鉄道流鉄線の車両です。前窓下の塗装が金太郎の前掛けみたいなので「金太郎塗り」と呼ばれました。

 

後半の「つれづれTRAIN」では、女子鉄アナウンサー久野知美さんが首都圏で遅れの多い路線と少ない路線のランキングをご紹介しました。

毎年春になると、列車の遅れが多くなります。その原因は、新しい通勤・通学先に行くために乗り換えやホームを間違える人が多くなったり、春は新入生が真面目に学校へ行くからなのだとか。

遅れといっても、正確さにかけては世界一の日本の鉄道ですから、大事故などがない限り大幅な遅れはそんなにしょっちゅうあるものではありません。ぼくたちも駆け込み乗車など無理な乗車を慎んで、ダイヤ通りの運行に協力しましょう。

IMG_1083.jpg IMG_0340.jpg

遅れが少ない京急線と東京メトロ銀座線

1/3 東海道新幹線の「名古屋飛ばし」& 富山の観光列車

みなさん、明けましておめでとうございます!

どんなお正月をお過ごしですか?

今年も「スギテツのGRAND NACK RAILROAD」をどうぞよろしくお願いいたします。

 

2016年最初の「鉄分満載!スギテツの鉄道トーク」は、名古屋市民の杉浦さんにとっては耳の痛いお話でスタートしました。

題して「東海道新幹線の名古屋飛ばし」。

「ひかり」にかわって東海道新幹線の最速列車として登場した「のぞみ」。当初は朝6時に東京を出発して新横浜に止まった後、なんと名古屋と京都を通過して新大阪に向かっていたのです。それはただただ2時間30分で新大阪に到着したかったからなのです。

航空業界と厳しい競争を演じていたJR東海は、何としても飛行機に勝たなくてはならないと意気込み、そのためには名古屋・京都通過もやむをえないという決断をしたのです。ところが、これに名古屋・京都両市民は猛反発。結局初代「のぞみ」300系にかわって500系の登場によって「飛ばし」は解消されました。それにしても、今では考えられないようなことが実際にあったのですね。

IMG_3863.jpg

今年もよろしくお願いいたします(後ろで久野さんがピース!)

000_1203.JPG.jpg

初代「のぞみ」の300系

 

後半の「つれづれTRAIN」では、女子鉄アナウンサー久野知美さんが富山県の第三セクター あいの風とやま鉄道が来年度から運航を始めることになった観光列車をご紹介しました。詳しいことはまだ明らかになっていませんが、去年3月の北陸新幹線金沢開業でややもすると利用客を取られてしまいかねないあいの風とやま鉄道にとっては、ここはひとつ頑張って欲しいです。何と言っても富山は観光資源がいっぱいです。美味しいものもたくさんあります。みなさんも富山を訪ねてみてはいかがでしょう?

IMG_3867.jpg

1
アーカイブ