スギテツのGRAND NACK RAILROAD

パーソナリティー

プロフィール スギテツ

公式サイト

パーソナリティー

プロフィール 久野知美

公式ブログ
 

◆番組名:スギテツのGRAND NACK RAILROAD
◆放送日時:毎週日曜日 朝6:00〜6:55
◆パーソナリティー:スギテツ(杉浦哲郎、岡田鉄平)
7/31 五能線特集 Part 2

みなさん、ごきげんいかがですか?

番組ディレクターの三國です。

先週の木曜日に関東甲信の梅雨が明けました。

今年は梅雨の期間が長く、学校の夏休みに入ってからの梅雨明けとなりました。

夏の乗り鉄など計画をしている方も多いでしょうね。

ぼくは今年も、「あれ」に乗りに行きます(笑)。

 

きょうの放送は、先週に続いてJR東日本 五能線特集のPart 2でした。

前半では、今月から運行が始まったハイブリッド車HB-E300系をご紹介しました。

さまざまな場面で省エネや環境保全が叫ばれる中、非電化区間でのハイブリッド車の導入は、まさに時代の要求に応えたものといえるでしょう。日本が誇る高度な技術がなし得たハイブリッド車。一方で、キハ独特の重厚なエンジン音に郷愁を抱く人も多くいます。

 

後半には、またまた番組アシスタント・ディレクターの田中が杉浦さんのお相手を務めました。

まだまだ未熟な彼ですが、番組とラジオに傾ける情熱は誰にも負けない…と信じています。

今後も彼の奮闘ぶりにご期待ください。

20160629_111348.jpg 20160629_110457.jpg

五能線の前面展望          千畳敷の絶景

20160629_115020.jpg 20160629_144528.jpg

車内での三味線演奏         津軽城

IMG_4085.jpg

田中AD、おつかれさま!

7/24 “絶景路線”五能線を知る

みなさん、こんにちは!

番組ディレクターの三國です。

沖縄・奄美につづいて、九州から東海まで梅雨が明けました。

ところが、関東地方はここへきて梅雨寒の日が続きました。

いったい関東以北にはいつになったら夏の陽ざしが降り注ぐのでしょう?

 

さてきょうの放送では、秋田県から青森県を走るJR五能線を取り上げました。

五能線は、「一度は乗ってみたいローカル線」として人気の路線です。

世界遺産の白神山地をはじめ、日本海の絶景を眺められる観光路線として、JR東日本もPRに力を入れています。

きょうはまず、五能線のABCを「鉄分満載!スギテツの鉄道トーク」でご紹介しました。

 

そして、「つれづれTRAIN」では、6月に五能線に乗ってきた杉浦さんが、現地収録の音をまじえてその魅力を語ってくれました。能代駅ホームでのバスケットボールには笑いました。

夏休み中の女子鉄アナウンサー久野知美さんに代わって、番組アシスタント・ディレクターの田中が杉浦さんのお相手を務めましたが、みなさんいかがでしたか?

五能線特集は、来週もお届けする予定です。AD田中もあと一回だけ登場します。どうかご辛抱を…(笑)。

20160628_080410.jpg 20160628_092800.jpg

 

20160628_093510.jpg 20160628_112637.jpg

 

7/17 スギテツ・ツアー・ファイナル@滋賀

みなさん、こんにちは!

番組ディレクターの三國です。

九州など西日本では大雨が続いています。

被害に遭われた方々には心からお見舞い申し上げます。

関東地方でも突然の雷雨や突風に襲われた地域があります。

みなさん、くれぐれもご注意ください。

 

きょうの放送では、今月行われたスギテツのツアー・ファイナルのもようをお届けしました。

これまで「ネタバレ」防止のため、放送でもコンサートの詳しい内容をご紹介しませんでしたが、いよいよファイナルを終えたということで一気に情報解禁となりました(笑)。とはいえ、微妙なニュアンスを含むものも多く、番組では演奏を中心にお届けしました。

「浦島太郎外伝」はいかがでしたか?タイタニック号が出てきたり、若大将が登場したりと思わず吹き出してしまう内容でした。

これからも機会があれば、コンサートのもようをお伝えしていきます。

 

※当日の写真をご覧に入れたかったのですが、ファイルが壊れて表示できません。あしからずご了承ください。

 

 

7/10 JR四国車内LIVE & かっぱうようよ号タイフォン

こんにちは!

番組ディレクターの三國です。

先週の木曜日、首都圏をはじめ全国各地が猛暑に見舞われました。

埼玉県の鳩山町など猛暑日となったところも多くあり、熱中症とみられる症状を訴える人も多く出ました。また、亡くなった方もいらっしゃいます。みなさんも暑さ対策をしっかりなさってください。

 

きょうの放送では、先日JR四国の車両の中で行われたスギテツのLIVEのもようと、杉浦さんが依頼を受けて作った海洋堂ホビートレイン「かっぱうようよ号」のタイフォンの音をお届けしました。

車内LIVEは、なにせキハ(気動車)の車内なので、エンジン音などがちょっと大きかったと思います。でも、雰囲気はお伝えできたのではないでしょうか?

「かっぱうようよ号」のタイフォンは、杉浦さんがさまざまな音を組み合わせて「これがカッパの声だ!」と作った自信作です。いかがでしたか?カッパの姿が浮かんできませんか?

番組でも触れましたが、JR四国はとてもユニークな発想で人気を集めています。0系新幹線そっくり?なキハを走らせたり、魅力いっぱいのツアー企画など、みなさんも機会があったらぜひ一度JR四国の旅を経験してみてください。ぼくも去年の夏にいつもつきあってくれる鉄仲間といっしょに寝台特急「サンライズ瀬戸」で高松に渡り、予讃線の旅を楽しみました。瀬戸内海から吹く風がとても心地よかったです。

 

20160702_100309.jpg 20160702_100350.jpg

 

IMG_0336.jpg IMG_0341.jpg

 

ここでお知らせです。

「つれづれTRAIN」アシスタントの女子鉄アナウンサー久野知美さんはしばらく夏休みを取られます。8月中旬には戻ってこられる予定です。ご了承ください。

7/3 貨物列車 & ヨーロッパ鉄道乗車記

みなさん、こんにちは!

番組ディレクターの三國です。

7月に入りました。2016年も後半に突入ということです。

6月30日にぼくの家の近所の神社で「夏越の大祓(なごしのおおはらい)」という行事がありました。

一年の半分が過ぎて、この半年間の悪や厄を落とすという神事です。12月31日に行われるのは「年越しの大祓」。半年に一度行われる行事で、興味深かったので見に行ってきました。神事ですから厳かな雰囲気の中で執り行われますが、堅苦しいものではなく家族連れなどおおぜいの人が参列していました。

 

さて今日の放送では、まず貨物列車のお話をしました。モータリゼーションが幅を利かせていた頃は、貨物輸送の主力はトラックでしたが、最近では環境にやさしいこと、輸送に関わる人員が少なくてすむこと、そして何より一度に大量の物資を時間に正確に運べることから鉄道輸送が見直されています。

スギテツの二人は、日本貨物鉄道株式会社(JR貨物)東海支社におじゃまして、愛知機関区の浜口助役にお話をうかがいました。

そして、普段は立ち入ることはできない内部に、特別な許可を得て入らせていただきました。

※写真はすべて許可を得て撮影したものです。  

image(2).jpg image(4).jpg

 

image(6).jpg

    

NACK5の近くの大宮駅にいると、旅客列車と同じくらいの頻度で貨物列車に出会います。ぼくがいつも利用している湘南新宿ラインの電車は、実は山手線、東北本線の貨物線を走っています。鉄道による貨物輸送に、もっと感心を寄せたいですね。

 

後半の「つれづれTRAIN」では、女子鉄アナウンサー久野知美さんが、最近経験したヨーロッパの鉄道乗車記をお伝えしました。SIEMENSのドレミファインバーターの音はいかがでしたか?杉浦さんの音楽的な解説と分析はさすがでした。鉄道の魅力のひとつは「音」です。走行音、車内音など、鉄道ではさまざまな音を楽しむことができます。みなさんも鉄道の音を存分に楽しんでください。

image_2.jpg 

元祖ドレミファのSIEMENS 色使いが京急に似てるかも!

image_3.jpg

シティナイトラインの2人用B寝台個室

1
アーカイブ