スギテツのGRAND NACK RAILROAD

パーソナリティー

プロフィール スギテツ

公式サイト

パーソナリティー

プロフィール 久野知美

公式ブログ
 

◆番組名:スギテツのGRAND NACK RAILROAD
◆放送日時:毎週日曜日 朝6:00〜6:55
◆パーソナリティー:スギテツ(杉浦哲郎、岡田鉄平)
11/27 パンタグラフ & 「酉」のつく駅

みなさん、こんにちは!

番組ディレクターの三國です。

先週の木曜日、まだ11月だというのに首都圏は雪に見舞われました。東京では11月に初雪が降ったのは1962年以来54年ぶり、11月の積雪は観測史上初めてのことでした。この雪のため各地で交通機関が乱れたり、転倒してケガを負う人が相次ぎました。今年の冬はどうなるのでしょうか?

 

きょうの「鉄分満載!スギテツの鉄道トーク」では、電車の集電装置「パンタグラフ」を取り上げました。パンタグラフといえば、「ひし形」というイメージが長くありましたが、最近はシングルアームのものが主流になりつつあります。

番組でもご紹介しましたが、パンタグラフはバネの力を利用して架線に圧着するように設計されています。ぼくはNACK5への通勤に湘南新宿ラインを利用することが多いのですが、上野東京ライン(宇都宮線・高崎線)や京浜東北線と並行する区間でとなりを走る電車を見ると、屋根のパンタグラフが架線の高さに合わせて頻繁に上下する様子を見ることができます。パンタグラフひとつをとっても、鉄道の技術のすばらしさを感じることができます。

では、パンタグラフあれこれを。

IMG_4320.jpg IMG_4328.jpg

いまではシングルアームが主流です。左は埼京線E233系、右は秋田新幹線E6系

IMG_4088.jpg IMG_0655.jpg

電気機関車はまだまだひし形タイプ。そして右は江ノ電です。

IMG_4332.jpg IMG_0624.jpg

いまの京王井の頭線と、右はかつて井の頭線を走り、いまは静岡県富士市の岳南電車で活躍中の車両です。

いまはシングルアーム、かつてはひし形…。時代の流れを感じさせますね。

 

 

後半の「つれづれTRAIN」では、来年の干支「酉」にちなんで「酉」の字がつく駅についてお話をしました。ひょっとすると調査不足かも知れませんが、どうやら「酉」の字がつく駅はないようです。そこで、「鳥」や「鳥の名前」がつく駅をご紹介しました。これはたくさんありました。「来年の話をすると鬼が笑う」といいますが、来る2017年がみなさんにとって、また鉄道界にとって良い年になるよう祈っています。

IMG_4300.jpg

11/20 列車の暖房 & 左沢線乗車記

みなさん、こんにちは!

番組ディレクターの三國です。

冬の足音が日増しに大きくなってきました。

すでに風邪が流行っているところもあります。

みなさん、くれぐれもお気をつけください。

 

きょうの「鉄分満載!スギテツの鉄道トーク」では、列車の暖房のお話をしました。

昔は蒸気を使って客室内を暖めていましたが、いまの電車ではいっさい日を使わずに室内を暖めています。でも、津軽鉄道のように車内にダルマストーブを置いて、そのまわりにみんなが集まっておしゃべりしたり、食べ物を暖めたりする光景もすてきですね。みなさんの冬の過ごし方はどんなでしょう?

 

後半の「つれづれTRAIN」は、先週に続いて杉浦さんの乗り鉄レポート「左沢線編」をお送りしました。番組でも触れましたが、「あてらざわ」とはなかなか難しい読みです。漢和辞典で「左」をひくと、特に難しい読み方の代表のひとつとして「左沢」が載っていました。

その左沢線線は、山形県を走っています。非電化なのでキハです。もう雪の季節を迎えていますが、杉浦さんのレポートからは東北地方ならではの暖かみのある路線ということが伝わってきました。

ぼくも一度乗ってみたいですね。

20160930_160631.jpg 20160930_161023.jpg

20160930_161216.jpg 20160930_181420.jpg

11/13 お召し列車 & 仙山線乗車記

みなさん、こんにちは!

番組ディレクターの三國です。

先週の水曜日、東京では木枯らし一号が観測されました。

先週は半ばから一気に季節が進み、冬の到来を告げるかのような天気でした。

ところが、週末はぽかぽかとした小春日和になり、ちょっと戸惑いました。

みなさんのお住まいの地域はいかがですか?

 

きょうの「鉄分満載!スギテツの鉄道トーク」では、お召し列車を取り上げました。天皇陛下、皇后陛下、皇太后陛下がご旅行のときに利用されるのがお召し列車です。とはいえ、近年ではお召し列車が運転されるのは外国の国王が来日したときに両陛下といっしょの移動の際に運転される程度です。いまの天皇陛下は、新幹線や航空機を利用されるケースが多く、お召し列車の運行は極めて稀になりました。そして、番組では原宿駅宮廷ホームもご紹介しました。昭和天皇の時代には、しばしばこのホームからお召し列車が出発したものです。お召し列車自体が珍しくなったいま、この宮廷ホームも使われることがほとんどなくなっています。

ということで、宮廷ホームを見に行ってきました。写真をごらんください。

IMG_4288.jpg IMG_4289.jpg

山手線の車内から見た宮廷ホーム

走る電車から撮ったので柱が歪んで見えます。

IMG_4290.jpg IMG_4292.jpg

入口の門扉側から見た様子です。   宮廷ホームから延びるレール(手前)は錆び付いています。

 

 

後半の「つれづれTRAIN」では、杉浦さんの乗り鉄レポート/仙山線編をお送りしました。その名のとおり仙台市と山形市を結ぶ路線。

途中の山寺駅近くからの絶景、北山形駅近くで食べた蕎麦のうまさ…。東北ならではの景色が目に浮かびます。

来週は、左沢線(あてらざわせん)の乗車記をお届けします。

20160930_131814.jpg 20160930_144154.jpg

11/6 JR東日本秋の臨時列車 & 大ナゴヤ鉄道フェス2016

みなさん、こんにちは!

番組ディレクターの三國です。

秋が深まって、いい季節になりました。

ときおり冬の到来の近いことを感じさせる日もあって、季節の移ろいが身にしみます。

 

きょうの「鉄分満載!スギテツの鉄道トーク」では、そんな秋をじっくり味わえるJR東日本の臨時列車をご紹介しました。JR東日本ではこの秋も多くの臨時列車を走らせています。きょうご紹介した「ホリデー快速湘南号」と「鎌倉紅葉号」は、どちらも東京の多摩地区発の列車です。通常多摩地区から神奈川県の湘南地区に行くには、どうしても何回かの乗り換えが必要ですが、「ホリデー快速湘南号」と「鎌倉紅葉号」は乗り換えなしで行かれるというところがミソです。しかも貨物線を通ったりするので、鉄道ファンには魅力的です。深まる秋を感じにお出かけになってはいかがでしょう?

 

後半の「つれづれTRAIN」では、10月21日に杉浦さんの地元・名古屋で開催された「大ナゴヤ鉄道フェスティバル2016」のもようを一部ですがお届けしました。この催し、これまでにも開催されて熱烈な鉄道ファンが思いのたけを語るという、どちらかというと杉浦さんの趣味の世界のものです。今年は女子鉄アナウンサー久野知美さんも参入して、熱いひとときをすごしました。2年前に発表されたスギテツのアルバム「走れ!夢の超特急楽団」で、当番組のリスナーのみなさんをはじめとする多くの方々の東海道新幹線に寄せる思いを番組を通じて募り、アルバムに朗読と言う形で収録しました。今回、やはり番組ブログを通じて「ラジオで結ぶ名古屋鉄道」を募集、このイベントで発表しました。名古屋の私鉄の中でも老舗中の老舗・名古屋鉄道(名鉄)は、東海地方のみならず各地の鉄道ファンに愛され続けています。今回の朗読は久野さんと、名古屋の鉄といえばこの人!東海ラジオの源石和輝アナウンサーです。

きょうの番組ではお二人による朗読の一部をご紹介しました。

この催し、今度は埼玉でもやりたいですね。

IMG_1121.jpg IMG_1125.jpg

1
アーカイブ