スギテツのGRAND NACK RAILROAD

パーソナリティー

プロフィール スギテツ

公式サイト

パーソナリティー

プロフィール 久野知美

公式ブログ
 

◆番組名:スギテツのGRAND NACK RAILROAD
◆放送日時:毎週日曜日 朝6:00〜6:55
◆パーソナリティー:スギテツ(杉浦哲郎、岡田鉄平)
同窓会電車 & ゲスト 伊藤 桃さん・豊岡真澄さん

みなさん、こんにちは!

番組ディレクターの三國です。

先週、関東地方では真夏日・夏日が早くもやってきました。暑さに体が慣れていないこの時期、急激な気温の上昇は熱中症をもたらします。もともと春は気温の変化が激しいのですが、先週のような温度差は要注意です。

 

きょうの「鉄分満載!スギテツの鉄道トーク」では、西武鉄道と同窓会幹事代行業の笑屋が企画した同窓会電車をご紹介しました。

走る電車の中で同窓会を開こうというものです。この企画は今年が2年目で、西武線沿線の学校を卒業した人たちに会場を提供します。電車は西武線おなじみの黄色い電車2000系。ターミナルに集合して、会が終わったら都合の良い駅で降りることができるというすぐれものです。今年は9月30日と10月1日に運行の予定です。くわしくは西武鉄道と笑屋のホームページでご確認ください。

IMG_4512.jpg

   http://dsksyoya.com/plan/seibu

   http://syoya.com/releases/577723188

 

後半の「つれづれTRAIN」は、杉浦さんプロデュースの「国鉄民営化30周年記念トリビュート・アルバム JNR to JR」特集企画の4回め。ゲストに鉄道タレントの伊藤 桃さんとママ鉄の豊岡真澄さんをお迎えしました。お二人とも鉄道に関してはキャリアは十分。

楽しいお話を聞かせてくださいました。

みなさんも、ぜひこのアルバムをお手に取って、そしてお買い求めいただければ番組スタッフとしても嬉しいです。

IMG_4554.jpg

4/16 高〜い地下鉄駅 & ゲスト 南 正時さん

みなさん、こんにちは!

番組ディレクターの三國です。

街を歩いていると、新入社員や新入生に出会います。4月はいろいろな場面で新しいことが始まります。

 

きょうの「鉄分満載!スギテツの鉄道トーク」では、地下鉄のあれこれをご紹介しました。いま、東京の渋谷では大規模な再開発工事が行われています。地下鉄銀座線の駅もいまの位置から少し表参道駅よりに移設されます。また、銀座線の表参道駅の少し渋谷駅寄りのところに古いホームが残されています。銀座線の表参道駅のホームは、千代田線の表参道駅が開設された時にいまの位置に移設されました。残されている古いホームは、それ以前に使われていたものです。写真を載せようと思ったのですが、撮影が難しいのでうまく撮れたら載せます。

そして、ご紹介したのは日本一標高の高いところにある地下鉄駅。仙台市営地下鉄東西線の八木山動物公園駅です。標高136.4mのところにあるのですが、なんとホームは地下にあります。さらに興味深いのは、駅には「八木山てっぺんひろば」という展望施設があることです。地下鉄の駅を出ると、視界がグーンと広がるなんて見てみたいです。

IMG_4223.jpg

銀座線渋谷駅の移設工事の現場です

 

後半の「つれづれTRAIN」はニューアルバム「JNR to JR」に参加したアーティストをお迎えするシリーズの3回目。今回はアルバムのジャケット写真を提供していただいた鉄道写真家の南正時さんです。SL時代から鉄道写真を撮り続けている南さん。鉄道への深い愛情を感じさせるお話をたくさんしてくださいました。アルバム「JNR to JR」を聴きながら南さん撮影の数々の写真を鑑賞するのは、なんとも贅沢な瞬間です。

IMG_4556.jpg

4/9 重要文化財の電車 & ゲスト木村裕子さん

みなさん、こんにちは!

番組ディレクターの三國です。

首都圏では桜の花が一気に咲きました。春爛漫といった感じです。

みなさんはもうお花見はしましたか?

 

きょうの「鉄分満載!スギテツの鉄道トーク」では、電車が国の重要文化財に指定される運びとなったニュースをお伝えしました。1914年製造のナデ6141号電車と1927年製造の地下鉄1001号電車の二つです。

ナデ6141号電車は日本初の三扉車で、総括制御装置を導入した電車です。総括制御装置とは、モーターのついた何両もの電車を連結して一人の運転士の操作で走行できる装置のことです。

また地下鉄1001号電車は、それまで車両は木造が当たり前だった時代に初めて全鋼製の電車として製造されました。さらに自動扉、自動列車停止装置(ATS)を搭載した初めての電車でもあります。

この二つの電車はいずれも日本の電車の近代化・標準化の歩みを知る上で、とても重要と判断されて重要文化財の指定への道が開かれました。今ではごく当たり前の装置や設備ですが、開発に携わった人たちの血と汗の結晶だったんですね。電車に乗るときは、時々こうした先人の労苦を思い出してみませんか?

IMG_4511.jpg

 

後半の「つれづれTRAIN」。今月は杉浦さんがプロデュースしたアルバム「JNR to JR」に参加したアーティストをお迎えしてお話を聞いています。2回目の今回は、元祖鉄道アイドルの木村裕子さん。鉄道アイドルとして売り出すまでのことや、お小さい頃の話などたくさんうかがいました。番組には今回が初めての登場でしたが、これからは機会があるごとにご登場いただければと思います。

IMG_4510.jpg

4/2 国鉄とJRのフリーきっぷ & ゲスト 上野耕平さん

みなさん、こんにちは!

番組ディレクターの三國です。

 

首都圏では先週木曜日が暖かかったので、桜の花もずいぶん咲きました。

みなさんの地域ではいかがですか?

 

きのう4月1日、国鉄が分割民営化されてJRとなって30年となりました。そこで、きょうの「鉄分満載!スギテツの鉄道トーク」では、国鉄最後の日限定のフリーきっぷなど、この30年の節目ごとに発売されたフリーきっぷをいくつかご紹介しました。どれも魅力いっぱいです。特に国鉄最後の日、つまり1987年3月31日限定の「謝恩フリーきっぷ」は、新幹線も在来線の特急・急行・普通も、それに当時はまだ現役だった連絡船のどれにも自由に乗れるという、夢のようなきっぷでした。その後JRとなってからも10周年にもフリーきっぷが発売され、20周年ではフリーきっぷではないものの、青春18きっぷが割安で発売されました。30周年の今年は、各社をまたいだきっぷは発売されません。さすがに30年も経過すると、各社それぞれに事情があって横並びというわけにはいかないようです。でも、節目の年ですから、今からでも何か鉄道ファンを喜ばせるようなきっぷの発売を期待するのはぼくだけでしょうか?

IMG_4513.jpg

 

今週から後半の「つれづれTRAIN」では、杉浦さんプロデュースによるアルバム「JNR to JR」に参加したアーティストをお迎えして、いろいろなお話をうかがいます。

きょうはそのトップバッター。サキソフォン奏者の上野耕平さんでした。上野さん、その鉄分の濃さにはさすがの杉浦さんもビックリのようでした。サキソフォンという楽器の魅力とともに、深い鉄道愛を語ってくださった上野さんには、また機会を作ってお越しいただきたいです。

来週は、元祖鉄道アイドルの木村裕子さんをお迎えする予定です。

IMG_4508.jpg IMG_4506.jpg

 

さて、先週お伝えした女子鉄アナウンサー久野知美さんの九州鉄道記念館レポート。遅くなりましたが、写真をご覧に入れます。

IMG_4499.jpg IMG_4503.jpg

 

IMG_4500.jpg IMG_4496.jpg

1
アーカイブ