スギテツのGRAND NACK RAILROAD

パーソナリティー

プロフィール スギテツ

公式サイト

パーソナリティー

プロフィール 久野知美

公式ブログ
 

◆番組名:スギテツのGRAND NACK RAILROAD
◆放送日時:毎週日曜日 朝6:00〜6:55
◆パーソナリティー:スギテツ(杉浦哲郎、岡田鉄平)
11/25 ファミリーコンサート鉄道物語 in 稲沢 Part 2

みなさん、こんにちは!

番組ディレクターの三國です。

初雪が遅れていた北海道。札幌市でもようやく初雪が観測されました。

この週末は日本海側で雪や雨が降って、いよいよ冬の到来を感じさせます。

みなさん、冬支度は万全ですか?

 

きょうの番組は、先週に続いて11月4日に愛知県稲沢市で行われた「スギテツファミリーコンサート 鉄道物語 in 稲沢 vol.2」のもようをお届けしました。

楽しい雰囲気を感じていただけたでしょうか?

きょうも、名古屋市在住の鉄道写真家 古池直之さんによる写真をご覧ください。

 

20181104_016.jpg 20181104_019.jpg

 

20181104_014.jpg 201811_inazawa_Last.jpg

 

11/18 ファミリーコンサート鉄道物語 in 稲沢

みなさん、こんにちは!

番組ディレクターの三國です。

11月も半ばを過ぎようとしています。首都圏でも朝夕の寒さが身にしみるようになりました。

みなさん、お風邪など召されませんように。

 

さて、きょうの番組は、去る11月4日に愛知県稲沢市の
名古屋文理大学文化フォーラム(稲沢市民会館)で行われた「スギテツファミリーコンサート 鉄道物語 in 稲沢 vol.2」のもようをたっぷりお届けしました。

スギテツの演奏とともに、名古屋を中心に愛知県と岐阜県に広く路線網を展開する名鉄こと名古屋鉄道の吹奏楽団とのコラボ演奏、地元東海ラジオの鉄道大好きアナウンサー源石和輝さんによる軽妙にして鉄道愛あふれる司会ぶり、コンサートと並行して開催された講座の出演者へのインタビューなど、盛りだくさんにお送りしました。

稲沢といえば、旧国鉄時代から「新鶴見、稲沢、吹田」の三大貨物列車操車場の一つとして知られるところです。いまはJR貨物の機関区(乗務員区)となっていて、引き続き貨物列車ファンにとっては貴重なところとなっています。

今回のコンサートと講座は鉄道に特化したものではありますが、鉄道の役割や大切さ、日本の流通を支える力など、私たちの生活に密接に結びついていることを広く伝るものでした。これからも、ぜひ続けてほしい催しです。

当日の写真をご覧意に入れます。いずれも名古屋市在住の鉄道写真家 古池直之さんによるものです。

20181104_007.jpg 20181104_003.jpg

20181104_012.jpg 20181104_025.jpg

 

 

11/11 小田急ファミリー鉄道展2018@海老名ビナウォーク

みなさん、こんにちは!

番組ディレクターの三國です。

晴れの日があったかと思うと、雨が続いたり、暖かかったり、肌寒かったりと、秋は体調の管理と服装の調節が大変です。みなさん、お元気ですか?

 

きょうの番組は、全編を通して去る10月20日に小田急線・相鉄線・JR線の海老名駅近くのショッピングモール「ビナウォーク」特設ステージで行われたスギテツのLIVEのもようを中心にお送りしました。これは、「小田急ファミリー鉄道展」の一環として行われたものです。

ビナウォークは、海老名駅前に展開する大規模なショッピングモールで、ファッション、グルメなど多くの店が並び、ほぼ1日を過ごせるところ。ぼくも久しぶりに海老名駅に降り立って、その展開のすごさに圧倒されました。

スギテツのステージには多くのお客さまが来てくださり、大変な盛り上がりでした。

海老名といえば、人気グループで最近「集牧宣言」を出して活動再開を発表した「いきものがかり」の地元。スギテツも彼らのデビュー作「SAKURA」をモチーフにしたナンバーを披露しました。

当日は秋晴れに恵まれて、会場に来られた方々も大変気持ちよく過ごされたと思います。

後半の「つれづれTRAIN」も、当日のステージのプロデュースを担当された株式会社 音楽事務所アーテムの清水宗治さんにお話をうかがいました。ビナウォークで行われる音楽イベントを取り仕切る敏腕プロデューサーとしてのご苦労をお話しいただきました。

このところコンサート続きのスギテツですが、これからも元気に突き進みます!

IMG_6756.jpg IMG_6757.jpg

 

IMG_6774.jpg IMG_6776.jpg

 

 

11/4 日暮里舎人ライナー & 久野さん著書を上梓

みなさん、こんにちは!

番組ディレクターの三國です。

早いもので、もう11月。今年もあと2ヶ月足らずになりました。

年賀はがきも発売されて、次第に年末ムードが高まってきます。

この時期は風邪をひきやすいので、みなさんもご注意ください。

 

きょうの「鉄分満載!スギテツの鉄道トーク」では、新交通システムについてお話しました。NACK5が入っている大宮のビルの下を走るニューシャトルも新交通システムの一つです。きょうご紹介したのは東京の日暮里と見沼代親水公園を結ぶ東京都交通局が運行する「日暮里舎人ライナー」です。ずっと高架を走る上に、このシステムの特徴として架線がないので上空がすっきりしています。日暮里舎人ライナーは新交通システムの中でも、特に眺めがよいと評判です。それは沿線の足立区が法律に基づいた景観計画と条令を作り、周辺の建築物や開発行為の基準を設けているからです。全国で多くの自治体が景観についての条令を定めていますが、特定の路線を指定した条例はほかにはないようです。晩秋の一日、日暮里舎人ライナーで東京の景観を楽しむのも悪くないですね。

東京都交通局のホームページに詳しいインフォメーションがあります。

http://www.kotsu.metro.tokyo.jp/nippori_toneri/

 

IMG_6733.jpg

 

後半の「つれづれTRAIN」には、久々に鉄道大好きマネージャー ホリプロの南田裕介さんも登場しました。ご紹介したのは、女子鉄アナウンサー久野知美さんが著した「鉄道とファン大研究読本〜私たち車両限界、超えました」(株式会社カンゼン刊)。実は南田さん、この本の監修を務められました。内容は、決してガチガチの鉄道本ではなく、久野さんの鉄道に対する愛情がいっぱい詰まった、親しみやすいものです。みなさんもぜひ書店でお手にとって、そしてお求めください。

番組ではこの久野知美著者兼水先案内人 南田裕介監修による「鉄道とファン大研究読本〜私たち車両限界、超えました」(株式会社カンゼン刊)を3名にプレゼントします。

このブログページのタイトル下にある「久野・南田本プレゼント」というボタンからご応募ください。

お待ちしています!

IMG_6751.jpg

1
アーカイブ