スギテツのGRAND NACK RAILROAD

パーソナリティー

プロフィール スギテツ

公式サイト

パーソナリティー

プロフィール 久野知美

公式ブログ
 

ウィンターアロハ2019
◆番組名:スギテツのGRAND NACK RAILROAD
◆放送日時:毎週日曜日 朝6:00〜6:55
◆パーソナリティー:スギテツ(杉浦哲郎、岡田鉄平)
7/14 車内販売中止 & 最寄り駅とは言うけれど… Part 2

みなさん、こんにちは!

番組ディレクターの三國です。

本格的な夏が近づいてきました。九州福岡では「博多祇園山笠」がいよいよ最高潮を迎えます。博多の街が山笠一色になるこの時期、ぼくはずいぶん前にあの勇壮な山の数々を目のあたりにしました。また見たい祭の一つです。

 

きょうの「鉄分満載!スギテツの鉄道トーク」では、JR東日本が打ち出した新幹線・在来線での車内販売の一部中止の話題をお届けしました。最近では駅構内の売店やコンビニエンスストアが発展したのと、乗車時間が短縮されたのとで、車内販売の需要が以前よりも低下したというのが主な理由です。たしかに東京から仙台まで新幹線なら1時間半ほどで着いてしまいます。その間に必要な飲み物や食べ物は、乗車前に駅で購入しておけば間に合いますから、車内販売に頼らなくても良いということになります。一方で、急な出張などで乗車前に時間を確保できない場合もありますから、そんな時に車内販売があれば助かります。痛し痒しといったところです。鉄道が発達しているヨーロッパでは、日本とは反対に車内販売に力を入れています。需要が多くなった高速バスやLCCに対抗するために、サービスを向上させているそうです。みなさんは車内販売をどのように利用していますか?

IMG_3374.jpg

東京駅では色々な弁当が売られています

 

後半の「つれづれTRAIN」は、女子鉄アナウンサー久野知美さんの「最寄り駅とは言うけれど…」のPart 2。「〇〇前」という駅名でも、実際に行ってみるとかなり距離があるケースをいくつかご紹介しました。仮に少々遠くても、それも旅の楽しみの一つと考えれば良いと思いますが、いかがですか?

IMG_7448.jpg IMG_7450.jpg

こちら極近最寄り駅の代表格 井の頭線「駒場東大前駅」

改札を出て階段を駆け下りると、その勢いで東大キャンパスにIN!

7/7 シャッター通りからの脱出 & 最寄り駅とは言うけれど…

みなさん、こんにちは!

番組ディレクターの三國です。

梅雨空が続いています。西日本、特に鹿児島県では大雨で甚大な被害が出ています。一年前には西日本豪雨、二年前には九州北部豪雨と毎年豪雨被害に見舞われています。被災地のみなさん、くれぐれも大事にお過ごしください。

 

きょうの「鉄分満載!スギテツの鉄道トーク」は、「シャッター通り」からの脱出と題して、東京メトロ千代田線綾瀬駅高架下のスペース利用についてご紹介しました。「歯抜け」になった商店街は各地に見られますが、鉄道会社と駅周辺の地域が協力して「シャッター通り」からの脱出を目指し、見事に達成した例をお伝えしました。商店街の衰退はそれぞれ事情が異なっているので、全部を一括りにして対策を講じることはできませんが、きょうご紹介した綾瀬駅の例は鉄道会社と地域社会がタッグを組んで達成した成功例です。みなさんのご近所の商店街は、どんなようすでしょう?

IMG_6357.jpg

 

後半の「つれづれTRAIN」は、女子鉄アナウンサー久野知美さんが最寄り駅と、駅近と言われる施設との距離についてお話しました。要するに「最寄り駅とは言うけれど、歩いてみるとかなり遠い」例をいくつか挙げてご紹介しました。特に寺社や公共施設は、必ずしも鉄道の駅にリンクして作られているわけではないので、どうしても駅から遠いというケースが出てきます。反対に駅から遠いからこそ、人が集まりすぎることがないので景観が保たれているというところもあり、遠いからといってすべてがダメ!というのではありません。ただ、行ってみようという人が事前に知っていれば、休憩の取り方などプランを立てやすいと思うので、ご紹介したまでです。今はインターネットを活用すれば、情報はいくらでも手に入ります。みなさんも事前の準備は怠りなく、お出かけください。

IMG_7190.jpg

1
アーカイブ