スギテツのGRAND NACK RAILROAD

パーソナリティー

プロフィール スギテツ

公式サイト

パーソナリティー

プロフィール 久野知美

公式ブログ
 

ウィンターアロハ2019
◆番組名:スギテツのGRAND NACK RAILROAD
◆放送日時:毎週日曜日 朝6:00〜6:55
◆パーソナリティー:スギテツ(杉浦哲郎、岡田鉄平)
3/24 バリトン歌手 平林 龍さん & 京急大師線

みなさん、こんにちは!

番組ディレクターの三國です。

春分を過ぎ、桜の花も咲きました。いよいよ春本番です。

 

きょうの「鉄分満載!スギテツの鉄道トーク」には、ゲストをお迎えしました。バリトン歌手の平林 龍さん。スギテツとは共演経験があり、今後も共演の予定があります。楽しいお話をたくさんしていただき、その上、コラボ演奏も快く引き受けてくださいました。4月6日には名古屋 アーク栄サロンホールで杉浦さんと、6月8日には彩の国さいたま芸術劇場でスギテツと共演されます。くわしいことは平林さんのホームページ、スギテツのホームページでご確認ください。

https://ryuhirabayashi.com/

 

http://www.sugitetsu.com/

 

IMG_7064.jpg IMG_7067.jpg

 

後半の「つれづれTRAIN」では、女子鉄アナウンサー久野知美さんが京急大師線についてお話しました。6年ほど前に久野さんが乗り鉄レポートした路線。京急の礎となる路線です。京急川崎駅から小島新田までの短い路線ですが、沿線には見どころがたくさんあります。春に誘われて、一度お出かけください。

100_1627.jpg 100_1630.jpg

小島新田駅近くの跨線橋からは、川崎貨物駅が一望できます。

3/17 しなの鉄道 & 〇〇何丁目は奇数?

みなさん、こんにちは!

番組ディレクターの三國です。

明日は彼岸の入り。「暑さ寒さも彼岸まで」と言いますが、この時期は寒暖の差が大きく、体調の維持が難しい時期でもあります。みなさん、細心の注意をはらって健康にお過ごしください。

 

さて、きょうの「鉄分満載!スギテツの鉄道トーク」では、長野県を走る第三セクターしなの鉄道をご紹介しました。杉浦さんが乗車した時の音もまじえてお届けしました。しなの鉄道は、かつての信越本線です。北陸新幹線(当時は長野新幹線と呼ばれました)の開業にともなって、横川・軽井沢間が廃止され、軽井沢・篠ノ井間が第三セクターになりました。沿線は軽井沢をはじめ、多くの観光スポットがあり、絶景路線の一つでもあります。

番組でご紹介したように、しなの鉄道は台湾鉄路管理局と協定を結んで、交流活動を展開しています。その中に、車体塗装の交換というのがあって、杉浦さんが乗車した車両は、台湾の車両の塗装を施したものでした。鉄道ファンにとって、台湾は一度は訪ねたいスポットです。高速鉄道はもちろんですが、店がひしめき合うところをローカル鉄道が抜けていくようなところもあって、フォトジェニックなエリアが多くあります。日本から近いので、ぜひ一度行ってみたいと思いますが、しなの鉄道でも台湾の鉄道気分を味わえますから、まずしなの鉄道の旅を楽しみたいですね。

IMG_4681.jpg IMG_4677.jpg

杉浦さんが乗った台湾塗装の115系電車と、車内吊り広告

IMG_4678.jpg IMG_4687.jpeg

車内には液晶ディスプレイも。そして駅では地元の野菜を売っています。

 

後半の「つれづれTRAIN」では、女子鉄アナウンサー久野知美さんが、「〇〇何丁目」という駅名はなぜか奇数ばかりという話題をお届けしました。東京には「〇〇何丁目」という名前の駅が八つあります。

青山一丁目、銀座一丁目、六本木一丁目、本郷三丁目、四谷三丁目、新宿三丁目、志村三丁目、西新宿五丁目。

これらの駅名を見ると、なぜか全て奇数の数字がついています。もちろんこれは偶然のなせる技なのですが、ちょっと面白いですね。おそらくこれらは、かつて東京23区内を走っていた都電の停留所に由来するものが多いのではないでしょうか?

東京は奇数ばかりなのですが、大阪には偶数の駅名があります。

蒲生四丁目、瑞光四丁目、谷町四丁目、谷町六丁目、天神橋筋六丁目。

こちらももちろん偶然なのですが、東京と大阪の文化の違いがなんとなく感じられませんか?

そして、札幌市営地下鉄東西線には、なんと「西28丁目」という駅があります。

駅名を調べると、面白いことが次々に出てきて楽しいです。

IMG_7047.jpg IMG_7040.jpg

IMG_7053.jpg IMG_7056.jpg

 

3/10 単線と複線 & 青山一丁目のナゾ

みなさん、こんにちは!

番組ディレクターの三國です。

首都圏ではこのところ、天気が短い周期で変化しています。「春に三日の晴れなし」とは言いますが、それにしても変化が目まぐるしく、寒暖の差も大きいので、体調を崩す人も多いようです。

 

きょうの「鉄分満載!スギテツの鉄道トーク」では、鉄道線路の単線と複線のお話をしました。大都会東京の鉄道路線は全部複線と思っている方はいませんか?

いえいえ、都内にも単線路線はいくつもあります。もちろん都心やその周辺にはほとんどないのですが、ちょっと郊外へ行けば多くの単線に出会えます。都心に一番近い単線は、東武大師線でしょうか。西新井駅から大師前駅までのわずか1kmの短い路線です。

下の写真はJR青梅線(左)と西武多摩川線競艇場前駅(右)です。青梅線は東青梅駅から奥多摩駅までの間が単線区間、西武多摩川線は全線単線です。競艇場前駅ではかつて上り電車と下り電車のすれ違い(交換)があったのですが、現在はなくなってホームだけが残されています。

単線というと、どうしてもローカル色を感じてしまいますが、地域密着の鉄道路線でもあります。首都圏の単線路線の旅も悪くないと思います。

IMG_6676.jpg 100_1455.jpg

山あいを走る青梅線と、西武多摩川線の競艇場前駅。どちらも東京都内です。

 

後半の「つれづれTRAIN」では、女子鉄アナウンサー久野知美さんが、「青山一丁目のナゾ」と題してお話しました。東京メトロ銀座線・半蔵門線と都営地下鉄大江戸線が交差する青山一丁目駅。なんとなく地名がそのまま駅名になったと思いがちですが、昔も今も「青山一丁目」という地名はありません。戦前からは「青山北町一丁目」、「青山南町一丁目」という地名があり、戦後しばらくたってから「北青山一丁目」、「南青山一丁目」という地名が誕生しました。しかも駅入口近くの交差点の信号機には、ずっと前から「青山一丁目」と表示されています。番組では触れませんでしたが、どうやらこれは、かつての都電の停留所名が関係しているようです。青山を南北に分ける境界線は、国道246号(青山通り)で、都電はこの道路を走っていました。青山一丁目、同三丁目…と六丁目までありました。このネーミングが地下鉄開業の時に採用されたのではないかと考えられます。地名と駅名が一致しない例は、これまでも番組で何度も取り上げてきましたが、次回も駅名のミステリー(?)に迫ります。

IMG_7041.jpg IMG_7044.jpg

青山一丁目駅の入り口のひとつ    交差点の名称も「青山一丁目」

IMG_7046.jpg

そして所在地は港区「北青山」一丁目

3/3 京王5000系の安全対策 & ゲスト伊藤 桃さん

みなさん、こんにちは!

番組ディレクターの三國です。

全国的にかなり暖かくなってきました。今年は春の訪れが早いようです。

そしてきょうは、上巳の節句 ひな祭りです。本格的な春を感じる時期です。

さらに、スギ花粉が大量に舞っています。ぼくも連日クシュンクシュンやっていますが、きょうから明日にかけて関東から西日本は雨模様となりそうです。花粉症の方にとっては雨のありがたさを感じるかも知れません。

 

さて、きょうの「鉄分満載!スギテツの鉄道トーク」では、京王電鉄の新型車両(と言っても、デビューは1年以上前のことですが)5000系の機能についてご紹介しました。5000系は主に京王ライナーとして座席定員制特急やMt. TAKAO号として正月や行楽シーズンに使われ、それ以外にも普通列車としての運用もあります。この5000系の注目点は、これまで番組でもお伝えしてきましたが、きょうは新しい機能についてご紹介しました。

5000系は車体の下部に蓄電池を搭載しています。京王線には非電化区間はありませんから、バッテリー走行が必要な時といえば停電時など何らかの理由で送電ができなくなった時です。これまで、送電がストップして電車が止まってしまった場合には、止まった地点で回復を待つのが一般的で、安全が確認された場合のみ乗客が線路上を歩いて避難していました。京王5000系は、そんな場合には蓄電池の電力を利用して、最寄りの駅まで自力走行が可能です。これによって、乗客は安全に最寄りの駅で降りることができます。このような安全対策が、今後広まっていくと嬉しいですね。

IMG_5800.jpg IMG_6237.jpg

明大前駅に入る5000系      こちらは高幡不動検車区で

 

後半の「つれづれTRAIN」には、ゲストをお迎えしました。鉄道タレントの伊藤 桃さん。昨年に続いて2度目のスタジオ出演です。今回は、3月14日に発売される新しい著書「鉄道アイドル伊藤桃 小田急全駅ものがたり」の紹介に来てくださいました。小田急線の全部の駅の歴史や周辺のスポットを取材してまとめられたものです。特に、伊藤 桃さん厳選の「おひとりさま向けおすすめ居酒屋」は必見です。

番組では、この「鉄道アイドル伊藤桃 小田急全駅ものがたり」(株式会社シンコーミュージック・エンタテイメント刊)をリスナー3名にプレゼントします。

このブログページの上に「伊藤桃プレゼント」というボタンがありますので、そこからご応募ください。

IMG_7027.jpg IMG_7029.jpg

スタジオで杉浦さんと       びっしり書き込まれた取材ノート

2/24 半蔵門線の便利さ & 列車の座席配置

みなさん、こんにちは!

番組ディレクターの三國です。

先週の水曜日は全国的に気温が上がり、春を感じさせる一日でした。これから一雨ごとに春が近づいてきます。ただ、積雪の多い地域では雪崩や落雪に注意が必要です。そして、花粉が舞っています。花粉症の方、対策は大丈夫ですか?

 

きょうの「鉄分満載!スギテツの鉄道トーク」では、東京メトロ半蔵門線の話題をお届けしました。東京の地下には13もの地下鉄路線が走っています。複雑でわかりにくいと言われることの多い東京の地下鉄ですが、半蔵門線はほかの地下鉄路線すべてに一回で乗り換えられる路線です。唯一他線に接続していないのが名前の由来でもある半蔵門駅というのがなんとも奇妙です。最近まで日比谷線との連絡がなかったのですが、水天宮前駅で日比谷線の人形町駅との接続ができるようになりました。右下の写真は、まだその接続がなかった頃に撮影したものです。半蔵門線、上手に使えばとても便利な路線です。

IMG_3224.jpg IMG_2131.jpg

 

後半の「つれづれTRAIN」では、女子鉄アナウンサー久野知美さんが列車の座席配置についてお話しました。東海道新幹線などの普通車は3列+2列の配置、在来線は2列+2列というのが一般的です。番組でご紹介したかつての修学旅行専用列車は、3列+2列の向かい合わせボックスという配置でした。上越新幹線などの2階建車両の2階は、3列+3列でリクライニングなしという配置です。これで長距離の移動はかなり辛いのですが、「Maxとき」などE4系電車はE7系に置き換えられるので、これからはずいぶん改善されるでしょう。

IMG_0610.jpg

東海道新幹線N700系普通車の座席

IMG_5242.jpg

リニア新幹線実験線の座席は2列+2列です

2/17 岡山電気軌道の観光電車 & 上から目線レポート

みなさん、こんにちは!

番組ディレクターの三國です。

今週は、東日本・西日本などで気温が上がるという情報が出ています。春を感じられるのはいいのですが、暖かくなるとスギ花粉が飛びます。ぼくを含めた花粉症のみなさん、対策をしっかりしましょう!

 

きょうの「鉄分満載!スギテツの鉄道トーク」でご紹介したのは、岡山市を走る路面電車「岡山電気軌道」にユニークな観光電車が登場するという話題でした。岡山市民の足として愛されている岡山電気軌道では、かの水戸岡鋭治さんのデザインによる「おかでんチャギントン電車」を3月から運行します。これがどんな電車なのかは、岡山電気軌道のホームページを見ていただくのが一番だと思います。ぜひ、アクセスしてみてください!

https://okaden-chuggington.com/

 

IMG_0087.jpg

普段走っている電車はこちら

 

後半の「つれづれTRAIN」は、女子鉄アナウンサー久野知美さんの鉄道風景レポート。今回初めてお届けしたのは、「上から目線シリーズ」です。「上から目線」と言っても、イヤな奴という意味ではなく、鉄道が走る風景を上から眺められる場所を訪ねようというものです。

第一回のきょうは、東京・四谷の土手から見下ろすJR線、東京メトロ丸ノ内線の風景、お茶の水橋と聖橋から見る風景、そしてJR王子駅近くの跨線橋から眺める景色をレポートしました。上から見下ろすと、普段はあまり見る機会がない電車の屋根が見えたり、線路構造がよくわかったりします。このシリーズ、不定期に続けていきますので、みなさんのお近くに「上から目線スポット」があったら教えていただければうれしいです。

IMG_6986.jpg IMG_6992.jpg

四谷の土手から見下ろす景色     お茶の水橋からはJR線が

IMG_7001.jpg IMG_7009 (1).jpg

聖橋からはJR線と丸ノ内線が    王子駅近くの跨線橋からはJR線が見下ろせます

 

2/10 岡田鉄平ソロ・アルバム「クロイツェル」ご紹介

みなさん、こんにちは!

番組ディレクターの三國です。

このところ北海道などでは暴風雪に見舞われ、そのほかの地方では春のような暖かさになったかと思えば真冬に逆戻りしたような寒さになったりと、日本列島の気候が安定しません。相変わらずインフルエンザや風邪が流行っています。体調管理には十分気をつけてください。

 

さて、きょうの放送では本日リリースの鉄平さんのソロ・アルバム「クロイツェル」をご紹介しました。ふだんクラシックを聴かないという方も、このアルバムには親しんでいただけると思います。

限定盤として各コンサート会場とネット通販での販売のみとなります。詳しくはスギテツのホームページ

http://www.sugitetsu.com

をご覧ください。

ジャケットとレコーディング風景の写真を載せます。

kreutzer_jacket (1).jpg

 

IMG_2614-e1523067567861-300x225 (1).jpg IMG_4340-e1547375093249-300x225.jpg

2/3 駅名は変わる? & ひさびさガード下レポート

みなさん、こんにちは!

番組ディレクターの三國です。

きょうは節分です。そして明日は立春。暦の上とは言え、春がやってきます。みなさん、今年の春の計画は立てていますか?

 

きょうの「鉄分満載!スギテツの鉄道トーク」では、駅名の変更についてお話しました。京急では先ごろ、これまでの駅名から変更する駅を発表しました。一方、実態にそぐわない駅名もあります。東急東横線の学芸大学と都立大学がそれです。学芸大学がいまあるのは、東京都小金井市。都立大学に至っては大学の名前が首都大学東京に変わり、場所も東京都八王子市など7カ所にキャンパスがあります。かつて受験生などから「まぎらわしい」といった声があったそうですが、周辺の住民は長く親しんだ駅名だから変える必要はないと考え、東急電鉄も住民の意向を尊重した形です。駅名を変えるというのは、鉄道会社にとっては大きな決断を必要とします。駅は地域文化の中心ですから、変える以上は新しい駅名を積極的にPRしなくてはなりません。京急が変更に踏み切った新駅名の今後に注目です。なお、首都大学東京は2020年に東京都立大学に名称を戻すことになっています。

 

IMG_6229.jpg IMG_6555.jpg

 

後半の「つれづれTRAIN」は、女子鉄アナウンサー久野知美さんの「ガード下レポート」を久しぶりにお届けしました。今回は中央線周辺のガード下を巡りました。吉祥寺駅周辺の表の顔と裏の顔、最近人気の西荻窪駅近くのガード下をご紹介しましたが、高架の多い中央線は当然ガードも多いので、さまざまなガード下があります。中央線に限らず、みなさんのお近くにユニークなガード下があったら、ぜひご紹介ください。

IMG_6973.jpg IMG_6970.jpg

 

IMG_6974.jpg IMG_6978.jpg

1/27 岳南電車 & JR津山線乗車記

みなさん、こんにちは!

番組ディレクターの三國です。

寒い日が続いていますが、みなさんお元気でしょうか?風邪やインフルエンザが流行っています。手洗いとうがいを励行して、予防に努めましょう。

 

きょうの「鉄分満載!スギテツの鉄道トーク」で取り上げたのは、静岡県富士市を走るローカル鉄道の岳南電車です。個人的にも大好きな路線ですが、去年70周年を迎え、地元に愛されている路線です。岳南電車の魅力は、まず全駅から富士山を眺められること。それから富士市の工場群をはじめとする沿線風景の美しさです。JR東海道線とは起点の吉原駅で接続します。終点の岳南江尾駅で線路は終わっていますから、盲腸線でもあります。冬から春にかけては富士山がきれいに見えます。夏は霞がかかって富士山は見えにくいのですが、毎夏恒例のビール電車は大にぎわいです。首都圏からも行きやすいところですので、ぜひ一度乗りに行ってみてはいかがでしょう?

IMG_6414.jpg IMG_6416.jpg

吉原駅に立つのぼり         終点の岳南江尾駅

IMG_6423.jpg IMG_6427.jpg

 

後半の「つれづれTRAIN」は、杉浦さんの津山線乗車記をお送りしました。津山線は岡山駅と津山駅を結ぶJR西日本の路線です。かつては急行列車が運行されていましたが、いまは都市間連絡線としての役割を担っています。全線単線の非電化路線です。番組でもお伝えしたように、途中「福渡」、「亀甲」などおめでたい名前の駅があるのも特徴です。力強いキハの走行音をお聴きいただけたと思います。機会があれば、ぜひ乗って見たい路線です。

IMG_4359.jpg IMG_4361.jpg

                  こちらは福渡駅

IMG_4365.jpg IMG_4366.jpg

亀甲駅の駅舎は亀の形です

1/20 運賃が割高に?! & 町田市はラビリンス?

みなさん、こんにちは!

番組ディレクターの三國です。

早いもので1月も下旬を迎えます。年末年始のあわただしさも過ぎて、なんとなく落ち着きを取り戻す時期ですね。受験生のみなさんはきのうときょうがセンター試験。受験シーズンまっただ中です。体調管理と、心のケアを大切にお過ごしください。

 

さて、きょうの「鉄分満載!スギテツの鉄道トーク」では、乗り換え方法を間違えると割高運賃を支払うことになるというお話をしました。例に挙げたのは、都営地下鉄三田線の神保町駅からJR京浜東北線の大井町駅まで行くルートです。方法はいくつかあるのですが、ここでは二つの方法を比較しました。

まず三田駅で都営浅草線の京急直通電車に乗り換えて、品川へ。そして京浜東北線で大井町へ行く方法。もう一つは三田駅で降りて、JR田町駅まで歩き、そこから京浜東北線で大井町へ。都営浅草線の京急直通電車に乗る場合、泉岳寺駅と品川駅の間は京急線なので初乗り運賃がかかります。この方法での運賃は田町駅で京浜東北線に乗り換える方法よりも、ICカード料金で102円高くなります。泉岳寺から京急ということを知らないと、思わぬ割高運賃が発生してびっくり!なんてことになるかも知れません。

最近では乗り換え案内アプリが便利になっているので、これを活用するのが一番良さそうです。でも、たまには路線図や時刻表をじっくり見て検討するのもお試しください。それから、鉄平さんが指摘していたように乗り換え案内アプリを歩きながら利用するのは危険ですから絶対禁物です。

IMG_3169.jpg IMG_3325.jpg

京浜東北線と都営浅草線の車両

 

後半の「つれづれTRAIN」は、女子鉄アナウンサー久野知美さんが東京都町田市についてお話しました。町田市は東京都の一番南にある市で、神奈川県に半島のように突き出しています。その地形から「町田市神奈川県説」がまことしやかに語られるなんてこともありますが、実際に隣接する神奈川県相模原市との間で境界線の変更をした歴史があります。また、町田市は横浜との間の重要なルート上にあるため、昔から神奈川県との関係が深いのも事実です。そんなことから町田市=神奈川県と考える人もいるのかも知れませんが、町田市はれっきとした東京都です。そんな町田市、一度は訪ねてみてはいかがでしょう。

IMG_6952.jpg

アーカイブ