スギテツのGRAND NACK RAILROAD

パーソナリティー

プロフィール スギテツ

公式サイト

パーソナリティー

プロフィール 久野知美

公式ブログ
 

◆番組名:スギテツのGRAND NACK RAILROAD
◆放送日時:毎週日曜日 朝6:00〜6:55
◆パーソナリティー:スギテツ(杉浦哲郎、岡田鉄平)
9/23 JR185系電車 & 東京駅の二つの駅弁

みなさん、こんにちは!

番組ディレクターの三國です。

きょうは秋分の日、彼岸の中日です。長く、暑かった今年の夏もようやく終わりを迎えました。これからはすごしやすい日が続くことを願うばかりです。

 

きょうの「鉄分満載!スギテツの鉄道トーク」では、国鉄時代から活躍している185系電車を取り上げました。中央本線特急電車として使われたE257系が新しいE353系に置き換えられています。そしてE257系の次の活躍の場が、東海道本線ではというのが鉄道ファンの間でささやかれていることです。ということは、いま特急「踊り子」などで活躍している185系電車の引退が近いのでは、というのも鉄道ファンの間でささやかれています。

185系がデビューしたのは国鉄時代の1980年代のことですから、すでに40年近く。たしかにそろそろお役御免の時期かもしれません。この185系、実は信越本線の碓氷峠を上り下りしていたこともあります。急峻な峠を上り下りするのですから、特別な仕様を施したのは言うまでもないのですが、185系が碓氷峠で活躍していたと聞くと時代の流れを感じます。

NACK5の近くの大宮駅では修学旅行専用車として185系の姿をよく見かけます。引退の正式な発表はありませんが、その姿を目に焼き付けておきたいと思います。

IMG_1366.jpg

 

後半の「つれづれTRAIN」では、女子鉄アナウンサー久野知美さんが東京駅の二つの駅弁をご紹介しました。「チキン弁当」と「深川めし」。どちらも古くから東京駅の駅弁として親しまれています。実はこの二つ、それぞれ値段もレシピも違う商品が二種類ずつあります。簡単に言ってしまえば、それぞれ業者が二つずつあるということなんです。東京駅には東海道新幹線が乗り入れています。ご存知の通り、東海道新幹線を運行しているのはJR東海。東京駅にはJR東日本の列車が主に発着します。つまり、東京駅には二つのJRが同居しているわけで、駅弁を製造・販売する業者も二社あるのです。それぞれが作っている

「チキン弁当」「深川めし」が存在しているということです。いわば、国鉄の分割民営化によってこのような現象が生まれたのです。東京駅では80種類以上の駅弁が売られているそうですが、食欲の秋、駅弁を求めて東京駅に行くのも良さそうですね。

IMG_6573.jpg

9/16 Live @ 鉄博 & シウマイ弁当価格改定

みなさん、こんにちは!

番組ディレクターの三國です。

 

最大震度7を観測した北海道では、復旧・復興へ向けた動きが始まっています。まだ一部で停電が続いていたり、避難所生活を余儀なくされている方々がいたりと、厳しい状況下にあります。私たちも何か役に立つことを考えて実行したいものです。

 

きょうの「鉄分満載!スギテツの鉄道トーク」では、8月19日に大宮の鉄道博物館で行われたスギテツのLiveのもようの一部をお聴きいただきました。Slの転車台で行われたLive。スギテツの二人はいつになくハイテンションで演奏に臨んでいたようです。

IMG_6562.jpg

 

後半の「つれづれTRAIN」では、女子鉄アナウンサー久野知美さんが横浜崎陽軒のシウマイ弁当の価格改定についてお伝えしました。数ある駅弁の中でも高い人気を誇るシウマイ弁当ですが、原材料価格の高騰などを理由に今月から価格が従来の830円から860円に改められました。30円とはいえ、確かに値上げは辛いところですが、多くの駅弁が1000円以上する中ではこの値段は良心的というべきかもしれません。下の写真をご覧いただくとおわかりと思いますが、シウマイのほかにいろいろなおかずが詰まっている上に、ご飯もたっぷり入っています。これで860円ならまだまだ納得の範囲内と思えませんか?

IMG_4961.jpg

9/9 路面電車の新しい流れ & 熱海の駅そば

みなさん、こんにちは!

番組ディレクターの三國です。

 

先週の木曜日の未明、北海道で最大震度7を記録する強い地震があり、土砂崩れなどによる家屋の倒壊や、道内全域での停電が発生しました。そのため、病院が通常の診療をとりやめたり、交通機関の運休、道路の崩壊などによる流通の停滞など、ライフラインをはじめさまざまなルートが途絶えて生活への影響も大きくなっています。そして、亡くなった方、心肺停止状態の方、安否不明の方も多くあります。

被災された方々には心からお見舞い申し上げます。

また、暗い時間帯での強い地震に襲われたことからいまも不安にかられている方も多いと思います。どうかできるだけ声をあげて、助けを求めてください。

今年は各地で自然災害が発生しています。記憶に残さなければならない年になっています。これからも災害への備えを心がけましょう。

 

きょうの「鉄分満載!スギテツの鉄道トーク」では路面電車を取り上げました。日本では20近くの路線が健在です。さらに新しい形の路面電車も増えて、市民の足として活躍しています。

個人的なことですが、ぼくは子どもの頃から路面電車に親しんできました。小学校に入る頃に住んでいた家の前を路面電車が走っていました。父はその家から勤め先まで都電で通っていました。まさに路面電車は生活の一部でした。そのせいか、今も路面電車が走る町へ行くと、必ず一停留所だけでも乗るようにしています。

日本でも路面電車がさらに普及するといいなと思っています。

IMG_5372.jpg

JR王子駅前を通る都電荒川線

 

後半の「つれづれTRAIN」では、女子鉄アナウンサー久野知美さんがJR熱海駅の駅そばをご紹介しました。熱海駅には2軒の駅そば店があります。東海道線ホームにある「熱海そば」の看板メニューは「黒はんぺんそば」。静岡県民のソウルフード「静岡おでん」には欠かせない黒はんぺんがどーんと入っています。

もう一軒は伊東線、伊豆急行線が発着する1番ホームにある「爽亭」。こちらのオススメは「冷やし熱海そば」です。黒はんぺんは入っていませんが、桜えび、生海苔、わさびといった静岡の名産品がトッピングされています。

熱海は首都圏からも近く、東海道新幹線が停車する便利なところです。遠出はできないけれど、ちょっと出かけたいというときに気軽に行かれますから、ぜひ一度お出かけになってはいかがでしょう。

なお、番組でもお伝えしましたが、黒はんぺんの流通は静岡県内でも地域差があるようです。よく知られた白はんぺんを愛好する地域もあるようですので、

念のため申し添えます。

IMG_6579.jpg IMG_6576.jpg 

熱海駅東海道線ホームの「熱海そば」  「黒はんぺんそば」が好評です。

IMG_6577.jpg IMG_6582.jpg

こちらが「黒はんぺんそば」    「爽亭」は「冷やし熱海そば」が売り物です。

9/2 号車番号のつけ方 & 秋田一筆書きの旅 Part 2

みなさん、こんにちは!

また台風が接近しています。先月中に発生した台風の数は9個で、これは1951年に統計を始めてから2番目に多い数だそうです。関東地方にも影響があるかも知れません。接近している地方のみなさん、とりわけ7月の西日本豪雨で被災した地域のみなさんは警戒を怠らないようにしてください。

 

きょうの「鉄分満載!スギテツの鉄道トーク」では、列車の号車番号のつけ方についてお話しました。JRで旧国鉄時代から踏襲されている法則は、「東京駅に到着した列車の関西よりが1号車」というものです。東海道新幹線の場合、東京を出発して新大阪方面へ向かう先頭車両が1号車になります。ところが、東北新幹線の場合は逆で、新青森方面へ向かう先頭車両が1号車になります。これには裏話があります。東北新幹線が開業するときに、どちらがわを1号車とするかの議論があったそうです。旧国鉄時代に将来は東海道新幹線と東北新幹線を直結する構想があり、新青森方面の車両を1号車とすると、東京駅から東海道新幹線に乗り入れるときに号車番号を変えなければならなくなるというものです。結局この構想はなくなりましたが、号車番号ひとつにも歴史がありますね。

000_1201.JPG.jpg IMG_0609.jpg

東京駅での東海道新幹線 1号車と3号車

 

後半の「つれづれTRAIN」は、杉浦さんの「秋田一筆書きの旅 Part 2」。秋田から新幹線つながりで名古屋までの旅をご紹介しました。「鉄分〜」のコーナーでご紹介したように、もし東北新幹線から東海道新幹線に直結していたら、この一筆書きの旅も乗り換えなしで名古屋へ帰れたかと思うと、ちょっと面白いです。

リスナーの皆さんで一筆書きツターを経験された方がいらっしゃったら、ぜひ番組にその経験談をお寄せください。

IMG_2874.jpg IMG_2889.jpg

秋田へ向かった特急「いなほ」    秋田新幹線E6系「こまち」

IMG_2898.jpg

名古屋に戻り、「のぞみ」を見送ります

8/26 豪雨からの復旧 & 秋田一筆書きの旅 Part 1

みなさん、こんにちは!

番組ディレクターの三國です。

 

案の定、暑さが戻ってきました。先々週末に一瞬涼しくなりましたが、それもつかの間、週明けから猛暑がぶり返しています。かと思ったら、台風のダブルパンチ。今年は自然に翻弄される夏です。

 

きょうの「鉄分満載!スギテツの鉄道トーク」では、7月の豪雨災害から復旧を目指すJR西日本、JR貨物の取り組みをご紹介しました。そしてもう一つ、JR西日本と JR東日本が運行する金沢・仙台直通新幹線の話題もお届けしました。

岡山・広島両県を走る山陽本線や呉線などは今回の豪雨で各地で寸断されました。予定よりも早い復旧が見込まれる地区がある一方、1年という長いスパンで復旧を目指す地区もあります。また、貨物輸送にも影響が出ているため、従来、山陽本線を使っていた貨物列車を山陰本線へ迂回させる方法をとることも進められています。

今年は豪雪、豪雨、台風、地震など自然災害に見舞われることが多く、鉄道にも被害が及んでいます。台風シーズンはこれから本番。みなさんもくれぐれもご用心ください。

IMG_3411.jpg IMG_3410.jpg

金沢・仙台間の運行にはE7系(W7系)が使われます。

 

後半の「つれづれTRAIN」は、2回にわたって杉浦さんの「秋田一筆書きの旅」をお送りします。一筆書きとは、JRで乗車駅を出発して複数の駅を経由して乗車駅に戻ってくる経路できっぷを買う方法です。この間、同じ駅を2度通らないという条件があります。JRには「遠距離低減性」といって乗車する距離が長くなればなるほど運賃が安くなるように運賃が設定されるという制度があります。これを利用して旅をすると、思ったよりもぐっと安い料金でJRを利用できます。

さて、「秋田一筆書きの旅 Part 1」は、名古屋から長野、上越妙高などを経由して新潟までをお送りしました。途中、2度新幹線を利用し、在来線、第三セクターを使っての旅でした。

来週は新潟から秋田、東京を経由して名古屋までをお送りします。

IMG_2857.jpg IMG_2865.jpg

スタートは名古屋から特急「しなの」 北陸新幹線E7系    

IMG_2866.jpg IMG_2868.jpg

えちごトキめき鉄道に乗り換え    話に出たそばはこちら!

IMG_2870.jpg IMG_2871.jpg
新潟へ向かう特急「しらゆき」    上越新幹線E4系

8/19 JRのホームドア & 青春18きっぷ

みなさん、こんにちは!

番組ディレクターの三國です。

 

6月末の梅雨明け以来、関東地方では厳しい暑さが続いていましたが、先週末からは空気が入れ替わってカラッとした爽やかな天気になりました。季節が一歩前へ進んだのでしょうか?でも、まだまだ油断は禁物です。これで一気に秋になるとは思えません。

 

きょうの「鉄分満載!スギテツの鉄道トーク」では、JRのホームドア設置にまつわる話題をお届けしました。東京の浜松町駅では設置工事の開始にともなっておなじみの小便小僧のブロンズ像が一次的に撤去されています。設置工事が終われば、ブロンズ像はま再び戻ってくるそうです。

また、東海道・山陽新幹線の新大阪駅でもホームドアの設置が行われることになりました。こちらは開口部の幅が5mになるとのことで、通常の3mあまりのものと比べるとかなり広くなります。こちらも完成が楽しみです。

IMG_1216.jpg

 

後半の「つれづれTRAIN」では、女子鉄アナウンサー久野知美さんが青春18きっぷで旅行する際に疲れを軽減するアイデアをご紹介しました。夏は18きっぷの利用期間が長いので、いろいろなプランを考えている方も多いでしょう。上手に使って楽しい鉄旅をしてください。

ぼくもこの夏はすでに2回18きっぷ旅をしました。

最初は、毎年乗っている静岡県の岳南電車のビール電車に乗るためにJR吉原駅までの往復に。2回めは群馬県にある碓氷峠鉄道文化むらへ行くために利用しました。少しだけ写真でご紹介します。

 

IMG_6408.jpg IMG_6413.jpg

東海道線国府津駅で        熱海からは211系に乗り換えました

IMG_6414.jpg IMG_6416.jpg

岳南電車は今年70周年       岳南江尾駅にとまる電車

IMG_6475.jpg IMG_6538.jpg

JR横川駅             駅のすぐ隣が碓氷峠鉄道文化むら

IMG_6542.jpg IMG_6549.jpg

かつて急勾配で活躍したEF63               帰りは八高線のキハ111系に乗りました

8/12 地下鉄について & 珍駅めぐり

みなさん、こんにちは!

番組ディレクターの三國です。

 

番組でもお伝えしましたが、きょうは520人が犠牲になった日航ジャンボ機墜落事故から33年の記念日です。当番組は鉄道をテーマとしていますが、鉄道を愛する者として鉄道も航空も安全第一の運航を切に望んでいます。そして、二度とあのような悲惨な事故が繰り返されないことを祈ります。

 

きょうの「鉄分満載!スギテツの鉄道トーク」では、あらためて地下鉄について考えました。地下鉄の定義、長所などをご紹介しましたが、みなさんはどのように地下鉄を利用していますか?

もともと地下鉄は、建設にも開通後の維持・管理にも大きな費用がかかります。したがって、日本でも海外でも地下鉄が通っているのは人口100万以上の大都市に限られます。東京の地下鉄はほぼ完成状態にありますが、今後日本でも都市化が進めば、地方の大都市で新たな地下鉄の建設が行なわれるかもしれません。

2020年の東京オリンピック・パラリンピックには多くの外国からの人々がやってきて、地下鉄を利用することも激増するでしょう。外国人にも利用しやすい地下鉄であってほしいと願います。

IMG_5651.jpg IMG_4636.jpg

渋谷駅に入る銀座線       中野富士見町駅近くの車両基地

 

後半の「つれづれTRAIN」では、女子鉄アナウンサー久野知美さんが個性的な珍しい駅をいくつかご紹介しました。行かれたことのある方も多いでしょう。

写真でご覧いただくのが良いと思いますので、載せます。

IMG_0065.jpg IMG_0064.jpg

JR予讃線津島ノ宮駅 右端が駅舎  海に浮かぶ津嶋神社

IMG_2769.jpg IMG_2771.jpg

JR鶴見線海芝浦駅         ホームから見えるベイブリッジ

IMG_3066.jpg IMG_3075.jpg

JR青梅線軍畑駅 秘境駅の雰囲気   入線するE233系電車

IMG_4795.jpg IMG_4806.jpg

東急多摩川線沼部駅        ホームのすぐ上を東海道新幹線が通ります

8/5 音でつづる東海道新幹線 & 京王高幡不動検車区

みなさん、こんにちは!

番組ディレクターの三國です。

東から西へ進むという異例の動きを見せ、九州沖で迷走を続けた台風12号はようやく去りましたが、未経験の動きは大きな被害をもたらしました。みなさんがお住いの地域ではいかがでしたか?

 

きょうの「鉄分満載!スギテツの鉄道トーク」は、先週に続いて「音でつづる東海道新幹線」のパート2をお届けしました。500系からN700Aまでをご紹介しましたが、2週に渡って開業以来半世紀以上となる東海道新幹線の歴史を音で振り返りました。みなさんの思い出に残るのはどの時代のどの車両でしょう。

IMG_0091.jpg IMG_4558.jpg

東京駅に並ぶ300系と700系     品川駅に入るN700A

 

後半の「つれづれTRAIN」は、京王電鉄レポートの最終回。いよいよ高幡不動検車区を訪ねました。検車区(車両基地)は、鉄道ファンにとっては憧れの場所です。今回、京王電鉄さんのご厚意で高幡不動駅に隣接する検車区を見学することができました。

京王電鉄さんは今回の私たちの取材のために、わざわざ代表的な車両を検車区に揃えてくださいました。ずらりと並ぶ車両に女子鉄アナウンサー久野知美さんも大興奮。それぞれ特色のある車両をレポートしました。

3回連続でお届けした京王電鉄レポート。実は京王さんからはさらなる取材のご提案をいただいています。また近いうちに実現できればと考えています。

京王電鉄さんには、あらためて感謝申し上げます。

IMG_6287.jpg IMG_6237.jpg

 

IMG_6250.jpg IMG_6259.jpg

検車区取材でお世話になったみなさん   運転台で

IMG_6271.jpg IMG_6283.jpg

スペシャルラッピングの8000系   動物園線を走る7000系

IMG_6280.jpg IMG_6281.jpg

車内もこんな装いで多摩動物公園周辺への興味をかきたてます

IMG_6282.jpg IMG_6344.jpg

           今回お世話になった京王電鉄の(左から)林さん、三橋さん、武田さん

 

7/29 音でつづる東海道新幹線 & 京王れーるランド

みなさん、こんにちは!

番組ディレクターの三國です。

台風12号の進路が気がかりです。

通常、台風は南海上から日本列島に接近して東寄りに進路を取り、北へ進むのですが、今回の12号は西へ向かうという極めて異例の動きを見せています。きょうも気象情報にご注意ください。特に先の豪雨で被害があった地域のみなさんは、最大級の警戒をしてください。

 

前半の「鉄分満載!スギテツの鉄道トーク」、今週と来週の2回は、東海道新幹線の歴史をスギテツらしく音で振り返ります。車内チャイムひとつをとっても、東海道新幹線の半世紀を越える歴史がわかります。

日本を代表する作曲家 黛敏郎さんが作曲したチャイムは、まさに新幹線が高度成長期の日本を象徴したように、時代を先取りしたメロディだったのではないでしょうか。

0系、100系、300系と、新しい車両が誕生しては歴史のページを塗り替えた東海道新幹線。

来週は、500系車両から始めます。

IMG_0826.jpg

鉄道博物館に展示されている0系のカットモデル

000_1203.JPG.jpg

初代「のぞみ」の300系。個人的には一番好きです。

 

後半の「つれづれTRAIN」は、先週に続いて京王電鉄レポートのPart 2。女子鉄アナウンサー久野知美さんが、先週の「京王あそびの森 HUGHUG」と同様、多摩動物公園駅に隣接する京王電鉄の電車・バス展示施設「京王れーるランド」を訪ねました。案内していただいたのは、猪野寛次館長と三橋知香さん。ずらりと並ぶ京王の歴代車両、地方へ譲渡された車両、規模が目を引くジオラマ、一番人気の「プラレールで遊ぼう」のコーナーなど、ここへ来れば京王のすべてがわかる!という施設です。車内アナウンスにチャレンジした久野さんの声もお聴きいただきました。子どもたちはもちろん、大人も楽しめるスポットです。先週のHUGHUGと併せて、ぜひお出かけください。

さあ、来週はいよいよ高幡不動検車区(車両基地)のレポートです!

IMG_6224.jpg IMG_6232.jpg

ここがエントランス    ご案内いただいた猪野寛次館長と三橋知香さん

IMG_6201.jpg IMG_6204.jpg

歴代車両が並びます。     こんな遊びもしました(笑)

IMG_6193.jpg IMG_6217.jpg

各地へ譲渡された車両も写真で展示  運転できるジオラマ!

IMG_6220.jpg IMG_6211.jpg

車掌体験はこちら!     2階の「プラレールで遊ぼう」コーナー

IMG_6207.jpg IMG_6234.jpg

展示コーナーも充実      そして来週は!

7/22 列車内のマナー & 京王あそびの森 HUGHUG

みなさん、こんにちは!

番組ディレクターの三國です。

 

全国的に猛暑が続いています。

特に先日の豪雨で大きな被害があった地域では、被災者はもちろん、救護にあたる自治体、警察、消防、自衛隊、そしてボランティアの人々に容赦なく猛暑がふりそそいでいます。また、熱中症にかかる人も例年になく多く、死者も出ています。

みなさんも暑さ対策をしっかりしてください。

 

きょうの「鉄分満載!スギテツの鉄道トーク」では「列車内のマナー」を取り上げました。列車内は、言うまでもなく公共の場所です。利用者一人ひとりがルールとマナーを守るのは当然なんですが、中にはそんなことお構いなしと言いたげな人もいます。特に新幹線など長距離・長時間乗車する列車内では、誰もが快適な時間をすごせるように譲り合い、思いやりの心が求められます。お互いに気をつけて鉄道を利用しましょう。

IMG_0610.jpg

車内環境に心配りを!

 

後半の「つれづれTRAIN」、今週から京王電鉄への取材レポートをお届けします。京王電鉄の皆さんのご協力を得て、いろいろな施設を取材させていただきました。

第一回のきょうは、多摩動物公園駅に隣接する「京王あそびの森 HUGHUG(ハグハグ)」をレポートしました。ここは今年の3月にオープンしたばかりの「木の温もりにふれながら遊べる屋内施設」。まるで森の中での探検のように、子どもたちの好奇心をさそいます。0歳児から利用できるので、赤ちゃんといっしょでもOK。女子鉄アナウンサー久野知美さんも、 すっかり童心にかえっていました。雨降りでも楽しく遊ぶことができるHUGHUG。一度お出かけになってはいかがですか?

IMG_6191.jpg IMG_6188.jpg

HUGHUGのエントランス    お話をうかがった高橋克典館長

IMG_6170.jpg IMG_6187.jpg

館内のマップ。   木の温もりを体全体で感じることができるスペース。

IMG_6171.jpg IMG_6178.jpg

なんとSLも走っています!    メインのネット遊具・ハグハグのき

IMG_6182.jpg

カフェも木がふんだんに使われています 

アーカイブ