SUNDAY LIONS
ウィンターアロハ2019

SUNDAY LIONS

毎週日曜日 12:55〜16:00
(試合開始時間・延長等により変動あり)

次回のメールテーマは!

次回のメールテーマは・・・

「私のルーティーン」

・朝起きたらまず最初に体操する

・大事な日は右足から靴を履く

などなど、みなさんのルーティーンを教えてください!

 

THE 相棒「外崎選手編」

選手が使っている道具を紹介するコーナー!

今回は外崎選手の「グローブ」をピックアップ!

IMG_4604.JPG

 

IMG_4606.JPG

 

外崎選手のシンボルマークの「アップル」も刺しゅうされています!

 

IMG_4603.JPG

 

IMG_4605.JPG

 

スタジアムグルメを満喫!

久保さんがスタジアムに売っているグルメを満喫!

まず一つ目は・・・

「秋山ガンバレ!弁当」

IMG_4595.jpg

 

こちらは秋山プロデュース弁当で、オリジナルポストカード付き!

 

IMG_4596.JPG

 

二つ目は・・・

「光成のWチョコバナナ」

IMG_4601.JPG

IMG_4598.JPG

高橋光成選手のプロデュースグルメに栞ちゃんも大満足です!

IMG_4602.JPG

 

今シーズンのライオンズは、「スマ弁」が始まりました!

こちらは選手のプロデュース弁当をネットで事前購入して、

スタジアムで受け取ることが出来るシステム!

人気のプロデュース弁当も、「スマ弁」を利用すれば

安心して購入できます!

ぜひ「スマ弁」を活用して、スタジアムに遊びに行きましょう!

詳しくは

埼玉西武ライオンズのホームページへ!

 

4月14日のSUNDAY LIONS

今日は、
埼玉西武ライオンズ  VS  オリックス・バファローズの模様を
久保&佐藤栞菜&小笠原聖
で、メットライフドームからお送りします!!
 
 IMG_4593.JPG
 
 
今日のスタメンは・・・
 
【 ライオンズ 】
 
1 レフト 金子侑
2 センター 秋山
3 セカンド 外崎
4 ファースト 山川
5 キャッチャー 森
6 DH 栗山
7 サード 中村
8 ライト 木村
9 ショート 永江
先発 高橋光
 
 
【 バファローズ 】
 
1 センター 西浦
2 セカンド 福田
3 DH 吉田正
4 レフト 杉本
5 サード 西野
6 ショート 大城
7 ファースト メネセス
8 ライト 後藤
9 キャッチャー 若月
先発 松葉
 
となっております!
 
 
IMG_4594.JPG
 
 
今シーズンもあなたからの応援メッセージ大募集!
応援メッセージはこちら
 
 
そしてテーマメッセージもございます。
今日のテーマは「やめられないこと!」です!
テーマはこちら
 

 
 
プレゼント希望の方は、
「氏名」「郵便番号」「住所」「電話番号」を記入して
投稿してください!
 
よろしくお願いします!!

 

次回のメールテーマは!?

次回のメールテーマは・・・

「やめられないこと!」

・ライオンズの応援がやめられない!

・〇〇が好きすぎて食べることをやめられない!

などなど、みなさんのやめられないことをエピソードとともに

お待ちしています!

 

THE 相棒

選手が使っている道具を紹介するコーナー!

今回は秋山選手の「バット」を紹介しました!

IMG_4549.JPG

秋山選手曰く、「バットが一番かっこよく見えるのは打席にいるとき」

だそうです!

IMG_4550.JPG

IMG_4548.JPG

得点すごろく

ライオンズが得点するごとに、さいころを振ってごろくをしていきます。

試合終了の時に止まっていたマス目に書いてあるモノもプレゼント!

*マスは全部で6マス!

1周するごとにボーナスとして「3人のサイン入りステッカー」の

 当選人数が5人から1人ずつ増えていきます!

*もし、10周したら・・・すべてのマスのプレゼントを差し上げます!

*プレゼントはすべてのメッセージの中から抽選します!

 

 

 

SUNDAY LIONS開幕戦!

今シーズンもSUNDY LIONS始まりました!
埼玉西武ライオンズ  VS  北海道日本ハムファイターズの模様を
久保&佐藤栞菜&加藤暁
で、東京ドームからお送りします!!
 
 IMG_4546.JPG
 
 
今日のスタメンは・・・
 
【 ライオンズ 】
 
1 レフト 金子侑
2 ショート 源田
3 センター 秋山
4 ファースト 山川
5 キャッチャー 森
6 セカンド 外崎
7 DH 栗山
8 ライト 木村
9 サード 水口
先発 高橋光
 
 
【 ファイターズ 】
 
1 センター 西川
2 ライト 大田
3 DH 近藤
4 ファースト 中田
5 レフト 王柏融
6 セカンド 渡辺
7 サード 浅間
8 キャッチャー 石川亮
9 ショート 中島
先発 有原
 
となっております!
 
 
IMG_4544.JPG
 
 
今シーズンもあなたからの応援メッセージ大募集!
応援メッセージはこちら
 
メッセージを送ってくださった方の中から
秋山選手のサイン入りポストカード2枚と、
 
IMG_4543.JPG
 
辻監督のサイン入りペナントをプレゼント!
 
IMG_4541.JPG

 
 
プレゼント希望の方は、
「氏名」「郵便番号」「住所」「電話番号」を記入して
投稿してください!
 
よろしくお願いします!!

 

麻子がいく 2019 <3>

今回は、育成アマチュア担当の竹下潤さん!

 

今回お話をうかがったのは、球場ではほとんどお目にかかれないけれど、南郷春季キャンプで必ずお会いする、育成アマチュア担当の竹下潤さんです。

ライオンズに1991年ドラフト1位で入団。左の貴重な先発、中継ぎ、抑えとして活躍し、2003年に現役引退。2008年からライオンズの育成アマチュア担当として活躍し、今年でアマチュア担当12年目。今年のルーキーの中では、ドラフト1位の松本航投手(日体大)、6位の森脇亮介投手(セガサミー)などをご担当。シーズン中より実はキャンプ中が1番忙しいそうで、

「スタッフとしてのお手伝いはもちろん、(担当した)選手の様子は気になるし。その他、選手の母校や会社の関係者が球場に挨拶に来てくれるので、その対応などに追われます」と本当にお忙しそう。

またアマチュア担当の方々は、スタンドでじっくりシートノックなども見ています。

練習を見ることは

「(プロの)球の速さ、スイングの力強さ、守備など…。目の充電、保養になる」そうです。

 

さて竹下さんたちアマチュア担当の仕事、その大まかな内容とは?

「あちこちの高校、大学や社会人のグランドなどに行って、選手を見るのが仕事。関係者に話を聞くこともあります。

大変なことはたくさんありすぎて1つだけはあげられないけど、早朝からビデオや資料など重い荷物を持って、車ではなく電車であちこち移動しています」

えっ?!電車ですか?

「もちろん。車は時間が読めないので。地方予選を見に行くときは、並んでチケット買って入る。試合によっては朝早くから並ぶこともありますよ」

予想以上にアマチュア担当の仕事は大変そうです。

 

重い荷物の中にはアマチュア担当にとっての「三種の神器」があります。

「ストップウォッチ。色々書き込むメモでしょ。それからスピードガン。これが重い。この3つは必ず持ち歩いています。あとは自分の目(笑)」

なるほど!

アマチュア担当の立場で、まずはじめに選手のどんなところを見るんでしょうか?

「ユニフォームの着方かな。きちんとかっこよく来こなしているかどうか!姿、形。これは結構重要です!」とのこと。

アマチュア担当にとって、第一印象でおっ!と注目した選手がプロに入ると、自分の目に狂いはなかったと嬉しくなるそうです。

 

現役時代のキャンプの思い出についても語っていただきました。

「キャンプはほとんど高知でした。南郷は秋季キャンプかな?疲れて帰ってきたホテルの部屋から聞こえる波の音が思い出。波の音を聞きながら寝る…。故郷の静岡の海を思い出しながら…」幸せな時間だったでしょう。

練習は相当辛かったようで

「とにかく走ってた。ちょうどグランドが一周300メートルだったんだけど、何周も何周も…とにかく走って走って…。あれは辛かったですねー。でも当時はプールトレーニングがあって、水泳は嫌いではなかったので、これは苦ではなかったかな」

 

お話をうかがったのは南郷キャンプ3日目。

プロのブルペンで投げるルーキーたちを時間があれば熱心にご覧になっていました!

「マウンドがね、昔に比べてかたくなってきている。アマチュアのマウンドは砂っぽくて硬くないので感触が全然違う。六大学(出身)の選手は(硬いのは)慣れているから良いけど、他のリーグの松本(日体大)、粟津(東日本国際大)などの投手はマウンドが掘れるような感覚があるみたい。今までと違うから戸惑う選手はいる。滑る感覚を持つ選手もいるみたい。

あと(キャンプではブルペンに審判が入るので)大きな声で「ストラーイク!」「ボーール!」をコールする。その時に「ボール、ボール」と何回も言われると「ストライク投げなきゃ…」と焦っちゃうみたい。

僕の頃はそんな感覚はなく『(まだキャンプだし)ボールでもいいじゃない』と気にしなかったから。特にアドバイスはしないけど、その辺が昔と今の投手は違うのかなー?!うーん」と腕を組み、首をかしげました。

 

また新人投手がブルペンに入ると、私たち含めマスコミ陣は大注目。ブルペンに一気に人が集まります。

「(新人は)カメラのシャッター音が気になるんじゃないかな?『パシャパシャ』とすごいから。今までそんな経験したことないわけだし。びっくりすると思う。これも経験でしょう」と目を細めました。

 

竹下さん自身、現役時代とアマチュア担当になって、大きく変わったことはあるんでしょうか?

「(少し考えながら)うーん、投手とは基本『心を閉じてる』職業。表情とか感情を表に出さないもの。それでいいと思っていたけど、今の仕事は、若い選手や監督、教職員、学校、会社関係者…などに心を開かないといけない。最初は苦労したけど、今はこれが仕事だと割り切ってるし苦ではないです。

親子ほど年の離れた年齢の子たちから、気楽に相談されることはないけど、いつでも心を開いていますよ(笑)。そう、オープンマインド!」とニッコリ!

 

今年のライオンズ選手の注目ポイントについては?

「打った、打たれた…といったところではなく、ベンチにいる選手の姿や細かいところなどをしっかり見てほしい!例えば、ユニフォームの着方、ズボンの裾の広がりや長さとか…流行もあるしね。

新人だったら、サングラスを今はまだかけてないけど、いつ頃かけるのかな?

もしサングラスをかけるようになったら、『あっ!この選手、チームに溶け込んだな、余裕がでてきたな』と思ったり。ファンの人にはそういう細かいところも是非見てほしい。そうやってみると(野球観戦は)もっと面白いから。あっ、アマチュア担当の立場とは違うけど(笑)」

 

最後にファンや「SUNDAY LIONS」のリスナーにメッセージをいただきました。

「僕がアマチュア担当になった時にライオンズ優勝(2008年)。

それから10年後の去年優勝。やっと(優勝できた)…!

と安心した部分が大きかったしうれしかったです。

ライオンズは、これからも若いいろんな選手が次々活躍するので、長ーい目で応援してほしい。よろしくお願いします!」と力強く語ってくれました

 

南郷から高知キャンプに移動。そのあと大学、社会人のキャンプを巡る予定の竹下さん他、アマチュア担当チームのメンバー。本業スタートです。

 

さぁ今年はどんな選手がライオンズに入団するのか?

秋のドラフト会議が待ち遠しいです! 終

 

麻子がいく2019 <2>

今回は西口文也投手コーチ!

南郷キャンプ第3クール初日(2/10)、ピッチャーがすべて投げ終わったブルペンでお話をうかがいました。

 

1995年ドラフト3位でライオンズに入団してからライオンズ一筋20年!

まさにミスターライオンズの西口コーチ。

2017年6月から1軍の投手コーチとしてブルペンを担当しています。

 

初めに今シーズン約3年目となるブルペンでの仕事についてうかがいました。

 

「プルペンでの電話番ですよ(笑)。ブルペンでの先発投手はもちろんだけど、中継ぎや抑え投手のブルペンでの様子をチェックして、ベンチに『〇〇投手(プルペンでは)体が重そう。〇〇投手はいい…』とか色々プルペンの様子をベンチに電話で報告することがメイン。それから、中継ぎ、抑え投手を気持ちよくマウンドに送り出せるよう、一人一人リラックスさせるような言葉をかけること。あまり細かいことは言わないようにしている。自分もそのほうが良かったし(集中したい)気持ちがわかるから。

仕事じゃないけど、ブルペンがお客さんから見える球団は(パ・リーグのフランチャイズでは)メットライフドームだけ。

僕らコーチやスタッフも常に見られているという意識を持って座っている。どんな状態でも表情は変えず平常心」

 

それにしてもスリム!選手の頃と全く体型が変わらない西口コーチ!その秘訣は?

 

「(体型が)変わってないということはないけど、お酒は休み前日とかに飲んだりするくらいで、節制してるかな。選手の頃は登板の前日以外、嗜むくらいは飲んでた…かな?(笑)。今の若い選手は飲まないよね。いいことです。

今は、立場的に深酒してだらしないところを若い選手たちに見られたくないし、見せられないから、あえて意識している。そう!意識の節制ですよ」

 

なるほど!意識の節制、参考にさせていただきます。

さて、西口コーチといえば、選手時代、リーグ優勝6回、日本一を2回経験しています。昨年はコーチとして初めて優勝を経験しました。

 

「選手の時とは、多少違いましたね。コーチはただじっとみているだけなんで(笑)。自分が投げているときは自分の仕事をしっかりやっていればいいんだけど。コーチは毎試合毎試合ハラハラドキドキなので、そういう意味では違いましたね。

去年はまさにハラハラの試合が多かったし…」

 

ブルペンで見守るコーチとしては、胃がキリキリ痛むような試合がいくつもあったのでは?

 

「キリキリ痛むことはなかったけど、あちゃーと頭を抱えたくなることはあった。とにかく優勝できたのは強力打線のおかげ。その打線のおかげで投手も勝たせてもらったし、助けてもらった。おかげで選手は勉強させてもらったし成長できたと思う。それが今シーズン生きればいいんです」

 

と前向きなコメント。

 

昨年のキャンプで注目選手は多和田真三郎投手と高橋光成投手と語ってくれましたが。

 

「多和田に関しては、去年一年よく頑張った。自分で勝った試合もあったし、打線のおかげで勝たせてもらった試合もあった。まぁ、あれだけの打線であれば、『2、3点取られても(取り返してくれる)』という気持ちで試合に臨めるというのは、ありがたかったし、精神的に余裕もできたと思う」

 

最終的には自己最多の16勝を挙げた多和田投手。今年は20勝いける?

 

「なんともいえないなー(笑)。もちろん去年くらいの活躍をしてくれればね。

それくらい頑張れれば、という気持ちでやってほしいし、楽しみ。期待していますよ」

 

そして、今シーズンから西口コーチの背番号「13」を引き継ぐ高橋光成投手。

譲る立場として、今どんな気持ちなのでしょうか?

 

「僕が引退してからこの背番号は空いていたから、誰が継ぐのかなーと思っていた。本人からも連絡あったけど、13番をつけている光成のユニフォーム姿を初めて見たときは『うわー13番つけてる!』という、なんか違和感…というか変な気持ち(笑)。

人が着るとこんな感じになるんだ…と不思議な気分になりました。

(後継者として)光成には頑張ってもらいたいという気持ち、期待したい…。でも光成自身が頑張ってもらわないことにはどうしようもない(笑)」

と言いながら、なんだか嬉しそう。今シーズンの光成投手の活躍を期待しましょう。

 

それでは、今年1番期待している投手は?

 

「去年5勝あげた今井(達也)。自信もついたからか表情も少しだけ変わったかな?でもまだまだ。最低でも10勝はしてもらわないと(菊池)雄星の穴は埋められない」

 

(第3クール初日)ブルペンでマンツーマンで今井投手に一球投げるたびに何か話しかけていた西口コーチ。どんなことを?

 

「フォームにばらつきがあったので。気になったことを一球一球細かくアドバイスした。それが定まってきたらコントロールもよくなってくるでしょう。速い球を投げる時、力が入りすぎているというか、もう少しリラックスして投げられれば(今シーズンは)もっとよくなる。楽しみというか…頑張ってもらわないと。イキのいい若手が出てこないとね」

と今井投手に期待を寄せていました。

 

そして西口コーチには一つ大きな野望が!

 

「去年うちは完全に『打』のチームだったけど、かつてライオンズの代名詞といえば『投手王国』。これからは逆に投手が打線を助けるようなチームになってほしい!投手王国を復活させたい!!」

と力強く宣言。

1990年代のライオンズはまさに「投手王国」。西口コーチも90年代後半からチームを支えた大投手でした。

 

さぞかし当時のキャンプは厳しかったでしょう。キャンプの思い出について語っていただきました。

 

「若い頃の忘れられない思い出は、プロのピッチャーライナーの速さを体験するために、全身プロテクターをつけてバッターに投げる練習。

速くて取れないピッチャーライナーは避けるか、プロテクターをつけた体で防御。これによりプロのボールの速さを身をもって経験した」という驚きの練習を!

 

「投げる右手以外、マスク、プロテクター、レガース、肘当てから全てつけて!取れる球は取るけど、とにかく初めて体験するプロの打球。プロテクター着けているけど怖い。でもこれをやって打球の速さに目も体も慣れた。ピッチャーライナーは一瞬なので、投げた後に、どれだけ素早く体が反応できるかが鍛えられた。怖かったけど、その後の投手生活で役に立ったかもね」

 

守備の名手が選ばれるゴールデングラブ賞を3回受賞(1997年、1998年、2002年)している西口コーチ。この練習は確かに役に立ったのかもしれません。

 

「今(キャンプで)やってもいいんだけどね。(プロテクターなど)道具を2人分揃えればできるかな」

と少し前向きなご様子。危ないのでやめたほうが…。

 

そのほか当時と練習方法は変わったんでしょうか?

 

「僕らの頃より、アップ(練習)の時間は短縮した。昔はよく走ってた。今よりずーっと走ってた…。あとプールの練習もあったけど今はないね。プールに行きたい人は行ってたかな」とのこと。

 

西口コーチは選手時代、ピッチングはもちろんですが、バッティングもうまくて、キャンプでバッティング練習もよくやっていたイメージが。今もバットを振りたくなることはないんでしょうか?

 

「ないない!全然ない(断言)!当時は好きでよくやってたけど、今はキャッチボールやるのも辛くて。キャンプ初日に今井とキャッチボールして、次の日、普通にボール投げようとしたら、肩が張って張って(笑)。たまに軽くやるけど、やりすぎないようにしている」

 

怪我のないよう程々にお願いします…。

 

長いキャンプ。休日の過ごし方は?

 

「選手時代は、ゴルフなど外に出ることが多かった。選手はみんなそんな感じだった。でも今は『部屋に一日中いた』という若い選手が結構いる。『何してるの?』って聞いたら『映画見たり、YouTube見たり…』だって。面白いのかなー変わったよね。僕らの頃は部屋にいてもやることなかったし。そういうところみても時代は変わりましたね」

 

最後にファンとリスナーにメッセージ

 

「昨シーズンのライオンズは打線に助けられました。今シーズンは1試合でも多く、(力強い口調で)『ピッチャーで勝った!』というような試合があるように、精一杯がんばって行きたいと思いますので、ぜひぜひ!球場に足を運んで応援してほしい。『投手王国』復活のためにがんばります!」

 

西口コーチありがとうございました!

ブルペンでの西口コーチの様子や動きもぜひ皆さんチェックしてみてください! 終

 

アーカイブ