SUNDAY LIONS
ウィンターアロハ2019

SUNDAY LIONS

毎週日曜日 12:55〜16:00
(試合開始時間・延長等により変動あり)

THE 相棒「増田達至投手編」

今季最後の相棒、平良・平井ときたら...
増田達至投手のグローブをご紹介します!
 
〇基本情報
メーカー:デサント
色:青(練習用)
        黒(試合用)
 
IMG_0573.jpeg
 
 
〇こだわり:フィット感
今年からデサントでグローブを作ることになった増田投手は、まず青と黒でグローブを作り「手にハメたときのフィット感」がしっくりきた黒のグローブを試合で使用しています。
新しいグローブを試合で使えるよう馴染ませるのに時間がかかる選手は少なくないですが、増田投手はこの黒のグローブを試合で使用するまではたった2週間程度だったそうです。
「フィットして使えると思ったらすぐ使いだす。」
と話した増田投手は、グローブの型を選ぶときも細かくオーダーするというより「手にハメたときのフィット感」を大事にしているそうです。
 
IMG_0571.jpeg
 
〇こだわり:小さめのグローブ
5年程同じ型を使用しているという増田投手は、グローブの型を選ぶときもフィット感を大事にしたとのこと。
「大きめのグローブはしっくりこなかった。」という増田投手のグローブは小さめ、そして少し軽めに作られているそうです。
 
 
〇こだわり:握り方
グローブの下の部分を締める紐の通し方によってグローブの型の付き方は変わってきます。
増田投手は横に二本紐が通してある型。
小指と親指をつけるように手のひらを斜めに折って握るので、縦に通す型は握ったときの感覚が好きではなかったそうです。
 
IMG_0576.jpeg
 
そして、増田投手曰く、自分は手が小さめだということで、グローブを深くはめず、手のひらが少し見える程度にハメます。
これは小さい頃からの癖だから、捕球の時に当たって痛いこともあるけど深くグローブをはめる方が違和感があるとのこと。
でも「三振とります」と笑った増田投手。
ライオンズの守護神、今日も勝利のピースを埋めてください!
お話いただきありがとうございました!

9月22日のサンデーライオンズ

今日は、
埼玉西武ライオンズ  VS  東北楽天ゴールデンイーグルスの模様を
久保孝真&佐藤栞菜&小笠原聖
で、楽天生命パーク宮城からお送りします!!
 
IMG_0502.JPG

 
 
今日のスタメンは・・・
 
【 ライオンズ 】
 
1 センター 秋山
2 ショート 源田
3 キャッチャー 森
4 DH 中村
5 セカンド 外崎
6 ファースト 山川
7 レフト 栗山
8 ライト 木村
9 サード 佐藤
先発 榎田
 
 
【 イーグルス 】
 
1 レフト 島内
2 ショート 茂木
3 セカンド 浅村
4 DH ブラッシュ
5 ファースト 銀次
6 ライト 下水流
7 サード ウィーラー
8 キャッチャー 堀内
9 センター オコエ
先発 石橋
 
となっております!
 
 
 
 
今日も、どんなことでもいいのでメッセージを募集します!
メッセージはこちら
 
 
そして、今日は久保さんからプレゼントがあります!
10/4(金)「しもきた空間リバティ」で開催する
三拍子の無料単独ライブ「Walts」のお席をペアで2組の方に
プレゼント!
メッセージフォームの「久保に逢いたい!」のボタンからお願いします!
久保さんをほめたたえるメッセージもつけて送ってください!
 
 
 
プレゼント希望の方は、
「氏名」「郵便番号」「住所」「電話番号」を記入して
投稿してください!
 
よろしくお願いします!!

THE 相棒「平井克典投手編」

今日ご紹介するのは、昨日で75試合目の当番となった平井克典投手のグローブです!
 
実は今新しいグローブを育成中の平井投手。
グローブの「芯トジ」部分に工夫があります。
 
IMG_9516.jpg

○こだわり:9人目の野手として
平井投手は握るときに4本の指を畳むような横に折れる握り方をするため、ヨコトジのグローブはすぐにペラペラになってしまうそうです。
そのため、新しいグローブはタテトジで作ってみたんだそうです。
握りを縦にすることで強制的に閉じにくくする工夫がなされているのでグローブの小指部分が広がりにくくなる狙いがあります。
これは握っていて中が潰れてしまうのを解消するため。
「僕らは9人目の野手なのである程度ボールをとれるようにしておきたい」と話していました。
※芯トジとは、グローブの手のひらの部分
 ヨコトジとは、芯トジの部分が横に縫ってあることをいいます。
 タトテジとは、芯トジの部分が縦に縫ってあることをいいます。
 
 
○こだわり:コンパクトさ
プロに入って色々試行錯誤したというグローブ。大きいものを使用してみたり、大きさにもこだわりがありました。
プロ1年目の夏にやや小さめのグローブを使い始めてからはずっと同じ大きさなんだそうです。
それは、投球の時に引く動作で身体にグローブがひっかかることがあったので、小さめにして扱いやすくしたとのこと。
「コンパクトなものが好き」なんだそうです。
 
 
○こだわり:固くて柔軟な革質
芯が固いグローブが好きだという平井投手。固くて柔軟に動く仕上がりがお好み。
そのグローブを作るために革質にはこだわりがあるんです。
同じ牛革でも季節によって質感が変わるので、作ろうと思っている時期の一番良い色の中で、
一番良い革質を、厚いか薄いかもその時期の状態で一番良いものをオーダーしています。
季節によって質感が変わるので、出来上がりの最初は同じでも使っていくに応じて違いが出てくるんだそうです。
 
 
○こだわり:手に馴染むように
季節に合わせた質感の革をオーダーするときに一貫しているのは「しっとりしている」ということ。
平井投手は手汗をあまりかかないのでお手入れもしっとりするようにしているんだそうです。
その方が手に馴染みやすいとのことでした。
 
IMG_9509.jpg
 
「キャッチボールだけでなくゴロも取れるように送球も意識した準備もしなければいけない」
そのためグローブは納得するまで試合では使えません。
今回ご紹介したグローブは育成が順調ならCSで使えるかも...?

平井投手、お話いただきありがとうございました!

ラストスパートグルメ2019

久保さんがスタジアムグルメを満喫!

今回は、ラストスパートグルメ2019から・・・

「雪見大福クレープ」

 

IMG_0490.JPG

 

こちらは昨年大人気だったということで、今年も登場!

 

IMG_0491.JPG

 

雪見大福をクレープに入れ、

マリンカラーのシュガーチップがトッピングされています!

 

IMG_0489.JPG

 

今日も勝って3連勝だ!

 

 

9月15日のサンデーライオンズ

今日は、
埼玉西武ライオンズ  VS  千葉ロッテマリーンズの模様を
久保孝真&佐藤栞菜&加藤暁
で、メットライフドームからお送りします!!
 
 gyogyogyo.jpg
 
 
今日のスタメンは・・・
 
【 ライオンズ 】
 
1 センター 秋山
2 ショート 源田
3 キャッチャー 森
4 サード 中村
5 DH 栗山
6 セカンド 外崎
7 ファースト 山川
8 ライト 木村
9 レフト 金子侑
先発 榎田
 
 
【 マリーンズ 】
 
1 センター 荻野
2 サード 鈴木
3 セカンド 中村奨
4 ファースト 井上
5 レフト 清田
6 ライト マーティン
7 キャッチャー 田村
8 DH レアード
9 ショート 三木
先発 種市
 
となっております!
 
 
 
 
今シーズンもあなたからの応援メッセージ大募集!
応援メッセージはこちら
 
 
 
プレゼント希望の方は、
「氏名」「郵便番号」「住所」「電話番号」を記入して
投稿してください!
 
よろしくお願いします!!

 

THE 相棒「平良海馬投手編」

今日の相棒は圧倒的成長を見せる平良海馬投手のグローブをご紹介いたします!
 
IMG_8574.jpeg
○こだわり:色
平良投手のグローブは黒い革に見えるのですが、「光に当たるとネイビーに見えるので黒じゃないんです。」と話していました。
ワインレッドのような明るい紫のステッチが入っていてシックな雰囲気のグローブ。
平良投手は紫色が好きなんだそうです。
 
IMG_8576.jpeg
○こだわり:基本の型
メーカーはSSK。
オーダーはSSKのHPにあるプロエッジオーダーというグローブのシュミレーションができるページから選んだものです。
 
特徴として、フリーフレクションという背面のベルト部分が斜めになっているものを使用しています。
この形は手首や手の甲のホールド感が高いのに、手の甲部分の突っ張りは逃がすことができるのでグローブがしなやかに曲げられるという優れもの。
このグローブを選んだ理由は平良投手いわく「ただこれが一番かっこいいから」だそうです。
一番最初に発注してからはずっと変わらず、同じ型を使っているそうです。
 
大きさはスタンダード。
縦のにぎりで型をつけている平良投手。
型は無理につけようとせず、投げているうちについてくればいいなーという感じ。
オイルも乾いてきたら塗る程度で頻繁に塗ることはないそうです。
 
IMG_8579.jpeg
○こだわり:受け継がれる
プロに入って道具は何を使ったらいいのか、どこで準備したらいいのかわからずお母さんと困っていた平良投手。
そこに現ライオンズゼネラルマネージャーの渡辺久信さんが現れて「俺が使ってたSSKに連絡してやるよ!」と言って「面倒みてやってくれないか」とすぐにSSKに連絡をしてくれたので、平良投手は縁がありSSKを使うことになりました。
 
渡辺GMいわく平良投手はダイヤの原石。
今日もその力強い輝きを投球で解き放ち、勝利の方程式をきめてもらいましょう!
 

かんちゃんがインタビュー!

かんちゃんが球場に来ている人にインタビュー!

今回は、仙台市在住のライオンズファンの圭子さん、翔太さんにお話を伺いました。

 

20190908135415.jpg

 

本田投手と地元が同じ圭子さん!

今日の試合でも本田投手の快投を期待しています!

 

20190908135427.jpg

ありがとうございました!!!

 

9月8日のサンデーライオンズ

今日は、
埼玉西武ライオンズ  VS  東北楽天ゴールデンイーグルスの模様を
久保孝真&佐藤栞菜&小笠原聖
で、楽天生命パーク宮城からお送りします!!
20190908115049.jpg
 

 
 
今日のスタメンは・・・
 
【 ライオンズ 】
 
1 センター 秋山
2 ショート 源田
3 キャッチャー 森
4 サード 中村
5 DH 栗山
6 セカンド 外崎
7 ファースト 山川
8 ライト 木村
9 レフト 金子侑
先発 本田
 
 
【 イーグルス 】
 
1 レフト 島内
2 サード 渡邊佳
3 ファースト 銀次
4 DH ブラッシュ
5 セカンド 浅村
6 ショート 茂木
7 ライト フェルナンド
8 キャッチャー 堀内
9 センター 辰己
先発 石橋
 
となっております!
 
 
 
 
今シーズンもあなたからの応援メッセージ大募集!
応援メッセージはこちら
 
 
そしてテーマメッセージもございます。
今日のテーマは「ドキドキ」です!
テーマはこちら
 
プレゼント希望の方は、
「氏名」「郵便番号」「住所」「電話番号」を記入して
投稿してください!
 
よろしくお願いします!!
20190908115034.jpg

☆宮城の味☆スタジアムグルメ!

久保さんがスタジアムグルメを満喫!

今回は、楽天生命パーク宮城のグルメ・・・

「イーグルスからあげ」

20190908100020.jpg

20190908100436.jpg

イーグルスビール、イーグルスレモネード、イーグルスサイダーに次ぐ、楽天イーグルスオリジナルグルメ第4弾の「イーグルスからあげ」!
 
使用する鶏肉は「宮城県産森林どり」100%!
味付けにも、仙台が誇る調味料「仙台味噌」を使用!
 
う…うまいっ!
20190908100448.jpg
 
鶏肉を食らって、イーグルスを食らってやる!

THE 相棒「中村剛也選手編」

今日ご紹介するのは、現在4番に座る中村剛也選手の相棒、バットです!

〇基本情報
メーカー:SSK
素材:アオダモ→メープル(焼き入れ)
 
長さ:33.5インチ→34インチ
重さ:935〜945g→890g
重心:ヘッド→ミドル
 
IMG_7248.jpeg

〇こだわり:出てくる違う感覚
去年の前半は怪我などもあり、苦しんでいた中村選手。
形はそのままで軽くするだけのバットを使用しましたが、しっくりこなかったそうです。

「身体も常に変化しているし、バットを変えることによって違う感覚がでてくることもある。そういう感覚は常に持っておかなあかん。」
ということでバットの型を思い切って変えました。

一度、炭谷銀仁朗選手(現巨人)の型に変え、状態は上がったように思えましたが、また思うように数字に結びつかない打席が続きました。

そこでSSKさんからいろんな人のバットを7本くらい持ってきてもらい、練習でいろんなものを使用。
これで打ってみようと思い試合で使ったもので結果が出ました。
そのバットが今江敏晃選手(現楽天)が以前使っていたというバットです。
 
IMG_7250.jpeg

〇こだわり:変化に慣れる
重さをぐっと軽くし、グリップも細く、そして重心がミドルになったバット。

元々使用していたバットは中村選手しか扱えないような形で、ヘッドが他の選手のものより太くなっていくような特殊なバットを使っていました。
(グリップのところで一回しまるのが一般的な型ですが、中村選手の以前のバットはしまらず、まっすぐ太くなっていく形だったとのこと)

アオダモは粘りけのある素材のため、固いけどしなるのが特徴。
メープルの方がしなりが弱いので、中村選手の感覚としては「メープルの方が固い」と感じているそうです。

初めは軽いバットを使用して、振るにも打つにも物足りなさを感じていた中村選手。
「打球が違うなー」と思ってたけど、結果が出ているので使い続けた今、この重さが普通になっているそうです。
 
IMG_7247.jpeg

〇こだわり:当たるときは打てるとき
中村選手は年間50本くらいのバットを使用するそうです。
なかなかバットを折らない中村選手。
皆さんご存知のようにボールを捉える技術がとっても長けています。

中村選手は「バットが折れそうな球は空振りとか三振が多いから。」と笑っていたんですが、
力の逃し方がポイントということで、もちろん折れないようにという意識はあるとのこと。
他の選手よりバットにボールが当たる回数は少ない、だからこそ当たるときは打てるんだそうです。
折れるのはつまったり先っぽに当たるとき。
「つまったときは上手く抜けば折れないし、打球も内野と外野くらいにちょうど上手く落ちる。こういう風にできたらいいなって思ってる」と話していました。

教科書に載せたい中村選手の綺麗なバッティング。
今日もバッターボックスからスタンドへ、綺麗な放物線を描いてもらいましょう!

中村選手、お話いただきありがとうございました!

アーカイブ