SUNDAY LIONS
ウィンターアロハ2019

SUNDAY LIONS

毎週日曜日 12:55〜16:00
(試合開始時間・延長等により変動あり)

試合終了!

埼玉西武ライオンズ VS 北海道日本ハムファイターズ

試合終了!

10回の裏、木村選手の激走もあって、8×−7でライオンズがサヨナラ勝利!

 

1111.jpg

 

000000.jpg

7月最後のサンデーライオンズを勝利で飾りました!

 

THE 相棒 「金子侑司選手編」

今日の相棒はここまで31盗塁を決め、
両リーグダントツ一位を誇る金子侑司選手のスパイクをご紹介します!

レジェンドさん
しゃちらいみさん
ななっしーさん
放課後パーティーナイトさん
リクエストありがとうございます!
 
 
○基本情報
メーカー:アシックス
 
IMG_5965.jpeg
 
○こだわり1:とにかく軽く
金子選手の速い走りは攻撃だけでなく守備でも光っていますよね!
その支えとなるスパイクのこだわりはとにかく軽く。
本体をメッシュ素材にして、エナメルを補強材にしています。
エナメルのシューズを使うのは雨の降ったキャンプの時だけ。
屋内でも屋外でもどちらでも試合ではメッシュ素材のシューズで試合に出ています。
 
 
そして、スパイクの中で一番重いのはやっぱり金具。
金子選手は前が6本、後ろを2本にしています。
 
IMG_5969.jpeg

通常後ろは3本の選手が多いんだそうです。
もちろん、ソールも一番軽量のもの。
必要ないものは削っていくということで、この形になってから4年ほどになるそうです。
 
 
○こだわり2:安定感
軽いのが重視とはいえ、メッシュのスパイクはとても柔らかいため足首がすごく自由に動いてしまいます。
だから、まずは足形をとってフィットするように作られています。
足型を取っているので、横ぶれ防止剤などがなくてもメッシュの柔らかさに対応できているんだそうです!
そして、カッティングはローカットではなく、クォーターカットになっています。
スパイクのベロの部分、足首前の部分が長くなっていて、足首の前部分をホールディングできるので、フィットする、もっと言ってしまえば動きの抑制ができます。
ローカットの方が自由に動くんですが、逆にゆるくなってしまうので、安定感を重視されてクォーターカットにされたということでした。
 
IMG_5968.jpeg
 
○こだわり3:走りやすさ
新作が出ても同じ型で走り続ける金子選手。
唯一変わった部分としては先っぽにプレートをいれたということ。
プレートをいれることによって反発し、より速く走れるんだそうです。
このこだわりのつまったスパイクが、攻撃時だけでなく、守備でも金子選手の俊足を支えているんですね!
 
IMG_5966.jpeg

金子選手、お話ありがとうございました!

スタジアムグルメを満喫!

久保さんがスタジアムグルメを満喫!

今回は令王ヘルメットグルメから・・・

「令王ヘルメットプリンアラモード」

 

cache_Messagep102390.JPG

 

アツい夏には最高のグルメ!

 

IMG_0309.JPG

 

ミニヘルメットが器になっています!

 

 

 

7月28日のサンデーライオンズ

今日は、
埼玉西武ライオンズ  VS  北海道日本ハムファイターズの模様を
久保孝真&佐藤栞菜&小笠原聖
で、メットライフドームからお送りします!!
 
 IMG_1579.JPG
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
今日のスタメンは・・・
 
【 ライオンズ 】
 
1 センター 秋山
2 ショート 源田
3 セカンド 外崎
4 ファースト 山川
5 サード 中村
6 DH メヒア
7 レフト 金子侑
8 キャッチャー 岡田
9 ライト 木村
先発 ニール
 
 
【 ファイターズ 】
 
1 センター 西川
2 ライト 大田
3 DH 近藤
4 ファースト 中田
5 セカンド 渡辺
6 ショート 石井
7 サード 平沼
8 キャッチャー 清水
9 レフト 清宮
先発 堀
 
となっております!
 
 
 
 
今シーズンもあなたからの応援メッセージ大募集!
応援メッセージはこちら
 
 
そしてテーマメッセージもございます。
今日のテーマは「アツい夏」です!
テーマはこちら
 
 
そして・・・
今週も「ライオンズフェスティバルズ」プレゼントを実施!
・観戦チケット引換券 4人1組
・令王≪レオ≫ユニフォームS・L 2枚
こちらを合わせて25人の方にプレゼント!
メッセージフォームの「獅子フェス」から
必要事項を記入の上、ご応募ください!
 
 
 
プレゼント希望の方は、
「氏名」「郵便番号」「住所」「電話番号」を記入して
投稿してください!
 
よろしくお願いします!

麻子がいく2019<7>

今回は、元ライオンズ選手で
1・2軍の打撃コーチとしても活躍された宮地克彦さんです。
 
6月末、宮地さんがGMを務めている
『栃木エイジェック』女子硬式野球チームの試合が
加須市の「きずなスタジアム」で行われる、ということで、
小笠原聖アナウンサーと一緒に行ってきました!
 
試合終了後、人のいない静かなスタンドで3人の座談会スタート!
 
 
IMG_0109.JPG
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
宮地
お久しぶりです!ようこそ!加須へ(笑)!
 
 
吉野
3人顔を合わせるのは去年の年末以来ですね。
今日は宮地さんのお話を伺うのが楽しみで来ちゃいました!
 
 
小笠原
やっぱりユニフォームがよくお似合いですねー。
 
 
宮地
ありがとうございます!
3年前から独立リーグの『栃木ゴールデンブレーブス』のヘッドコーチを務めていたんですが、
今シーズンからゴールデンブレーブスなどを持つ親会社『エイジェックグループ』が
『独立リーグ』『社会人野球』『女子野球』、3つの野球チームを持つことになり、
その中の女子野球のGM(ゼネラルマネージャー)を任され、約半年が経ちました。
 
 
吉野
GMなのにユニフォーム着ているんですね。
 
 
宮地
そうなんです!
GMとはいえ、監督兼選手の、ナックルボールで話題になった吉田えりさんのサポートをしながら、
チームも指導するという立場なんで、いつもユニフォーム着てますよ。
 
 
小笠原
GMという肩書きで、監督補佐、コーチ…
こんなに幅広く色々な役職をやっていらっしゃる方はそんなにいないのでは?
 
 
宮地
選手も自分たちでいろんなことやらなくてはいけない。
試合前に運営、スコアボード、チャートなど整備など、
みんなで運営してみんなで試合して、みんなで女子野球を盛り上げましょう!という団体。
女子の野球指導は初めてなので、最初は女性の気持ち、
接し方を理解するのに随分戸惑いました。今も女性心を日々勉強中です(笑)。
 
 
吉野
ところで、先ほど行われた試合は宮地さんのチームが圧勝!
全国大会出場が決まったんですよね!おめでとうございます!
(『第15回全日本選手権大会 関東予選 対『新波』 ◯15-1)
 
 
宮地
今日の試合は『ビーナスリーグ』(関東女子硬式野球リーグ戦)の本チャンで、
勝てば全国大会に出場が決まるという試合でした。なんとか勝つことができました。
この後8月10日から15日まで女子硬式野球の全国大会が、
松山「坊っちゃんスタジアム」と隣の「マドンナスタジアム」の二つの球場を使って行われ、これに出場します。
全国から32チーム。高校、大学のベスト4・・など 各カテゴリーで勝ち上がってきたチームが対戦する大会です。
(『第15回全日本女子硬式野球選手権大会』)。
 
 
吉野
元埼玉アストライアの川端友紀さん(内野手兼ヘッドコーチ)がいるのは大きいですね。
 
 
小笠原
その他、塩谷(千晶)投手、楢岡(美和)選手、松村(朱咲)選手など
元アストライアの選手も!心強いですね。
 
 
宮地
とにかく優勝目指して頑張ります。
 
 
吉野
応援しています!!
さて、ここからは宮地さんの波乱万丈の野球人生についてうかがいます。
1990年に尽誠学園(香川)からドラフト4 位でライオンズに入団し14年間在籍。
ライオンズ時代、特に印象に残っていることは?
 
 
宮地
いろんなことがあったけど…
1番は入団4年目(1993年)の「投手から野手転向」ですかね。
野球人生、最初の衝撃的な出来事。
 
 
吉野
宮地さんはバットを常に振り続けていて怖いくらい。
声かけられない雰囲気がありましたよ。
 
 
宮地
そうでしたね?野手転向して成功するなんて思ってもいなかったし、自信が持てなかったんです。
でも98年に2軍の首位打者を取ったら、一軍から呼ばれるようになりました。
その頃監督は東尾さんで1番(松井)稼頭央、2番大友(進)、3番高木大成・・
など若手で固定されてたので、出る幕はなかったですね。一軍と二軍を行ったり来たり…。もがきましたね。
 
 
小笠原
特に印象に残っているコーチや指導者の方ってどなたですか。
また印象に残っている言葉ってありますか?
 
 
宮地
2軍なら片平(晋作 監督)さん、大石(友好 バッテリーコーチ)さん、
西岡(良洋 打撃コーチ)さん、広橋(公寿 打撃コーチ)さん・・いい意味でかわいがってもらいました。
中でも1番感謝しているのは、伊原(春樹)さん。
派手なことを好まず、道端の雑草を好むよう方で、2002年4月。
たまたま2軍で結果を出していた僕と犬伏(稔昌)に対してチャンスをくれて
一軍に上げてくれて、初めて1ヶ月近く一軍にいることができました。そして忘れもしない5月30日。
犬伏と2人で監督室に呼ばれて・・。(2軍に)落とされるのかなと思ったら、
「2人とも、1ヶ月も一軍にいるんだから、一軍の戦力として考えている。
たとえ1試合打てなかったとしても2軍に落とすようなことはない!自信を持ってやってくれ!」と言われました。
 
 
小笠原
しびれますねーー!
 
 
宮地
毎試合、今日ダメだったら落とされる、試合終わったら2軍へ行けと呼び出されるんじゃないかと、
緊張しながら試合に出ていたので、2人で監督室を出た後、喜び合ったことが忘れられません。
 
 
小笠原
そういう選手の気持ちまでわかってくれる伊原監督ってすごいですね!
 
 
宮地
伊原さんいなかったら、今の僕はいなかった。
本当に感謝しかありません。
コーチとしてライオンズに戻ってきてからも一緒にできてうれしかったです。
伊原さんは特別な存在ですね。
 
 
吉野
その後2003年。
シーズン終了後にライオンズからトライアウトを経てダイエーに入り大活躍。
宮地さんの中で何か変わったんですか?
 
 
宮地
精神的なことが大きかったでしょうね。
『自由契約』というのを実際経験すると、覚悟はしていたけど、
頭が「真っ白」になりました。その時初めて「自分には野球しかない」と気づかされました。
テスト5回受けて、最後の最後にダイエーに拾ってもらって。
この時初めて「もう一度ユニフォームを着たい!」と本気で思いました。
 
 
吉野
ライオンズ時代とは気持ちの上で違ったんですね。
 
 
宮地
全然違ったと思います。メンタルでの覚悟が違う。
ユニフォームを脱いでも野球のことだけ考える。
24時間、野球野球…。心底考えたのは2004年のダイエー1年目。
結果も出て、初めて『プロ野球の一軍レギュラーを手に入れた!』という感覚がありましたが、
それと同時に、今まで感じたことのなかった、とんでもないプレッシャーを感じました。
初めて「一軍のプロ野球選手」になれた気がしました。
 
 
小笠原
そこまで到達しないとわからないことですよね。
 
 
宮地
そう。それから、ライオンズ戦になると「絶対にライオンズには負けねー!見返してやる!」という気持ちが出ちゃってたみたいで、
(当時)王監督から「お前は西武戦になると力みすぎる。西武戦は使わないからな!」って言われました(笑)。
そしてこの年(2004年)からプレーオフがスタートして、第2ステージの第5戦。
リーグ1位のダイエー対2位ライオンズの対戦でここまで2勝2敗。
勝った方がリーグ優勝という試合でパリーグ1位のダイエーが地元福岡ドーム(現ヤフオクドーム)で延長戦の末、負けた(10月11日。4-3 延長10回)。
目の前でライオンズの胴上げを見て、プロ野球選手になって初めて人前で泣きました。悔しかった。
今でも夢に出てきます。その時のライオンズの監督が伊東(勤)監督でした。
 
 
吉野
あの時福岡ドームにいたのでよく覚えています。ものすごい展開で忘れられません。
 
 
宮地
その伊東監督が翌年(2005年)のオールスターで、僕を監督推薦で選んでくれたんです。
第一戦が西武ドーム(現  メットライフドーム)でした。だいたいファン投票で選ばれた人が、
スタメンで出場するんだけど、ファン投票で選ばれた新庄(剛志)ではなく、監督は僕をスタメン(センター)で使ってくれた。
ふっとスタンドを見たら「宮地選手、おかえりなさい!」の横断幕があって。うれしかった。
それを見た時に、ライオンズに対するわだかまりみたいな反骨心が一気になくなりました。
僕にとっては、時に厳しく、時に優しいのがライオンズでしたね。
色々あったけど、すべてひっくるめて、今の僕の人格ができたのはライオンズという球団のおかげ。感謝の気持ちしかない。
 
 
吉野
その後ソフトバンクから独立リーグ富山で選手兼任コーチ。
 
 
宮地
若返りなどチームの事情もあり、ソフトバンクをクビになったんだけど、
この時はもう野球が大好きになっちゃってたから(笑)まだ現役やれる自信もあったし、
納得いく形でユニフォームを脱ぎたい、と思っていたところ、
富山に独立リーグができるから手伝って欲しいと声をかけられ、『プレーイングコーチなら』と引き受けました。
この時初めて指導者としての自分がスタートしました。
1年経ってプロのトライアウト。受けてダメだったら選手を引退しようと決めていました。
ジャイアンツ球場での最後の打席は忘れられません。結果、センター前ヒット。
オファーがなかったら引退しようと決めていました。
結果的にオファーがなかったので、すんなり引退を受け入れられました。
 
 
吉野
そこからソフトバンクのコーチに就任ってすごい展開ですよね。
 
 
宮地
ほんとドラマみたいですね。もがいていたけど、結果論でいうと、いい方向にいっている。
でも毎回毎回ガチすぎるんで、僕の人生、結構きついんですよ(笑)。
 
 
吉野
ライオンズには2011年 。2軍の外野守備走塁コーチに就任。
まず思い浮かぶのは木村文紀選手。木村選手がピッチャーから野手転向した時で…。
 
 
宮地
まさに!まさにその年です。
周りからも宮地がいいお手本だからと言われ、
守備からバッティングから、つきっきりで教えましたね。今の活躍は本当に嬉しい。
 
 
小笠原
その他、当時の若手選手で印象に残る選手は?
 
 
宮地
2軍コーチの頃の思い出は語りつくせない。
中でも、山川。山川はサンペイ(中村剛也)に憧れてバッティングをマネしていた。
なので「お前の特徴はサンペイ(中村剛也)とは全く違う。
サンペイは股関節が柔らかく、日本人特有の股関節を回し、放物線を描く。
山川は股関節が固くて上半身で打てちゃうから開きやすい。でも超人的なリストがウリ。
あのフォームも超人的なリストで帳尻が合ってる。中村とは絶対に違う山川オリジナルがある」と伝えたことがある。
今やジャパンの4番。感慨深いです。
 
もう一人挙げるなら外崎。彼は宇宙人(笑)。何を考えてるんだろう・・。
という不思議な雰囲気があった。苦労したけど、今や、どこでも守れるレギュラー。
周りからは「バットを短く持たせて反対方向に打たせろ!」と言われたけど、
「リスト強くてトリプルスリー狙える選手だと思うんで」と首脳陣を説得したのは忘れられない。
(高木)浩之コーチがいなかったらこじんまりとしたバッターになってただろうな。
のびのびと打たせてもらい、結果を出せたのが大きい。
 
 
小笠原
『アップルパンチ』のスタイルが変わってたかもしれないんですね
 
 
吉野
宮地さんが育てたライオンズ選手にメッセージを送るとしたら?
 
 
宮地
育ててませんよ、彼らは勝手に育ったんですから(笑)。
ライオンズでコーチを6年やらせてもらったけど、才能の塊が多かった。
今のまま『打つチーム』でいいと思う。超破壊力打線で日本一をもぎ取ってほしい。
そして、たまには栃木に遊びに来てほしい(笑)!
 
 
吉野
最後に宮地さんにとって「野球」ってなんですか?
 
 
宮地
ここまで来たら「人生」でしょう。
一生離れないでしょうね。野球が心底好きになっちゃいましたから。
 
 
小笠原
今が1番好きって?!すごいですね。
 
 
宮地
「好き」が日々更新してます(笑)!
プロアマの指導者資格を取ったので、白鴎大学で臨時コーチもしています。
あとはもう海外でコーチをやったら・・コンプリート、完全制覇です(笑)!!
 
 
IMG_0107.JPG
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
『SUNDAY LIONS』元レポーター、現 現場ディレクター 吉野麻子
 

トレーニングセンター&若獅子寮!

かんちゃんが、

球団本部本部長補佐の広池浩司さんにお話を伺いました!

 

IMG_0271.JPG

こちらが新しい若獅子寮の食堂!

管理栄養士による栄養面に考慮した食事の提供、

個々の選手に合わせた栄養指導が実施されるとのこと!

 

IMG_0272.JPG

 

IMG_0273.JPG

12球団最大級の広さの【内野フィールドエリア】(50m×50m)

メットライフドームと同じ人工芝「MS Craft Baseball Turf」を使用し、

試合と同様の環境下で練習が可能になりました!

 

 

さらに、所沢在住の中村智哉 さんファミリーにお会いしました!

IMG_0274.JPG

トレーニングセンター内の練習を見学できる

【ファンデッキ】でお話を伺いました。

 

ありがとうございました!!

 

 

THE 相棒 「ザック・ニール選手編」

今日ご紹介するのは、今日先発投手のザック・ニール投手!
今シーズンからライオンズのピッチャーとして活躍中のニール投手にお話を聞いてきました!

〇基本情報
メーカー:ウィルソン
色:青・紫
 
IMG_5598.jpeg

アメリカにいたときに知り合った友達が日本のウィルソンの関係者だったとのこと。
「日本にくるなら作るよ!」
と言ってくれて作ってくれたものを試合では使っているそうです。
 

〇こだわり1:気にしすぎない
ニール投手にアメリカのウィルソンと日本のウィルソンの違いを聞いてみたところ、
日本のウィルソンの方が革の質が良いと話していました。
だからといって何かに影響したり変わったことはないそうです。
 
IMG_5599.jpeg

アメリカで使っているウィルソンのグローブも、日本のグローブも、どちらも日本の工場で作っているから。
「だから結局は同じでしょ?」
ということを話していました。
 

〇こだわり2:デザイン
ニール投手は日本のカラフルなグローブがお好き。
ダルビッシュ投手や増田投手にカラフルなグローブをもらって練習で使っているんだそうです。増田投手曰く、キャンプ中に羨ましそうに見て「いいなー」という感じでハメてたので、あげたということでした。
 
IMG_5600.jpeg

日本でオーダーするとアメリカでオーダーするより細かくデザインできるのがお気に入りということで、
ライオンズカラーの青を基調に、紫を入れ、手の裏には奥さまの名前が入っています。
ご友人の方がサプライズで奥様の名前を入れてくれたとのこと。
「試合中見ることはないけど、力になっているかもしれないよね」と笑っていました。
 

〇こだわり3:スタイルに合わせて
型はずっと同じ。
長さは改良していて、以前に比べて長いグローブになったそうです。
そもそも大きめのグローブで、手を入れたときにある程度余裕があるようにしているということ。
これはニール投手はゴロを打たせるピッチングスタイルなので、投げたあとはしっかり自分も守備をしなきゃいけない!ということでちゃんとボールが取れるように大きめのグローブにしているんだそうです。
そこで、試合をしていくなかで、ゴロだけじゃなく、ピッチャー返しになったときに上も下も守りやすいようにしようと思って、長さを長くしたということでした。
 
IMG_5597.jpeg

バツグンのコントロールでこれからもライオンズの試合を作っていってほしいですね!
ニール投手、ありがとうございました!

スタジアムグルメを満喫!

久保さんがスタジアムグルメを満喫!

今回は、令王ヘルメットグルメ!

 

IMG_0265.JPG

IMG_0266.JPG

 

さらに、

RN:針金はりイさんが教えてくださったモツ煮!

 

IMG_0267.JPG

 

 

 

 

7月21日のサンデーライオンズ

今日は、
埼玉西武ライオンズ  VS  オリックス・バファローズの模様を
久保孝真&佐藤栞菜&加藤暁
で、メットライフドームからお送りします!!
 
 IMG_0269.JPG
 
 
今日のスタメンは・・・
 
【 ライオンズ 】
 
1 センター 秋山
2 ショート 源田
3 セカンド 外崎
4 ファースト 山川
5 サード 中村
6 DH 栗山
7 レフト 金子侑
8 キャッチャー 岡田
9 ライト 木村
先発 ニール
 
 
【 バファローズ 】
 
1 セカンド 福田
2 センター 宗
3 レフト 吉田正
4 DH モヤ
5 ファースト 中川
6 サード 小島
7 ライト 杉本
8 キャッチャー 若月
9 ショート 大城
先発 荒西
 
となっております!
 
 
 
 
今シーズンもあなたからの応援メッセージ大募集!
応援メッセージはこちら
 
 
そしてテーマメッセージもございます。
今日のテーマは「うらやましい」です!
テーマはこちら
 
 
そして・・・
今週と来週は「ライオンズフェスティバルズ」プレゼントを実施!
・観戦チケット引換券 4人1組
・令王≪レオ≫ユニフォームS・L 2枚
こちらを合わせて25人の方にプレゼント!
メッセージフォームの「獅子フェス」から
必要事項を記入の上、ご応募ください!
 
 
 
プレゼント希望の方は、
「氏名」「郵便番号」「住所」「電話番号」を記入して
投稿してください!
 
よろしくお願いします!!

 

THE 相棒 「栗山巧選手編」

今回の相棒はミスターライオンズこと栗山巧選手と共に戦ってきたバットについてご紹介いたします!
「機密情報です。」とのことでしたので、こっそりお伝えしますね!
 
〇基本情報
メーカー:mizuno
 
005.jpeg
 
〇こだわり1:バランス
バットの重心が昔とは違う、ということで、以前はヘッドのきいたトップバランスも使っていたそうなんですが、現在はミドルバランスになっています。
正確には、ミドルっていうよりトップを中心にしたときに、重心が手元にちょっときているかなーくらい。
栗山選手は「操作性が楽です。」とお話していました。
常にチームのために貢献する姿勢が変わらない、栗山選手らしいこだわりが見えますね!
 
002.jpeg
 
〇こだわり2:気持ちよさ
栗山選手のバットの素材はメープルとホワイトアッシュの2種類。以前ご紹介した山川選手と同じように、練習用がメープル、試合用がホワイトアッシュです。
山川選手は試合で詰まらないように、怖がらないように、という理由でしなりの効くホワイトアッシュを使用していましたね。
栗山選手は「メープルは当たったときに固くて芯に当たっても固さが残る。ホワイトアッシュには柔らかさと強さがあるので芯をくったときに気持ちが良いんです」と話していました。
 
001.jpeg
 
〇こだわり3:メインは2本
最初にお話したように、常に探求心がある栗山選手。
そのときそのときの感覚や状態を大切にして、バッドが変更されることがしばしばあります。
そんな栗山選手にお伺いしたところ「正直、試合中に変えることもある。」とのこと。
「本当は「変えることはない」って言いたい。でも結果が出てないとき、結果が出ててもひらめいた直感のときにはバットを変える。」とお話していました。
でも、いきなり変えるって怖くないですか?
怖さに関しては「2本試合に持っていくバットを決めて、試合前にどっちかを軸にするって決めて使うので試すことに怖さはない。」ということでした。
 
 
 
軸がぶれなければ変化を求めても常に成長し続けられる。
栗山選手には人生においても大切なことを教えていただいた気がします。

1  2
アーカイブ