小柳ゆき drive your heart

アーティスト

プロフィール 小柳ゆき

埼玉県出身

1982年1月26日生

◆番組名:小柳ゆき drive your heart
◆放送日時:毎週木曜日 23:30〜24:00
◆パーソナリティー:小柳ゆき

第225回。運がいい人とは?

運がいい人とそうでない人の違い…

これは、日頃の自分に起こる出来事をどうとらえるかの違いなのか…。

ゆきさんも、この答えに悩んでおりました。

ゆきさんは、自分に起こった出来事を、

例え周りが、「運が悪かったね」と思うようなことであっても、

これくらいの難で済んで良かったな…と前向きにとらえるタイプだそうです。

こういう考え方が、もしかしたら「運」を呼び込むのかもしれませんよね〜。

でも、宝くじの高額当選の夢は叶ってないようです^^;

 

第224回。仲のいい家族です。

今回のKY-ファイルでは、ゆきさんがはまっている海外ドラマ

「ゲーム・オブ・スローンズ」をご紹介しました。

2011年のスタート当初にはまってしまったので、

ゲーム・オブ・スローンズ好き歴は、もう7年!

そして、お姉さまも、お母さまもドはまりしたそうで…。

家族で好きなものを共有し楽しめる小柳家、仲がいいですよね〜。

ただ、ゲーム・オブ・スローンズは、アットホームなドラマでは

決してございません、かなり内容は刺激的ですよ(笑)

第223回。最近、イントネーションが…

最近、ゆきさんがトークをしていると、

イントネーションが、ちょっとおかしい時があります。

なまっているといいますか…

番組では、その場で考えてトークしてもらうことが多いので、

どうやら頭で考えながらしゃべっている時になまっている時が多い気が…。

今回も、脳力タイムのコーナーの時に、ちょいちょいなまっておりました(笑)

わざとなのか、自然に出てしまっているのか?

まだ、直接聞いてたことはないのですが、直接聞く前に、

今度、イントネーションクイズを出題してみようかな…と

密かに考えているこの頃です。

 

第222回。仲のいい姉妹。

ゆきさんは、お姉さまがいらっしゃいますが、

とても仲が良いんだな〜という印象があります。

でも、子どもの頃は、かなり激しい姉妹けんかが

繰り広げられていたということは、ゆきさんのファンの皆さんなら

ご存知のことでしょう(笑)

また、激しい姉妹けんかを制していたゆきさんのお母様、

通称マイケル母さんが、凄い(笑)

そんな子どもの頃けんかばかりしいていた姉妹も、

大人になるとめちゃくちゃ仲良くなるから不思議!!

愛情がある上でのけんかだったということですね〜。

 

第221回。片づけはセンス?

片づけ上手な人ってなんであんなに上手なんだろう?

クローゼットや押し入れの中に、

きちっと収納BOXが入っていて、

ちゃんと整理整頓されている…。

片づけが苦手な場合、なぜが、ただ衣服やものを入れているだけ…

『やっぱセンスだよね…』と、片付けが苦手なゆきさんは申しておりました。。。

 

第220回。アコースティックライブ

浜離宮の朝日ホールで行われたアコースティックライブについて

語って頂きました。

今回は、バンドネオンの音色がいつもとは違うライブの雰囲気を

演出していましたね〜

そうそう、この会場で7年前に白い龍を見たというゆきさん。

誰も信じてくれないけど、本当に見たそうです!

なので、今回も見えないかな〜と思いながら歌っていたそうですが、

残念ながら今回は見えなかったようです。

いつか再会できることを願って…。

とはいえ、「白い龍」というのが、ゆきさんぽいですよね(笑)

第219回。寒い日が続いております…

今回のスナックゆきは、後輩の指導に悩む先輩からの相談でした。

やる気のない後輩へどう指導したらいいのか…。

心に響いてないだろうな…と思いながらも、

良かれと思って後輩に話をする時ってありますよね。

でも、話さないよりは、伝えたいことはちゃんと伝えたほうが良いよね。

というゆきママの見解でございました。

今は、分からなくても、いつか分かってくれる時がくるかもしれない。

何らかのタイミングで、やる気スイッチが入った時に、

「あ…そういえばこんなこと言われたな〜」と思い出してくれるかもしれない。

年を重ねると色々な局面が出てきますね…と思った今回でした!

 

みなさんも、ゆきママに相談していこと、聞いてもらいたいことを自由に

送ってきてくださいね〜。

毎回、真剣に考えてお答えしておりますよ!投稿はこちらから。

 

第218回。女子楽屋の話。

1月から出演していた舞台、「私のホストちゃんREBORN〜絶唱!大阪ミナミ編」

全公演が終了したということで、今回のKY−ファイルでは、

舞台のことをたっぷりお話してもらいました。

楽屋は、夢・ジャネットこと、LiLiCoさん、大林素子さん、

阿倍野ハルカこと、 野口かおるさん

松風ちひろ こと 悠未ひろさんと ご一緒だったそうで。

みなさん、それぞれ個性豊かでいらっしゃって、

舞台にかける情熱に、かなり刺激を受けられたようです。

ホスト役の皆さんも、カッコいいイケメンばかりでしたが、

ゆきさんも、見に行かせていただいた番組スタッフも、

「とにもかくにも、悠未ひろさんの男役がとてつもなくかっこよかった〜」

という話で盛り上がりました!

 

第217回。漢字クイズでした。

歴史小説をよく読んでいたこともあり、

ゆきさんって難しい漢字をスラっと読むなぁと常々思っていたので、

今回の脳力タイムは、ゆきさんに魚へんの漢字を、

メモらずに、答えてもらいました。

この、メモらずに頭の中で漢字を思い浮かべる…というのがポイントで、

ゆきさんも、「紙に書けばすぐわかるんだよお〜」と、嘆いておりました。

みなさんも、ちょっとした時間に、誰かに魚へんの漢字クイズを出してみて下さい!

単純ですが、面白いですよ〜

 

第216回。舞台で演じているように

ただいま舞台に出演中のゆきさん。

まるで舞台上で演じるかのように、

エアー豆まきを華麗にしていただきました。

年女ですので、皆さんに福が訪れますように、

という願いをこめて…。

エアーでしたけど、スタジオでは大きく手を振っておりましたよ!

 

アーカイブ