Music Freeway

パーソナリティー

プロフィール 矢口清治

1959年生
群馬県生まれ

ユーキャン洋楽ベスト・ヒット CD全10巻ウィンターアロハ2019

☆タイトル:Music Freeway
☆放送日時:毎週月曜日〜木曜日 23:00〜23:30
☆パーソナリティー:矢口清治

7月23日〜7月26日のプレイリスト♪

今週もお聞きいただきありがとうございます。

☆7月23日(月) Vol.270
 1.Night Fever/Bee Gees
 2.The Bump/Commodores
 3.Lady Bump/Penny McLean
 4.Da Ya Think I'm Sexy?/Rod Stewart
 5.Knock On Wood/Amii Stewart
 6.Ring My Bell/Anita Ward

☆7月24日(火) Vol.271
 1.Get Down Tonight/K.C. & The Sunshine Band
 2.Boogie Nights/Heatwaves
 3.Yes Sir I Can Boogie/Baccara
 4.夏の日の恋 '76/Percy Faith & His Orchestra
 5.さよならは言わないで/Gloria Gaynor
 6.Goodnight Tonight/Paul McCartney & Wings

☆7月25日(水) Vol.272
 1.Fantasy/Earth.Wind & Fire
 2.It Only Takes A Minute/Tavares
 3.I Just  Can't Say Goodbye/Philly Devotions
 4.Stomp!/The Brothers Johnson
 5.君の瞳に恋してる/Boys Town Gang

☆7月26日(木) Vol.273
 1.Sunny/Boney M.
 2.恋にメリーゴーランド/Arabesque
 3.Cafe/D.D.Sound
 4.Miss You/The Rolling Stones
 5.More More More/Andrea True Connection
 6.Y.M.C.A./Village People


☆矢口さんからのコメント☆

今週は4日間にわたりディスコ・ヒット三昧でお楽しみいただきました。
私個人はとてつもなくダンス・ミュージックだけが大好き、というわけでもないのですが、アメリカのチャートをずっとみてきて、あの78年前後の時期のまさしくフィーヴァーな空気感は、忘れがたい記憶となっています。
ディスコ・ブームの背景が、不況に伴って生のバンドが減ったことやレコードの再生する音響の質や室内照明技術の向上といったテクノロジーの側面があったりと、ひとつのムーヴメントが次の何かに結びついていく様子などは、エンターテイメント全体のおもしろさに関心を抱き続ける要因になりました。
火曜日に、イントロでカミナリに打たれたようなショックを受けた曲として「ゲット・ダウン・トゥナイト」(KC&ザ・サンシャイン・バンド)を紹介しました。もう一曲、個人的にすごく革新的だと思ったのがシックの「グッド・タイムス」です。その「グッド・タイムス」が後々ヒップホップ時代の幕開けに重要な関わりを持つことになるのも、私が”いろいろ知るとおもしれえなあ!”と感じた出来事でした。

矢口清治
 

7月16日〜7月19日のプレイリスト♪

今週もお聞きいただきありがとうございます。

☆7月16日(月) Vol.266
 1.Born In The U.S.A./Bruce Springsteen
 2.New York City Rhythm/Barry Manilow
 3.I Love L.A./Randy Newman
 4.夢のハワイ/The Beach Boys
 5.Viva Las Vegas/Elvis Presley
 6.Feels So Right/Alabama
 7.わが心のジョージア/Ray Charles

☆7月17日(火) Vol.267
 1.Woman From Tokyo/Deep Purple
 2.Going Back To Okinawa/Ry Cooder
 3.One Night In Bangkok/Murray Head
 4.Shanghai Breezes/John Denver
 5.グッドナイト・サイゴン〜英雄たちの鎮魂歌/Billy Joel

☆7月18日(水) Vol.268
 1.おしゃまな初恋/France Gall
 2.月影のナポリ/Mina
 3.ポルトガルの四月/Amalia Rodrigues
 4.Never Been to Spain/Three Dog Night
 5.愛は吐息のように/Berlin
 6.Vienna Calling/Falco
 7.ウガ・チャカ/Blue Swede

☆7月19日(木) Vol.269
 1.サンホセへの道/Dionne Warwich
 2.Penny Lane/The Beatles
 3.On Broadway/The Drifters
 4.Venture Highway/America
 5.African Symphony/Van McCoy & The Soul City Symphony
 6.We Are The World/USA For Africa


☆矢口さんからのコメント☆

今週は「ボーン・イン・ザ・USA」から「ウィ・アー・ザ・ワールド」まで、"音楽の旅 SUMMER 洋楽ヒット街巡り/国巡り"をお届けしました。土地を題材にしたり地名がついている洋楽ヒットは本当にたくさんあって、きっと曲の作り手にとってもインスピレーションの大きな源になるんでしょうね。
今回は「ワン・ナイト・イン・バンコク」のように、なかなか紹介する機会がなかった”地名ヒット”も紹介できました。曲を通じて知っていた地名には不思議と親しみが湧くものだなあ、なんて改めて思いつつ、4月に予告した第2回が実現できて、ほっとしています。
夏本番、これから旅行を計画している方は、ぜひプランを教えて下さい!


来週は"映画『サタデー・ナイト・フィーバー』日本公開40周年記念 夏のディスコ・ヒット・スペシャル”です。
ノリノリでフィーヴァーして暑さを吹き飛ばしましょう!

矢口清治

7月9日〜7月12日のプレイリスト♪

今週もお聞きいただきありがとうございます。

☆7月9日(月) Vol.262
 1.My Sharona/The Knack
 2.愛のローラーコースター/The Ohio Players
 3.Hollywood Swinging/Kool & Gang
 4.Sanctify Yourself/Simple Minds
 5.Only You( And You Alone)/Ringo Starr
 6.Sailing/Rod Stewart

☆7月10日(火) Vol.263
 1.(Wish I Could Fly Like) Superman/The Kinks
 2.Hero/Enrique Iglesias
 3.Superwoman/Karyn White
 4.Never/Heart
 5.Voices/Til Tuesday
 6.Always On My Mind/Pet Shop Boys

☆7月11日(水) Vol.264
 1.Keep The Faith/Bon Jovi
 2.Come Undone/Duran Duran
 3.Karma Chameleon/Culture Club
 4.Dance with Me/Peter Brown
 5.Left Of Center/Suzanne Vega
 6.やさしき伴侶を/Sarah Vaughan

☆7月12日(木) Vol.265
 1.ポーリュシカ・ポーレ/Origa
 2.This House/Tracie Spencer
 3.Say You Love Me/Fleetwood Mac
 4.Loving You Again/Chris Rea
 5.I'll  Be Loving You( Forever)/New Kids On The Block
 6.Lovin' You/Minnie Riperton


☆矢口さんからのコメント☆

西日本豪雨で被災されたみなさんに、心よりお見舞い申し上げます。さらに暑い日々が続きますので、くれぐれも無理し過ぎないようお気をつけ下さい。
ミニー・リパートンの「ラヴィング・ユー」は、75年当時ラジオで耳にして、そのあまりの美しさに我を忘れた記憶があります。後に多数のカヴァーによっても価値を認められ続けている麗しい作品、そんな名曲との出会いに感謝しています。ミニーの命日である7月12日のラスト・ナンバーとして、今年もお届けしました。
音楽が少しでも辛い時間の安らぎや活力となることを願っています。

矢口清治

☆来週は、<<ツアコン・YAGUCHIがご案内する音楽の旅 第2弾>>をお送りします♪
 

7月2日〜7月5日のプレイリスト♪

今週もお聞きいただきありがとうございます。

☆7月2日(月) Vol.258
 1.涙の太陽/Emy Jackson & The Smashmen
 2.Have I The Right/The Honeycombs
 3.悲しき雨音/The Cascades
 4.Here Comes That Painy Day Feeling  Again/The Fortunes
 5.Steal The Night/Stevie Woods
 6.Morning Dance/Spyro Gyra
 7.My Girl/The Temptations

☆7月3日(火) Vol.259
 1.涙のクラウン/The Beat
 2.Can't Smile Without You/Carpenters
 3.涙のラスト・レター/Barry Manilow
 4.涙のレター/REO Speedwagon
 5.涙をとどけて/Stevie Wonder
 6.ガラスの涙/Michel Polnareff
 7.水晶の舟/The Doors

☆7月4日(水) Vol.260
 1.あふれる愛を/Barry White
 2.Use Me/Bill Withers
 3.American Woman/The Guess Who
 4.Pink Houses/John Mellencamp
 5.American Tune/Paul Simon

☆7月5日(木) Vol.261
 1.Steve McQueen/Sheryl Crow
 2.愛しのロバート・デ・ニーロ/Bananarama
 3.ベティ・デイヴィスの瞳/Kim Carnes
 4.Can't  Stop This Thing We Started/Bryan Adams
 5.Life Is A Canival/The Band
 6.サンスランシスコ・ラブ・ソング(ライブ)/Huey Lewis & The News


☆矢口さんからのコメント☆
今週を振り返ると、やっぱりサッカー日本代表がベスト8を逃したとは言え、予想を上回る大健闘で私たちを奮い立たせてくれたことを忘れられません。毎度毎度のワールドカップにわかファンの私ですが凝縮されたドラマティックで濃密な時間を過ごせて、感謝しています。ここからの日本サッカーがどうなっていくのかも、楽しみです。
水曜日は、アメリカの独立記念日でしたので、ちなんだ曲をお送りしました。大国に住む人々の内面を綴った作品として、当時ラジオで耳にしていた時はただ地味だけどひっかかる歌だとしか感じませんでしたが、後にその深さに感銘した「アメリカの歌」(ポール・サイモン)を最後にお聴きいただきました。

♪予告♪
7月16日からの”ツアコン・YAGUCHIがご案内する音楽の旅 SUMMER 洋楽ヒット街巡り/国巡り"に続き、7月23日からの4日間は”映画『サタデー・ナイト・フィーバー』日本公開40周年記念 夏のディスコ・ヒット・スペシャル”(長い!)を予定しています。
ご期待ください。

矢口清治

1
アーカイブ