Music Freeway

パーソナリティー

プロフィール 矢口清治

1959年生
群馬県生まれ

ユーキャン洋楽ベスト・ヒット CD全10巻

☆タイトル:Music Freeway
☆放送日時:毎週月曜日〜木曜日 23:00〜23:30
☆パーソナリティー:矢口清治

9月17日〜9月20日のプレイリスト♪

今週もお聞きいただきありがとうございます。

☆9月17日(月) Vol.302
 1.Rock 'n' Roll Star/Oasis
 2.Where's The Love/Hanson
 3.永遠の想い/Nelson
 4.Yes I'm Ready/Teri Desario & K.C.
 5.恋のデュエット/Elton John & Kiki Dee
 6.Don't Go Breaking My Heart/Roger Nichols & The Small Circle of Friends

☆9月18日(火) Vol.303
 1.Venus/Bananarama
 2.Only You/Yazoo
 3.Fire/The Pointer Sisters
 4.From Distance/Bette Midoler
 5.From Distance(孤独の世界)/P.F.Sloan
 6.Fire/The Jimi Hendrix Experience
 7.Only You/The Platters
 8.Venus/Frankie Avalon
 
☆9月19日(水) Vol.304
 1.Megachic/Chic
 2.Pick Up The Pieces/Candy Dulfer
 3.The Right Kind Of Love/Jeremy Jordan
 4.(I Love You) For Sentimental Reasons/The Righteous Brothers
 5.Please Mr. Postman/The Carpenters
 6.愛のプレリュード/Paul Williams
 7.End Of The World/Skeeter Davis

☆9月20日(木) Vol.305 
 1.Shang-a-Lang/The Bay City Rollers
 2.Sugar Baby Love/The Rubettes
 3.You're Looking Hot Tonight /Barry Manilow
 4.Ghostbusters/Ray Parker Jr.
 5.風来坊の唄/Gori Grant
 6.ひまわり/Henry Mancini
 7.I Got A Name/Jim Croce


☆矢口さんからのコメント☆

9月20日は、シンガーソングライターのジム・クロウチが、1973年に30歳の若さで飛行機事故により世を去った日でした。その死後にラジオを通じて、彼の永遠に瑞々しいままの数々の名曲に巡り合い、私はいつしかジムを大好きになりました。
ディスク・ジョッキーとしてその豊かな才能を伝え続けるのは責務だと感じ、可能な限り担当番組で紹介してきました。今年は映画『ラスト・アメリカン・ヒーロー』のテーマだった「アイ・ガッタ・ネーム」を選びました。自作曲ではありませんが、ジムの生き方が反映されたような歌詞には、いつ耳にしても心を揺さぶられます。
ところで火曜日の放送は、「ヴィーナス」で始まり「ヴィーナス」で終わるくらいに考えていたのが、その日が第303回なのに気づき、プレイリストも前半後半で原題の曲名が対照になるようにしてみました。だから、8曲になったというわけです。
おお!っとか思っていただけたら本望です。

矢口清治

9月10日〜9月13日のプレイリスト♪

今週もお聞きいただきありがとうございます。

☆9月10日(月) Vol.298
 1.シャララ恋模様/Elbow Bones & The Racketeers
 2.I Remember Yesterday/Donna Summer
 3.You Send Me/Roy Ayers
 4.Dude(Looks Like A Lady)/Aerosmith
 5.Livin’ On A Prayer/Bon Jovi
 6.Light My Fire/Jose Feliciano

☆9月11日(火) Vol.299
 1.You’re The Best Thing/The Style Council
 2.Bitter Sweet Symphony/The Verve
 3.戦争のうた/ Culture Club
 4.Get Up Stand Up/Peter Tosh
 5.(What's So Funny 'Bout) Peace, Love, and Understanding/Elvis Costello & The Attractions
 
☆9月12日(水) Vol.300
 1.聖者の行進/Louis Armstrong
 2.Don’t  Worry Be Happy/Bobby McFerrin
 3.Joy To The World/Three Dog Night
 4.Sister Golden Hair/America
 5.Fields Of Gold/Sting
 6.Gold/Prince

☆9月13日(木) Vol.301 
 1.Part-Time Lover/Stevie Wonder
 2.Maniac/Michael Sembello
 3.The Other Woman/Ray Parker Jr.
 4.Vehicle/The Ides Of March
 5.Spinning Wheel/Blood Sweat & Tears
 6.The Next Time I Fall/Peter Cetera with Amy Grant


☆矢口さんからのコメント☆

何をさておき、お礼です。水曜日にMusic Freewayは無事第300回を迎えました。これもひとえに、放送を聴いてくださるあなたのお陰です。どうもありがとうございます。
前半は300に因み、300と30と3にこじつけて、まったく異なる時代の、でもそれぞれ魅力的な3曲を、後半は偶然”金”につながるリクエストをいただいていたので、そんな3曲をお送りしました。
金メダル、つまり聴いてくださる方にとって”1番価値あるラジオ番組になる”という野望、いえ願いを託してアメリカ、スティング、そしてプリンスという、これまたバラバラ、でもすべてステキなヒット曲を選んだ次第です。
ラジオの、それも聴く人それぞれに嗜好が違う音楽をメインとする番組で1番なんてことは無理かもしれませんが、毎回たとえ1曲でも久しぶりに耳にできてよかった、あるいは知らなかったけどとても気に入ったと感じてもらえる音楽をお届けできるよう、努めてまいります。
これからも、ぜひご期待ください!

矢口清治
 

9月3日〜9月6日のプレイリスト♪

今週もお聞きいただきありがとうございます。

☆9月3日(月) Vol.294
 1.Crush//Jennifer  Paige
 2.Make Me Lose Contol/Eric Carmen
 3.Gimme Some Lovin’/Freddie King
 4.恋のウムウムウム/Major Lance
 5.How  ‘Bout Us/Champaign
 6.恋のかけひき/Hamilton, Joe Frank & Reynolds

☆9月4日(火) Vol.295
 1.Roll Over  Beethoven/Electric Light Orchestra
 2.Thie Night/Billy Joel
 3.青い影/Willie Nelson
 4.Everything’s Gonna Be Alright/Sweetbox
 5.情熱の花/Caterina Valente
 6.運命’76/Walter Murphy & The Big Apple Band
 
☆9月5日(水) Vol.296
 1.I Was Born To Love You/Queen
 2.All Round The World/Lisa Stansfield
 3.Back To Life/Souol 2 Soul
 4.孤独の影/Joe South
 5.Gold(カリフォルニア・タウン)/John Stewart
 6.Midnight Rocks/Al Stewart

☆9月6日(木) Vol.297 
 1.Rrespect/Aretha Franklin
 2.ジャンプ・トゥ・イット/Aretha Franklin
 3.愛のおとずれ/Aretha Franklin
 4.Think/Aretha Franklinn
 5.I Say A Little Prayer/Aretha Franklin
 6.Let It Be/Aretha Franklin
 7.(You Make Me Feel) A Natural Women/Aretha Franklin


☆矢口さんからのコメント☆

洋楽ポップスが好きになって、ちょっと知識が増え始め、ソウル・ミュージックについて聞きかじり出したとき、ジェイムス・ブラウンとアレサ・フランクリンは別格のように語られていることを知りました。
初めてリアル・タイムで接したアレサのヒットは76年の「サムシング・ヒー・キャン・フィール」で、それまで聞いていた「リスペクト」のような代表曲とは異なり、伝説の今現在の歌声を耳にしている不思議な感慨を覚えたものです。
ラジオの仕事に就いて、最新曲として「フリーウェイ・オブ・ラヴ」や「愛のおとずれ」を紹介できたのは、実に幸運な体験だったんだと感じています。
アレサの葬儀などの報道に触れて改めて、いかにその存在が圧倒的な数の人たちの指標であり世代を超えた巨大な象徴として愛されていたのかを思い知りました。木曜日に追悼企画をようやくお届けできました。アレサ・フランクリンが生涯を通じて遺してくれたすばらしい歌声に、感謝します。
台風 21号、そして北海道を中心としたエリアの大地震で被害を受けた皆様に、心よりお見舞い申し上げます。早く日常が戻ることを願ってやみません。

矢口清治

1
アーカイブ