Music Freeway

パーソナリティー

プロフィール 矢口清治

1959年生
群馬県生まれ

ユーキャン洋楽ベスト・ヒット CD全10巻ウィンターアロハ2019

☆タイトル:Music Freeway
☆放送日時:毎週月曜日〜木曜日 23:00〜23:30
☆パーソナリティー:矢口清治

11月26日〜11月29日のプレイリスト♪

今週もお聞きいただきありがとうございます。

☆11月26日(月) Vol.341
 1.learn To Fly/Foo Fighters
 2.Invisible Touch/Genesis
 3.A Little Tenderness/Sheena Easton
 4.Don’t  Talk About It/Culture Club
 5.Blue Jean/David Bowie
 6.I Was Born To Love You/Freddie Mercury

☆11月27日(火) Vol.342
 1.Tabacco Road/The Nashville Teens
 2.Wichita Lineman/Glen Cambell
 3.An Old Fashioned Love Song/Three Dog Night
 4.You Spin Me Round(Like A Record)/Dead Or Alive
 5.Don’t  You Worry ‘Bout A Thing/Incognito
 6.Orinoco Flow/Enya
 
☆11月28日(水) Vol.343
 1.Oops I Did It Again/Britney Spears
 2.Power Of A Woman/Eternal
 3.Please Don’t Go Girl/New Kids On The Block
 4.サインはピース/Ocean
 5.木枯らしの少女/Bjorn & Benny
 6.Taxman/The Beatles
 7.Shop Around/The Miracles

☆11月29日(木) Vol.344
 1.I’ve Got My Mind Set On You/George Harrison
 2.素直になれなくて/David Foster
 3.She The Day/D.C.Lee
 4.November Rain/Guns N’Roses
 5.落葉のコンチェルト/Albert Hammond


☆矢口さんからのコメント☆

しかし、毎年毎年、11月の終わりになるまで残り1ヶ月ということに気づかないのはどうしたもんでしょうねえ。あっ、今年もこの曲をもう紹介すべき季節になっていた、と判って冬の入り口にいる自分を見つけます。
水曜日に「木枯らしの少女」をお送りしましたが、まだ1号が吹いていないので、やっぱりちょっと暖かいのかもしれませんね。油断できませんが。
今月もたくさんの素敵なメッセージとリクエストを、どうもありがとうございました。秋とのお別れの思いを込めて、2018年11月もラストに「落ち葉のコンチェルト」をお届けしました。
12月は10日からの”ウィンター・ムービー・ウィーク”、そして、後半はクリスマス・ソング多めでお楽しみいただきます。ご期待ください。

矢口清治

11月19日〜11月22日のプレイリスト♪

今週もお聞きいただきありがとうございます。

☆11月19日(月) Vol.337
 1.Nobody Knows/The Tony Rich Project
 2.Breathe/Faith Hill
 3.ため息つかせて/Whitney Houston
 4.ときめきの愛を/Air Supply
 5.Breathe Again/Toni Braxton
 6.安らぎの世界へ/The Hollies

☆11月20日(火) Vol.338
 1.Love And Pride/King
 2.Bohemian Rhapsody/Queen
 3.Prince Charming/Adam & The Ants
 4.Foolish Heart/Steve Perry
 5.想い出を風にのせて/Nick Heyward
 6.Children Of The World/Bee Gees
 
☆11月21日(水) Vol.339
 1.I’ll Be There For You/The Rembrandts
 2.(Theme from)The Monkees/The Monkees
 3.Welcome Back/John Sebastian
 4.マイアミバイスのテーマ/Janhammer
 5.New Sensation/INXS
 6.Let’s Get Rocked/Def Leppard
 7.Tomorrow/David Cassidy

☆11月22日(木) Vol.340
 1.River Deep - Mountain High/Ike & Tina Turner
 2.Rapture/Bondie
 3.Harden My Heart/Quarterflash
 4.I Got You Babe/Sonny & Cher
 5.雨に想いを/Captain & Tennille
 6.You Don’t Have To Be A Star(To Be In My Show)/Marilyn McCoo & Billy Davis Jr.


☆矢口さんからのコメント☆

11月22日は語呂合わせから”いい夫婦の日”なので、あまりにベタと思いつつ”ご夫婦ヒット集”を企画しました。
ショー・ビジネスの荒波の中で、仕事でもプライベートでもよきパートナーであり続けるのは難しいようで、紹介したカップルもかなりの率で別離の道を歩んでいますが、生まれたヒット曲が本当の夫妻によって歌われたものという背景に格別な何かを感じるのは、私だけでしょうか。
ピックアップした中でも、マリリン・マックーとビリー・デイヴィスJr.の全米No.1ソングが大好きでした。元フィフス・ディメンションとはいえ77年当時も日本でそれほど一般的な知名度が高いわけではなかったふたりですが、ラジオから聴こえてきたメロディーのすばらしさに惹きこまれ、後で歌詞を知ってさらに忘れられなくなりました。
41年経っても同じようにラジオから魅力的に届くことを願い、木曜日のラスト・ナンバーとして「星空のふたり」をお送りしました。気に入ってもらえたら、うれしいです。リクエストしくださった夢の夢さん、ありがとうございます。

矢口清治

11月12日〜11月15日のプレイリスト♪

今週もお聞きいただきありがとうございます。

☆11月12日(月) Vol.333
 1.That Was Then but This Is Now/ABC
 2.Love Me Like I Love You/Bay City Rollers
 3.Born On The Bayou/Creedence Clearwater Revaival
 4.庶民のファンファーレ/Emerson Lake & Palmer
 5.Unbelievable/EMF
 6.Hold On Tight/Electric Light Orchestra

☆11月13日(火) Vol.334
 1.Ellie My Love/Ray Charles
 2.Oh Girl/Paul Young
 3.Have You Seen Her/The Chi Lites
 4.A Song For You/Leon Russel
 5.Polk Salad Annie/Tony Joe White
 6.All My Loving/Paul McCartney
 
☆11月14日(水) Vol.335
 1.Let’s Spend The Night Together/The Rolling Stones
 2.Stone Blue/Foghat
 3.In The Stone/Earth,Wind & Fire
 4.Lovin’ You/Minnie Riperton
 5.悪魔とドライブ/Suzi Quatro
 6.雨の日の恋/Stephen Bishop

☆11月15日(木) Vol.336
 1.Puff(The Magic Dragon)/Peter,Paul & Mary
 2.Wooden Ships/Crosby,Stills & Nash
 3.We’re An American Band/Grand Funk Railroad
 4.So In Love/OMD
 5.The Mayor Of Simpleton/XTC
 6.In The City/The Jam
 7.The Kids Are Alright/The Who


☆矢口さんからのコメント☆

こじつけの類がやたら好きなもので、今週は番組の333回目にかこつけて3文字バンド企画を、それも1回で収まらず月曜日と木曜日(333回プラス3回)の2度もお送りしてしまいました。
懲りないどころか、渋いところもまだあるなあなどと思いながら、さっそくご好評もいただいて図にのり、いつ3回目ができるか画策中です。
関東エリアもここに来てさらに朝晩グッと冷え込むようになり、深まる秋にいいソウル・ヴォーカルをと感じていたところにレイ・チャールズへのご希望をいただいていたので、それに連なってポール・ヤングとシャイ・ライツを火曜日にご紹介できました。

あなたのリクエストがその1曲に止まらずMusic Freewayのその日の流れを決め(たりし)ます!いつでもご参加、お待ちしています。
12月10日からのムービー・ウィークにも、ぜひ!

矢口清治

11月5日〜11月8日のプレイリスト♪

今週もお聞きいただきありがとうございます。

☆11月5日(月) Vol.329
 1.ミセスブラウンのお嬢さん/Herman's Hermits
 2.Sin City/The Flying Burrito Brothers
 3.シバの女王/Paul Mauriat
 4.Hang On In(北風のラストレター)/Art Garfunkel
 5.Somewhere/Aretha Franklin
 6.Heaven/Bryan Adams

☆11月6日(火) Vol.330
 1.Freedom/Wham!
 2.Hangin’/Chic
 3.Heartbeat/Tahiti 80
 4.Peg/Steely Dan
 5.Jesus Is Just Alright/The Doobie Brothers
 6.Peaceful Easy Feeling/Eagles
 
☆11月7日(水) Vol.331
 1.秘密諜報員/Johnny Rivers
 2.Stoned Soul Picnic/The 5th Dimension
 3.You On My Mind/Swing Out Sister
 4.Who Found Who/Jellybean  featuring Elisa Fiorillo
 5.Suzanne/Leonard Cohen
 6.The Circle Game/Joni Mitchell

☆11月8日(木) Vol.332
 1.You Got It/Bonnie Raitt
 2.恋するチャック/Rickie Lee Jones
 3.All Through The Night/Cyndi Lauper
 4.マック・ザ・ナイフ/エラ・フィッツジェラルド
 5.Tennessee Waltz/Patti Page
 6.Paroles…Paroles(甘い囁き)/Alain Delon & Dalida


☆矢口さんからのコメント☆

50代も終わり近くの私のような世代にとって、世界最高の二枚目俳優といえばおそらく誰を差し置いてもアラン・ドロンでした。ろくに出演作も観ていなかった頃から刷り込みのように、ドロン・イコール・ウルトラ・ハンサム。実際どの写真を見ても恐ろしいほどの美しさだった記憶ばかりです。
そんなドロンがダリダに絡むように歌というか語りを聞かせていた「あまい囁き」は、野沢那智さんの吹き替えではない本人の声を耳にしたのがとても新鮮でした。また雰囲気そのものも実に刺激的な曲だったので、ラジオを通じていつの間にか好きになっていました。
後に、名作『太陽がいっぱい』や『若者のすべて』『地下室のメロディー』『世にも怪奇な物語』『さらば友よ』『ボルサリーノ』などでの演技を通じて役者ドロンに魅了され、「あまい囁き」を懐かしく思い出したものでした。細川俊之&中村晃子のおふたりによる日本語版も忘れられません。
木曜日はすでに俳優を引退したドロンの83歳の誕生日だったので、ラスト・ナンバーとしてお送りしました。

という流れからのお知らせ:12月10日から13日までの4日間、またまたウィンター・ムービー・ウィークを大届けします。あなたがお好きなサントラ・ヒットや、大好きな映画そのものについて、デートでの思い出の一本、これまで観た中のNo.1作品など、ぜひぜひリクエスト、メッセージをお寄せください。
映画って本当にいいものです、からね。

矢口清治

10月29日〜11月1日のプレイリスト♪

今週もお聞きいただきありがとうございます。

☆10月29日(月) Vol.326
 1.I Was Made For Dancin’/Leif Garrett
 2.Private Eyes/Daryl Hall  &  John Oates
 3.I Feel For You/Chaka Khan
 4.Bluebird/Paul McCartney & Wings
 5.Layla/Derek & The Dominos

☆10月31日(水) Vol.327
 1.Thriller/Michael Jackson
 2.Nothing’s Gonna Stop Us Now/Starship
 3.Heart  And Soul/Huey Lewis & The News
 4.I Should Be So Lucky/Kylie Minogue
 5.永遠の秋/Justin Hayward
 6.秋風の恋/England Dan & John Ford Coley
 
☆11月1日(木) Vol.328
 1.Bad Medicine/Bon Jovi
 2.この愛にすべてを/Robert Parmer
 3.Never Gonna Give You Up/Rick Astley
 4.Wild,Wild,West/Escape Club
 5.Kokomo/The Beach Boys
 6.A Groovy Kind Of Love/Phil Collins


☆矢口さんからのコメント☆

ロック史の名曲「いとしのレイラ」は、後半延々と続くインストゥルメンタル・パートがまたすばらしいのですが、あまりラジオで聴けないかもしれませんね。この曲でクラプトンとすさまじいギターを弾いているデュアン・オールマンが24歳で世を去ったのが71年10月29日だったので、月曜日のラスト・ナンバーとしてたっぷりお聴きいただきました。やっぱりすごい。
今週はFM NACK5開局30年特別編成のため3日間の放送となり、それを機しての企画として木曜日に1988年をテーマにしてお送りしました。振り返ってみると30年前、ラジオがとても豊かなポップ・ミュージックを届けていたことを感じました。もちろん、その仕事は今現在も続いているべきだという自戒と共に。
これからも、その夜に耳にしてよかったと思ってもらえる曲を紹介してまいります。
11月のMusici Freewayにご期待ください。今月もよろしくお願いいたします。

矢口清治
 

1
アーカイブ