Music Freeway

パーソナリティー

プロフィール 矢口清治

1959年生
群馬県生まれ

ユーキャン洋楽ベスト・ヒット CD全10巻ウィンターアロハ2019

☆タイトル:Music Freeway
☆放送日時:毎週月曜日〜木曜日 23:00〜23:30
☆パーソナリティー:矢口清治

6月10日〜6月13日のプレイリスト♪

今週もお聞きいただきありがとうございます。

☆6月10日(月) Vol.452
 1.Good Times Bad Times/Led Zeppelin
 2.The Last Time/The Rolling Stones
 3.ふたりのシーズン/The Zombies
 4.時は川の流れに(Time)/The Alan Parsons Project
 5.Give Me Just a Little More Time/Chairmen Of The Board
 6.Time In A Bottle/Jim Croce
 7.Time (Clock Of The Heart)/Culture Club

☆6月11日(火) Vol.453
 1.Love Somebody For Life featuring Yuji Oda/Maxi Priest
 2.Informer/Snow
 3.Shy Guy/Diana King
 4.Radio Gaga/Queen
 5.シェルブールの雨傘/フランク・プゥルセル
 
☆6月12日(水) Vol.454
 1.この夢の果てまで/Asia
 2.ラジオ・スターの悲劇/The Buggles
 3.Rain In The Summer Time/The Alarm
 4.シュガー・タウンは恋の町/Nancy Sinatra
 5.愛の祈り/Debby Boone
 6.愛は風にのせて/Rockey Burnette

☆6月13日(木) Vol.455
 1.風のファルセット/David Lasley
 2.風のラヴ・ソング/Don McLean
 3.風に舞う恋/John Paul Young
 4.Try A Little Tenderness/Three Dog Night
 5.Tenderness/General Public
 6.優しい雨に/J.D.Souther


☆矢口さんからのコメント☆

月曜にお送りした”時の記念日”記念=時間のヒットは、去年も一昨年も6月10日の放送がなかったので、ようやくお届けできた企画でした。もちろん番組で取り上げた以外にも、たくさんタイムものはありますね。あなたも思いついたら、ぜひ教えてください。
知っている中で一番切ない時間の曲「タイム・イン・ア・ボトル」で最後を締め括るのもよかったのですが、今回もっとも紹介したかったのは私がボーイ・ジョージのソウルフルな歌のうまさを発見した名曲「タイム」でしたので、カルチャー・クラブがラストとなりました。「カーマは気まぐれ」ほどの知名度はありませんが、聴けば聴くほど良さがわかるタイプの忘れられないヒットです。

お知らせ☆6月24日からの4日間はマイケル・ジャクソン特集をお送りします。マイケル・ジャクソンに関してのメッセージとリクエストをぜひお寄せ下さい。お待ちしています。

矢口清治

6月3日〜6月6日のプレイリスト♪

今週もお聞きいただきありがとうございます。

☆6月3日(月) Vol.448
 1.Roxanne/The Police
 2.ロックン・ロールの自殺者/David Bowie
 3.すべての若き野郎ども/Motto The Hoople
 4.Baby Jane/Rod Stewart
 5.愛は哀しくて/Bonnie Tyler
 6.ふれあい/Dan Hill

☆6月4日(火) Vol.449
 1.The Fly/U2
 2.ボリスのくも野郎/The Who
 3.Stand And Deliver/Adam & The Ants
 4.In The Morning/Bee Gees
 5.Butterfly/Danyel Gerard
 6.Not Fade Away/The Crickets
 7.Don’t Let Me Down/The Beatles
 
☆6月5日(水) Vol.450
 1.夢のハッピー・チャンス/Bucks Fizz
 2.When Tomorrow Comes/Eurythmics
 3.Communication/Spandau Ballet
 4.Glory Days/Bruce Springsteem
 5.Why Does A Man Have To Be Strong/Paul Young
 6.Mercy Mercy Me(The Ecology)/Marvin Gaye

☆6月6日(木) Vol.451
 1.(She's) Sexy And 17/Stray Cats
 2.いかしたあの娘/Gary U.S. Bonds
 3.デサフィナード/Stan Getz & Joao Gilberto
 4.Smackwater Jack/Carole King
 5.You've Got A Friend/James Taylor
 6.Big Yellow Taxi/Joni Mitchell


☆矢口さんからのコメント☆

6月になりました。いきなり6月3日だからダジャレというか、”ロクサ〜ン(ヌ)”でスタートしてしまい恐縮です。今月もよろしくお付き合いください。
6月4日の虫づくしで一曲目に「フライ」をお送りしたU2は、13年ぶりの来日が12月に、それも埼玉で実現するという吉報が伝えられました。セルフ・カヴァー・アルバムを出したスティング(ポリス)、やはり新作が素晴らしいブルース・スプリングスティーンとストレイ・キャッツ、さらに来日とベスト盤が嬉しいポール・ヤングも、今週ピックアップしたビッグ・ネームの多くに、それぞれ”2019年のトピックス”が伴っているのってすごいことですよね。まあ話題があるからこそ選んでもいるのですが。
木曜日のラストに「ビッグ・イエロー・タクシー」をお送りしたジョニ・ミッチェルへのトリビュート・ライヴ作品『JONI 75 バースデイ・セレブレーション』は、本当にお薦めですのでぜひ聴いてみてください。
来週から、雨の曲をシトシト織り込んでいきます。

矢口清治

1
アーカイブ