Age Free Music!

パーソナリティー

プロフィール 富澤一誠

公式ブログ

◆タイトル:Age Free Music!
◆放送日時:毎週木曜日24:00〜25:00
◆パーソナリティー:富澤一誠
5月28日のゲストはレーモンド松屋さん、三小田朱里さんです!

●一組目のゲストはレーモンド松屋さん。

5月20日にニューシングル

「望郷屋台酒」をリリースしたレーモンド松屋さん。

この番組にお越しいただいたのは8回目なんですが、

今までにシングル7枚とアルバム1枚をリリースしているので、

リリースがある時は毎回お越しいただいています。ありがとうございます!

 

レーモンドさんは楽曲提供もおこなっており、

今回は香西かおりさんの「とまり木夢灯り」もご紹介いたしました。

お酒に寄り添っている女性を描いた大人の曲になっています。

こちらもぜひ聴いてみてください!

 

レーモンド松屋さん、ありがとうございました!

150528re-mondomatsuya.jpg

 

●二組目のゲストは三小田朱里さん。

三小田さんは若い女性なのに

オリジナルで昭和歌謡を歌っているということで、

一誠さんが「面白い!」とゲストにお越しいただきました。

 

小学校のころからポップスグループ「チューリップ」が大好きで、

周りの子はモー娘。に熱中している中、

財津和夫さんのライブに行っていたそう。

また、中学生の頃タイプの男性は校長先生だった、など

エピソードも面白い方でした。

 

三小田朱里さん、ありがとうございました!

150528sankodaakari.jpg

 

また来週、お幸せに!

 

5月21日のゲストは森山良子さんです!

●今回のゲストは森山良子さん

4月8日にニューアルバム

「フォークソングの時代」をリリースした森山良子さん。

収録曲の中に「ドナドナ」があるんですが、

これは成城学園の先輩だった黒澤久雄さんが森山さんの歌を聞き、

この曲を覚えておくようにと出した課題曲のようなもので、

お二人の出会うきっかけになった曲だとお話してくださいました。

 

また、一誠さんの人生を変えた一曲でもある

吉田拓郎さんの「今日までそして明日から」も収録されています。

拓郎さんがないとフォークは始まらないと選曲したそうなんですが、

この曲に影響を受けたという方は多いですよね。名曲です。

 

一曲一曲すべてにエピソードや込められた思いがあり、

とても聴き応えのあるアルバムになっています!

 

森山良子さん、ありがとうございました!

150521moriyamaryoko.jpg

 

また来週、お幸せに!

5月14日はミュージックゼミナール!

●今回はミュージックゼミナール!アニメサウンドトラック特集でした!

一誠さん、アニメのサントラは詳しくないということで

日本コロムビアの穴井健太郎さんを特別講師にお招きしました。

 

昔はサウンドトラックはなかったんですが、

アニメ中の音楽を観賞用にと作ったものがヒットし、

現在では始めから観賞用としても使えるものが制作されているそうです。

 

アニメのサントラといえど、いい曲や耳に残る曲が多いのは

こういった歴史があるんですね。

 

番組でご紹介したセーラームーンの「ムーンライト伝説」や

ドラゴンボールの「摩訶不思議アドベンチャー」は

子供の頃熱心に聴いていた思い出があります。

今聴いてもなんだか元気が出ますね!

 

穴井健太郎さん、ありがとうございました!

150514anaikentarou.jpg

 

また来週、お幸せに!

5月7日はミュージックゼミナール

●今回はミュージックゼミナール!

歌の再発見をテーマに、フォークの隠れた名曲をお届けしました。

一誠さんが監修した6枚組みCDボックス「フォーク名曲事典」から

 

・道標ない旅/永井龍雲

・プカプカ/ザ・ディラン・セカンド

・教訓 I /加川良

・春うらら/田山雅充

・ラブレター/アルフィー

・カレーライス/遠藤賢司

・20歳のめぐり逢い/シグナル

・目覚めた時には晴れていた/伝書鳩

・池上線/西島三重子

 

をご紹介しました。

良い曲なのに世の中動きから隠れた名曲になってしまった曲や、

自身のヒット曲に隠れていてあまり知られていない曲もあり、

面白いエピソードも聞くことができました!

 

また来週、お幸せに!

4月30日のゲストは山川豊さん、鈴木結女さんです!

●一組目のゲストは山川豊さん。

3月にニューシングル「螢子/神戸の落葉」をリリースしたんですが、

これが徐々に売り上げを伸ばしているそうです。

ラフ版をお姉さんに聴かせたところ、

こういう歌を待ってたと言われたんだとか。

 

この「螢子」という曲、歌詞がすごくいいんですが、

山川さんは2番の歌詞が特に素晴らしいと感じているそうです。

みなさんもぜひ歌詞もじっくりチェックしてみてください!

 

山川豊さん、ありがとうございました!

150430yamakawayutaka.jpg

 

●二組目のゲストは鈴木結女さん。

前回の作品はなんと14年という期間が開いており、

ライブでも照れなどが生じていたそうですが、

4月22日にリリースしたニューシングル「Birth」では

自分のやりたいことがきちんと固まった作品になっているそうです。

 

今までは起承転結がないと曲を作ってはいけないと思っていたようですが、

「結」がなくてもいいんだ、と、新しい内面を歌っているそうです。

「結」がないというのは、簡単に結末がわかったら見えない景色もあり、

たまには寄り道も必要と言う思いもこめられているそうです。

 

鈴木結女さん、ありがとうございました!

150430suzukiyume.jpg

 

また来週、お幸せに!

1
アーカイブ