Age Free Music!

パーソナリティー

プロフィール 富澤一誠

公式ブログ

◆タイトル:Age Free Music!
◆放送日時:毎週木曜日24:00〜25:00
◆パーソナリティー:富澤一誠
11月24日のゲストは伊勢正三さん、早川隆さんです!

●一組目のゲストは鈴木康博さんです。

 

かぐや姫から45年を迎え4枚組69曲収録のオールタイムベストアルバム

『 ISE SHOZO ALL TIME BEST〜Then & Now〜 』がリリースされました。

ほぼ時系列に並べられた3枚と、

初音源化の1980年日本武道館LIVEを含む、

近年までのいろいろなライブばかりを集めた1枚がセットになっています。

 

「映画を作るように曲を書いていて大事にイメージするのは、カメラマンの目線と編集」

「音楽知識があまりなかったデビュー当時と、

理論や技術を駆使している今の自分と、どちらがいいのか考えてしまう・・・」

「1980年日本武道館では、お客さんの期待より

自分の気持ちを優先したことを反省してます」

「このベストには新曲を3曲入れたかったけど、

クオリティを優先して1曲になってしまった」

 

音楽に向き合った45年を、たくさんお話ししてくださいました。

伊勢正三さん、ありがとうございました。

161124_iseshouzo.JPG

●二組目のゲストは早川隆さん。

 

早川さんは1971年「ピピ&コット」でデビュー、45年のキャリアです。

「ピピ&コット」解散後、音楽業界の裏方で活躍。

著名なアーティストのディレクターやプロデューサー、

音楽番組・イベントの制作に携わってきました。

 

今回はソロプロジェク「HAYAKAWA PARSONS PROJECT」として、

CD 『Dream’y』 をリリース。

大好きだったビートルズの「When I'm Sixty-Four」という曲に触発されて、

「64歳を迎え、歌えるならもう一度アルバムを作ろう!」との思いで、

ご自分をプロデュースされたそうです。

「プロデューサー目線だと、いまいちですね」と照れながら笑う早川隆さん、

ありがとうございました。

161124_hayakawatakashi.JPG

また来週、お幸せに!

11月17日は<ミュージック・ゼミナール>

●ゲストに漫画家のラズウェル細木さんをお迎えして

『わかりやすいジャズ講座』を開講しました。

 

ラズウェル細木さんの代表作は

第16回手塚治虫文化賞短編賞を受賞した『酒のほそ道』。

他にも食や酒、釣りなどを題材にした漫画を多数書かれてます。

そんなラズウェル細木さんは

大のジャズファンであり、レコードコレクター、

ジャズに関連した作品も複数発表しています。

高校くらいからジャズに興味を持ち、

どんどんと深くのめり込んでいったそうです。

 

今回はとにかく“わかりやすく”ジャズの歴史を解説いただきました。

<ジャズの誕生→スイングからビバップ→ハードバップからファンキー、モード

→クロスオーバー、フュージョンからネオ4ビート>

という流れで、駆け足で代表曲もご紹介しました。

Loose Blues/Lou Donaldson

In the Mood/Glenn Miller & His Orchestra

ORNITHOLOGY/Charlie Parker

MOANIN'/Art Blakey & The Jazz Messengers

So What/Miles Davis

Chameleon/Herbie Hancock

JUST FRIENDS/Wynton Marsalis

 

途中から番組お馴染みのHIBI★Chazz-Kのひび則彦さん、

samA & EAU DE MONDEのsamAさんも加わり

1時間、ジャズだけの珍しい「Age Free Music」。

ジャズの楽しさ、奥深さがリスナーの皆さんにも伝わったでしょうか?

 

ラズウェル細木さん、ひび則彦さん、samAさんありがとうございました。

161117_ROSWELLhosogi.JPG

また来週、お幸せに!

11月10日のゲストは鈴木康博さん、庄野真代さんです!

●一組目のゲストは鈴木康博さんです。

 

最新アルバム『Another Select +』は、

ソロ・デビュー30周年を記念し発表した『Select 30』から、

惜しくも漏れた名曲を集めたベスト盤。

収録された12曲には、新曲2曲も含まれています。

 

新曲「縁もゆかりも」は、年を取るにしたがって広がっていく縁の不思議を、

「ライフスタイル」は、身の回りの変化に感じること、怒りなどを歌にしたそうです。

 

いつも楽しくお話ししていただく鈴木康博さん、

ありがとうございました。

161110_suzukiyasuhiro.JPG

 

●二組目のゲストは庄野真代さん。

 

今回は2枚のベストアルバムをご紹介しました。

 

『Light Mellow 庄野真代』では、

Light Mellowシリーズを企画・監修している金澤寿和さんが19曲をセレクト。

その選曲が庄野真代さんの公式サイトで募集した

ファンリクエストとピッタリでビックリしたそうです。

 

『GOLDEN☆BEST 庄野真代 愛情』は、

筒美京平さん作曲の14曲を中心に構成された、全18曲が収録されています。

 

デビュー40年を過ぎ、まだまだライブも精力的な庄野真代さん、

ありがとうございました。

161110_shonomayo.JPG

また来週、お幸せに!

11月3日のゲストは2VOICEのお二人、そしてさわち美欧さんです!

●一組目のゲストは<2VOICE>の原順子さん・叶央介さんです。

 

ボーカルグループ<サーカス>として長年活躍してきた2人が、

2013年の35周年を機に<サーカス>を離れて

生まれたユニットが<2VOICE>。

ユニット名の由来は

「ふたつ」の声が「ひとつ」になった。

だから複数VOICESでなく“VOICE”ということ。

「一から音楽に向き合いたかった」(叶央介さん)

「デュオを突き詰めて二人の持ち味に!」(原順子さん)

と結成の目的を語るお二人。

9月にリリースされたファースト・アルバム『120歳のLove Song』は、

これぞ「大人の音楽」と一誠さんは絶賛です。

 

ご夫婦で素敵なハーモニーを奏でる

<2VOICE>の原順子さん・叶央介さん、ありがとうございました。

161103_2voice.JPG

●二組目のゲストはシャンソン歌手、さわち美欧さん。

 

子供の頃からミュージカルに憧れ、ダンスや歌のレッスンを続けて、

将来を悩み始めたころに出会ったのが<エディット・ピアフ>。

「魂の底のほうに響く歌声」に魅了され、

気が付いたらシャンソンの世界に飛び込んでいたそうです。

 

最新曲「泣きながらI love you」のすごい詞の世界に、

ご本人も慣れるまで大変だったとか。

シャンソンだけでなく、ポップスや歌謡曲もこなすさわち美欧さん。

ジャンルを歌いわける方法は?との質問に、

「私というフィルターを通して歌うだけ」で、

区別しているわけではないそうです。

 

デビュー20周年のさわち美欧さん、

ありがとうございました。

161103_sawachimio.JPG

また来週、お幸せに!

1
アーカイブ