Age Free Music!

パーソナリティー

プロフィール 富澤一誠

公式ブログ

ウィンターアロハ2019
◆タイトル:Age Free Music!
◆放送日時:毎週木曜日24:00〜25:00
◆パーソナリティー:富澤一誠
2月21日のゲストは、ブラザーズ5の皆さん、山木康世さんです!

●一組目のゲストはブラザーズ5の高山 厳さん、因幡 晃さん。

 

今回の新曲は「君に会えて・・・会えてよかった」。

約4年半ぶりのシングルになるこの曲はオリジナル曲です。

今までアルバムを含めカバーがほとんどだった理由は、

「僕らの年代の方々となじみのある曲を

       一緒に歌いたい(高山さん)」から。

このオリジナル曲をメンバー以外の作詞作曲家に頼んだ理由は、

「オリジナルなら俺に書かせてよ!

      とメンバーで喧嘩にならないように(笑)(因幡さん)」

「メンバーでは書けないような、

      新鮮な曲を歌いたかった(高山さん)」ということです。

パート分けもメンバーの特徴が良く活かされていて、

なんと杉田二郎さんは初めてのハモリ体験だったそうです。

ぜひじっくり聴いてください。

ジョーク・ダジャレ満載の楽しいトークでした。

ブラザーズ5の高山 厳さん、因幡 晃さん、ありがとうございました。

190221_brothers5.JPG

 

●二組目のゲストは山木康世さんです。

 

フォーク・デュオ「ふきのとう」のリーダーとして活躍されたあと、

ソロとして現在までに18枚のアルバムをリリースされました。

昨年12月のアルバム『黄昏のビール』は、

「ふきのとう」時代のソニーミュージックから

36年ぶりにリリースとなりました。

ネットでのリクエスト数次第でリリースが決まるとあって

「やる気がグッとが出ました!」と山木さん。

セルフプロデュースとなったアルバムですが、

「ギターしかできないので、自分の身の丈にあった、

   ライブでやってるようなギターサウンドを大手から出すことで勝負!」

という意気込みでしたが、

「ギター1本でよく来たな・・・ホント怖い!」

という想いも強くなったそうです。

 

「黄昏のひと時が好き」と優しく語る山木康世さんでした。

ありがとうございました。

190221_yamakiyashuyo.JPG

また来週、お幸せに!

 

2月14日のゲストは、小坂明子さん、フォレスタの皆さんです!

●一組目のゲストは小坂明子さん。

 

1973年、第6回ヤマハポピュラーソングコンテストで

「あなた」がグランプリを受賞。

第4回世界歌謡祭で最優秀グランプリまで受賞した16歳の小坂さん。

瞬く間に別世界に辿りついてしまったその生活は、

プライベートもなく仕事だけの日々。

元々歌手になる気はなかったので、戸惑いも大きかったそうです。

そんな中で生み出された名曲が4枚組CDBOXで復活しました。

『小坂 明子オリジナルアルバム・コレクション』必聴です。

 

そして当時から現在まで45年の音楽経験を伝える

スクールやプロ養成、オーディションなどのプロジェクト

『のんのんじゃんるプロジェクト』を発足されました。

まだまだとても意欲的な小坂明子さん、ありがとうございました。

190214_kosakaakiko.JPG

 

●二組目のゲストはフォレスタの大野隆さん・小笠原優子さんです。

 

2003年から続くBS日テレ『BS日本・こころの歌』で、

番組オリジナルの音大出身の男女混声コーラスグループとして結成、

現在は番組レギュラーとして活躍するフォレスタ。

年間約100本のホールコンサートを満席にする実力派グループです。

日本のあらゆるジャンルの名曲を、

凛々しくたおやかに歌い継ぐことをテーマに、

持ち歌は今や1000曲を超えるそうです。

 

そして2018年8月に発表したシングル

「故郷に、いま帰る/あなたといるとき」は、

結成15年にして初のオリジナルだそうです。

 

歌と同様にやさしい語り口の

フォレスタ大野隆さん・小笠原優子さんでした。ありがとうございました。

190214_FORESTA.JPG

また来週、お幸せに!

 

2月7日のゲストは、音楽プロデューサー篠木雅博さん、 作詞家及川眠子さんです!

●一組目のゲストは音楽プロデューサー篠木雅博さん。

 

『昭和 懐かしの流行歌:あの名曲、おぼえていますか』

(佐藤剛共著、徳間書店)を出版されました。この本は、

いろいろな音楽業界の最先端でお仕事をされてきた篠木さんが、

その体験を元に、国民的流行歌の制作秘話や、

有名アーティストとのエピソードを時代背景とともにまとめたものです。

一誠さんとも旧知の仲で、打ち合わせ中から放送NGのお話もちらほら。

番組内のトークでもその興味深い内容や、

「音楽制作者の魂(一誠さん談)」がお伝えできたと思います。

 

お人柄も豪快な篠木雅博さん、

ご本のリスナープレゼントもいただきありがとうございました。

190207_shinokimasahiro.JPG

 

●二組目のゲストは作詞家及川眠子さんです。

 

「残酷な天使のテーゼ」「淋しい熱帯魚」など大ヒット曲の作詞、

最近は八方不美人のプロデュースでも大忙しの及川さん。

今回は最新の著書『誰かが私をきらいでも』(KKベストセラーズ)

をご紹介いただきました。

 

「どうしたら人に好かれるかは、一つも書いてない」

「嫌われても生きていける方法が書いてあります」

「好きの反対は無関心、好きと嫌いは背中合わせ」

「徐々に心も変わっていく」

「やりたいことは、嫌われても主張する」

「どうしても嫌なことは、やらなければしんどくならない」

 

番組内でも「なるほどな・・・」というお言葉が満載でした。

及川眠子さん、ありがとうございました。

190207_oikawaneko.JPG

また来週、お幸せに!

 

1月31日は、「大人の歌謡曲」スペシャル!

冨澤一誠さんが監修をした5枚組CD・BOX『大人の歌謡曲』

(全90曲収録、ユニバーサルミュージック特販商品)から、

特に今、聴いてみたいと思う曲をセレクトしました。

ご紹介した、時代を超え世代を超えて歌い継がれ聴き継がれている

スタンダートナンバーは・・・

 

  ブルー・ライト・ヨコハマ  / いしだあゆみ

  恋のしずく / 伊東ゆかり

  終着駅  / 奥村チヨ

  喝采  / ちあきなおみ

  街の灯り  / 堺正章

  私鉄沿線  / 野口五郎

  もしもピアノが弾けたなら  / 西田敏行

  二人でお酒を  / 梓みちよ

  時の流れに身をまかせ / テレサ・テン

  夜明けのスキャット / 由紀さおり    

 

この番組の趣旨でもある

“良質な大人の音楽”の数々、いかがだったでしょうか?

 

また来週、お幸せに!

 

1
アーカイブ