Age Free Music!

パーソナリティー

プロフィール 富澤一誠

公式ブログ

ウィンターアロハ2019
◆タイトル:Age Free Music!
◆放送日時:毎週木曜日24:00〜25:00
◆パーソナリティー:富澤一誠
6月27日のゲストは、城之内早苗さん、小川夏輝さんです!

●一組目のゲストは、城之内早苗さん。

 

新曲「恋待ち夜雨」をリリースされた城之内さん。

レーベル移籍第二弾のこの曲では、

初めての作詞作曲の先生方との作品。

 

「新人の気分、ドキドキしながらでした」

「叱られるとダメな私をわかってくださり、とても優しくしていただきました」

「メジャーの演歌の王道で可愛らしい曲です」

「でも未練だけの歌で、新しい世界観だと思います」

 

一誠さんとは別番組でパートナーだっただけに

今回も笑いの絶えない楽しいトークでした。

城之内早苗さんでした。ありがとうございました。

190627_jounouchisanae.JPG

 

●二組目のゲストは小川夏輝さんです。

 

西つよしさんの名曲「ただ、会いたい 〜母へ〜」をカバーされました。

今回はこの曲の作詞家にしかずみさんもご出演いただき、

小川夏輝さんがカバーする経緯を語っていただきました。

 

小川さんが「素敵な歌なので歌いたい」とお願いするも、

にしさんは最初「演歌を歌っていた小川さんにはちょっと合わないかも・・・」

という理由で断っていたそうです。

そして小川さんは高橋真梨子さんのような歌手を目指し猛特訓。

今では「全く違う歌に仕上がりました(にしさん談)」

というくらいの作品になったそうです。

 

新作アルバムリリースを年内目指して準備中という小川夏輝さん、

そして作詞家にしかずみさん、ありがとうございました。

190627_ogawanatsuki.JPG

また来週、お幸せに!

 

6月20日のゲストは、広瀬倫子さんです!

<Age Free Music>レーベルの第一弾アーティスト広瀬倫子さん。

レーベルも4年目を迎え、「レーベルも広瀬倫子も勝負の年!」と

プロデューサーでもある一誠さんと共に気合を入れなおしていました。

番組では過去の<Age Free Music>レーベルリリース楽曲

「生まれ変わって」「恋の誤算」「月を見つめて哭いた」の

想い出や制作秘話をたっぷり語っていただきました。

 

そして6月19日にリリースされた第4弾シングル「愛を舐めるな」をリリース。

作詞:及川眠子さん、作曲:来生たかおさんの話題作です。

 

番組にはたくさんの関係者の方々からメッセージも頂き

とても賑やかな構成となりました。

及川眠子さん、来生たかおさん、アレンジャー上杉洋史さん、

漫画家ラズウェル細木さん、ミュージシャン仲間せきぐちゆきさん・JENIさん、

レコーディングに参加してくれた

アコーディオン奏者の田ノ岡三郎さん、HIBI★Chazz-Kの皆さん

みなさん本当にありがとうございました。

 

スタジオには広瀬さん音楽活動に欠かせない、

HIBI★Chazz-Kのリーダーひび則彦さんが登場。

「愛を舐めるな」のカップリング曲「魂のルフラン」のアレンジ苦労話や、

広瀬さんのライブを支えるバンド<THE RINCOSTA>による

今後のライブへの意気込みなど熱いトークが満載でした。

 

「これからも<Age Free Music>レーベルと、

     広瀬倫子の応援よろしくお願いします(一誠談)」

 

広瀬倫子さん、ひび則彦さん、ありがとうございました。

190620_hiroserinko.JPG

また来週、お幸せに!

 

6月13日のゲストは、太田裕美さん、東野純直さんです!

●一組目のゲストは、太田裕美さん。

 

名曲「木綿のハンカチーフ」には

アルバムバージョンが最初にあり、

シングルにするにあたって少し派手にアレンジしなおしたそうです。

「アルバムの時は気楽に歌ってる感じですけど

                                             シングルは気合が入りました」

是非聴き比べてみてください。

 

11月に45周年を迎える記念シングルとして

「ステキのキセキ」「桜月夜」の両A面7インチ・アナログ盤を発売しました。

「全く違う曲ですが、どっちも太田裕美なんです」

 

45周年を「一瞬のような感じ。走馬灯の様」と語る

とっても素敵な太田裕美さんでした。ありがとうございました。

190613_ootahiromi.JPG

 

●二組目のゲストは東野純直さんです。

 

1993年4月に「君とピアノと」でデビューし、

一誠さんの長寿番組『JAPANESE DREAM』では常連だった東野さん。

現在はミュージシャンを続けながら、

人気ラーメン店『玉龍』店長という肩書。

ラーメンの8年に及ぶ修行時代では、毎日のルーティンを間違いなく行い、

それに耐えるのが一番の修行だったそうです。

ラーメンの道を選んだキッカケは、

「音楽をしながら、

   仲間たちと楽しく働ける環境を作りたかった」そうです。

 

そして今年、8年ぶりとなる

13枚目のオリジナルアルバム『 Mr.cook 』をリリース。

「音楽と料理は良く似てる」という想いもあり、このアルバムタイトルに。

「今のありのままの自分を表現してます!」

 

音楽もラーメンも熱く語る東野純直さん、ありがとうございました。

190613_azumanosumitada.JPG

また来週、お幸せに!

 

6月6日のゲストは、泉谷しげるさんです!

●今回は、泉谷しげるさんスペシャルです。

 

ニュー・アルバム『 スキル/栄光か破滅か! 』をリリースされた泉谷さん。

パワーのある楽曲が満載です。

 

泉谷さんと一誠さんは30年以上喧嘩別れしていた関係ということで、

お会いするまで一誠さんも緊張していたそうです。

打ち合わせで、お互いその節のことを正直に語り合い

笑顔で握手されていました。

 

番組では泉谷さん語録がたくさん飛び出しました。

  「あのころ評論家をやっつけるのが快感でした」

  「権力になった歌謡曲をおちょくりたい」

  「拓郎がテレビ出ないなんて言い出すから・・・

                 俺は出たかったんだよ」

  「アーティストが株?俺には無理でしたよ」

  「歌を作るのに、いい環境なんてあってはいけない。

            不便だからこそ才能が発揮される」

  「ファンに“俺の泉谷じゃない”と言われてもねぇ・・・

             裏切りもちゃんと出来ないと!」

  「ライブが一番好きなんです。ライブしか興味がないんです」

  「身体を使ってれば老けないし、心も老けないでしょ!」

  「音楽以上でなければいけない、

           あるいは音楽以下じゃなければならない」

  「音楽っていうのは志。まず想いでしょ」

  「趣味を仕事にしてと言われるが、

          趣味なんか興味ない、すべて仕事にしろ!」

  「仕事なら嫌でもやり続ける。イヤイヤパワーもあるでしょ」

  「酒や薬での実力なんて信じられるのか?」

  「声が出なかったら出ないなりのライブがある。気にしません」

  「ライブは“どこまで疲れられるかコンテスト”です」

 

「性格は変えられないが、増やせるんですよ」

一誠さんが一番心打たれた言葉です。

泉谷しげるさん、ありがとうございました。

190606_izumiyashigeru.JPG

また来週、お幸せに!

 

1
アーカイブ