Age Free Music!

パーソナリティー

プロフィール 富澤一誠

公式ブログ

ウィンターアロハ2019
◆タイトル:Age Free Music!
◆放送日時:毎週木曜日24:00〜25:00
◆パーソナリティー:富澤一誠
7月25日のゲストは、HANDSIGN、村松徳一さんです!

●一組目のゲストは、HANDSIGNのTATSUさん、SHINGOさん。

 

歌、ダンス、手話で伝える手話パフォーマーHANDSIGN。

最新シングルは「声手(こえて)」です。

毎回MVが感動的なのは、

実話を題材に、歌もMVも丁寧に作られてるからです。

一誠さんは「何回見ても感動する!」と絶賛です。

カップリングの「ふたりのサイン」は、

映画『笑顔の向こうに』の主題歌になりました。

 

HANDSIGNのパフォーマンスは手話を身近に感じることができます。

TATSUさん、SHINGOさん、ありがとうございました。

190725_HANDSIGN.JPG

 

●二組目のゲストは村松徳一さんです。

 

岩手県宮古市出身のシンガー・ソングライター村松徳一さん。

最新ミニアルバム『 ディアスキア 』は

元L⇔Rの黒沢秀樹さんのプロデュースです。

「一番いいところは声。音数を少なくして声を生かす音源を作ろう」

ということになり、その出来上がりに村松さんは、

「いやぁー、めちゃくちゃ気に入ってます!」とうれしそうでした。

 

「ライブはギター1本でやってます。体があれば出来るんで」

「せっかく東京に出てきたんで、関西方面にも行ってみたい」

「(いろいろな所へ)ぐるぐる歌いに行きたい(笑)」

ライブの話の時は特に楽しそうな村松徳一さんでした。

ありがとうございました。

190725_muramatsutokuichi.JPG

また来週、お幸せに!

 

7月18日のゲストは、川島ケイジさん、尚美学園大学の学生さんです!

●一組目のゲストは、川島ケイジさん。

 

約3年ぶりのニューアルバム『 KEIJIHOLIC 』をリリースされました。

オリジナルとカバーの6曲。素敵な歌声を堪能できます。

前作からの活動の中で、自分にとっての転機を聴かれた川島さん。

それは、やり続けてきたライブだったそうです。

「Chageさんとのライブツアーは本当にいい経験になりました」

「ライブは自分の表現の場所です」

 

『 KEIJIHOLIC 』、つまり「ケイジ中毒」の感染者を増やしたいと語る

川島ケイジさん、ありがとうございました。

190718_kawashimakeiji.JPG

 

●二組目のゲストは尚美学園大学の企画アルバム

『Dream Station SHOBI』プロジェクトの皆さんです。

 

『Dream Station SHOBI』プロジェクトとは、

尚美学園大学のPRをコンセプトに、

各学部・コースに渡って出来上がったアルバムです。

企画、運営、楽曲制作、レコーディング、編集、ジャケットデザインまで、

すべて学生さんによる作品です。

もちろん収録されているアーティストも学生さん。

尚美学園大学の魅力が詰まったアルバム。

ネットで購入できますので、ぜひ検索してみてください。

 

尚美学園大学の企画アルバムアルバム

『Dream Station SHOBI』プロジェクトの皆さん、ありがとうございました。

190718_Dream Station SHOBI.JPG

また来週、お幸せに!

 

7月11日のゲストは、八方不美人の皆さん、おかゆさんです!

●一組目のゲストは、八方不美人のエスムラルダさん、ちあきホイみさん。

 

八方不美人はエスムラルダさん、ドリアン・ロロブリジーダさん、

ちあきホイみさんの3人組、新宿二丁目発実力派ディーヴァユニットです。

セカンド・ミニアルバムのタイトルは『 二枚目 』です。

八方不美人プロデューサー及川眠子さんから頂いた一誠さんへのお手紙には、

「歌もトークも上手くなってます」というメッセージが。

ご本人達はプレッシャーを感じているようでした。

リード曲「罰をくらえ愛で」は、

前作「愛なんてジャンク」よりさらにエグイ作品になっているそうで、

聴きどころは3人のセリフ。キャッチコピーの

『 恨み辛み悲しさ寂しさ、全部が愛したことの罰 』を感じてください。

 

いつも楽しい八方不美人のエスムラルダさん、ちあきホイみさん、

ありがとうございました。

190711_happofubijin.JPG

 

●二組目のゲストはおかゆさんです。

 

シンガーソングライターのおかゆさんは、今では珍しい「おんな流し」。

2014年から始めたそのキッカケは、

歌手志望だった亡くなったお母さんとの思い出の場、

居酒屋やスナックで歌うことが、

「お母さんの夢をかなえることにもなる」と考えたから。

ルーツが歌謡曲なので、メロディーにはその要素が必ず入っているそうです。

「私にはそのスナック生まれスナック育ちのDNAがあるんです」

今では小金沢昇司さんなど楽曲提供もされています。

「いい曲を書いて、自分の作品も輝いて、

     その歌手の方も輝いていけたらいいな」

 

お母さんの口癖だった言葉「七転び八起き 幸せに」。

それを数字に置き換えた7842人の方と、

流しの現場で記念写真を撮る事だそうです。

一誠さん絶賛メジャー1stシングル「ヨコハマヘンリー」ぜひお聴きください。

おかゆさん、ありがとうございました。

190711_okayu.JPG

また来週、お幸せに!

 

7月4日のゲストは、天童よしみさん、妹尾武さんです!

●一組目のゲストは、天童よしみさん。

 

最新シングル「大阪恋時雨」の作詞作曲は

シンガーソングライター半崎美子さん。

この曲を歌うことになったキッカケは、

半崎さんが歌う「大阪恋時雨」を聴いた笑福亭鶴瓶師匠が、

「これはすごいいい歌で泣かされる。

    よしみちゃんが歌ったらどんなふうになるかな、歌ってほしい」

と直接連絡をくれたそうです。

曲を聴いた天童さんも、

「大阪弁をリアルに温かく優しく書いてあって凄い、泣かされる。

               私の歌にしたい!」と思ったそうです。

 

カップリングの「時の葉」も半崎さんの詞・曲で書き下ろし。

天童さんをイメージした曲だそうで、壮大な応援歌です。

 

深い深いソウルバラードを感じてください。

天童よしみさん、ありがとうございました。

190704_tendoyoshimi.JPG

 

●二組目のゲストは妹尾武さんです。

 

ピアニスト、作曲家の妹尾さん。

6年ぶり9枚目のオリジナルアルバム『LAST LOVE』をリリースされました。

「大人のムード、大人の旅を集めたアルバムを出したい」ということで、

ブックレットにはご自身が旅先で撮った写真や

ご自身がイメージした曲に対するコメントが満載です。

収録曲「宵待時雨」のイメージは

「天気雨の瞬間がもの凄い好きで、そんな時に好きな人を待ちながら

コーヒーを飲んでるような・・・」だそうです。

 

落ち着いた語りと声に痺れる時間でした。

妹尾武さんありがとうございました。

190704_senootakeshi.JPG

また来週、お幸せに!

 

1
アーカイブ