Age Free Music!

パーソナリティー

プロフィール 富澤一誠

公式ブログ

◆タイトル:Age Free Music!
◆放送日時:毎週木曜日24:00〜25:00
◆パーソナリティー:富澤一誠
9月28日のゲストは工藤慎太郎さん、岡大介さんです!

●一組目のゲストは工藤慎太郎さん。

プロデューサーの小倉良さんもご一緒です。

 

7年ぶりのフルアルバム『Love Letter』では、

プロデューサーの小倉さんのアドバイスがとても生きているそうです。

親戚でもある小倉さんの最初のアドバイスは、

「お茶漬けばかり食ってないでステーキも食え」。

洋楽のテイストも加えて生まれ変わった

工藤慎太郎さんニューアルバムです。

「36歳を迎えて大人の雰囲気が出てきてる」と一誠さん。

 

明るく楽しいトークでした。

工藤慎太郎さん、小倉良さんありがとうございました。

170928_kudoshintaro.JPG

 

●二組目のゲストはカンカラ三線演歌師、岡大介さん。

 

AFMお馴染みの岡大介さんには

オープニングから生演奏でご登場いただきました。

明治・大正・昭和時代のヒット曲と、

今の時事ネタを取り入れた風刺曲は痛快です。

 

今使えるカンカラ三線は一本との事。

新しいものはなかなか音がならないので

いい缶を探しているそうです。

 

10月には初めて舞台にも挑戦。

演歌師「添田知道」の役ということで光栄ながら、

「セリフは少なめで・・・」とお願いしたそうです。

 

新しいことに果敢にチャレンジする岡大介さん、

ありがとうございました。

170928_okataisuke.JPG

また来週、お幸せに!

9月21日のゲストはダ・カーポ、篠崎薫さんです!

●一組目のゲストはダ・カーポの榊原まさとしさん、榊原広子さん。

 

とても仲良しで息もピッタリのお二人。

デビュー45周年を迎えました。

その記念アルバム『日本のうたファンタジー』は

童謡、抒情歌、フォークソング、アコースティックなどをテーマに歌った

「ファンタジーシリーズ」の一つ。

最初フォークシンガーとして童謡を歌うことにためらいがあったそうですが、

子育ての経験から「子供に歌ってあげるように歌ってみようかな・・・」

と思ったそうです。

 

2018年の「童謡100年」に向けてまだまだお忙しい

ダ・カーポの榊原まさとしさん、榊原広子さん

ありがとうございました。

170921_da capo.JPG

 

●二組目のゲストは篠崎薫さん。

 

今も昔も変わらない「大切なもの」を歌うシンガー・ソングライターです。

大学時代は国際協力関係の仕事を目指していて音楽は趣味程度。

しかし、大学の卒業式には出ず、

「これからシンガーとしてやっていく決意表明」としてライブを敢行。

その後の目途もなく、がむしゃらに音楽活動を続けたそうです。

 

曲を作るエネルギーは、

「自分を支えるため、ストレスの捌け口」

「戦争と音楽。国際協力に関わっていきたい」の二つ。

小学生の時に聴いた坂本龍一さんに影響を受けているそうです。

 

「人生、納得のいく仕事をしたい」と語る篠崎薫さん、

ありがとうございました。

170921_sinozakikaoru.JPG

また来週、お幸せに!

9月14日は< ミュージック・ゼミナール >

●今回は< ミュージック・ゼミナール >。

 

テーマは『こんないい歌、売れない方がおかしいよ』。

いい歌は売れるべきで、たくさんの人たちに聴いてもらいたい、

という一誠さんの熱い<音楽愛>による選曲です。

 

ラインナップは、

帰らんちゃよか / 島津亜矢

かあさんの下駄 / 中村ブン

日々 / 吉田山田

見せたいもの / ワカバ

空蝉の家 / 堀内孝雄

永遠の人 / Hakuyo

サクラ〜卒業できなかった君へ〜 / 半崎美子

献杯 / 永井龍雲

 

今回は家族、故郷、友情の歌を中心にお送りしました。

一誠さんの熱い<音楽愛>伝わりましたか?

 

また来週、お幸せに!

9月7日のゲストはmayoさん、エリック・フクサキさんです!

●一組目のゲストはピアニストmayoさん。

 

mayoとは、岡本真夜さんが

ピアニストになる長年の夢をかなえたアーティスト名。

2016年3月に『always love you』でデビュー以来、

mayoとして活動するときはピアノ演奏のみ。

岡本真夜とmayoでは、

自分の中で明確に分けているそうで

ファンの方にもそこを楽しんでもらいたいそうです。

 

「すべてオリジナルの楽曲でやっていきたい」

「気持ちにすっと入って、心を動かせる世界観を築きたい」

「聴く人にイメージを自由に広げてもらいたい」

 

これからも幅広い活動が楽しみな

シンガーソングライター岡本真夜さん、ピアニストmayoさん

ありがとうございました。

170907_mayo.JPG

 

●二組目のゲストはエリック・フクサキさん。

 

8月にミニアルバム『 ある恋の物語 』をリリースしました。

このアルバムはラテンのスタンダードを

甘くセクシーに、カッコよくカバーしています。

 

「ラテンの曲に合っているいい声だね」と一誠さん。

ライブでは、演歌をラテン風にアレンジして披露しているそうです。

演歌歌手を目指して来日してから8年。

演歌、JPOP、ラテンと才能を広げてきて、

次作は自身作曲の「飾らない歌」を10月4日にリリース。

ますます期待が広がるエリック・フクサキさん、

ありがとうございました。

170907_ericfukusaki.JPG

また来週、お幸せに!

8月31日のゲストはビリー・バンバン、原田真二さんです!

●一組目のゲストはビリー・バンバンのお二人菅原孝さん、菅原進さん。

兄、菅原孝さんは病気から復活、元気にスタジオに来ていただきました。

 

初のDVD

『Billy BanBan 3年越しの45th Anniversary〜''兄''と''弟''の復活祭〜』は

2014年に延期された45周年ライブを、2017年に復活させた記念ライブ。

特典映像は兄弟喧嘩から始まる衝撃作品。まさにドキュメンタリーです。

自伝エッセイ『さよなら涙 リハビリ・バンバン』も出ました。

最新シングル「さよなら涙」は、

「毎日進んで行こう!がんばろう!」という勇気をくれるメッセージ。

「僕が元気出すことは、同じような方に元気が伝わるはず」と孝さん。

「丁寧に歌うことを心掛け、それがお客さんに伝わります」と進さん。

「ライブはやる度に充実します」とまだまだ現役、

ビリー・バンバンの菅原孝さん、菅原進さんでした。

ありがとうございました。

170831_Billy BanBan.JPG

 

●二組目のゲストは原田真二さん。

 

1977年10月、18歳でデビューした原田真二さんは今年40周年。

記念の作品がたくさんリリースされます。

・7月26日に、40年のシングルA面曲を集めた3枚組アルバム

 『TIME TRAVEL 40thシングルコレクション』。

・9月20日に、1992年から1996年の全音源を収めたコンプリートCD-BOX

 『Miracle Love コロムビア・イヤーズ・コンプリート』。

・10月25日に、全編ROCKアレンジのスタジオライブ録音による

 40周年記念アルバム『PRESENCE』。

 

「常に前を見ていたので、気が付いたら40年という感覚」

「デビューから思い描いてきた形が、やっと実現しつつある」

「世界中が優しい気持ちに包まれるそんな発信を続けたい」

音楽に誠実な感じが伝わりました。

原田真二さん、ありがとうございました。

170831_haradasinji.JPG

また来週、お幸せに!

8月24日のゲストは杉山清貴さん、レーモンド松屋さんです!

●一組目のゲストは杉山清貴さん。

 

2か月前に南佳孝さんとゲスト出演された杉山清貴さん。

今回はオリジナル最新アルバム『Driving Music』完成での登場です。

最近のアルバム制作では、セルフプロデューサーをやめて

プロデューサーを立てて、アーティストに専念しているとの事。

 

「シンガーとしてもっといろんな歌を歌いたい」

というスタンスの広い気持ちが、

新しい作家さんやスタッフとの出会いもあり、

アルバム制作に反映されているそうです。

 

充実感をとっても感じた杉山清貴さんでした。

ありがとうございました。

170824_sugiyamakiyotaka.JPG

 

●二組目のゲストはレーモンド松屋さん。

 

最新シングルは「真実・愛ホテル」。

名古屋・栄をイメージした大人のラブソングです。

「名古屋の曲を作ってほしい」というリクエストに答えたそうです。

「自分のラテンソングはこれだ!」という自信作。

コーラスには「純烈」も参加した豪華な仕上がりで、

「純烈」による振り付けもライブで盛り上がります。

 

恒例のカラオケ歌唱ポイントは、

・リズムに乗って頭のサビは、やり過ぎず軽めに

・本編は柔らかくムーディーにしつつ、本当のサビはシャウト!

・男の色気を漂わせながらのシャウトがカッコイイ

 

「ホテルには真実の愛がある」は名言だと思います。

レーモンド松屋さん、ありがとうございました。

170824_raymondmatsuya.JPG

また来週、お幸せに!

8月17日のゲストは青木まり子さん、森口博子さんです!

●一組目のゲストは青木まり子さん。

 

女性フォークデュオ“ジャネッツ”でデビューしたのは1971年5月。

一誠さんよりも先輩です。

その後「シモンズ」再結成メンバーや再生「五つの赤い風船」のヴォーカル、

ソロとして、きたやまおさむさんや吉川忠英さんなどとコラボしたりと

幅広く活躍されています。

最新アルバム『 オールディーズ 』は、

小さな時から「ザ・ピーナッツ」に憧れてて、近年ステージで歌うようになり、

「CDとして残せたら、思い残すことはないなぁ・・・」

との思いからだそうです。

 

「五つの赤い風船」の再開も望まれる青木まり子さん

ありがとうございました。

170817_aokimariko.JPG

 

●二組目のゲストは森口博子さん。

 

番組には初登場です。

4歳から歌手を目指し、チビッ子のど自慢番組の常連に。

お客さんを前に歌う快感を覚え、

15歳の時に故・平尾 昌晃さんとの出会いがキッカケでデビュー。

「森口博子」の名付け親にもなってもらったそうです。

その後歌手としてリストラされ“バラドル”に。

「なんでもやりますから、(福岡に)帰さないでください!」

との決意で、再び歌手の仕事を始めるまでの苦労を話してくださいました。

 

「当時支えてくれたスタッフやお世話になった方なくしては

今につながってません」

「明日に向かって生きる人たちに届けられる歌を歌いたい」

 

白馬の王子様募集中(笑)の森口博子さん、ありがとうございました。

170817_moriguchihiroko.JPG

また来週、お幸せに!

8月10日のゲストは甲斐よしひろさん、せきぐちゆきさんです!

●一組目のゲストは甲斐よしひろさん。

 

10年振りの甲斐バンドベスト・アルバム

『Best of Rock Set かりそめのスウィング』をリリースしました。

 

1983年8月7日開催された野外イベント『THE BIG GIG』を再現する形で

昨年、日比谷野外音楽堂で『THE BIG GIG AGAIN』を行った理由は、

「野外イベントを考えていた時、奇跡的に、

野音の抽選で8月7日が取れたから」だそうです。

 

評判の良かったその流れを受けて、

このベストアルバム、そして9月からのツアーが繋がっています。

ツアーのセットリストを考えるのに、

「ハワイで50通りくらい考えて

相当シュミレーションして決めました」

 

すべてにこだわり抜く素敵な甲斐よしひろさん

ありがとうございました。

170810_kaiyoshihiro.JPG

 

●二組目のゲストはせきぐちゆきさん。

 

ニューアルバム『浪漫travelogue〜うたうたの唄5〜』は栃木歌集第5弾。

栃木出身のせきぐちさんが

県内各地の歌を作り歌うのが『うたうたの唄』シリーズ。

CDに収録した以外で地名入りの歌も合わせると

100曲を超えるそうです。

各地の「○○大使」の肩書が増えているそうで、

うれしい反面「広く浅くならないように気を付けてます」との事。

一誠さん曰く

「今日はいつのも暗い曲の感じじゃなく、かわいい感じ」の

せきぐちゆきさんでした。ありがとうございました。

170810_sekiguchiyuki.JPG

また来週、お幸せに!

8月3日は< Music Capture >スペシャル・バージョン

●今回は< Music Capture >スペシャル・バージョンです。

 

ゲストに広瀬倫子をお迎えして、

一誠さんが最近気になっている作品やアーティストを紹介する

【Age Free Music富澤一誠セレクション Summer Special】を

お送りしました。

 

ラインナップは、

真実・愛ホテル / レーモンド松屋

北街・辛口・恋酒場 / 湯原昌幸

東京ロンリー・ナイト / 藤田恵美

恋の誤算 / 広瀬倫子

お義父さん / はなわ

十年経てば / 木島ユタカ

サクラ〜卒業できなかった君へ〜 / 半崎美子

献杯 / 永井龍雲

 

いつも一誠さんと息ピッタリの広瀬倫子さん

ありがとうございました。

170803_selection.JPG

また来週、お幸せに!

7月27日のゲストは岩沢幸矢さん、杏里さんです!

●一組目のゲストはブレッド&バター岩沢幸矢さん。

 

今回は19年ぶりのソロアルバム『マストの日時計』をリリースしました。

このアルバムには、スティーヴィー・ワンダーからもらった曲

「I Just Called to Say I Love You」用に

当時ユーミンに書いてもらった詞に幸矢さんが曲を付け直した

「夜空にあなたの名を呼べば」や、

冒険家・国重光煕さんの結婚に至る実話を描いた

ロマンチックな曲「マストの日時計」など

素敵な新曲がいっぱい!

 

ソロアルバムを作った理由を聞かれ、

「僕の私小説。そろそろ夕暮れの感じだけど、

明日また日は上ってくよ!という思いです」

74歳でも素敵な歌声の岩沢幸矢さん

ありがとうございました。

170728_iwasawasatsuya.JPG

 

●二組目のゲストは杏里さん。

 

最新アルバム『FUNTIME』は

スタジオLIVE形式で一発録音した意欲作。

「ライブハウスツアーで回った

杏里の音楽をよくわかってくれているバンドメンバーで

ライブのノリそのままにアルバムを作ろうよ!」

そんな勢いで出来上がったそうです。

 

選曲はライブハウスツアーのセットリストが基準。

洋楽カバーは昔からよく歌っていた曲だそうです。

「今の自分らしさが出てるアルバムです」

まだまだライブでも歌い続ける杏里さん、

ありがとうございました。

170728_anri.JPG

また来週、お幸せに!

アーカイブ