Age Free Music!

パーソナリティー

プロフィール 富澤一誠

公式ブログ

◆タイトル:Age Free Music!
◆放送日時:毎週木曜日24:00〜25:00
◆パーソナリティー:富澤一誠
5月4日のゲストは平原綾香さん、広瀬倫子さんです!

●一組目のゲストは平原綾香さん。

 

アーティストが書き下ろした“恋の歌・愛の歌”を平原さんが歌う

アルバム『LOVE』の第2弾 『LOVE 2』をリリースされました。

「前回は辛い報われない恋愛の歌が多かったので、

今回は幸せなハッピーな結婚ソングにしたい」

諫山実生さん、原由子さん、藤巻亮太さん(レミオロメン)、宮沢和史さん、

谷村新司さん、織田哲郎さん、川江美奈子さん、阿木燿子・宇崎竜童ご夫妻、

Nicolas Farmakalidis&AIKAのお二人と豪華な面々。

今回も平原さんご自身でお願いされたそうで、

「原さんとは手紙のやり取りだけで曲を作っていただきました。

でもまだ、お会いしてないんです。文通だけの素敵なやり取りでした」

 

まもなくツアー、そしてミュージカルの主役と、お忙しい平原綾香さん、

ありがとうございました。

170504_hiraharaayaka.JPG

 

●二組目のゲストは広瀬倫子さん。

 

『Age Free Mucicレーベル』からの第2弾シングルは「恋の誤算」。

高見沢俊彦さんが作詞・作曲・サウンドプロデュース、

そしてギター・コーラスまでやってくれたそうです。

そんな高見沢さんが、ドッキリサプライズゲストとしてスタジオに登場。

その途端にガチガチに緊張した広瀬倫子さんでした。

かなり強引な一誠さんの依頼に、

高見沢さんは二つ返事でOKしてくれたそうです。

高見沢さんの広瀬さんの評価は、

「七色の声が出る人。聴きやすい、嫌な感じがどこにもない癒しの声。

誰もが持っているものじゃないので、それを活かせたらいいなぁ・・・」

 

第2弾シングル「恋の誤算」はGSサウンドで勝負です。

高見沢俊彦さん、広瀬倫子さん、ありがとうございました。

170504_hiroserinko.jpg

また来週、お幸せに!

4月27日のゲストは湯原昌幸さん、高宮雄次&LOVE-Junksの皆さんです!

●一組目のゲストは湯原昌幸さん。

 

新曲「北街・辛口・恋酒場」はGSサウンドを意識した作品。

湯原さんご本人から連絡を頂いて、CDを聴いてビックリ!

最近の一誠さんのプロデュースコンセプトとピッタリ合致していたから。

 

「50年も前のGSを、新しいサウンドとして聴いてもらいたい」

「ベンチャーズサウンドに和楽器を組み合わせてデフォルメして、

あの当時のいいサウンドを掘り起こしたい」

「鼻歌交じりの粋な感じで、小気味よくリズムに乗って歌ってください」

と湯原さん。皆さんぜひカラオケでチャレンジしてください!

湯原昌幸さん、ありがとうございました。

170427_yuharamasayuki.JPG

 

●二組目のゲストは高宮雄次&LOVE-Junksの皆さん。

 

今回はバンドを代表して、ボーカル高宮雄次さん

ベース鮫島秀樹さん、ギター西山毅さんが    スタジオにご登場です。

高宮さんはGSブーム時代に「ザ・ラヴ」のボーカルとしてデビュー。

鮫島さんは「世良公則&ツイスト」のベース、

西山さんは「HOUND DOG」のギタリストとして活躍。

 

高宮さんの思いを形にするために、

「高宮雄次&LOVE-Junks」として6人が集結。

アルバム『ONCE AGAIN −夢の続きを−』をリリースしました。

若いころに書き溜めた曲+新作「夢の続きを」の8曲収録。

「夢を諦めた人たちに、今、夢の続きを追いかけてみましょう」

という思いで作られたそうです。

 

高宮雄次&LOVE-Junksの皆さん

渋い大人のサウンドありがとうございました。

170427_takayamayuji.JPG

また来週、お幸せに!

4月20日のゲストは半崎美子さんです!

●番組前半のゲスト半崎美子さんは、

「お弁当ばこのうた〜あなたへのお手紙」が、

NHK『みんなのうた』で話題のシンガーソングライターです。

亀田誠治さんプロデュースの「サクラ〜卒業できなかった君へ〜」など

全8曲を収録したミニアルバム『うた弁』をリリースされました。

 

大学在学中に音楽に目覚め、大学を中退し、単身上京。

パン屋さんで住み込みのバイトをしながら、

休みの日に音楽活動を続けていたそうです。

 

「思ったらすぐ行動するタイプなんです」

「デモ曲は直接手渡しが基本です」

「ライブやイベント場所の交渉も自分でします」

 

上京から15年、事務所やレコード会社にも所属せず、

すべて自分でやり繰りしていたことに一誠さんも驚いていました。

「個人でやることが強みに感じられてから、

どこまでやれるか、楽しくなってきました」

 

とにかく行動的で陽気で楽しい。

歌でもお話でも、とても元気をもらいました。

半崎美子さん、ありがとうございました。

170420_hanzakiyoshiko.JPG

 

●番組後半は「Music Capture」

ソニー・ミュージックダイレクトからリリースされている

J-POPコンピのシリーズ「クライマックス」の最新作

『ノンストップ・クライマックス』をご紹介しました。

90年代のJ-POPヒッツをオリジナル音源でノンストップDJミックス。

ドライブのBGMにピッタリなアップテンポなナンバーばかりの30曲です。

あなたの愛車の中にぜひどうぞ!

 

また来週、お幸せに!

4月13日のゲストはサーカスの皆さん、北山みつきさんです!

●一組目のゲストはサーカスの皆さん。

 

叶正子さん、叶高さん、叶ありささん、吉村勇一さん

この親子世代の4人での活動は、もう4年になります。

 

サーカスの新企画<POP STEPシリーズ>は

『Pop Step Jazz』『Pop Step Bossa』に続いて

今年リリースの『Pop Step Ballad』で第三弾。

「ミニアルバムにすることによって、

リリースも気軽で、いろいろなチャレンジがやりやすい」

というコンセプトだそうです。

『Pop Step Ballad』は6人のピアニストとコラボ。

同じピアノとコーラスだけのチャレンジなので

「ドキドキしました!(叶ありささん)」

 

サーカスの皆さん、

楽しいお話しありがとうございました。

170413_circus.JPG

 

●二組目のゲストは北山みつきさん。

 

最新シングル「女友達」は、まさに熟恋歌。

女性の女性に対する思いを北山さんが作詞しました。

「憧れよりは、もうちょっと身近に感じたい気持ち。

皆さんもありますよねぇ・・・!」

「露骨な表現じゃないところがいいよね」と一誠さん。

大人のラブソングは奥が深いです。

 

とっても明るくさっぱりとした北山みつきさん。

グラビア系歌手でもあり、セクシーな一面も魅力的でした。

ありがとうございました。

170413_kitayamamitsuki.JPG

また来週、お幸せに!

4月6日のゲストは杉田二郎さん、山崎ハコさんです!

●一組目のゲストは杉田二郎さん。

 

昨年70歳、今年デビュー50周年記念コンサートを迎え、

ますますお元気です。

 

高校生の時、友人が文化祭出演のために

フォークソングの練習を重ねていたのを見学していると、

「フォークソングは上手いとか下手とか関係なく、

みんなで歌うのが楽しいんだ。次郎も一緒に歌おう!」

誘われるままみんなで一緒に歌ってみると・・

「これが本当に楽しかった!」

 

杉田さんの歌の原点は、こんな出来事からだったそうです。

 

70歳のメッセージは『人生の階段』。

「一歩一歩が大事です」と語る杉田二郎さんでした。

ありがとうございました。

170406_sugitajiro.JPG

 

●二組目のゲストは山崎ハコさん。

 

昨年、2年ぶりのオリジナルアルバム『私のうた』をリリースされました。

デビューから42年。

無我夢中の時間と、苦労を重ねた時間を振り返ると、

「すべては一日一日の延長です」とのこと。

 

「最終的には好きな歌を歌っていればいい。

でもプロとしては、お客さんの前で歌うことが大事。

そのことを諦めない!」

 

5月の『カ・ン・レ・キ・バースデイライブ』を控え、力強く語られました。

山崎ハコさん、ありがとうございました。

170406_yamasakihako.JPG

また来週、お幸せに!

3月30日のゲストは鈴木茂さん、瀬戸口修さんです!

●一組目のゲストは鈴木茂さん。

 

<はっぴいえんど><ティン・パン・アレー>などのギタリスト、

ソロでも活躍する傍ら、数々のアーティストのCDやライブのサポート、

アレンジャー、プロデューサーでも活躍。

今まで数多く参加した曲をふと耳にしても、ご自分の演奏はわかるそうです。

 

これからの鈴木茂は?との問いに、

「忙しすぎて体調を狂わせたとき、仕事の仕方・方向性を考えるようになり、

今では、やっぱり初心を想い出して、

自分の作品・パフォーマンスを中心に活動するようになりました」

「その方がストレスが少なく、気分が良いんですよ」と笑ってられました。

 

「20代で作った曲が40年以上経って

今の方がよりしっくりきます」と一誠さんも納得していました。

これからの作品・ライブも本当に楽しみです。

鈴木茂さん、ありがとうございました。

170330_suzukishigeru.JPG

 

●二組目のゲストは瀬戸口修さん。

 

「ノブはボクサー」でデビュー以来、活動40年を記念して、

アルバム『瀬戸口修40th ALIVE CONCERT』をリリースされました。

1982年インドを旅して、「日本語を大事に歌おう」という思いを強くしたとか。

数々の活動を経て、いまでは、「音楽は深いな・・・」と実感。

どんなジャンルにもチャレンジしたいそうです。

今回のアルバムでは、唱歌「かあさんのうた」をブルースアレンジでカバー。

「亡き母を想い出して、母の偉大さを実感したとき、

日本に母親のいい歌はないものかと思い、たどり着いたのがこの歌」

「まるで瀬戸口さんのオリジナルのようだ!」と一誠さんもビックリしていました。

 

瀬戸口修さん、ありがとうございました。

170330_setogutiosamu.JPG

また来週、お幸せに!

3月23日のゲストは翠千賀さん、山田姉妹のお二人です!

●一組目のゲスト翠千賀さんは、

『THEカラオケ★バトル』で2016年年間チャンピオン。

ファーストアルバム『耀宴』をリリースされました。

 

音大で声楽を学び、早く現場で実績を積みたいと本場イタリアの舞台で活躍。

日本でも新人ながら主役に抜擢され、

外国人音楽監督から「あなたは主役をやることで成長しなさい」

と叱咤され、翠千賀曰く「一番勉強した時期」だったそうです。

 

カラオケバトルへの挑戦も、「オペラを一般の人にも知ってもらいたい、

身近に感じてもらいたい」との意欲から。

普段からいろいろなジャンルに親しんでいたので違和感はなかったそうです。

 

初めてのオリジナル曲「鬼火」は

イタリアオペラに匹敵する心の内面をえぐった曲。

妖艶・耀宴な翠千賀さんにピッタリです。ありがとうございました。

170323_midorichika.JPG

 

●二組目のゲストは双子ソプラノデュオ、山田姉妹の華さん・麗さん。

 

子供の時から何でもハモって歌っていて、

すでに二人で歌手になりたいと思っていたとのこと。

大学は声楽科に進学。発表の機会があるたびに

二人でいろいろなジャンルの歌を披露していたそうです。

 

デビューアルバム『 あなた〜よみがえる青春のメロディー 』は、

J-POPの名曲をカバー。山田姉妹のデュエットで曲の魅力が倍増です。

収録曲「あなた」では、悲しみを表現するため「嘆きの声」を混ぜたそうです。

 

「切手のないおくりもの」の生歌も披露してくれました。

山田姉妹の華さん・麗さん、素敵な歌声ありがとうございました。

170323_yamadashimai.JPG

また来週、お幸せに!

3月16日のゲストは宇佐元恭一さん、カノンさんです!

●一組目のゲストは宇佐元恭一さん。

一誠さんとは、名曲「雨ニモマケズ」のリリース以来10年ぶりの再会です。

 

ニューアルバム『 ピアノフォルテ10〜シアワセトハ〜 』をリリースされました。

このアルバムには「いろいろな思い」がテーマ。

「震災を経験し、繋がっていくものは思い・心。

心の復興が本当の復興なんだ」という意識が強くなったそうです。

このアルバムは、いろいろな「幸せとはなんだろう・・・」を並べたもので、

1曲目から最後まで、アルバムとして通して聴いてほしいそうです。

 

「いつもピアノと会話しながら歌ってます」

ライブではグランドピアノの弾き語りにこだわっている宇佐元恭一さん、

ありがとうございました。

170316_usamotokyousuke.JPG

 

●二組目のゲストはカノンさん。

 

ニューアルバム『 Fountain of Life〜命の泉〜 』をリリースされました。

このアルバムは、順天堂大学医学部小林弘幸教授による、

大ヒット企画「聴くだけで自律神経が整うCDブック」に収録された楽曲に、

さらに追及して楽曲の深みを増したものだそうです。

 

「自律神経に効く音楽を研究した小林教授にアドバイスをいただき、

自分の歌声も生かす曲に仕上げました」

 

前半は副交感神経に作用しリラックスを、

後半は交感神経を刺激してアクティブに作用するように作られています。

「自分の心と相談しながら使い分けてください」とのこと。

 

素敵な歌声のカノンさん、

ありがとうございました。

170316_kanon.JPG

また来週、お幸せに!

3月9日のゲストは小林啓子さん、林部智史さんです!

●一組目のゲストは小林啓子さん。

 

高田渡さんのカバー曲「ブラザー軒」をご紹介いただきました。

「亡くなられた高田渡さんの歌を歌い継いでいきたい」

と語る小林啓子さん。

アルバム『生きるものの歌 この先の歌へ』に収録されています。

 

毎年4月に行われる

渋谷区文化総合センター大和田 伝承ホールでのライブも好評!

まだまだ現役、一誠さん曰く「今が旬」の小林啓子さん、

ありがとうございました。

170309_kobayashikeiko.JPG

 

●二組目のゲストは林部智史さん。

 

ザ・カラオケバトルの殿堂入りをされたそうです。

「デビューのキッカケを頂いた番組だったので葛藤もありましたが、

オリジナルで勝負したい」という思いで卒業を決意したそうです。

 

新曲「晴れた日に、空を見上げて」はドラマ主題歌。

「ドラマの背景で自分の歌が流れてくるのは憧れで、とても嬉しい」

ドラマの内容に寄り添いすぎない歌詞を要求されて、

詞を書き直したそうです。

 

爽やかな笑顔が印象的な林部智史さん、

ありがとうございました。

170309_hayashibesatoshi.JPG

また来週、お幸せに!

3月2日のゲストは作詞家、売野雅勇さんです!

●2016年、作詞活動35周年を迎えた売野雅勇さん。

それを記念した作品がいろいろ出てます。

☆ 4枚組CD BOX

     『Masterpieces〜PURE GOLD POPS / 天国より野蛮』

☆ 名作秘話を収めた単行本

     「砂の果実 80年代歌謡曲黄金時代疾走の日々」

☆ 全編新アレンジのカバーアルバム

     『真夏のイノセンス 作詞家・売野雅勇 Hits Covers』

どれも興味深い作品ばかりです。

 

コピーライターだった売野さんが作詞家になるキッカケは、

担当だったシャネルズのアルバム用に書いた

斬新なキャッチコピーが注目されたから。

全く作詞の経験がなかったものの、

「普通のまともな詞は書けない自信があった・・・」

と、その後作詞家の道を歩む感想を語られました。

 

運命的な出会いはチェッカーズ。

中森明菜「少女A」のヒット後も「一発屋」を覚悟していた売野さん。

そんな時ゴルフに興じていた時ボールが当たり、

周りは「これはすごいヒットの予兆だ!」と大騒ぎ。

そしてチェッカーズの大ヒットにつながったという逸話も紹介していただきました。

 

今一番力を入れているのが

<MAX LUX>という女性3人組のプロデュース。

「外国女性がJ-POPを歌う」をコンセプトに

歌がうまい、話が面白い、性格がよい、そして美人を条件に集めたそうです。

<MAX LUX>注目のアーティストです。

 

今後は「砂の果実」で書き残したことを、また本にするそうです。

今年も盛りだくさんの売野雅勇さん、ありがとうございました。  

170302_urinomasao.JPG

また来週、お幸せに!

アーカイブ