KONISHIKI LEALEA SATURDAY

パーソナリティー

プロフィール KONISHIKI

オフィシャルサイト

ウィンターアロハ2019

☆タイトル:KONISHIKIのLEALEA SATURDAY
☆放送日時:毎週土曜日 6:15〜6:35(「Startup Saturday」内)
☆パーソナリティー:KONISHIKI

11/25は「こどもじゃず」で話題の女性シンガーソング ライターのROCOさんです。

Aloha!

 
KONISHIKIです!!
土曜日の朝6時15分から35分までの20分番組のLEALEA SATURDAY。朝からハイテンションなコニちゃんに
ついてきてね!
 
今週のゲストは、「こどもじゃず」で話題の女性シンガーソングライターのROCOさんです。
 

ROCOプロフィール
11.22生まれ 女性シンガーソングライター。

学生時代にバンド活動を開始し、卒業後ソロデビュー。
04年発売の1stアルバム 「コミカルライフ」がヴィレッジヴァンガード等で話題になり好セールスを記録。
ジャズを広く受け入れられるようにポップ調にアレンジした“おもちゃじゃず”という独自のジャンルはこの時確立された。
06年に発売された3rdアルバム「カラフルファンファーレ」 はイギリスで社会現象を巻き起こした アニメーション”ペッパピッグ”のテーマソングとして起用され話題になった。
自身の意思を確かめるような歌詞とポップなメロディーが多くの共感を呼び、子供から大人まで幅広い世代のファンを持つにいたる。
2010年に童謡をJAZZにアレンジしたアルバム「こどもじゃず」をリリース。ママさんを中心にクチコミが全国的に広がり大ヒット。
その後シリーズ化され今までに6作品をリリース。今もロングランヒットを続けている。
2014年、童謡に新しい歌詞を付けて生まれ変わらせたアルバム「chazz -smile music life-」をリリース。2015年4月にはNHK「おかあさんといっしょ」へ作詞作曲を担当した「おひさまーち」を提供。

自身も一児の母となり、全国各地でのLIVE活動を中心に、楽曲提供、CMソングの歌唱や番組ナビゲーターなど幅広い活動もしている。
 
今週はROCOさんの音楽ルーツや「こどもじゃず」を始めたきっかけなどをお話しています。
 
 
 
 
roco2.jpg
 
ROCOさんのオフィシャルホームページはこちらです。
http://www.worldapart.co.jp/roco/

 

2017/12/16(土)「こどもJAZZクリスマスコンサート」

【時間】開場 13:30 開演 14:00
【会場】横浜市神奈川区民文化センターかなっくホール

一般 ¥2,000 子ども ¥500円

※子ども料金は3歳から中学生までです。
※0歳児〜入場OK!(0歳〜2歳は膝上鑑賞)
※2歳以下の膝上鑑賞は無料。お席を取る場合は、有料となります。

【チケットのお申込み】
かなっくホールチケットデスク 045-440-1219(10時〜21時※休館日除く)
カンフェティ 0120-240-540(平日10時〜18時)

【お問い合わせ】
かなっくホールチケットデスク 045-440-1219(10時〜21時※休館日除く)
 
 
ロコレレ-ROCOlele- ロコがうたうウクレレともだちソング
2016/3/9RELEASE
Tracks

1 おひさまーち
2 バスにのって
3 さんぽ
4 あ・い・う・え・おにぎり
5 5つのメロンパン
6 おべんとう
7 こちょこちょマン
8 にんげんっていいな
9 『ね』
10 エーデルワイス
11 ピクニック
12 ぽかぽか てくてく
13 どんな色がすき
14 イルカはザンブラコ
15 世界中のこどもたちが
16 にじ
17 ハッピー・バースデー・トゥー・ユー
18 さんぽ(メロディー入りカラオケ)
19 『ね』 (メロディー入りカラオケ)
20 にじ (メロディー入りカラオケ)

ボーナス・トラック

21 はなこさん(ウクレレ・チューニング)

2200円(税別) KICG-483

皆さん応援よろしくお願いします。

 

そして小錦八十吉&千絵CD「COLOR's」購入希望の方は 株式会社KPカンパニーのページにあるhttp://konishiki.net/company/ 

会社概要のE-mail:info@kp-inc.jpに、郵便番号、住所、電話番号 あなたのフルネーム、アルバム購入枚数を

お書き添えの上、お送り下さい。スタッフが対応いたします。宜しくお願いします。

 

 

     

↓↓メッセージフォーム↓↓
メッセージ

      

  

 

11/18のゲストも、Honey L DaysのKYOUHEIさんと MITSUAKIさんです。

Aloha!

 
KONISHIKIです!!
土曜日の朝6時15分から35分までの20分番組のLEALEA SATURDAY。朝からハイテンションなコニちゃんに
ついてきてね!
 
今週のゲストも、Honey L DaysのKYOUHEIさんとMITSUAKIさんです。
 
学生時代からバンドを中心にライブ活動を行っていたKYOHEI (Vo,Gt)と、ゴスペルグループで活動を行っていたMITSUAKI (Vo)が、舞台出演をきっかけに出会い、Honey L Daysを結成。  
ライブハウスを拠点にロックヴォーカルデュオとしての活動を本格化させ、2008年にシングル「Go⇒Way / Center of the World」でavex traxよりメジャーデビューを果たす。
 KYOHEIが中心となって生み出す、熱情的なロックチューンや、叙情的なバラード。喜びや憂い、強さや弱さなど、人生の様々な場面を表現するメロディーとメッセージに、
互いを引き立て合うツインヴォーカルが重なったとき、リスナーの人生を紡ぐメロディーは完成する。 そのアーティストイズムがHoney L Daysの最大の魅力であり、
それは揺らぐことのないHoney L Daysの個性そのものである。   2010年にリリースした4thシングル「まなざし」は、男子新体操を題材にして話題となった
TBS系ドラマ「タンブリング」の主題歌に起用され、着うたが100万ダウンロードを記録。   夢に向かって諦めずに歩んでいくという等身大でストレートな歌詞が、
頑張る全て人の背中を押す応援歌として大きな反響を呼び、Honey L Daysがヒューマンタッチなソングライター&ヴォーカリストであることを世に広く知らせた、
代表曲の一つである。   昨年2014年には “壁ドン”ブームの火付け役となった、映画『L♡DK』の主題歌「君色デイズ」をリリースしスマッシュヒット。
東京ニューシティ管弦楽団とのコラボレーションライブや、全国で80公演以上のインストア・フリーライブを行った。   個々の活動にも精力的で、
MITSUAKIは「東山光明」名義で俳優活動を行っており、ミュージカル「ロミオ&ジュリエット」(演出 小池修一郎)などに出演。
またKYOHEIは、数多くの映画・舞台作品の音楽監修を手がけており、それぞれがヴォーカルデュオに限らない多才ぶりを発揮しながら、
Honey L Daysとしてのネクストステージへ強いまなざしを向けている。 

今週はお二人の音楽活動のお話、これからの事などをお聴きします。

1118.jpg
 
HoneyLDaysのオフィシャルホームページはこちらです。
http://honey-l-days.com/

Honey L Days Acoustic tour ~6th Letter~【東京公演】3days

※下記東京公演はチケットが完売いたしました。

2017年11月18日(土)・19日(日)

会場:月ミル君想フ

◎18日 OPEN 18:30/START 19:00

◎19日 OPEN 18:00/START 18:30

 

Honey L Days Acoustic tour ~6th Letter~

日程:2017年11月23日(祝)

会場:ヒルズパン工場

 

沖縄イオン北谷店・屋外ライブ

日程:2017年11月25日(土)

時間:15:00/17:00

会場:沖縄・イオン北谷店

 

 

小錦八十吉&千絵CD「COLOR's」購入希望の方は 株式会社KPカンパニーのページにあるhttp://konishiki.net/company/ 

会社概要のE-mail:info@kp-inc.jpに、郵便番号、住所、電話番号 あなたのフルネーム、アルバム購入枚数を

お書き添えの上、お送り下さい。スタッフが対応いたします。宜しくお願いします。

 

 

     

↓↓メッセージフォーム↓↓
メッセージ

      

 

  

  

11/11のゲストは、Honey L DaysのKYOUHEIさんと MITSUAKIさんです。

Aloha!

 
KONISHIKIです!!
土曜日の朝6時15分から35分までの20分番組のLEALEA SATURDAY。朝からハイテンションなコニちゃんに
ついてきてね!
 
今週のゲストは、Honey L DaysのKYOUHEIさんとMITSUAKIさんです。
 
学生時代からバンドを中心にライブ活動を行っていたKYOHEI (Vo,Gt)と、ゴスペルグループで活動を行っていたMITSUAKI (Vo)が、舞台出演をきっかけに出会い、Honey L Daysを結成。  
ライブハウスを拠点にロックヴォーカルデュオとしての活動を本格化させ、2008年にシングル「Go⇒Way / Center of the World」でavex traxよりメジャーデビューを果たす。
 KYOHEIが中心となって生み出す、熱情的なロックチューンや、叙情的なバラード。喜びや憂い、強さや弱さなど、人生の様々な場面を表現するメロディーとメッセージに、
互いを引き立て合うツインヴォーカルが重なったとき、リスナーの人生を紡ぐメロディーは完成する。 そのアーティストイズムがHoney L Daysの最大の魅力であり、
それは揺らぐことのないHoney L Daysの個性そのものである。   2010年にリリースした4thシングル「まなざし」は、男子新体操を題材にして話題となった
TBS系ドラマ「タンブリング」の主題歌に起用され、着うたが100万ダウンロードを記録。   夢に向かって諦めずに歩んでいくという等身大でストレートな歌詞が、
頑張る全て人の背中を押す応援歌として大きな反響を呼び、Honey L Daysがヒューマンタッチなソングライター&ヴォーカリストであることを世に広く知らせた、
代表曲の一つである。   昨年2014年には “壁ドン”ブームの火付け役となった、映画『L♡DK』の主題歌「君色デイズ」をリリースしスマッシュヒット。
東京ニューシティ管弦楽団とのコラボレーションライブや、全国で80公演以上のインストア・フリーライブを行った。   個々の活動にも精力的で、
MITSUAKIは「東山光明」名義で俳優活動を行っており、ミュージカル「ロミオ&ジュリエット」(演出 小池修一郎)などに出演。
またKYOHEIは、数多くの映画・舞台作品の音楽監修を手がけており、それぞれがヴォーカルデュオに限らない多才ぶりを発揮しながら、
Honey L Daysとしてのネクストステージへ強いまなざしを向けている。 

今週はお二人の出会いから、音楽に対する心構えや活動状況などをお聴きします。

1111.jpg
 
HoneyLDaysのオフィシャルホームページはこちらです。
http://honey-l-days.com/

Honey L Days Acoustic tour ~6th Letter~【東京公演】3days

11月17日(金)

会場:Shibuya gee-ge

時間:OPEN 18:30/START 19:00

※下記東京公演はチケットが完売いたしました。

2017年11月18日(土)・19日(日)

会場:月ミル君想フ

◎18日 OPEN 18:30/START 19:00

◎19日 OPEN 18:00/START 18:30

 

 

小錦八十吉&千絵CD「COLOR's」購入希望の方は 株式会社KPカンパニーのページにあるhttp://konishiki.net/company/ 

会社概要のE-mail:info@kp-inc.jpに、郵便番号、住所、電話番号 あなたのフルネーム、アルバム購入枚数を

お書き添えの上、お送り下さい。スタッフが対応いたします。宜しくお願いします。

 

 

     

↓↓メッセージフォーム↓↓
メッセージ

      

 

  

 

 

11/4もヴァイオリニストの吉田弘子さんがゲストです

Aloha!

 
KONISHIKIです!!
土曜日の朝6時15分から35分までの20分番組のLEALEA SATURDAY。朝からハイテンションなコニちゃんに
ついてきてね!
 
今週も2017年11月6日(月)東京オペラシティ リサイタルホールでコンサートがある
ヴァイオリニストの吉田弘子さんをお迎えしました。
 

吉田さんは12月10日 京都生まれ。4歳からヴァイオリンをはじめ、国立音楽大学付属中学、高校を経て、同大学を卒業。

久保田良作氏、篠崎史紀氏に師事。 在学中より独自の音楽の世界を創り続け、各方面にて演奏活動を繰り広げます。

持ち前の抜群なリズム感、ダイナミックな演奏スタイル、緻密な音楽作りには定評があります。

1990年「ユーロコレクション」でデビュー。その後「パラダイス」「キャットコール」をリリース。

NHK、NHK-BSなどのテレビ出演、FM京都α-stationではDJとして活躍。1995年から一時活動を凍結させますが、

1998年活動再開。「レキエブロス」「ワルツセンチメンタル」「Brahms & Franck」「Noche de Tango」をリリース。

2001年、2002年フランクフルト国立交響楽団(東京芸術劇場)、プラハ室内管弦楽団(京都コンサートホール)と

ソリストとして共演。その後も毎年リサイタルを開催し、2004年、紀尾井ホール、清春白樺美術館(山梨県北杜市)で

Beethoven Violin Sonata全曲演奏会を行い成功をおさめます。2005年、Bachを中心としたプログラム、

2006年、Brahms Sonata全曲プログラム、そして2011年、ピアソラを中心としたプログラムで絶賛されました

(紀尾井ホール、王子ホール、清春芸術村白樺美術館)。以来、ピアソラ弾きとして一つのカテゴリーを確率。

2012年、7年ぶりとなるアルバム、オールピアソラプログラム“赤”“黒”2枚同時リリース。同年、王子ホールで

リサイタル“赤と黒”を開催。2013、14年ロックの名曲をカバーしたアルバム“KASHMIR”、“H”、“Y” をリリース。

2013年から2015年にかけライブハウス(JZ Brat)で活動。現在クラシック音楽を軸に吉田さん独自の音楽世界を

繰り広げています。使用楽器は1727年製アントニオ・ストラディヴァリウス。

今週は吉田さんのprivateのお話や11月6日(月)東京オペラシティ リサイタルホールで行うコンサートの内容などを中心にお送りしています。

1105.jpg
 
吉田さんのオフィシャルホームページはこちらです。
http://www.hirokoyoshida-violin.com/index.html
吉田弘子ヴァイオリンリサイタル
東京オペラシティ リサイタルホール
【演奏予定曲目】
ドビュッシー:ヴァイオリン ソナタ
ピアソラ:ブエノスアイレスの冬、ミケランジェロ’70、オブリビオン、天使の死、天使のミロンガ、鮫 
フランク:ヴァイオリン ソナタ
※曲目は変更になる場合がございます。
■開場 18:30   開演 19:00
■全席自由 ¥5,000(税込)
 
アルバム「赤」
aka_HirokoYoshida.jpg
 
 
天性の抜群なリズム感を持つヴァイオリニスト、吉田弘子の7年ぶり(2012年時)となるアルバムは、
オール・ピアソラ・カヴァー集。夕暮れの哀愁漂う『赤』には、見事なまでの演奏を披露する大曲「タンゴの歴史」、
ピアソラの代表曲「鮫」「ブエノスアイレスの秋」他を収録
 
アルバム「黒」
kuro_HirokoYoshida.jpg
 
情熱的に深まる闇の『黒』には、大曲「グランタンゴ」、映画『スール/その先は・・・愛』の主題曲
「南へ帰ろう」他を収録。ピアソラ音楽の特性とも言えるメランコリック性を十二分に味わえる作品。 
それぞれのアルバムはオフィシャルホームページでチェックをお願いします。

 

小錦八十吉&千絵CD「COLOR's」購入希望の方は 株式会社KPカンパニーのページにあるhttp://konishiki.net/company/ 

会社概要のE-mail:info@kp-inc.jpに、郵便番号、住所、電話番号 あなたのフルネーム、アルバム購入枚数を

お書き添えの上、お送り下さい。スタッフが対応いたします。宜しくお願いします。

 

 

     

↓↓メッセージフォーム↓↓
メッセージ

      

 

 

1
アーカイブ