GOGOMONZ

パーソナリティー

プロフィール 三遊亭鬼丸

オフィシャルブログ

パーソナリティー

プロフィール 高橋麻美

オフィシャルブログ

ウィンターアロハ2019

☆タイトル:「GOGOMONZ」
☆放送日時:毎週月〜木曜日 13:00〜16:55
☆パーソナリティー:三遊亭鬼丸/高橋麻美

7月31日(水)プレゼント当選者

☆【オトコ弾けろ!オヤジも輝け!ウルモンズ】
UL・OS薬用スキンブリージーローション 3名様
RN チャガピン
RN ミルじぃ
RN ハナパパ
 
おめでとうございます!

7月31日(水)【ゲスト サスケ】

今日のGOGOMONZはゲストに
サスケの北清水雄太さん(左)と奥山裕次さん(右)をお迎えしました。
 
IMG-9854.JPG
 
埼玉県毛呂山町出身で、高校時代の同級生だった
奥山裕次さんと北清水雄太さんが2000年に結成し、
大宮駅でのストリートライブを中心に活動を開始したデュオ「サスケ」。
 
2004年にリリースしたインディーズ時代のシングル「青いベンチ」が大ヒット!
その後もライブやリリースなど、
精力的に活動を展開していきますが2009年に解散。
それから5年後の2014年に再結成し、現在に至ります。
 
 
約3年ぶりの出演となった今回は、
今日、7月31日リリースのミニアルバム「I〜アイ〜」についてや、
GOGOMONZ恒例の「しくじり話」を披露していただきました。
 
 
8月12日(月・祝) 西川口ハーツで
「I〜アイ〜 レコ発ワンマンライブ」が開催されます。
他にもライブスケジュールが続々と決まっています。
 
 
詳しくはサスケのオフィシャルサイトをチェックしてください。
 
サスケのお二人、ご出演ありがとうございました。

麻美さんの7月31日(水)の昨日、一昨日よりは…なエピソード

私が北海道の民放にいた頃、大嫌いな局アナAがいました。
いや、私がとても嫌われていた、と言った方が正しいかもしれません。
陰湿な嫌がらせを受け、心の底から2つ年上のAを恨んでいました。
 
一、挨拶無視
一、取材途中なのでこのネタは突っ込まないで欲しいと
打ち合わせで伝えると、本番でわざと突っ込んでくる
一、番組プロデューサーから突然面談されたと思ったら
「Aに聞いたぞ、夜飲み歩いて遊びまわってるんだってな」と、
根も葉もない噂が流される
一、「メイク気に食わないからって全部落として自分でメイクしてるの!?」と
メイクさんに糾弾されたと思ったら、これもAが話していたとのこのこと
 
 Aは年上、且つ、局のエースアナウンサー。
かたや私は番組との契約でしかない、ただのキャスター。
 
揉め事が起こったときにクビを切られるのがどちらかは考えなくてもわかります。
「違います」と、否定は出来ても、「Aが嘘をついている」と、
強く反論することなんて出来ませんでした。
  
Aが憎くて憎くて仕方のなかった私は、
辞める日にAに一言物申してやる!と固く決意していました。
 
私が辞める事が決まり、カメラの前で最後の挨拶をするとき、
私に花束を渡す係はきっとAだと、
各々のポジションを踏まえて確信していました。
「もう後輩イジメちゃダメですよ」って暗に意地悪女だと示してやろうかな、
「Aさん、不倫はダメですよ」って視聴者に何かを勘ぐらせてやろうかな、
などと、Aの性悪っぷりに気付いていた同僚にセリフの相談をするほど、
ものすごく真剣に計画を立てていました。
 
生放送だから言ってしまえばこっちのもの。
これまで溜まりに溜まった鬱憤を晴らそうとワクワクしていました。
ところが、いざその日が近づくと、ビビってしまった私。
 
これからレギュラーがなくなるというのに、
業界全体に高橋はめんどくさいやつだと広まったらどうしよう…。
お世話になったスタッフさんにまで疎がられたらどうしよう。
こんな局もう2度と来ない、なんて強がってたけど、
今後ちっとも呼ばれないのは寂しいな。
など、ぐるぐると考え、Aの性格の悪さを暴露する計画を直前で取り下げ、
引っ込める、5年前の私自身の記憶です。

7月31日(水)【今日の二人】

今日は

「ホテルのパジャマ?」

「レントゲン前の服?」と言われた麻美と

鬼丸さんの二人です。

IMG-9853.JPG

7月30日(火)プレゼント当選者

☆「雫石プリンスホテル1室2名ツイン・夕食・朝食ブッフェ付き宿泊招待券」 1名
RN くらげ。
 
おめでとうございます!

麻美さんの7月30日(火)のメインテーマにちなんでないボツエピソード

先週末に友人2人と韓国旅行に行っていた私。
最終日の夜、ホテル近くのマッコリバーに行きました。
 
そこで働く店員さんはみな日本語ペラペラ。
 
日本人ばかりが働くお店なのかな?と思っていたら、
1人だけ抑揚の違う男性が。
背が高く、真ん中分けでゆるっとウェーブがかかったヘアスタイル、
切れ長の目。
この男性だけは韓国と日本、どちらなのかわからずにいました。
 
  オーダーの際に「韓国人ですか?」と訊ねると、
「いえ、日本人なんですけど、よく日本語下手って言われるんですよー」と、
身の上を話してくれました。
 
福岡出身で、空港の近くに住んでいること。
空港で働くため、いろんな言語を話せた方が良いと、
韓国に語学留学していること。
韓国で働く真面目な理由にキュンとしました。
 
暫くして私が店の外にあるトイレに立つと、
この男性店員がなぜかトイレの前で待っていました。
おしぼりを渡されるわけでもなく、
ただ立っているだけの男性に疑問を抱きながらも、
店内で飼われている猫についてなど、たわいもない会話して席に戻りました。
 
その後も、私がトイレに立つと彼もなぜかついてくる、
ということが再びあり、そこから意識するように。
 
その間、友人と話していたのは彼が私を抱いてくれないことについて。
本当にそれで良いのかと、議論を交わしていました。
酔いも手伝って、
「外で済ませられるならそれで良いのに。ワンナイトだ、ワンナイト。
それが出来ない辛さに気付いて欲しいよ。」と
割と大きな声で話していました。
 
そして、会計を済ませて店を出るときのこと。
「最後にトイレ行かせて」と、用を済ませてお手洗いを出ると、
例の彼と友人2人がエレベーター前で談笑しています。
 
お見送りかな?と思っていたら彼もそのままエレベーターに乗り込み、
一緒に歩き始めるではありませんか。
はてなマークが浮かんだ私の顔に向かって、友人2人がウインク。
私はそのまま彼と2人、泊まっているホテルとは違う方向へ歩き出すのでした。
 
 
〜別バージョン〜
  友人2人に「ほら、ワンナイトだ、ワンナイトー!」と
ふざけてけしかけられるも、
まさかそんなこと本当にはできるはずもありません。
 
 この数年後、彼との破局ため向かった福岡への傷心旅行。
空港で、韓国人相手に懸命に案内をする、あのときの男性店員が。
思わず近づいていくと、彼は驚いた顔して私に駆け寄ってきました。
 
「何してるんですか!?」
 「ちょっと傷心旅行で…」と苦笑いで答える私。
「じゃあ案内しますよ!今日夜空いてますか?実はあのとき連絡先聞きたくて、
トイレの前で頑張ってみたんですけどビビっちゃって。
でももうこれは運命ですよ!
こんなところで会えるなんて!絶対行きましょうよ、ご飯!
福岡案内しますから!」
 
そんな彼の勢いに気圧されて…傷心旅行のはずが
ただただ幸せな旅になりましたとさ♪
 
なーんて妄想を、あと3ヶ月は楽しみながら眠りにつきたいと思います♡

7月30日(火)【今日の二人】

今日は

Loveを秘めてます・・・ポーズの二人です。

IMG-9846.JPG

7月29日(月)プレゼント当選者

☆西武園ゆうえんちプールの入場ご招待券  5名様
RN はなまる
RN じゅんじゅん
RN ネリー
RN みっすぅ〜
RN うみずきボーイパパ
 
☆「軽井沢72ゴルフ」1組4名様プレー券 1名様
RN いちうま
 
☆【餃子の王将HOTFUNTIME】
「餃子の王将で使えるお食事券2000円分」 5名
RN としちゃん
RN ちゃんみー
RN ほっこり右衛門
RN ブックー
RN よしのボー
 
おめでとうございます!

麻美さんの7月29日(月)のメインテーマにちなんだボツエピソード

3年前、久しぶりに会う友人と遊んでいたときのこと。
 
友人の子(3歳、女の子)と会うのは初めてでした。
 「はじめまして、チャーミーだよ」と、人見知りする子に話し掛け、
おままごとに誘って一緒に遊び始めました。
 
しばらくすると、友人の子がいきなりカプっと私の腕を噛んできました。
全く痛くないし、じゃれてきて可愛いなと微笑んでいたら、
だんだん噛む力が強くなっていきます。
 
噛んではチラっと私の顔見てニコっと笑う。
私が笑い返すとまた噛んでチラっと私の顔を見る。
 
私が戸惑っているとニコっと笑いかけてくる。
「痛いからダメよ」「コラ」と笑って注意しても
またニコっと笑いかけてくる。
 
 「マジで痛い、やめて」「笑ってもダメよ、痛いものは痛いの」と
真顔で叱るまで、“噛んではチラっと顔を見る”を繰り返してきた子ども。
初対面の大人が怒る限界値を知るため、
腕を噛んでは私の顔色を見ていた友人の子ども、のお話です。

7月29日(月)【今日の二人】

今日は

梅雨明けたよー、ポーズの二人です。

IMG-98361.JPG

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10
アーカイブ
2016年以前のアーカイブ
2019年7月の記事