ESPミュージカルアカデミーPresents 音楽人〜ONGAKU-BEAT〜

パーソナリティー

プロフィール 山本昇


ウィンターアロハ2019
☆タイトル:「ESPミュージカルアカデミーPresents 音楽人〜ONGAKU-BEAT〜」
☆放送日時:毎週土曜日 21:30〜22:00
☆パーソナリティー:山本 昇
デビュー18年目!!

4月13日のゲストは、米倉千尋さん。

“陽”の人、米倉さん。怒ったりはしないんですか?の問いに、“怒り”は発散せずヘドロのように溜めてる、との事。混ぜると危険?!

番組中、デビュー曲「嵐の中で輝いて」(96年)を聞きながら、自分の歌声に感心しきりの米倉さん。「不思議な魅力がある」と。当時のMVだけは恥ずかしいそうですよ。観よ…。他にも、曲中にたっぷり話してくれました。「喋りやすいから、つい喋ってしまう。」と。嬉しっ!

見た目も元気いっぱいの米倉さん。エアロビのインストラクターさんみたい。レッグマジックで鍛えてるそうです。筋肉っ!

新・ブルースの女王。

4月6日のゲストは、Drop's。札幌のヤングな女の子5人組バンド。

ガールズバンド数々あれど、彼女達は珍しいブルーズロックンロールバンド。激シブな演奏と歌。本物です。

Vo.&Gt.中野さん(写真右)の声は、言葉にすれば、ダンシングオールナイトな、かすれた声。まるでジャニスか青江。

ステージ上では、可愛いワンピースをひらりと翻し、キラキラした目の中野さん。聞けば、やっぱり「ライブが楽しい。」と、ニッコリと語ってくれました。

とにもかくにも、アルバム「LOOKING FOR」は必聴です!19歳の叫びを聴け!

よーく考えてみよう。

3月30日のゲストは、YORKさん。

見た目は、ゴリゴリのラッパーさんみたいですが、シンガーさんです。しかも、めちゃめちゃ優しい歌声の。メロウボイス。

R&Bぽさのない歌声。YORKさん自身も「R&Bシンガーを意識して見てほしくない。」との事。新アルバムのM8「Callin' U」は「素でやってみようかな。」とレコーディングしたそうです。この曲の歌が、ホントにクセがなくて、声が“ストレート”。いや“素トレート”と言うべきか。我ながらナイスな表現。

YORKさんは、R&Bの世界だけでなく、J-POPのフィールドで、もっとフィーチャーされるべき歌い手さんやと思います。

それにしても、見た目のインパクト、あったなぁ。スタジオに現れた姿は、レイバン&坊主&トレンチコート。銀座の隠れ家的、一見さんお断りのお寿司屋さんみたい。

すいません、YORKさん!

ナッシングス。

3月23日のゲストは、Nothing's Carved In Stone。

Vo.&Gt.の村松拓さんが、たっぷり語ってくれました。正直、もっといかつい人かと思てたんですが、全然。めっさええ人。

各々が、バンドをやってるメンバーが集まり結成。当初は、どうなるか村松さんもよく分かってなかったそうですが、5年目の今は「メラメラです!」と。

このバンドで、「自分にやった事ない事をやれる。」「新しい景色を見れるんじゃないか。」と。

音の話も。Dr.大喜多さん、普通の8ビートでなく、リズムが跳ねる人なんだそうです。確かに、どの曲でも16ビートを感じるドラム。Ba.日向さんとのリズム隊は、まるでリード楽器。THE WHOみたいです。

どんなアグレッシヴな演奏の上でも、村松さんの歌うメロディアスな歌、柔じゃない声質が、Nothing'sらしさを醸し出してます。こんなバンド、他にNothingですよ。

1
アーカイブ