ADVANCE EARTH

パーソナリティ

プロフィール 三原勇希

ウィンターアロハ2019

☆タイトル:ADVANCE EARTH
☆放送日時:毎週日曜日 10:10〜10:20

(「びーさんぼーいず〜Be SUNDAY BOYS〜」内)
☆パーソナリティー:三原勇希

8/18 ADVANCE EARTH 放送後記

環境にやさしい取り組み、世界中のエコ活動を共有する「ADVANCE EARTH」。

 

今日は、ブラジルでの食品ロスへのユニークな取り組みについてご紹介しました。2日間の期間限定ですが画期的なレストランがサンパウロに登場したのです。それは「食材のないレストラン」。こちらは料理に使う食材をお店側では用意せずに、お客さんが持ってくる、という新たな仕組みにチャレンジしたお店です。

 

まず、家庭の冷蔵庫に放置された「もう、食べないかも・・・」と思った食材をお店へ持参します。シェフたちはそれを材料に、グルメな一皿へ変身させ、お客さん達に提供するのです。帰る時には、自宅でも作れるようにと、料理のレシピが請求書の代わりにプレゼントされたのだとか。また、レシピは動画でも公開され、しっかりと一皿の料理に生まれ変わる様子が話題を呼びました。結果的に、このキャンペーンでは、2,700種類もの食料品がただ捨てられるのではなく、美味しいお料理として食べられたそうですよ。

 

**********************************************************

 

番組ではみなさんからのエコ活動報告もお待ちしております。

ただいま募集中のテーマは

「私のエコ料理自慢」

 

エコな取り組みは節約にも繋がりますが、

毎度毎度のご飯ならなおさらのこと。

あなた自慢のエコ料理を教えてください。

 

**********************************************************

★  おまけ★

 

パーソナリティの三原勇希です。

 

暑い、暑すぎる…

逃げるように川遊びをしてきました。

群馬県の水上で、初めての「キャニオニング」!

 

ウエットスーツを着て、キャニオニングシューズを履いて、

ヘルマットをつけて渓谷に入り、川を身一つで、下って行くスポーツ。

 

こんな風に。涼しそうでしょ?笑

 

pic0818-1.jpg

 

途中には20mの高さの滝壺に落ちる場所も。笑

 

pic-0818-2.jpg

 

運営しているランニングクラブの女子16人を連れて行ったのですが、

みんなテンション全開で楽しんでくれました。最高のリフレッシュ!

自然を利用した、エコツーリズムですね〜。

8/11 ADVANCE EARTH 放送後記

環境にやさしい取り組み、世界中のエコ活動を共有する「ADVANCE EARTH」。

今日の担当はスタッフのMです。

 

今日はポーランドで開発された、これまでにはない「ラップ」をご紹介しました。作ったのは、科学者やデザイナーたちで構成された「Make Grow Lab」という団体。見た目は色が付いていて、スタイリッシュな印象ですが、これまでのラップと大きく違う点は、それ自体を食べられるということです。

 

原料には、地元農家などで余ってしまった野菜を使いました。柔軟性や耐久性は、従来のものと比べても、何ら変わりありません。耐水性にも優れ、食材を新鮮に、しっかりと保つことができます。ラップの賞味期限はおよそ2年で、食べなければ、肥料としても利用できるのだそうです。このように、廃棄物をそのまま再利用するのではなく、商品としての価値を高めるような加工を行う「アップサイクル」は、環境問題を考える上で、大切な視点となっています。

 

究極のエコ商品として注目を集めている、このラップ。どんな味がするのか、一度食べてみたいですよね。

 

**********************************************************

 

番組ではみなさんからのエコ活動報告もお待ちしております。

ただいま募集中のテーマは

「私のエコ料理自慢」

 

私は最近、暑さのあまり、火を使わない料理に凝っています。

缶詰で作る冷汁風なものとか!

みなさんのお料理での工夫を、みなさんにぜひシェアしてください!

 

**********************************************************

★  おまけ★

 

年々、夏が猛烈に暑くなり、あまり外に出なくなりましたが、

朝はやっぱり清しい!

そして、公園の緑の中に入ると明らかに涼しいです。

運動不足にならないためにも、朝の散歩は続けたい習慣です。

 

pic-0811.jpg

 

それでは、また来週!

8/4(日)ADVANCE EARTH放送後記

環境に優しい取り組み、世界中のエコ活動を共有する「ADVANCE EARTH」。

今回の担当は構成のIです。

 

今日はカナダから、持つのが少し恥ずかしいレジ袋をピックアップしました。

 

日本では、簡単にもらえなくなってきているレジ袋。

世界を見渡してみても、その傾向は広がっています。

カナダでも2021年までに、

ビニール袋など、使い捨てプラスチックが禁止になるそうです。

けれども、有料にしただけでは

その成果はなかなか上がらない、とも言われています。

 

そこで、バンクーバーのスーパー

East West Market (イースト ウェスト マーケット)は、

レジ袋に、ある工夫をしました。

それは袋の前面を“持ち歩きたくない”デザインにするというもの。

種類は3種類ほどあって、

「アダルトビデオ店」といった大きなロゴなど

持ち歩くには少し恥ずかしい言葉がプリントされているのです。

 

「このレジ袋を見かけた、他のお客さんには

『エコバッグを忘れずに持ってこよう!』という意識づけに繋がります」と

スーパーのオーナー、デヴィッドさんは話しています。

そして、将来的にレジ袋を完全になくすことが目標なのだそうです。

 

「こんなの持ち歩きたくない!」という気持ちが

環境問題に一役買うことができるなんて、ユニークなアイデアですよね。

 

***********************************

番組では、みなさんからの、エコ活動報告もお待ちしております。

ただいま募集中のテーマは

「私の自慢エコ料理」です!

レシピでも調理法でも、みんなでアイデアを共有しましょう!!

番組あてに教えてください!!

***********************************

 

おまけ(^^)

 

暑い日が続いていますね。

みなさん、水分補給などを多めにして、体調にはお気を付けてくださいね!!

 

 

7/28 ADVANCE EARTH 放送後記

環境にやさしい取り組み、世界中のエコ活動を共有する「ADVANCE EARTH」。

今日は、アメリカのCambridge Crops社が、これまでとは違ったアプローチで食料廃棄問題に取り組んだアイデアをご紹介しました。

                 

そのカギとなるのが、食品にかけるコーティングスプレー。このスプレーを使うと、消費期限を2倍ほど延ばすことができるのです。成分には主にタンパク質が使われ、スプレーした後は、食品をそのまま食べることができるし、香りや味にも影響はないといいます。肉やフルーツ、海産物、野菜など、食べ物だけでなく、花にも使えるそうです。新鮮に保つ仕組みは、コーティングすることで、空気中の水蒸気などと食べ物を触れにくくさせ、酸化したり、水分が失われるのを防ぐところにあります。現在、2020年の実用化に向けて、製品テストが行われているようなので、発売が楽しみですよね。

 

**********************************************************

 

番組ではみなさんからのエコ活動報告もお待ちしております。

ただいま募集中のテーマは

「私のエコ料理自慢」

 

ちょっとした思いつきがエコに繋がったあなたのお料理、

レシピや調理法など、ぜひメールしてください。

 

**********************************************************

★  おまけ★

 

パーソナリティの三原勇希です。

 

現在産休中のパーソナリティ、今井ちひろさんがお休みに入られるとき、

プレゼントにいただいた歯ブラシをおろしました。

 

スウェーデンのブランド、The Humble Co.というの歯ブラシ。

なるほどデザインが北欧っぽくてかわいい。

ブランド創設者は歯科医師でもあるそうで、機能性も信頼できます。

 

そして嬉しいのが、

すべての商品パッケージは、100%リサイクル資源でつくられたものであること。

さらに売上の一部は、世界中の口腔ケアを必要としている

子供たちに寄付されるということ。

 

使い心地も抜群ですし、気分もいいです◎

 

pic0728.jpg

7/21 ADVANCE EARTH 放送後記

環境にやさしい取り組み、世界中のエコ活動を共有する「ADVANCE EARTH」。

今日の担当はスタッフのMです。

今年の5月、フィリピンで興味深い法律が制定されました。小学校から大学までの生徒たちに対し「卒業の条件として、10本の木を植えること。」を義務づけたのです。フィリピンでは1990年から2005年の間に、伐採などによって国内の森林が、3割ほど失われてしまいました。今でもそのスピードは衰えないままといいます。

 

この深刻な状況を改善するため、政府が注目したのは、意外にも「毎年卒業する学生たちの数」でした。フィリピンでは小学生から大学生まで、毎年およそ1800万人が卒業します。

この卒業生1人ひとりが木を植えたら、毎年少なくとも1億7500万本の木が増える計算になるのです。政府が中心となって、苗の準備や技術的な支援を行いその土地に合った木を植えていくそうです。この法案は、森林破壊の防止はもちろんのこと、植樹を行うことで、若い世代にも環境や生態系の問題を理解してもらおうという狙いもあります。

 

豊かな緑だけでなく、それを守る意識も一緒に育みたい、そんな視点が、卒業生に目を向けるきっかけとなったのかもしれませんね。

 

 

**********************************************************

 

番組ではみなさんからのエコ活動報告もお待ちしております。

ただいま募集中のテーマは

「私のエコ料理自慢」

 

暑い日は火を使わずに調理できるメニューを考え、

結果、エコに繋がった‥なんてことはありませんか?

みなさんのアイディアをぜひ番組へ教えてください。

 

**********************************************************

★  おまけ★

 

pic0721.jpg

 

公園の中にあるコーヒースタンドのイートインコーナー。

テーブルや椅子が、おそらく廃棄予定だったものを

そのまま再利用していて、

しかもなんとなくオシャレな空間になっていました。

素敵。

 

それでは、また来週!

7/14 ADVANCE EARTH放送後記

環境に優しい取り組み、世界中のエコ活動を共有する「ADVANCE EARTH」。

今回の担当は構成のIです。

 

「絶滅体験レストラン」、そう聞いて皆さんは何を思い浮かべますか?

実はこれ、今年4月に原宿で行われたイベントの名前なんです。

主催者のWoW(ワオ)キツネザルさんは、

現在、様々なイベントで活躍するエンターテイナー。

「絶滅」と「レストラン」を掛け合わせることで、 

環境破壊を身近に感じて欲しい、という想いから企画しました。

  

こちらのコース料理は、現代から未来に向けて

徐々に環境破壊が進んでいく・・というコンセプトになっています。

 

例えば、前菜のサラダは、彩り豊かな美味しそうなもの。

でも、次に続くサーモンのお皿には、  

お料理の上にプラスチックのドリンクカップが乗せられています。

これは、今から11年後の未来の海を表現していて、

今まさに問題となっている海洋プラスチックごみを表しているんだそうです。

 

他にも、森林破壊を表現した

「地球最後の肉をつかった合い挽きハンバーグ」が登場します。

材料には、アナグマやキジ、カラスなど、

普段、私たちが害獣として駆除している動物の肉が使われているんだとか!

            

イベントでは、お料理だけでなく、

世界で起こっている環境破壊の写真などを展示し、

地球がいま抱えている問題を、より知ってもらえる空間を作りました。

 

WoW(ワオ)キツネザルさんは、

「このイベントをきっかけにして、人々がエコバックを持ったり、

洗剤の詰め替えボトルを手にしたり・・・と、ちょっとしたことを

気をつけるようになってくれれば」と話します。

  

彼のユニークな環境問題への取り組みに、今後も注目していきたいですね。

 

 

 

***********************************

番組では、みなさんからの、エコ活動報告もお待ちしております。

ただいま募集中のテーマは

「私のエコ料理自慢」です!

レシピでも調理法でも、みんなでアイデアを共有しましょう!!

番組あてに教えてください!!

***********************************

 

 

おまけ☆☆☆☆☆

 

およそ半年前から料理をはじめた私のレパートリーはまだまだ数えるしかありません。

そんな中、先月母が来てましたので料理を作りました(^^)

 

「パパッと簡単パスタ」というレシピに則って、キノコのクリームパスタを作りました〜!

レンジを使って時短でパスタを茹でましたよ。

エコにもなりますし、それ以上に簡単でした。

私のような料理下手にも今は色んなグッズがあっていいですね(*^_^*)

7/7 ADVANCE EARTH 放送後記

環境にやさしい取り組み、世界中のエコ活動を共有する「ADVANCE EARTH」。

今日の担当は三原勇希です。

 

今日は「今、空気の汚染がいかほどか」を知らせる、面白い取り組みをご紹介しました。

主催したのは韓国で百貨店デパートを展開するハンファグループ。「ハンファギャラリア」デパートのビルを使い、誰もが一目でわかるようにしたのです。

 

それは、ビルの外壁が大気汚染の度合いによって全面的に色が変わるというもの。汚れのレベルが「高い」場合は、赤を基調としたもの、反対に「低い」日は、緑色を基調としたものに照明で変化する仕組みです。

 

毎日、大気中のデータも公表しています。数値が高く、建物が赤く染まった日は、デパートで買い物をした人に、細かい汚染物質も通さないというマスクのプレゼントしているのだとか。こんな風に意識することができたら、改めて空気の大切さを身近に感じられますね。

 

 

**********************************************************

 

番組ではみなさんからのエコ活動報告もお待ちしております。

ただいま募集中のテーマは

「私のエコ料理自慢」

 

エコは節約にも繋がりますよね。

みなさんのお料理の工夫を教えてください。

 

**********************************************************

★  おまけ★

 

最近、ついに友達から「今NACK5出てる??」とラインが来ました!

初めてだー。嬉しいー!

休日の朝わずか約10分間の放送で、2回しか名前言わないのに、

偶然聴いて私とわかってもらえるというのはとっても嬉しいです。

その友達はかなりのNACK5リスナーだそう!

 

さて私は最近、イギリスとフランスに一人旅してきました。

急にお休みができたので、行けるのは今しかない! と、念願だった場所へ。

 

ロンドンでも「今しかない!!」と言い聞かせ奮発して、

Sketchというお店でステキなアフタヌーンティーをいただきました。

 

美味しいけど少しボリュームがありすぎた時に嬉しいのが、

食べ残した料理を持って帰れるところ!

店員さんは快くパッキングしてくれます。

日本でもこの習慣、普通になればいいですよね!

 

pic0708.jpg

6/30 ADVANCE EARTH 放送後記

環境にやさしい取り組み、世界中のエコ活動を共有する「ADVANCE EARTH」。

今日の担当はスタッフのMです。

 

今日はベトナムのハノイにある、ちょっとユニークな図書館をご紹介しました。外観は、まるで木製のジャングルジム! 正方形に組まれたいくつもの木枠を登り下りして、子どもたちは上下左右にある本箱から自由に本を選びます。

 

もともとこちらはエコや、環境の循環を子どもたちに学んでもらおうと建設されました。例えば、敷地内で飼っている鶏のフンは庭で育てる野菜や植物の肥料となります。鯉が泳ぐ池の水は、排水を利用したものですが、これも「植物は水の浄化に役立ち、鯉たちの池に戻される」という、循環の様子がわかるようになっているのです。

 

運営側は、こういった様々な仕組みを子どもたちに見てもらい「都市でも自給自足は可能だ」ということを遊びながら学んでもらいたいと考えているそうです。子どもたちにとって読書に勝るとも劣らない、貴重な経験になりそうですね。

 

**********************************************************

 

番組ではみなさんからのエコ活動報告もお待ちしております。

次回からのテーマは

「私のエコ料理自慢」

 

レシピでも調理法でも! みんなでアイディアを共有しましょう。

 

**********************************************************

★  おまけ★

 

先日、初めてビーガンランチなるものをいただきました。

お弁当だったのですが、ランチボックスは環境に配慮した

葦やサトウキビのパルプを使ったものでした。

もちろん、お料理も美味しかったです!

 

pic0630.jpg

 

それでは、また来週!

6/23(日)ADVANCE EARTH放送後記

環境に優しい取り組み、世界中のエコ活動を共有する「ADVANCE EARTH」。

今回の担当は構成のIです。

今日は、「コーヒーかす」を使って森林保護に取り組む

スコットランドの会社をご紹介しました。

 

食品やせっけん、化粧品など、幅広く使われるパームオイル。

商業的にも使い勝手が良いので、

オイルを採るためのアブラヤシが、多く育てられています。

けれどもその植栽のせいで、今ある森林が伐採されるなど、

さまざまな問題を抱えているのも、また事実です。

そんな中、スコットランドにある会社 Revive Eco(リバイブ・エコ)が、

意外なものを原料に、全く新しいオイルを作り出しました。

彼らが注目したのは、パームオイルと同じような成分を多く含む

「コーヒーかす」です。

国内のカフェやレストランなどで出た、使用済みの豆かすを集め、

専用のリサイクル工場で作られたオイルは、

パームオイルの代替品として、同様に使うことができます。

たとえ余ったとしても、堆肥に利用できるそうですから、無駄がありません。

これまで、イギリス全体では、毎年大量のコーヒーかすを処分していました。

これにかかる費用も莫大だといいます。    

つまり彼らの取り組みは、森林伐採を防ぐだけでなく、

ゴミ問題も解決しようとしているのです。

「素材は、本来の目的のために使われた後でさえ、大きな価値を持てる。」

そんな思いが根底にある会社、リバイブ・エコ。

 

彼らの製品が、より多くの分野で広がったら、

環境に対する問題も、解決の糸口が見えてくるかもしれませんね。

 

 

 

 

***********************************

番組では、みなさんからの、エコ活動報告もお待ちしております。

ただいま募集中のテーマは

エコ成功談・失敗談」です!

みなさんが体験した成功談、失敗談を

募集しています。

番組あてに教えてください!!

***********************************

 

 

おまけ☆☆☆☆☆

 

最近、季節の変わり目なのか体調が良くないことが多いです。。

みなさんは健康に過ごされていらっしゃいますか?

 

何事も健康でなければ楽しくないですよね。

エコライフも健康に繋がる取り組みだと感じます。

 

これから暑い季節になります。

冷房を使用するにも一度温度を上げる、などコツコツ頑張っていきたいと思います。

6/16 ADVANCE EARTH 放送後記

環境にやさしい取り組み、世界中のエコ活動を共有する「ADVANCE EARTH」。

世界では毎年520万ヘクタール、日本の国土全体の15%にあたる森林が、消滅しているといいます。そして、その減少率の最も多い国がブラジルです。

 

今日は、そんなブラジルで世界から注目を集めているフォトジャーナリストのセバスチャんさんと、その妻、レリアさん夫婦のお話し。セバスチャンさんは、30年前に東アフリカへわたり、ルワンダの取材で数々の賞を獲るなど、写真家として活動してきました。その後、ブラジルへ帰ってきた夫婦は、故郷の姿に驚愕します。あったはずの青々とした木々は、跡形もなく消えてしまい、そこに住んでいた野生動物も、いなくなっていたのです。「これではいけない!」と、彼らは環境団体「Instituto Terra」を設立し、植林活動を通じて、森を再生しようと決意しました。

 

その道のりは、決して容易ではなく、最初の植え付けでは、種の5分の3が土の中でアリに食べられて死んでしまったこともあります。試行錯誤を重ねて被害を防いでも、森の復活にかかる費用は莫大です。資金不足となった時には、写真家にとって命ともいえるカメラをオークションにかけ、自己資金で補いながらプロジェクトを続行しました。

 

そして、団体設立から20年あまり経った今、見違えるような森が戻ってきたのです。夫婦が植えた木々は、およそ数百万本にものぼります。さらに緑がよみがえったことで、より多くの雨と涼しい気候をもたらし、枯れていた8つの天然温泉まで復活させたのです。
 

そんな彼らの半生は、長編ドキュメンタリーにもなり、世界中で賞賛されています。

 

**********************************************************

 

番組ではみなさんからのエコ活動報告もお待ちしております。

ただいま募集中のテーマは

「エコ成功談・失敗談」

 

試しにやってみたら大正解だったエコな工夫や、

張り切ってやってみたけどイマイチだったエコ体験など

あなたのエピソードを教えてください。

 

**********************************************************

★  おまけ★

 

パーソナリティの三原勇希です。

 

今日のお話、すごいなぁ・・・

たった二人でここまで行動できるなんて、かっこいいなぁ…!

 

でも思い切って一歩踏み出してみたら、なんでそんなに躊躇してたんだろう…

って思うことってよくありませんか?

 

私はそれでいうと最近、一般の方向けに会員制のランニングクラブを始めました。

 

走ることが好きで7年続けていて、マラソンで人生の充実感を味わえたりして

自分自身がすごく明るく強い方に変わったと思うから、

若い女性たちに少しでも共有したかったんです。

 

蓋を開けてみたら、1日も経たない内に定員に達して、

今はそのメンバーで定期的に活動しているんですが

もっと早く始めればよかった、と思います。

もちろん課題はその都度出てきますが、

始める前に「こうなったらどうしよう…」って心配していたこととかって

意外と起きなかったり。大した問題じゃなかったり、

全く別の問題が見えてきたり。

起きる前に色々心配するより、

起きてから対処する責任と覚悟を持つ方が大事ですね。

 

ランニングクラブのお話は、また放送でできればと思います♪

 

pic0616.jpg

 

アーカイブ