ADVANCE EARTH

パーソナリティー

プロフィール 今井ちひろ


ウィンターアロハ2019

☆タイトル:ADVANCE EARTH
☆放送日時:毎週日曜日 10:10〜10:20

(「びーさんぼーいず〜Be SUNDAY BOYS〜」内)
☆パーソナリティー:今井ちひろ

2/17(日)ADVANCE EARTH放送後記

環境に優しい取り組み、世界中のエコ活動を共有する「ADVANCE EARTH」。

今回の担当は構成のIです。

 

 

現在、麦芽の使用比率が50%以上ならば

ハーブやフルーツのエキスを混ぜてもOKとされる「日本のビール」。

今では、自分の好みでたくさんの種類から選べるビールですが、

オランダでは、とても意外な材料を使ったビール作りが始まっています。

 

その材料とは、「もみの木」。

 

ヨーロッパでは、毎年およそ5000万本の「もみの木」が伐採され、

クリスマスツリーとして販売されます。

けれどもクリスマスが終わると、そのまま処分されてしまうことも多いそうです。

そこで、オランダのビールメーカー「Lowlander」(ローランダー)は

捨てられてしまう「もみの木」をビールへ再利用しようと考えました。

その名も「Tree to Table」と題したプロジェクトです。

 

プロジェクトへの参加はとても簡単で、

自分が買ったツリーに化学薬品や殺虫剤が使用されていないか、

チェックするだけ!

あとは「ローランダー」が無料で回収してくれます。

 

ビールに使われるのは「もみの木」の葉の部分。

もみの葉を使うことで、ビールにコクと風味がたっぷり出ると言います。

幹の部分も新しいボトルに生まれ変わるそうですから、

ちょっと気になりますよね。

 

今年はおよそ600キログラムのモミの葉が集められる見込みで、

ビールは冬に完成予定だそうですよ。

 

クリスマスの思い出が詰まったツリーが、ビールに再利用される今回のお話し。

味わいも一層深いものになるでしょうね。

 

 

 

 

***********************************

番組では、みなさんからの、エコ活動報告もお待ちしております。

1月からの募集テーマは

使わなくなった服の有効活用

 

 

大掃除でたくさん発掘された、もう着ない服。どうしていますか?

番組あてに教えてください!!

***********************************

 

 

おまけ☆☆☆☆☆

 

花粉症が辛くなってきました…。

朝起きると目がしょぼしょぼしたり、鼻水が止まらなかったり……。

 

同じく、花粉症の人は頑張りましょうね!(>_<)

2/10 ADVANCE EARTH 放送後記

環境にやさしい取り組み、世界中のエコ活動を共有する「ADVANCE EARTH」。

今日の担当は今井ちひろです。

 

今日はアメリカの「LOLIWARE(ロリウェア)」が開発した”食べられるストロー”、「LOLISTRAW」をご紹介しました。このストロー、主成分は海藻でできています。1日使っても形は変わらず、従来のストローと同じ役目を果たしてくれる、という優れものですが、さらに楽しいのは、ストロー自体に味が付いていることです! バニラやゆず、マンゴーなどのフレイバーがあり、 見た目もカラフルでかわいらしいのが特徴。賞味期限も2年間と長めに設定されているので、保存もききます。 ストローとして使った後は、食べてしまえば、もちろんゴミになりません。食物繊維も豊富だといいますから、ますます嬉しいですよね。

 

楽しみながらエコに繋がるストロー。こんな取り組みが広がっていくと、食事ももっと賑やかになりそうです。

 

 

**********************************************************

 

番組ではみなさんからのエコ活動報告もお待ちしております。

ただいま募集中のテーマは

「着なくなった服の有効活用方法」

 

いただいたメールで、いろいろな活用法を教えてもらってます。

アイディアは番組を通して、みんなでシェアしましょう!

 

**********************************************************

★  おまけ★

先日、よく利用する駅で見かけました。

pic0210.jpg
マイボトルを持ち歩くようになり、
ペットボトルを買う機会が減ったので
気づきませんでしたが…
いっぱい溜まってますね!

ゴミを出さないことが一番だけど、
出てしまっても、もしかしたら誰かや何かの役に立つかもしれない。
捨てる前に今一度、意識することが大切だなぁと改めて感じました。

それではまた来週〜(^-^)/

2/3 ADVANCE EARTH 放送後記

環境にやさしい取り組み、世界中のエコ活動を共有する「ADVANCE EARTH」。

今日の担当はスタッフのMです。

 

今日はジーンズにまつわるお話。ある大手ジーンズメーカーのホームページによれば、一本のデニムパンツを作るのに、車で125km走ったのと同じCO2が排出されるといいます。

その量は、およそ32キログラム! また、使う水の量はシャワーを53回浴びるのと同じくらいの量、およそ3,500リットル使われているそうです。

                                     

そこで、オランダのジーンズブランドでは環境に配慮した、面白い取り組みを始めました。

それは「ジーンズのレンタル」です。レンタル料金は、会費、およそ3,700円と毎月のレンタル料、およそ950円。一年間レンタルした後は、そのまま自分のモノにするか、新しいものと交換するか、それとも返却するか…このうちのどれかを選びます。

  

有名ブランドのジーンズの価格帯はおよそ12,000円〜30,000円とも言われますから 良心的な価格でレンタルできるのがわかりますよね。回収したデニムパンツはビンテージとして活用したり、新しいジーンズを作るための素材としてリサイクルされるそうですよ。

 

**********************************************************

 

番組ではみなさんからのエコ活動報告もお待ちしております。

ただいま募集中のテーマは

「着なくなった服の有効活用方法」

 

明日は立春! どんどん春に向かうこの季節、

この冬で、もう卒業となるお洋服をどうされますか?

番組あてに教えてくださいね。

 

**********************************************************

★  おまけ★

 

居酒屋さんで、シメの土鍋炊きご飯を頼んだところ

2人では食べきれない量が!

 

pic0203.jpg

 

「包んでもらえますか?」と頼んだところ、

「今日中にお召し上がりください」と

快く持ち帰りさせてくれました。

帰ってからも、美味しかった〜。

 

それでは、また来週!

1/27 ADVANCE EARTH放送後記

環境に優しい取り組み、世界中のエコ活動を共有する「ADVANCE EARTH」。

今回の担当は構成のIです。

 

 

最近、企業などでスーツにスニーカーが推奨されているのをみなさんはご存じですか? 

スニーカーをはいて歩くのは健康にもいいということで、

日本政府が各企業へスニーカーで働くことを薦めているそうです。

その名も、「FUN+WALK」(ファン プラス ウォーク)プロジェクト。

歩くことを意識するため、スニーカーを履いて通勤しようというプロジェクトです。

さて、そのスニーカー、

ドイツでは環境にも一役買いそうなスニーカーが誕生しました。

100パーセント植物成分で作られたという、なんともエコなものです。

見た目は落ち着いた茶色の、おしゃれな感じですが、

主成分のほとんどは使い終ったコーヒーの木、豆かすから出来ているんだとか。

それ以外の部分も天然素材にこだわっていて、インソールには天然コルク、

アウトソールには天然ゴムが使われているのが特徴です。

 

このコーヒーを原料としたスニーカーは、全てハンドメイド。

男女どちらも使える「ユニセックス」仕様になっていて、

ローカットとハイカット、2種類あります。

使用されるコーヒーの種類は、手に入るコーヒーよって変わるようなので、

世界にたったひとつの靴が出来上がるのだそうです。

 

 

コーヒーには消臭効果があるといいますから、

実用性も兼ね備えたエコなスニーカーと言えますよね。

 

 

***********************************

番組では、みなさんからの、エコ活動報告もお待ちしております。

1月からの募集テーマは

使わなくなった服の有効活用

 

 

大掃除でたくさん発掘された、もう着ない服。どうしていますか?

番組あてに教えてください!!

***********************************

 

 

おまけ☆☆☆☆☆

 

今年の個人的な目標は、「運動をすること」!

・・・・・・と以前お伝えしましたが今のところ、有言実行中です(^^)

 

体を動かすと頭もスッキリしますよね!!

引き続き、頑張って参ります☆

1/20 ADVANCE EARTH放送後記

環境に優しい取り組み、世界中のエコ活動を共有する「ADVANCE EARTH」。

おはようございます、今井ちひろです。

 

今日ご紹介したのは、捨てるはずだった食用の鶏の羽を再利用した全く新しい断熱包装材のお話しです。イギリスでは、食用の鶏から、毎週1000トンもの羽がゴミとして処分されていました。そこに目をつけたのが、AEROPOWDERという、学生が立ち上げた会社。

処分される羽を集めて、洗浄し、透明シートにパック詰めした包装材「pluumo」を開発しました。鶏の羽は非常に軽い繊維でありながら、ケラチンというタンパク質でできているため、意外にも強度が高いという特徴があるんです。しかも「プルーモ」は、断熱という機能も合わせ持っています。10回ほど繰り返し使うことが可能で、羽を詰めた透明シートは、自然に分解される素材にこだわりました。

                     

そんな様々な点が評価され、「プルーモ」は昨年9月、ヨーロッパで循環型社会へ貢献し

団体などに贈られる、サーキュラーエコノミー賞、「Green Alley Award」を受賞してい

す。「社会の未来を持続可能なものにしていくこと」それが、AEROPOWDERの使命だそうです。

 

*******************************

番組では、皆さんからのメールを募集しています。

ただいま募集中のテーマは

「着なくなった服の有効活用方法」

 

皆さんの知恵をお借りしたい! メールで教えてくださいね。

*********************************

☆おまけ⭐

先日、ネットショッピングでお皿を買いました!

pic0120.jpg
数年前の新聞が使われていましたよ!

中身がちょっとなのに、スカスカのダンボールにプチプチが

いっぱい詰まっている事ありませんか?
あぁ、もったいない!と思ってしまいます。

今回は、ダンボールのサイズもお皿にぴったりで、

新聞紙で包んであって、なんだかほっこりしました(^ ^)

それではまた来週〜ヽ(^o^)

1/13(日)ADVANCE EARTH放送後記

環境に優しい取り組み、世界中のエコ活動を共有する「ADVANCE EARTH」。

おはようございます、スタッフのMです。

 

みなさんは普段、鉛筆を使っていますか? 今日は短くなってしまった鉛筆が、まったく新たな楽しみを生み出すというユニークな鉛筆を紹介しました。

デンマークに拠点を置く、Sprout(芽という意味)という会社が開発した鉛筆、Sprout pencilは、その名の通り、芽の出る鉛筆なんです。

 

鉛筆が短くなったら、芯を上に向けて、苗を植えるように土へ挿します。その後は植物を育てるのと一緒、鉛筆に水をあげます。だいたい4週間ほど経てば、ちゃんと植物の芽が出てくるそうです。「鉛筆」と「植物のタネ」、2つの役割があるスプラウト・ペンシルはバジルやトマト、ひまわり、唐辛子など

花や野菜、合わせて15種類ほどあります。

 

なんとも不思議な鉛筆ですが、秘密は、持ち手側の端についているカプセル。土に植えると、土の中にいる微生物がカプセルを溶かし、種が飛び出す仕組みになっています。もちろん残った鉛筆の部分は、全て自然に還る素材でできているそうです。

 

************************************

番組では、みなさんからの、エコ活動報告もお待ちしています。

ただいま募集中のテーマは

「着なくなった服の有効活用」

 

年末の大掃除で出ませんでしたか? みなさん、どうしているか教えてください。

************************************

 

おまけ ☆☆☆☆☆

 

我が家のエアコンのリモコン。

前回のフィルター掃除から200時間使用すると

「プレフィルター」のマークが出てきて、

「掃除のタイミングですよ」と教えてくれます。

「え、もうそんなに使ったの?!」と驚く時も。

このお知らせのおかげで、結構エコに繋がっている気がします。

 

pic19-0213.jpg

 

では、また来週♪

1/6(日)ADVANCE EARTH放送後記

環境に優しい取り組み、世界中のエコ活動を共有する「ADVANCE EARTH」。

明けまして、おめでとうございます。

ご実家でゆっくり過ごされた方も多いのではないですか^^?

今回の担当は構成のIです。

今日はノルウェーからユニークな省エネルギーのホテルをご紹介しましたよ。

 

30年後には100億人近くになるだろうと言われる、世界の人口。

エネルギーの問題は、ますます考えていかなければなりませんね。

今日ご紹介するのは、そんな環境問題に取り組む企業の一つ、

ノルウェーの建設会社、Snøhetta(スノヘッタ)です。

ヨーロッパ初の水中レストラン「Under(アンダー)」や、

「ノルウェー国立オペラ劇場」を手掛けた会社として知られています。   

                                  

Snøhetta(スノヘッタ)がデザインする建物は、

環境に負担がかかりにくく、

なるべく自然をありのままに使うという特徴があるそうですよ。

そんなSnøhetta(スノヘッタ)が2021年にオープンさせるのが、

省エネな建築物として注目されている、Svart (スヴァト)というホテル。

まず驚くのは、ホテルがノルウェーの氷河の上に建てられるということ!

そして建物の形は、指輪みたいな円形状のデザインなんです。

 

こうした設計にしたのも、1年を通して太陽の光によるエネルギーを

最大限に利用するためなんだとか。

例えば、建物の正面全体は、夏場の太陽光を防ぐような設計で

クーラーを使わなくて済むように工夫されているのです。

逆に、冬場は建物を温めるための、大きな窓が設置されています。

こういったデザインとソーラーパネルのおかげで、今までのホテルと比べ、

1年間に、およそ85パーセントものエネルギー消費を抑えられるそうです!

 

環境に配慮していて、見たことのないような形のホテル。

そこに訪れるのが、ずっと楽しみになりそうです。

 

 

***********************************

番組では、みなさんからの、エコ活動報告もお待ちしております。

1月からの募集テーマは

使わなくなった服の有効活用

 

 

大掃除でたくさん発掘された、もう着ない服。どうしていますか?

番組あてに教えてください!!

***********************************

 

 

おまけ☆☆☆☆☆

 

個人的な今年の目標は、「運動をすること」です。

口だけではなく、今年こそは!と思っています。

……頑張ります!

12/30(日)ADVANCE EARTH放送後記

環境に優しい取り組み、世界中のエコ活動を共有する「ADVANCE EARTH」。

おはようございます、今井ちひろです。

 

今日はインドネシアから、飲み終わったペットボトルの意外な回収法をご紹介しました。実は、プラスチック素材の中でもペットボトルは再利用しやすいと言われているのですが、それにも関わらず、大量にゴミとして出てしまう原因の一つは、回収率の低さにあるとか。そこでインドネシアの都市・スラバヤは、使用済みのペットボトルと引き換えに、無料でバスに乗れるという取り組みをはじめました!

 

バスターミナルにペットボトル持ち込んで乗車券と交換してもいいし、バスに乗ってから、ペットボトルで直接「支払う」こともできます。プラスチックカップ10個、またはペットボトル5本で、2時間バスに乗れるそうですよ。この取り組みにより1か月に回収されたペットボトルは、およそ7.5トン。全てリサイクル業者に買い取られ、そこで得た利益は、バスの運営や街の緑化に使われるそうです。ゴミをきちんと再利用しようという意識が、自然と高まりますよね。

 

************************************

番組では、みなさんからの、エコ活動報告もお待ちしています。

1月からの募集テーマは

「使わなくなった服の有効活用」

 

大掃除でたくさん発掘された、もう着ない服。どうしてますか? 

番組あてに教えてください!

************************************

 

おまけ ☆☆☆☆☆

 

先日、手土産にみかんを頂きました!

 

pic18-1230.jpg

 

おっきいー!!!

普通のみかんと比べて2倍ぐらいあります。

 

手土産といっても、キズがあったり大きさのバラバラな、自宅用に取り寄せたものだそうです。

ギフト用としては売れない余りものけど、味は一緒!十分です!!

味は伊予柑とみかんの間みたいな感じで、甘くてとっても美味しかったです♪

 

リスナーのみなさん、

今年も一年間ありがとうございました(^-^)

来年もどうぞよろしくお願い致しますm(_ _)m

 

良いお年をお迎えください☆

 

それではまた来年〜ヽ(^o^)

12/23(日)ADVANCE EARTH放送後記

環境に優しい取り組み、世界中のエコ活動を共有する「ADVANCE EARTH」。

おはようございます、スタッフのMです。

 

今日は、アメリカのスティーブンス工科大学による、温室効果ガスの出ない電力の開発のお話し。

キノコと藻の仲間であるシアノバクテリアから電力を作り出すというものです。シアノバクテリアは、多くの藻と異なり、光合成を行って酸素を生み出すという特徴があります。ここに注目した研究チームは、効果的に配置するため、3Dプリントを使ってキノコの傘の上にシアノバクテリアを組み合わせました。すると、バクテリアの光合成によって、キノコからエネルギーが生み出されたのです。

 

「なぜキノコ?」と不思議に思われるかもしれませんが、実は、通常のシートを使うよりも、キノコを使った方が8倍の電流を作ることが出来て、バクテリアも数日間長生きするといいます。

 

今回の実験で得られたのは、およそ65ナノアンペア。1ナノアンペアは、1アンペアの10億分の1ですから、とてもとても僅かな電流ということになります。けれども、温室効果ガスの出ない、エコな発電には違いありません。まだまだ時間はかかりそうですが、実用化が待ち遠しいですね。

 

************************************

番組では、みなさんからの、エコ活動報告もお待ちしています。

ただいま募集中のテーマは

「おでかけ先で見つけたエコ」

 

遠くでなくとも、ご近所で見つけたエコでもOK! ぜひメールくださいね。

************************************

 

おまけ ☆☆☆☆☆

 

何かとバタバタする年末。

ふと顔を上げたら、冬の美しい夕焼けに富士山が。

 

pic18-1223.jpg

 

視線を変えなければ、見えないままの景色。

日々に対する視点も同様な気がして、

足を止め、しばし眺めていました。

 

では、また来週♪

12/16(日)ADVANCE EARTH放送後記

環境に優しい取り組み、世界中のエコ活動を共有する「ADVANCE EARTH」。

今回の担当は構成のIです。

12月も半ばになり、すっかり寒くなってきましたね。

 

みなさんは普段、エアコンをどのくらい使っていますか?

経済産業省のエネルギー白書によると、

家庭の消費エネルギーのおよそ3割が冷暖房によるものといいます。

長時間、エアコンを使ってしまう主な原因は、

窓ガラスの断熱性が低いことなんだとか。

アメリカのコロラド大学ボルダー校の研究チームは、この問題に対し、

室温を快適に保つための、窓に貼る透明なシートを開発しました。

このシートはエアロゲルという、

軽さと断熱性に優れた素材で作られています。

 

驚くのは、その材料が「捨てられるはずだったビール」であること!

ビールの醸造で、どうしても出てしまう廃液にバクテリアを加えると、

セルロースという炭水化物を簡単に作ることができます。

このセルロースがポイントで、シートをより透明する働きがあるのです。

そこで研究チームは、ビール醸造所を回って廃棄予定のビールを集めました。

 

そんな画期的なシートに、NASAも注目。

今年の夏、NASAが主催する

iTech competition(アイテック コンペティション)」で賞ももらいました。

宇宙への旅に、より役立つ技術を探求するという、このコンペティション。

今回、受賞したことによって、さらに各方面から注目が集まっているそうです。

 

開発者のヘスさんは、「エアロゲルは、車の断熱や消防活動など、

さまざまな場面で使用できる。とても暖かい洋服も作れるだろう」と、

語ります。

 

捨てられるはずのビールがエコな開発に役立ち、

宇宙への開発にも繋がるなんて、何だか夢が広がりませんか?

 

***********************************************

番組では、みなさんからの、エコ活動報告もお待ちしています。

ただいま募集中のテーマは

「お出かけ先で見つけたエコ」

屋外イベント、イルミネーションも増えてくるこの時期。

よく見てみたら、エコなエネルギーを使っているかもしれませんよ!

***********************************************

 

おまけ☆☆☆

先日、野菜ジュースを飲んだら、パックの後ろに

エコ活動の情報が載っていました!

まだまだ知らないことばかりだなぁと思いました(*^_^*)

 

 

 

 

アーカイブ