ADVANCE EARTH

パーソナリティー

プロフィール 今井ちひろ


☆タイトル:ADVANCE EARTH
☆放送日時:毎週日曜日 10:10〜10:20

(「びーさんぼーいず〜Be SUNDAY BOYS〜」内)
☆パーソナリティー:今井ちひろ

12/9(日)ADVANCE EARTH放送後記

環境に優しい取り組み、世界中のエコ活動を共有する「ADVANCE EARTH」。

おはようございます、今井ちひろです。

 

今年10月、ヨーロッパで「海洋生物保護のための、使い捨てプラスチック製品の使用を禁止する法案」が可決されました。そんな中、ベルギーでは、お金の代わりにプラスチックゴミでドリンク代を支払うというユニークなカフェを今日はご紹介しました。期間限定、その名も「ラビッシュ・カフェ」〜訳すと「ごみ・カフェ」となります。

 

仕掛けたのは、カフェを営む会社ではなく、ヨーロッパ最大とも言われるエコ洗剤の会社「エコベール」。

そのためか、店内には詰め替え用洗剤の大きなサーバーが置かれ、空の洗剤ボトルをごみとして持っていくと、無料で中身を補充できるサービスもあったようですよ。

 

エコベールでは、自社製品に関しても、今年から段階的に100%リサイクルのプラスチックボトルを採用。2020年までには、全商品をリサイクル素材のボトルにすることを目標に掲げています。

 

ゴミがお金の代わりになったり、手に取るものの材料になったりする社会。

私たちのゴミへの関心も、身近に感じられそうですね。

 

************************************

番組では、みなさんからの、エコ活動報告もお待ちしています。

ただいま募集中のテーマは

「おでかけ先で見つけたエコ」

 

遠出でなくとも、お散歩やお買い物など、あなたが見つけたエコを教えてください。

************************************

 

おまけ ☆☆☆☆☆

 

ふらっと立ち寄った喫茶店のお手拭きが環境に優しいものでした!

 

pic1209.jpg

 

ヤシの実を包んでいる房で作られているそうです。

 

淡い茶色でなんかオシャレな感じですよね!

 

みなさんも、お出かけ先で見つけたエコがあったら教えてくださいね(^o^)

どんな些細なことでも構いません!

メッセージお待ちしてます♪

 

それではまた来週〜(^-^)/

12/2(日)ADVANCE EARTH放送後記

環境に優しい取り組み、世界中のエコ活動を共有する「ADVANCE EARTH」。

おはようございます、スタッフのMです。

 

週末に1週間分の食料をスーパーへお買い物に行く方、意外と多いのではないでしょうか? サイズも形も整った野菜たちがキレイに並んでいますが、形や重さが基準に合わないものは、農家から出荷されずに廃棄されてしまうことも多いのが現状。国際連合食糧農業機関によれば、世界中で生産された食料の3分の1、およそ13億トンが、毎年捨てられているそうです! しかも、この量の食料を廃棄するには、33億トン以上もの二酸化炭素が排出されてしまうとか。

 

そんな食べ物を救うために、昨年ドイツのベルリンで設立されたのが、「SirPlus」というスーパーマーケット。このスーパーでは、農家や卸売業者から、形やサイズに問題のある野菜を安く仕入れ、通常よりも購入しやすい値段で販売することを実現しました。中には、一般的なスーパーマーケットの商品より、70%も安いものもあるのだとか。インターネットでの販売にも力を入れているので、スーパーから遠い場所に住む人でも、気軽に購入できるんですよ。

 

手頃な値段で食料が買えるだけでなく、環境にも優しいお買い物なら、きっと、見た目以上の価値があるのではないでしょうか。

 

************************************

番組では、みなさんからの、エコ活動報告もお待ちしています。

ただいま募集中のテーマは

「おでかけ先で見つけたエコ」

 

小さな取り組みから、大掛かりなエコまで、あなたの発見を番組あてに教えてください。

************************************

 

おまけ ☆☆☆☆☆

 

pic18-1202.jpg

 

師走となりましたね〜。

我が家は衣替え時、リサイクルショップに出すのもためらうような

くたびれた服があったら、大切にとっておきます。

そして小さく切って大掃除の時に雑巾として使うのです。

Tシャツの生地は、細かいところを磨いたりするのに大活躍。

ただでは捨てません〜。

今年も大掃除、頑張ります!

 

では、また来週♪

11/25(日) ADVANCE EARTH放送後記

環境に優しい取り組み、世界中のエコ活動を共有する「ADVANCE EARTH」。
今回の担当は構成のKです。
 
今日は、世界的に有名なヘアケアブランドの、エコな取り組みをご紹介しました。
 
海に流れ出るプラスチックの量は、毎年800万トン。
このままいけば、2050年までに、海を泳ぐ魚の数を超えると言われていますから、どれほど深刻な状況なのか、よく分かりますね。
 
海洋プラスチックゴミへの関心が世界中で高まっていますが、その意識は美容業界にも広まってきました。
シャンプーやリンスといった、ヘアケア製品を販売するケビン・マーフィーが、製品のパッケージを、全て海を漂う海洋プラスチックゴミから作ると発表したのです。
この取り組みによって、これまでパッケージをつくるために、毎年360トンのプラスチックを使用していたところ、今後は、まるまるその分量が不要となります。
 
ただ、海に漂うプラスチックを集め、再加工することは、通常のパッケージより5倍の値段がかかるのだとか。
この状況を乗り越えるため、商品は7%値上がりすることになりました。
 
ブランドオーナーのケビン・マーフィーさんは、「少し高い値段を払ってでも、消費者はきっと、環境に配慮したものを選んでくれると確信している」と語ります。
2019年には、世界中のサロンでもお目見えする予定だそうですよ。
 
「環境に配慮しているか?」という観点は、今後商品を購入する時の、重要な決め手になってくるかもしれませんね。
 
************************************
 
番組では、みなさんからの、エコ活動報告もお待ちしています。
ただいま募集中のテーマは
 
「おでかけ先で見つけたエコ」
 
屋外イベント、イルミネーションも増えてくるこの時期。
よく見てみたら、エコなエネルギーを使っているかもしれませんよ!
 
************************************
 
 
 
おまけ ☆☆☆☆☆
 
銀座駅を歩いていたら、こんな貼り紙が。
 
8869512248081 - コピー.jpg
 
照明はLEDに替えるようです。
2020年を目指して改良工事をしているところは、このタイミングで、環境に配慮したものに差し替えていくのかもしれませんね。
 
それではまた来週〜(^ ^)

11/18(日)ADVANCE EARTH放送後記

環境に優しい取り組み、世界中のエコ活動を共有する「ADVANCE EARTH」。

おはようございます、スタッフのMです。

 

秋の行楽シーズン。今日、注目したのはアメリカのエコツアー会社

「ナチュラル・ハビタット・アドベンチャー」が発表した、ゴミを一切出さない「ゼロ・ウエイスト・ツアー」です。来年の夏に実施予定で、実現したら世界初の「ゴミゼロ旅行」に!

 

もちろん申請書や予定表は、すべて電子データで配られますし、食事はシリアルなど、量を計って提供されるものを必要な分だけ食べます。その時に使うコップやスプーン、フォークは、繰り返し使えるもので、プラスチック製品は使用しません。

 

実はこのツアー、旅行中は一つの容器に収まる量のゴミしか出してはいけない、という決まりがあるんです。宿泊場所から帰りの空港への移動まで、旅のすべてが対象になっているため、小さな工夫の積み重ねが重要になってくるんですね。

 

旅の学びがゴミの削減につながるツアー。

普段の生活に戻った後も、意識が変わりそうな予感です。

 

************************************

番組では、みなさんからの、エコ活動報告もお待ちしています。

ただいま募集中のテーマは

「おでかけ先で見つけたエコ」

 

秋の旅行に出かけたら、観光地ならではのエコが見つかりそうですよね。

************************************

 

おまけ ☆☆☆☆☆

 

先日、専業主婦歴数十年・・という友人宅へ遊びに行きました。

 

18-1118pic.jpg

 

手作りランチをいただいたのですが、

どれもとっても美味しくて、レシピを聞くと

「誰が作っても失敗しないであろう、超簡単料理」でビックリ。

頭を使って、手間とエネルギーはなるべく使わない!

長年の工夫を感じて、深く感動しました。

 

では、また来週〜♪

 

11/11(日)ADVANCE EARTH放送後記

環境に優しい取り組み、世界中のエコ活動を共有する「ADVANCE EARTH」。

おはようございます、今井ちひろです。

 

今日は風力発電に関するお話しでした。新エネルギー・産業技術総合開発機構によりますと、

日本では現在、2,253基の風車が稼働しているそうです。それらが生み出す電気の量は、一般家庭およそ5千万世帯分の、年間使用電力量に値するといいますから風の力って本当にすごいですね。

 

風力発電に欠かせない風は、ビルが立ち並ぶ街中でも吹いています。そこでイギリスのランカスター大学の学生、ニコラスさんとヤーセンさんは、いわゆる“ビル風”を使って発電する風車「O-wind」を

開発しました。

 

風車は変わった形をしていて、直径25cmほどの丸い球体に、風を取り込むための穴がいくつも開いています。高層ビル街では、さまざまな方向から強い風が吹き抜けるので、この形が、どこから風を受けても効率よくエネルギーに変えるのに最適なんだとか。

 

「O-wind」は、問題を解決する、国際的な学生デザインコンテストで、今年、デザイン賞を受賞しました。大きなビルの壁やバルコニーなど、強い風が吹き抜ける場所に、このユニークな風車を設置していきたいと考えているそうです。

 

************************************

番組では、みなさんからの、エコ活動報告もお待ちしています。

ただいま募集中のテーマは

「おでかけ先で見つけたエコ」

 

エコな目線で周りを見たら、気づかなかった工夫を発見するかも!

************************************

 

おまけ ☆☆☆☆☆

 

番組内でお話ししましたが、

プレゼントで頂いた愛用しているマイボトル♪

 

pic18-1111.jpg

 

ケースもセットで頂いちゃいました!

 

大きさもちょうどよくて、軽いし、

ボトルが分解できて洗うのも楽なんです☆

 

実用性のある素敵なプレゼント!

嬉しい〜!

大切に使います!

 

それではまた来週〜(^ ^)

11/4(日) ADVANCE EARTH放送後記

環境に優しい取り組み、世界中のエコ活動を共有する「ADVANCE EARTH」。
今回の担当は、構成のKです。
 
今日は、ペットボトルのリサイクル率に関するお話でした。
 
日本では、ペットボトルがどれぐらいリサイクルされているか、知っていますか?
PETボトルリサイクル推進協議会によれば、2016年度の時点では83.9%。
アメリカは20%台、ヨーロッパは40%台なので、比べると、かなり高い水準にあることが分かりますね。
 
ところが、日本よりもさらに高いリサイクル率を誇る国があります。
それは、ノルウェー。
97%という、驚異のリサイクル率を実現している理由は、「デポジット制度」という、魅力的な仕組みのおかげなんです。
 
ペットボトルなどのプラスチック製品は、お店やガソリンスタンドにある、ペットボトル回収機に入れると、1本につき15セントから30セント、日本円にして16円から33円の、現金やポイントに換えることができます。
商品にはデポジット、つまり、預かり金の分を上乗せして販売されているので、返却しない方がもったいない!
「プラスチック容器は、貸しているだけで、あなたのものではありませんよ」という考え方の上に作られた仕組みです。
 
さらに、プラスチック製造業者に課されている環境税は、プラスチックを、リサイクルすればするほど、課税率が減る仕組みになっています。
しかも、業界全体でリサイクル率が95%以上に達したら、税金を払わなくてもいい、というのです。
実際、ノルウェーのプラスチック製造業者は、7年連続でこの目標を達成中だそうですよ。
 
国を挙げてプラスチックごみ問題の対策に力を入れているノルウェー。
私たちも、学べることがたくさんありそうです。
 
************************************
 
番組では、みなさんからの、エコ活動報告もお待ちしています。
ただいま募集中のテーマは
 
「おでかけ先で見つけたエコ」
 
おでかけ、というと、どこか遠くへ…というイメージがあるかもしれませんが、
家族で行ったショッピングセンター、友達と遊びに行った公園などなど、どこでもOK!
ご近所でも、目をこらしてみたら、意外と発見があるかも…!
 
************************************
 
 
 
おまけ ☆☆☆☆☆
 
mocha.jpg
 
初めて入った街のカフェ。座席数も2〜3席の小さなお店でしたが、
「容器を返したら10円キャッシュバック」って!そうそう、コレですよ、コレ!
日本でも広まるといいなぁ。
もちろん、飲み終えたら返却しましたよ。

10/28(日)ADVANCE EARTH放送後記

環境に優しい取り組み、世界中のエコ活動を共有する「ADVANCE EARTH」。

おはようございます、今井ちひろです。

 

今日は、ノルウェーのペットボトルリサイクルのお話し。97%という、驚異のリサイクル率を実現していて、「デポジット制度」という魅力的な仕組みが、この記録に貢献しています。

 

ペットボトルなどのプラスチック製品は、お店やガソリンスタンドにある、ペットボトル回収機に入れると、1本につき15セントから30セント、日本円にして16円から33円の、現金やポイントに換えることができます。商品には預かり金の分を上乗せして販売されているので、返却しない方がもったいない!

 

さらに、プラスチック製造業者に課されている環境税は、プラスチックを、リサイクルすればするほど、

課税率が減る仕組みになっています。しかも、業界全体でリサイクル率が95%以上に達したら、

税金を払わなくてもいい、というのです。実際、ノルウェーのプラスチック製造業者は、

7年連続でこの目標を達成中だそうですよ。

 

************************************

番組では、みなさんからの、エコ活動報告もお待ちしています。

ただいま募集中のテーマは

「お出かけ先で見つけたエコ」

 

エコな目線で出歩いたら、いろいろ発見がありそうです。

メール、お待ちしています。

************************************

 

おまけ ☆☆☆☆☆

 

みなさんは、TwitterやInstagramなどのSNSやっていますか?

私はSNSを一切やっていません。。。

が、思い出用として普段からバシバシ写真を撮ってます!

友達にも「SNSにあげるの?」とつっこまれますが、「個人的なただの思い出用」です。笑

たまに昔の写真を見返して、こんなことあったな、こんなもの食べたなと思い出に浸るのが楽しいんです。

 

今日は、以前高尾山に行った時に撮った写真を一枚!

 

pic1028.jpg

 

木の枝と葉っぱで奇跡的にハートの形☆

インスタ映えしますか?笑

 

皆さんの毎日が愛溢れる日々になりますように…

 

それではまた来週〜(^-^)

10/21(日)ADVANCE EARTH放送後記

環境に優しい取り組み、世界中のエコ活動を共有する「ADVANCE EARTH」。

おはようございます、スタッフのMです。

 

今日は自動車のお話し。 “エコな自動車”というと、排出する二酸化炭素の量が注目されがちですが、

オランダのアイントホーフェン工科大学の学生たちが考えた自動車をご紹介しました。開発されたのは、「土に還るクルマ」。Noahと名付けられた自動車は、車体の9割が植物の亜麻や、微生物によって分解されるバイオプラスチックで造られています。総重量は、わずか310kg! 一般的なクルマの半分ほどの重量なので、電気モーターでも240kmは走行が可能だとか。重要な部品は、強度を高める構造で製造し、乗り物としての安全性も追求しました。

 

開発した学生たちは、2人乗りの小さな自動車・ノアが、許可を得て、安全に公道を走れるようになることを目指しています。今年の夏には、ヨーロッパを巡るツアーも行ったそうです。学生たちの想いが、二酸化炭素の排出やゴミ問題など、環境にまつわる多くの課題を解決してくれるかもしれません。

 

************************************

番組では、みなさんからの、エコ活動報告もお待ちしています。

ただいま募集中のテーマは

「お出かけ先で見つけたエコ」

 

今日はお出かけ日和ですね! エコな取り組みを見つけたら番組にメールしてください。

************************************

 

おまけ ☆☆☆☆☆

 

先日、友人が「お姑さんが作った梅干し」と

「ご近所の庭で採れた柿」をお裾分けしてくれました。

保存がきくように加工したり、

旬のものを美味しいうちに、みんなでいただく習慣。

何でも便利に手に入る時代ですが、

とてもありがたい気持ちになりました。

 

18-1028.jpg

 

では、また来週♪

10/14(日) ADVANCE EARTH放送後記

環境に優しい取り組み、世界中のエコ活動を共有する「ADVANCE EARTH」。
今回の担当は、構成のKです。
 
今日はイギリスから、プラスチック製のペットボトルに変わる、新しいボトルをご紹介しました。
 
 「世界中で1分間に100万本が買われている」と、イギリスの新聞社「ガーディアン」が報じるペットボトル。
海に流れ出て、海洋汚染をこれ以上悪化させないよう、世界中の国々が、プラスチック製品の削減に力を入れ始めています。
けれども、流出を100%無くすことは難しそうですよね…。
 
そこで、イギリスの発明家、ジェームズ・ロングクロフトさんは、簡単に手に入るプラスチック製品、ペットボトルに注目しました。
考案したのは、再生紙を使ったボトル。
「Choose Water(チューズ・ウォーター)」と名付けたボトルは、たとえ海に流れ出たとしても、およそ3週間で分解されるんです。
特殊な裏地を使って密閉しているので、中の水が漏れることも、傷むこともありません。
 
ジェームズさんは、ミネラルウォーターの入ったこのボトルを、年末までにお店で扱ってもらうことを目標としています。
さらに、利益の全てを、アフリカの水問題に取り組む団体、「Water for Africa(ウォーター・フォー・アフリカ)」に寄付するのだとか。
つまり、Choose Waterを買えば、飲み水に困っているアフリカの3億人もの人たちが、安全な水を手に入れるのに貢献できるんです。
 
飲み物売り場のボトルが、すべて再生紙ボトルになる日も、そう遠くないかもしれませんよ。
 
************************************
 
番組では、みなさんからの、エコ活動報告もお待ちしています。
ただいま募集中のテーマは
 
「おでかけ先で見つけたエコ」
 
今年の夏は猛暑(というか、酷暑…)だったので、紅葉がキレイともっぱらのウワサ。
紅葉狩りに出かけるのも楽しみですね!
観光地では、どんなエコな取り組みがあるでしょうか?
発見したら教えてください。
 
************************************
 
 
 
おまけ ☆☆☆☆☆
 
ringo.jpg
 
先日、「フルーツの自販機」なるものを見つけました!
皮をむいたりんごが、すぐ食べられるようにカットされてあるんです。
期間限定で「梨」もありました。
秋の味覚も手軽に味わえますね。

10/7(日)ADVANCE EARTH放送後記

環境に優しい取り組み、世界中のエコ活動を共有する「ADVANCE EARTH」。

おはようございます、今井ちひろです。

 

今日はアメリカの次世代タッパー「Ovie Smarterware」をご紹介しました。これはスマホアプリや、今話題のスマートスピーカーと連携して、タッパーの中の賞味期限を管理してくれる優れもの!

 

料理を入れる時、蓋についたボタンを押して、中身と賞味期限を記録すると、タッパーが自動的に賞味期限を計算してくれます。そして、期限が近づいてくると、通知機能でスマートホンやスマートスピーカーで知らせてくれるんです。また、ボタンに光る仕組みが内蔵されていて、光る色によって、おいしく食べられる期限を知らせてくれます。緑色の時は新鮮、黄色はまだ食べられる、赤は期限切れ・・・といった具合です。これなら、冷蔵庫を覗いた時、どのタッパーのものを急いで食べないといけないか、気づくことができますよね。

 

アメリカの、天然資源防護協議会によれば、国内ではおよそ4割の食べ物が家庭で廃棄されていて、その額は、1世帯あたり年間2,000ドル、日本円でおよそ22万円にものぼるのだとか。このタッパーを使えば、食品ロスを減らせるだけでなく、お財布にも嬉しい効果がありそうです!

 

************************************

番組では、みなさんからの、エコ活動報告もお待ちしています。

ただいま募集中のテーマは

「おでかけ先で見つけたエコ」

 

気持ちのいい季節、行楽先や普段の外出先でエコな取り組みを見つけたら

番組宛てに教えてくださいね。

************************************

 

おまけ ☆☆☆☆☆

 

先日姪っ子と遊んだ時、姪っ子が持っていた人形なんか見たことあるな〜と思ったら、私が子供の頃に遊んでいたものでした!

洋服はフリマアプリで新しく買ったみたいです。

思い出の品を、また大切に使ってもらえるって嬉しいものですね☆

 

物を大切に!

子供の頃に習いました。

大人になっても変わりませんね。

 

それではまた来週〜(^^)

アーカイブ