ADVANCE EARTH

パーソナリティー

プロフィール 今井ちひろ


ウィンターアロハ2019

☆タイトル:ADVANCE EARTH
☆放送日時:毎週日曜日 10:10〜10:20

(「びーさんぼーいず〜Be SUNDAY BOYS〜」内)
☆パーソナリティー:今井ちひろ

1/26(土) ADVANCE EARTH放送後記

環境に優しい取り組み、
世界中のエコ活動を共有する「ADVANCE EARTH」。
おはようございます、今井ちひろです♪


今日は1年中緑豊かな大自然が広がるアイルランドの
エコな取り組みをご紹介しました。


四季を通して、緑豊かな大地が
エメラルドグリーン色に見えることから、
「エメラルド島」とも呼ばれているアイルランド。
環境に対する様々な取り組みが行われていますが、
その一つにレジ袋への課税があります。


アイルランドでは1990年代の経済成長とともに
廃棄物が増える一方で、リサイクル率は低く、
大規模な環境改善の対策が必要とされていました。


そこで、アイルランド政府は2002年に、
それまで無料で配布されていたプラスチック製のレジ袋に対し、
1枚につき15セント、日本円で15円ほどの
「レジ袋税」を導入しました。


レジ袋税が施行されてから半年以内の間に
90%以上のレジ袋が削減され、
1人当たりの年間使用量は328枚から
2008年には27枚にまで減少したそうです。


レジ袋税によって得られた税収は、
リサイクル用の施設の建設や維持など、
環境保護事業に使われています。


レジ袋税は生分解性プラスチックの袋に対してもかかります。
分解には時間がかかる上、リサイクルされなければ
一般のレジ袋と同じように結局はゴミになってしまうからです。


日本でもレジ袋の有料化という形で行われていますが、
できれば私たち一人一人のエコ意識で
レジ袋を無くしていきたいですよね。


*************************
1月のテーマは


  エコ川柳
 

エコな言葉を五・七・五でお願いします。
*************************
 

#1/26(土)おまけ ☆☆☆☆☆


みなさん、お元気ですか〜?( ´ ▽ ` )ノ
風邪などは引いていませんか〜?
うがい手洗いで、だいぶ予防になるみたいですょ☆
 

という事で、最近の私の必需品!!
持ち運び用の、折りたためるコップですヾ(*´▽`*)ノ
image01.jpg

image02.jpg

 

風邪など流行っているみたいなので、
みなさまも体調には気をつけてくださいね☆
 

寒さなんかに負けないぞぉ〜!!ヽ(≧▽≦)ノ
 

それではまた来週☆

 

1/19(土) ADVANCE EARTH放送後記

環境に優しい取り組み、
世界中のエコ活動を共有する「ADVANCE EARTH」。
おはようございます(^-^●)
今日の担当はめぐです。

今日はアメリカで起こっている環境問題についてご紹介しました。
 

ハワイ州とカリフォルニア州の間に
海流の影響でゴミがたまってしまった
「太平洋ゴミベルト」と呼ばれる海域があります。


「太平洋ゴミベルト」には、世界中で捨てられた
何百万トンものプラスチックゴミが密集し、
その大きさは日本の国土面積の4倍とも言われています。
そして、目に見える部分だけではなく、この場所に集まるプラスチックのうち
70%は海中に沈んでいて、生態系にも悪影響を及ぼしています。
魚や鳥が誤って食べて、死んでしまうことも少なくありません。
 

さらに深刻な研究結果も。
これまでは、プラスチックが海中で分解するには
500年から1000年はかかると考えられていました。
ところがポリスチレンは海中で1年以内に分解し始め、
毒性を持つ可能性のある化学物質が海に溶け出していくというのです。
 

現在、多くのNPO団体によって海をきれいにする方法の研究が行われていますが、
ただゴミを拾い集めればいいというわけにはいかないようです。
海に浮かんだゴミの下には多くの魚が生息しているため、
網を使って一気に片付けることができないのです。
 

カリフォルニア大学の研究結果によると、
太平洋ごみベルトに浮遊するゴミの量は
過去40年余りの間に100倍以上に増えているそうです。
 

そういったこともあり、2015年7月からは
ハワイ州全体でレジ袋の使用が禁止になるなど、
地域での取り組みも進められています。
 

海の上の深刻なゴミ問題。
取り組むことは身近なことでも、
意識は地球規模の環境問題にも関心を持ちたいですね。
 

*************************
 

1月のテーマは
 

  エコ川柳
 

エコな言葉を五・七・五でお願いします。
 

*************************
 

#1/19(土)おまけ ☆☆☆☆☆
 

身体の芯まで冷えるような寒ーい日が続いてるなぁと思ったら
明日は大寒なんですね∑(゚o゚*)
 

朝、部屋がキンキンに冷えてて、風邪ひかない私すごい。
と思います(´▽`)☆
 

そんな今日の
 

【 裏紙で遊ぼう #3 】
 

ゆきだるま(ΦωΦ)♪
 

2013_0119_03.jpg

これも近くで見るとボロが見えちゃいますが…
2013_0119_04.jpg

 

今週は本当に作った人もわりといたのではないでしょうか?
近所にいろんなゆきだるまさんたちが立ってました( ´艸`)
 

それではまた来週☆

1/12(土) ADVANCE EARTH放送後記

環境にやさしい取り組み、

世界中のエコ活動を共有する「ADVANCE EARTH」。

 

おはようございます。

担当は構成Hです(´∀`朝)

 

今日は、日本とは季節が真逆のオーストラリアの

お金にまつわるエコな話題をご紹介しました。

 

オーストラリアでは、ちょっと変わった素材のお札が

発行されています。

それは、ポリマー紙幣と呼ばれる、合成樹脂でできた

プラスチック製のお札です。

 

ポリマー紙幣は、1988年にオーストラリアの建国200周年を

記念して、世界で初めて発行されました。

プラスチック製といっても見た目は日本の紙幣のように薄く、

重ねてお財布に入れることもできます。

 

ポリマー紙幣の特徴は、お札に比べて耐久性が高いこと。

これまでの紙幣の3〜5倍とも言われています。

さらに、リサイクルがしやすく、環境にも優しいお札でもあります。

生産コストはかかるものの、紙幣よりも丈夫で長持ちするので、

結果的には生産コストを低く抑えることもできます。

また、セキュリティ面でも偽造防止に役立っているそうです。

 

今では、シンガポールやニュージーランドなど

世界20か国以上で発行され流通していますが、

これらすべてはオーストラリアによって

技術提供や受託生産が行われています。

 

ちなみ、に最近ではポリマー紙幣の印刷技術を応用して、

太陽電池を低コストで簡単に、大量に作る試みも進められているとか。

オーストラリアのエコなお金「ポリマー紙幣」の技術、

いつか日本でも見られる日が来るかもしれませんね。

 

 

*************************

 

1月のテーマは

エコ川柳

です。

 

「ラジオから つながる世界の エコ活動」

エコな五・七・五、教えてください♪

 

*************************

 

 

 

#1/12 オマケ――――――(・∀(・∀・)∀・)―――――――!!!

 

寒さが厳しい今日この頃、いかがお過ごしでしょうか?

先日、有楽町駅前でこんな光景を見つけましたよ。

 

 

2013011014090000.jpg

 

 

雪で雪像を作っていたようです。

右側はどうやら犬のようです。

右を向いている犬を横から見た感じなのですが、

わかりますか?

 

 

何事かと思って調べてみると、

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

『秋田の雪まつりin有楽町』

秋田から運んだ雪で作った高さ3m、総重量約20トンの

「かまくら」と「犬っことお堂の雪像」が登場します。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

2013011014090001.jpg

 

 

とのことでした。

今日、明日は秋田にちなんだイベントも行われるそうですよ。

 

寒い毎日が続いていますが、

お出かけの際は防寒対策を十分になさってくださいね。

 

 

それでは、また来週☆

1/5(土)ADVANCE EARTH放送後記

環境に優しい取り組み、
世界中のエコ活動を共有する「ADVANCE EARTH」。
あけましておめでとうございます♪
今井ちひろです。


今日は2050年までに石油依存ゼロを目標に掲げている
 スウェーデンのエコな取り組みをご紹介しました。
 

スウェーデンはさまざまな面から環境問題に取り組む
環境先進国でもありますが、
中でもストックホルム市では、ゴミの削減に積極的に取り組んでいて、
家庭から出るゴミの再利用率はなんと95%!
 

例えば生ゴミは、下水処理場で微生物を使って生物処理され、
バイオマスエネルギーが生みだされています。
ストックホルム市では、このバイオマスエネルギーが
公共交通機関の燃料として利用されていて、地下鉄では
100%がバイオマスエネルギーを含む再生可能エネルギーを利用しています。
 

もともとスウェーデンでは、過去の石油危機から
石油代替エネルギーに方向転換する動きがありました。
そこで、生ゴミの処理によるバイオマスエネルギーなど、
環境にやさしいエネルギーが盛んに活用されているのです。
 

このスウェーデンの取り組みは、国を挙げた大きなプロジェクトではありますが、
市民一人一人が高い環境意識を持ってゴミの分別などを行っているからこそ
成り立っている部分も多くあります。
私たちも、常に環境に対する意識を高く持って、
地球にやさしいエコライフを送りたいですね。


*************************
 

1月のテーマは
 

  エコ川柳
 

エコな五・七・五、お待ちしてます!


*************************
 

2013年、どんなお正月を過ごされましたか?
私は今年も家族で初詣に行ってきましたよ。
みなさん、今年もよろしくお願いします。


それではまた来週☆

1
アーカイブ