ADVANCE EARTH

パーソナリティー

プロフィール 今井ちひろ


ウィンターアロハ2019

☆タイトル:ADVANCE EARTH
☆放送日時:毎週日曜日 10:10〜10:20

(「びーさんぼーいず〜Be SUNDAY BOYS〜」内)
☆パーソナリティー:今井ちひろ

3/30(土) ADVANCE EARTH放送後記

環境に優しい取り組み、
世界中のエコ活動を共有する「ADVANCE EARTH」。
おはようございます、今井ちひろです(^-^)☆


まだ肌寒い日もあったりで、服装は決めづらいですが
足元は春らしい人も増えましたよね。
季節の変わり目は新しい靴が欲しくなってしまいます。
今日はアメリカから靴にまつわる社会貢献の話題をご紹介しました。
 

“ビジネス”に“社会貢献”をミックスして成功をおさめているのが、
アメリカの「トムズ」というシューズメーカーです。
トムズの特徴は
「靴を1足買うたびに、新しい靴1足が世界の子どもに贈られる」
という、個人の消費活動が直接、社会貢献につながるというもの。
 

きっかけは創業者のブレイク・マイコスキーさんが旅行で訪れた
アルゼンチンの村でのこと。
彼が出会った現地の子供たちは貧困のため靴を買うことができず、
裸足で生活していたのです。
それは大変危険で、土壌感染症の原因にもなります。
 

またアルゼンチンなどでは、靴は制服の一つと決まっているため、
靴を持っていない子供たちは
学校に通うことができないこともあるそうです。
 

この現実に衝撃を受けたブレイクさんは、2006年にトムズを設立し、
「靴を1足買うたびに、新しい靴1足が世界の子どもに贈られる」
という“One for One”の取り組みを始めたのでした。
 

さらにトムズの靴はアルゼンチンで製造され、
公平な労働条件で現地の人々の雇用を生んでいます。
 

この取り組みで去年までに
靴を必要とする世界の子供たちに、
200万足以上の靴がプレゼントされたそうです。
 

寄付金を募るのではなく、
ビジネスにつなげることで継続していく社会貢献の取り組み。
私たちも、いち消費者として注目したいですね。
 

*************************
4月のテーマは
 

  春の自然を感じられるおすすめスポット
 

今年は比較的、桜を長い間楽しめた気がします。
他にも春の自然を楽しめる場所、教えてください!
*************************
 

#3/30(土)おまけ ☆☆☆☆☆
 

こんにちは〜♪( ´▽`)
 

番組の中でいろいろな国の曲をお届けしていますが。。。
実は先日、Blue noteに行ってきましたぁ!
 

ae0330.jpg

初めてだったのですが、とても雰囲気が良く
ギターと歌が素晴らしくて、感動しましたヾ(*´▽`*)ノ
 

なんだか夢を見ているようでした☆
 

音楽っていいですね〜♪
 

これからも世界中のエコなお話と共に、
様々な曲もお届けしていきますので、
楽しんで聞いて頂けたらと思います(*^▽^*)
 

 それでは、また来週〜☆(≧∀≦*)ノ

 

3/23(土) ADVANCE EARTH放送後記

環境に優しい取り組み、
世界中のエコ活動を共有する「ADVANCE EARTH」。
おはようございます(^-^●)
今日の担当はめぐです。


学生の皆さんは、もう春休みですか?
まだあとちょっとのところもあるかもしれませんが、
長期休みの前ってワクワクしてた思い出があります♪
さて今日は日本から、
学校にまつわるエコな話題をご紹介しました。
 

近年、小学校や中学校の授業でも
環境問題は取り上げられていますよね。
そんな中、再生紙など、
授業で使う物も環境に配慮されつつあるようです。
 

先生が黒板に字を書くために使う「チョーク」もその一つ。
数年前に、地方独立行政法人 北海道立総合研究機構が、
企業と共同開発したエコなチョーク。
その原料に選ばれたのは、ホタテ貝の貝殻でした。
 

北海道のホタテ貝の漁獲量は年間およそ40万トン。
全国の漁獲量の8割を占めていますが、一方で、
毎年漁獲量の半分の20万トンもの貝殻が水産廃棄物となっていました。
 

貝殻の処理については、
これまで土壌の改良剤などに利用されていたものの、
その利用量にも限度があり、新たな利用方法が期待されていました。
 

そこで着目されたのが「チョーク」だったのです。
ホタテの貝殻を使ったチョークは
石灰石だけを原料としていたものに比べ、
黒板に書いた時に飛び散る粉が、ほとんどなくなったそうです。
 

さらに、書きやすさも向上されたほか、
短くなったチョークを花壇に埋めれば
土壌を改良する効果もあり、
こうしたリサイクルの流れを
環境教育の題材に使うこともあるそうです。
 

この活用方法でホタテの貝殻のリサイクル率が向上したほか、
石灰石の採掘量の削減にも貢献しています。
 

リサイクルによって作られた学校の備品で、
リサイクルの仕組みやエコを勉強する子ども達に負けないように、
私たち大人もエコ意識の向上を目指したいですね。
 

*************************
3月のテーマは
  こんなものリメイクしました!
 

リメイクしようとして、布を切って… … … …Σ(*゚Д゚*)
失敗したことないですか?その後のことなども教えてくださいね
*************************
 

 

#3/23(土)おまけ ☆☆☆☆☆


桜、きれいに咲いてますね(*´∀`*)♪


今日、明日でお花見を予定されている方
も多いのではないでしょうか。
 

私はお花見宴会に参加できそうもないので
移動中に楽しんでます:*:・゚ (・∀・) ゚・:*
 

歩いてるときもたくさん見るし、
電車に乗っていても、けっこう見ることができますよね
 

いつもと同じ移動なのに
ちょっとうきうき(*´艸`*)なのが嬉しい最近です♪
 

そんなわけで
 

【 裏紙で遊ぼう #4 】
 

:*┗┫┣┷*.。・:*:
P1000792.JPG

             ★右は構成Hさん★

 

私は小学生のころ
よく作った記憶があるのですが
みなさんはどうでしょう?
久しぶりに作ったら楽しかったですヽ(*>∀<*)ノ

それではまた来週☆

3/16(土) ADVANCE EARTH放送後記

 環境にやさしい取り組み、

世界中のエコ活動を共有する「ADVANCE EARTH」。

おはようございます。

担当は構成Hです(@・ ` ω ´ ・)ノ(@・`ω´・) ののの 

 

 

いよいよ昨日から今期のF1シーズンが

始まりましたね!ということで、

今日は、F1にちなんで、イギリスで開発された

「エコなレーシングカー」の話題をご紹介しました。

 

世界的にエコ意識が高まりつつある中、

近年、モータースポーツ業界にもバイオ燃料や

エコカーが導入されるなど、環境に配慮した活動が広がっています。

 

中でも注目を集めているのが、野菜で作られた、

チョコレートで走る“エコなレーシングカー”です。

これは、イギリスのウォーリック国立大学を中心とする

プロジェクトチーム「ワールド・ファースト・レーシング」によって

開発されました。

 

マシンのハンドルにはニンジン、シートには大豆、

ボディにはジャガイモ…というように、

食物繊維を始めとした産業廃棄物が利用されています。

そして、燃料はチョコレート工場から排出される廃棄物や

油脂から作られています。

二酸化炭素の排出量を抑えることができるだけでなく、

廃棄するときの環境負荷も配慮されているのです。

しかも、ラジエーターにはオゾンを酸素に変換する機能も

付けられ、走行しながら空気もきれいにしてくれるそうです。

 

バイオディーゼルエンジンを使っている点以外は、

フォーミュラ・スリーの走行基準を満たしていて、

見た目も通常のレーシングカーと変わりません。

性能においても遜色なく、最高速度は時速272kmまで

出せるそうです。

 

「ワールド・ファースト・レーシング」の目標はF1参戦!

ということで、現在も実現に向けて研究が進められています。

この先、スピードだけではなく、どれだけ環境にやさしいかを

競うF1を見られる日が来るかもしれませんね。

 

*************************
 

3月のテーマは


  こんなものリメイクしました!

 

昔、おばあちゃんが端切れでお手玉作ってくれてたなぁ・・・。
 

************************* 

 

 

 

#3/16 オマケ――――――(・∀(・∀・)∀・)―――――――!!! 

 

 

春が来てました。

すぐそこに。

 

先ほど見つけてビックリ!!

 

2013031609170000.jpg

 

2013031609200000.jpg

 

2013031609180001.jpg

 

 

 

関東の桜の開花宣言はまだですが(今日でるかな???)、

枝垂桜はソメイヨシノよりちょっと早いんですね〜。

 

 

ちなみに、近くにあったソメイヨシノはこんな感じでしたw

 

2013031609210000.jpg

 

 

 

 

春分の日を前に、こんなに春が近くまで来ていたなんて☆

 

なんだかうれしい一日の始まり♪♪♪

皆さまの近くには、春、来てますか???

 

 

 

それではまた来週っ(*´∀`*)つ

 

3/9(土) ADVANCE EARTH放送後記

環境に優しい取り組み、
世界中のエコ活動を共有する「ADVANCE EARTH」。
おはようございます、今井ちひろです(^-^)


学生のみなさんにとって、この時期は卒業シーズンですね。
春らしい陽気の日も増え、
冷たい飲み物を買う機会も増えたかもしれません。
私たちにとっても身近なペットボトル。
今日はナイジェリアの、ペットボトルを使った
エコな取り組みをご紹介しました。


経済成長の続くアフリカの中で、
南アフリカに次ぐ経済規模を誇るナイジェリア。
人口はアフリカ最大の1億6000万人を超え、国連によると
“2050年までに世界第4位の人口大国になる”と予測されています。


こうした人口の増加に伴い、ゴミの増加による環境汚染と
住宅不足が大きな問題となっています。
例えば、1日に300万本捨てられているペットボトル。
そして1600万戸もの住宅不足。
これらを解消するためには日本円で
およそ23兆円もの莫大な予算が必要なのだそうです。


そこで、この二つの問題を
いっぺんに解決してしまおうと計画されたのが
「ペットボトルの家」でした。
これは使用済みのペットボトルを住宅建材として利用し、
住宅不足の問題を解決しようというものです。
このプロジェクトの第一号となる住宅が
カドゥナ近郊の村に建てられています。


建築方法は、ペットボトルに砂を詰めてキャップを閉め、
レンガのように積み重ねて
泥とセメントで固めるというものです。
 

関係者によると、砂の詰まったペットボトルは強度が高く、
防火性、防弾性、耐震性の面でも優れているといいます。
また、砂によって太陽の熱が遮断され、
室内の温度を低く維持するため、
ナイジェリアの暑い気候に適しているそうです。
 

このペットボトル住宅は
一般の住宅の4分の1の費用で建設することができて、
経済的にもエコなのだそうです。
このプロジェクトでは
住宅のほか、学校の建設なども進められています。
 

環境汚染と住宅不足を解消する一石二鳥のエコ住宅。
今後も世界中から注目を集めそうですね。
 

*************************
3月のテーマは


  こんなものリメイクしました!
 

私にもできる簡単リメイク、教えてください☆
*************************
 

#3/9(土)おまけ ☆☆☆☆☆
 

だいぶ暖かくなってきましたね♪(๑ᴖ◡ᴖ๑)♪
花粉の季節が本格的にやってまいりましたぁ(>_<)
 

 そこで!
構成Hさんに頂いた花

粉症に良いらしいお茶を持ち歩いています♪
 

そして肌も荒れる季節なので、

天然ハーブを使用していて、

石鹸を作る工程も全て自然の力のみという

オーガニックの石鹸をゲットしましたぁ(^-^)/


P1000775.JPG

あとはマスクで、今年の花粉も

頑張って乗り越えるぞ〜!☆(≧∀≦*)
 

ではでは、また来週〜ヾ(*´▽`*)ノ

3/2(土) ADVANCE EARTH放送後記

環境に優しい取り組み、
世界中のエコ活動を共有する「ADVANCE EARTH」。
おはようございます(^-^●)
今日の担当はめぐです。


もう3月なんですねΣ(*゚Д゚*)
季節の変わり目たびに、何を着ればいいのか迷います…
今日は、気候変動と移住にまつわる話題をご紹介しました。
 

“難民”という言葉を聞くと、
政治的な背景から自分の国に戻れなかったり、
戦争によって国を追われた人というイメージがありませんか?
 

しかし近年増加しているのが「環境難民」と呼ばれる人々。
「環境難民」とは海面上昇や砂漠化など、
環境・気候の著しい変化によって
移住を余儀なくされた人々のことを言います。
 

2003年に、環境難民の数が、戦争難民と政治難民の数を
初めて上回ったと国連が発表して以降、
その数はさらに増え続け、
2050年には2億人にもなると予想されています。
2010年だけでも、アジア全体で3000万人以上が
環境や気象関連の災害によって移住を余儀なくされています。
 

ところが、こうした「環境難民」は「政治難民」とは違って
国境を超えて避難する場合、国連難民条約に基づく保護を
受けることができないのが現状です。
 

これは、環境破壊によって国土がどんなに荒れていても、
国家の保護を受けることができるから、との理由なのだそうです。
とはいえツバルのように、地球温暖化による海面上昇で
国民を保護する国自体が無くなってしまう
という危機にさらされている国々もあります。
 

そこで去年10月に、
国連の難民保護機関とノルウェー難民委員会の協力のもと、
ノルウェー政府とスイス政府は
国外からの環境難民の受け入れや
保護するための法律の強化を目指し、
「ナンセン・イニシアチブ」を発足させました。
具体的な取り組みについて、今後話し合われるそうです。
 

環境難民は決してその国だけの問題ではなりません。
これ以上環境難民を増やさないためにも、
環境にやさしい選択を意識するよう心がけたいですね。
 

*************************
 

3月のテーマ
  こんなものリメイクしました!
 

洋服、牛乳パック、ペットボトルなどなど、
どんなものを使って、何にリメイクしてますか?


*************************
 

 

#3/2(土)おまけ ☆☆☆☆☆
 

明日はひな祭り:*:・゚ (・∀・)人(・∀・) ゚・:*
準備はできてますか?
 

ひなあられ、あの大きいの大好きなのですが、
大きいのだけで売ってる袋は買わない乙女心…
 

そういえば構成Hさんに
花粉症の人が飲むといいらしいという
お茶をいただきました(*´∀`*)♪
 

ひなあられと合う。゚o゚。ヾ(´∀`●)ノ旦
 

それではまた来週☆

1
アーカイブ