ADVANCE EARTH

パーソナリティー

プロフィール 今井ちひろ


ウィンターアロハ2019

☆タイトル:ADVANCE EARTH
☆放送日時:毎週日曜日 10:10〜10:20

(「びーさんぼーいず〜Be SUNDAY BOYS〜」内)
☆パーソナリティー:今井ちひろ

2/28(土) ADVANCE EARTH放送後記

環境に優しい取り組み、
世界中のエコ活動を共有する「ADVANCE EARTH」
おはようございます、今井ちひろです☆
今日は日本から服にまつわる話題をご紹介しました。
 
日本国内では衣類などの繊維製品が
年間およそ170万トン廃棄されていますが
そのうちおよそ8割近くが焼却、もしくは埋立されています。
 
そこで着なくなった衣類を資源へとリサイクルする
「ふくふくプロジェクト」が2010年に始まりました。
 
「ふくふくプロジェクト」は
日本環境設計株式会社が始めたプロジェクトです。
いらなくなった衣料品から取り出した綿繊維を酵素と微生物で分解し、
工業用エタノールや石油の代替燃料であるバイオエタノールを作り出します。
綿素材以外のナイロンやポリエステルなどは
再びナイロンやポリエステルなどの原料に再資源化します。
 
また、その他の繊維やろ過した後に残ったカスなどは、
製鉄などに使われる“固形燃料バイオコークス”や
潤滑油となる炭化水素油などにリサイクルされ、
回収した衣料品を100%リサイクルすることを目指しています。
 
さらに、使わなくなった服を
バイオエタノールにリサイクルするための工場は
愛媛の地場産業である、繊維の染色工場を使用しているため
運営面においても効率的です。
 
「ふくふくプロジェクト」へ参加するお店は続々と増えているので、
消費者である私たちも参加しやすくなってきています。
 
使わなくなった服を地球の資源へとリサイクルするための
消費者と企業がリサイクルで繋がる運動が、もっと増えるといいですね。
 
 
 
*************************
 
3月のテーマは
 
  いらなくなった箱の再利用方法
 
お土産やプレゼントをいただくと
素敵な“箱”に入っていることも多いですよね。
みなさんはその“箱”どうしてますか?
 
*************************
 
 
 
#2/28(土)おまけ ☆☆☆☆☆
 
 
以前、エンディングで
宿坊体験をしたとお話しましたが…
 
その本が今発売しておりますっ☆v(≧∀≦*)v
 
ae0228_01.jpg
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
まっぷる『秩父・奥多摩・高尾山』
 
 
秩父にて、宿坊体験をしたり
三峰神社のパワースポットに行ったりしてます♪
 
ae0228_02.jpg
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
貴重な体験ができたし、とても楽しい撮影でしたo(*^▽^*)o
 
書店に行った際には
よかったらちらっと見てみて下さい(^ー^)ノ
 
それでは、また来週〜ヾ(*´▽`*)ノ
 
 

2/21(土) ADVANCE EARTH放送後記

環境に優しい取り組み、
世界中のエコ活動を共有する「ADVANCE EARTH」
おはようございます。今日の担当はめぐです(^-^●)
今日はマリ共和国から教科書についての話題をご紹介しました。
 
西アフリカに位置するマリ共和国の農村では
日常生活の中で使われる簡単な文字の
読み書きができるようになるための教材
「キンカジュー・マイクロフィルム・プロジェクター」が
話題になっています。
 
今までも大人を対象にした
「読み書きをするための教室」はありました。
しかし多くの教室は仕事が終わる夜間に開かれているため、
電気のない農村では真っ暗な教室で本を広げ
勉強するにはとても不便なものでした。
本自体も高価なものなので
人数分の教科書を確保することが難しい状況でした。
しかし「キンカジュー・マイクロフィルム・プロジェクター」を
使うようになり、夜間での学習ができるようになったのです。
 
「キンカジュー・マイクロフィルム・プロジェクター」は
効率の良いLEDランプが使用されているだけでなく、
電気が送られてこない場所でも使えるように
蓄電できるソーラーパネルが備え付けられています。
 
また、データを取り込むことができるため
その場にパソコンやスライドなども必要ありません。
プロジェクターなので壁や紙などに映像を映し出すことができるため
高価な教科書を人数分そろえる必要もなくなりました。
 
農村部の読み書きができなかった人たちは女性が多いそうですが、
文字を読めるようになったことで情報を手に入れやすくなり、
家族の健康や子どもの栄養状態の改善など
日常生活にも役立っています。
 
文字の読み書きができるようになることで
様々なチャンスを生み出すこんな活動がもっと広がるといいですね。
 
 
 
*************************
 
2月のテーマは
 
  着なくなった衣類、どうしてますか?
 
最近では衣類のリサイクルも身近になってきていますが
みなさんは何かしていますか?
手軽なものから手の込んだものまで
いろいろなアイデア、お待ちしてます!
 
*************************
 
 
 
#2/21(土)おまけ ☆☆☆☆☆
 
 
少し前に年が明けたと思ったら
2月もあと一週間Σ(゚д゚|||)
 
バタバタと忙しく過ごされている方も多いかもしれませんが
“リラックス”できてますか?
 
私は先日、久しぶりに水族館に行ってきました(*´∀`*)+゚
 
ae0221.png
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
くらげに癒されました(・´ω`・)
 
でもくらげって考えだすと
とても不思議な生き物なので
何も考えずにぼんやり見てるのが
癒されるのにはおすすめですね。
 
それではまた来週(๑→ܫ←)♪
 

2/14(土) ADVANCE EARTH放送後記

環境に優しい取り組み、
世界中のエコ活動を共有する「ADVANCE EARTH」
おはようございます。今日の担当は構成のIです。
今日はブラジルから、サッカーの話題についてご紹介しました。
 
ブラジルのスラム街では、家族と生活できずに路上生活を続ける
多くのストリートチルドレンが、サッカー選手になることを夢見て日々ボールを蹴っています。
そんなブラジルにあるスラム街「モーロ・ダ・ミネイラ」に
選手たちがプレーすることで発電を行うサッカー場ができました。
 
このサッカー場の人工芝の下には
人に踏まれて起こる運動エネルギーを電力に変えることができるという、
床発電システム「ペーブジェン」が敷き詰められています。
 
この「ペーブジェン」はイギリスのベンチャー企業
「ペーブジェン・システムズ」が開発したものです。
「ペーブジェン」はこれまで、ロンドン・ヒースロー空港や
ロンドン市内の地下鉄の駅に設置された実績があります。
 
モーロ・ダ・ミネイラのサッカー場に設置された「ペーブジェン」で発電された電力は、
隣接する建物に設置された太陽光パネルで発電された電力とともに
バッテリーに蓄えられ、夜間の照明に使われています。
この地区には若い世代のサッカープレーヤーが多く、
床発電には好条件なのだそうです。
また太陽光パネルでの発電も順調で、照明は最大10時間つけることができます。
 
楽しくサッカーをすることで、運動エネルギーを電力に変えることでき、
暗い時間でも安全にサッカーをすることができるようになりました。
 
電力を産み出すだけでなく、子供たちの明るい未来も作り出す素敵な場所が
世界中にもっと増えるといいですね。
 
 
*************************
 
2月のテーマは
 
 
  着なくなった衣類、どうしてますか?
 
 
最近では衣類のリサイクルも身近になってきていますが
みなさんは何かしていますか?
手軽なものから手の込んだものまで
いろいろなアイデア、お待ちしてます!
 
*************************
 
 
 
#2/14(土)おまけ ☆☆☆☆☆
 
今日はバレンタインですね!
 
一足早くホワイトチョコレートケーキを頂生きました!
keiki.jpg
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
甘い物はつい笑顔になっちゃいますよねぇ〜(>_<)

2/7(土) ADVANCE EARTH放送後記

環境に優しい取り組み、
世界中のエコ活動を共有する「ADVANCE EARTH」
おはようございます、今井ちひろです☆
今日はオランダの道路にまつわる話題をご紹介しました。
 
オランダといえばチューリップと風車をイメージしますが、
自転車専用道路の巨大ネットワークがつくられるほど
「自転車の国」としても有名です。
 
オランダの都市の多くでは
自転車と車の道路が完全に分離されています。
きちんと分離されていない道路でも
「自転車優先」という表示がされ、自転車に優先権があります。
また自転車専用道路の安全性をとても重視していて
道路は平らに舗装され、追い越しをするための道幅が
十分に取られています。
 
そんな「自転車の国」オランダで世界初となる
太陽光電池が組み込まれた自転車専用道路
「ソーラーロード」が開通しました。
 
「ソーラーロード」は、自転車の走る“道”自体に
強化ガラスで覆われた太陽光電池パネルが敷き詰められています。
路面がガラスだと滑りやすいという問題点がありましたが、
車輪の滑り止めとパネルの保護強化のために
表面がでこぼこに加工されたガラス板を使うことで、
アスファルトと同じ程度にブレーキが利くようになりました。
ソーラーパネルの寿命は20年以上で、
維持をするためにかかる費用も抑えることが出来ると期待されています。
 
「ソーラーロード」は、道路の長さおよそ100mで
一般家庭3世帯分の電気を作り出すことができます。
将来的にはこの電力を利用して街灯を点灯させることも検討されています。
 
「ソーラーロード」の開発に参加した物理学者
ステン・デウィットさんは
「路面から直接充電を行う”非接触型充電”の機能を利用して
電動自転車や電気自動車に電力を供給できる日が来るに違いない」
と話していて、首都であるアムステルダム市も期待を寄せています。
 
道路はいずれ、通行するだけの場所ではなく
エネルギーを生み出す場所になるかもしれませんね。
 
 
 
*************************
 
2月のテーマは
 
 
  着なくなった衣類、どうしてますか?
 
 
最近では衣類のリサイクルも身近になってきていますが
みなさんは何かしていますか?
手軽なものから手の込んだものまで
いろいろなアイデア、お待ちしてます!
 
*************************
 
 
 
#2/7(土)おまけ ☆☆☆☆☆
 
 
 
2月に入ったのでメッセージテーマが変わりましたよ!
 
ということで
私の「いらなくなった衣類」の使い方をご紹介しました
o(*^▽^*)o
 
着なくなった洋服をハンガーにアレンジ♪
 
ae0207.jpg
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
作り方は布を細く切ってハンガーに巻きつけてとめるだけ。
 
見た目もかわいいし、滑り止めにもなるし、
 
オススメですよ☆
 
 
まだ数が少ないので、
 
これから少しずつ増やしていく予定です 。
 
 
みなさんからのメッセージも、
 
どしどしお待ちしておりま〜すヾ(*´▽`*)ノ
 
 
それではまた来週〜(*^▽^*)
 
 
 

1
アーカイブ