ADVANCE EARTH

パーソナリティー

プロフィール 今井ちひろ


ウィンターアロハ2019

☆タイトル:ADVANCE EARTH
☆放送日時:毎週日曜日 10:10〜10:20

(「びーさんぼーいず〜Be SUNDAY BOYS〜」内)
☆パーソナリティー:今井ちひろ

11/28(土)ADVANCE EARTH放送後記

環境に優しい取り組み、世界中のエコ活動を共有する「ADVANCE EARTH」。
構成のIです。
 

今回は、医療にまつわるお話をケニアからご紹介しました。

 
日々寒さが増していますが、みなさん、風邪などひいていませんか?
具合が悪い時、すぐに病院に行けるのは、とてもありがたいことですが、
交通事情が不十分な地域にとって、病院との距離は深刻な課題です。
 
その一例がケニアの首都ナイロビから200km以上も離れた
ライキピアやサンバールー村。
ここでは病院の不足から医療を受けられない人々が
疫病などに苦しんでいます。
僻地への往診は、医師だけでなく、医療機器や医薬品を運ぶ必要がありますが
ライキピアやサンバールーの地形は複雑なため
道路整備がされておらず移動が困難なのです。
 
そこで、アフリカ遊牧民の支援団体「ノマディック・コミュニティーズ・トラスト」が
この問題の解決に向けてスタートしたのが「ラクダと太陽を使った往診サービス」。
 
暑さや乾燥に耐えることができ
アップダウンが激しい、長距離の道のりも移動できる
「ラクダ」に注目したのです。
 
けれども、ラクダを使った”移動式病院”には
もうひとつクリアすべき課題がありました。
それは、冷蔵が必要な医薬品やワクチンを、コストをかけずに安全に運ぶこと。
 
この課題は、カリフォルニアのデザイン専門大学やプリンストン大学と協力し
太陽光で動く冷蔵庫を開発することで解決しました。
この冷蔵庫をラクダの背中に乗せることにしたのです。
さらに、冷蔵庫の電力を作り出す太陽光パネルは
往診先で使う医療機器の動力源に活用する、という仕組みになっています。
 
 “ラクダの移動病院”は今後、
交通網がマヒしやすい災害時においても応用できるかもしれません。
地域にあった医療方法が、今後も開発され増えるといいいですね。
 
 
 
************************************
番組では、みなさんからのエコ活動報告をお待ちしています。
ただいま募集中のテーマは
 
「オススメの防寒法」
 
みなさんのアイディア、お待ちしています。
 
 
************************************
 
#11/28(土)おまけ ☆☆☆☆☆
 
今年の酉の市も今週で終わりですね〜。
大きな拍手が鳴り響く活気あふれる感じが
私はとても好きなんですよね。
皆さんは酉の市に行ったことがありますか?
torinoichi.png
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
それではまた来週〜ヾ(*´▽`*)ノ

11/21(土)ADVANCE EARTH放送後記

環境に優しい取り組み、世界中のエコ活動を共有する「ADVANCE EARTH」。

スタッフのMです。

 

 今日ご紹介したのは、ニューヨークに住むローレン・シンガーさんの「ある挑戦」。

それはなんと、2年間で480mlのメイソンジャー1個分のゴミしか出さなかったということ!

 

 ローレンさんは、ニューヨーク州立大学で「環境問題」について学んでいる女子大生。「エコとは何か」を授業で学びながらも、周りの学生たちが何のためらいもなくプラスチックやビニールバッグを使い捨てていく姿や、冷蔵庫の中をラップやビニールで包装された食品が占領している現実に「究極にゴミを減らす!」と決意を固めたのです。

 

 そんなローレンさんの「3つのこだわり」は・・・

・「買い物は、あとでゴミが出ないかを逆算して検証すること。」

プラスチック製のタグはすべてレジでカットしてもらい、自宅へ持ち込みません。食品包装はもちろん、できるだけ食べられない部分がない食材を選びました。生ゴミはコンポスト・堆肥として再利用。

 

・「外出時は、必ず容器を持参すること。」

コーヒースタンドにはマグカップを、ワインショップへは空のボトルを持っていき、ペットボトルや紙コップがゴミとして出ないよう心がけました。テイクアウトは容器が出るからと、自炊にこだわったとも言います。

 

・「自分で作れるものがあれば徹底的に作ってみる。」

ハンドメイドを心がけ、例えば、竹製の歯ブラシを自作し、歯磨き粉から洗剤、デオドラント用品と、すべて自身でまかなったそうです。

 

「逆算してゴミを出さない」生活。

あなたが試したら、ゴミはどのくらいの量になるでしょうか?

 

 

************************************

 

番組では、みなさんからのエコ活動報告をお待ちしています。

ただいま募集中のテーマは

 

「残ったおかずの再利用法」

 

そして、そろそろこんな事もお聞きしたい!

 

「オススメの防寒法」

 

みなさんのアイディア、お待ちしています。

 

 

************************************

 

おまけ ☆☆☆☆☆

 

今日ご紹介したローレンさんは、自炊にこだわったそうですが、

たまには友人の手料理というのも嬉しいもの。

ちょっとした内祝いの集まりがあり

友人夫婦がたくさんのご馳走を作ってくれました。

 

photo toble.jpg

 

これは前菜。

この後、前日から仕込んでいたというお肉料理やら、

ボジョレー・ヌーボーなどいただきました。

持参のタッパーで、お持ち帰りもさせてもらいました。

エコというか・・・ただの食いしん坊です。

 

そろそろパーティーシーズン到来。

食べ残しせず、感謝してお料理をいただきましょう!

 

では、また来週☆

11/14(土)ADVANCE EARTH放送後記

環境に優しい取り組み、世界中のエコ活動を共有する「ADVANCE EARTH」。
おはようございます、構成のIです。
 
今回は、スペインのちょっとユニークな風力発電機をご紹介しました。
 
 
風の強さにコートの襟を立てる季節となりました。
今日ご紹介するのは、スペインのベンチャー企業
「ヴォルテックス・ブレードレス社」が作った風力発電機のお話し。
開発のきっかけは1940年、アメリカ西海岸のワシントン州にあるタコマナローズ橋が
横風で崩壊したことにあると言います。
 
大惨事を引き起こす「空気の渦、風の渦」は、
長いこと建築家やエンジニアに嫌われ、
回避するデザインが追求されてきました。
 
では、渦が作り出すエネルギーを避けるのではなく、利用してみたらどうか。
 
この逆転の発想から生み出された
ヴォルテックス・ブレードレス社が作った風力発電機には
なんと羽根が無いのです。そして完全に無音。
見た目は、アスパラガスの様な形をしていて、
同じ面積にプロペラタービンの2倍の数を設置できるそうです。
 
さらに、ギアもボルトも機械駆動部品もないため
従来型の風車よりコストが半分近くで安くすみ、  
 メンテナンスも不要とのこと。
 
この羽根のない風力発電機の発明を喜んでいるのは人間だけではありません。
従来の風力発電機の羽根が回るスピードは、東北新幹線の「はやぶさ」と並ぶ速度。
空を飛ぶ野鳥が、羽根に巻き込まれて死んでしまう「バードストライク」も防げるのです。
 
ピンチをチャンスと捉える考え方から、
さらに多くの発明が生まれるかもしれませんね。
 
************************************
 
番組では、みなさんからのエコ活動報告をお待ちしています。
ただいま募集中のテーマは
 
「残ったおかずの再利用法」です。
 
少しだけあまったおかずをどうしてますか? リメイク料理も教えてくださいね。
食欲の秋。。。
 
************************************
 
#11/14(土)おまけ ☆☆☆☆☆
 
街で見かけた自動販売機。
先日ご紹介した太陽光パネルもそうですが
ちらほらエコを意識したものを目にするようになりました。
jihan.jpg
皆さんの街にもエコを意識したものってありますか?
 
それではまた来週〜ヾ(*´▽`*)ノ

11/7(土)ADVANCE EARTH放送後記

環境に優しい取り組み、世界中のエコ活動を共有する「ADVANCE EARTH」。

おはようございます、今井ちひろです。

 

 今日ご紹介したのは、自転車を利用して水を作り出すというエコな装置のお話。

考案したのは、オーストリアの工業デザイナー・クリストフ・レテザールさんです。

 

 クリストフさんは、国連が発表した

「2030年には世界人口の47%が水不足に苦しむことになる」

 という予想をきっかけに

「自転車は、老若男女問わず乗ることができる乗り物。その自転車に乗っている間に、なんとか安全な水が作れないか?」と考えたのです。

 

 そうして生まれたのが、空気中に含まれる水分から、安全な飲み水を作り出す装置「フォンタス」。

大きさは、自転車のサドルと同じくらいで、形は長方形。この「フォンタス」にペットボトルをセットし、自転車に装着します。取り付ける場所は、風を感じる場所ならどこでもOKです。水を作る仕組みは、走行中に「フォンタス」から取り込んだ空気を急速に冷却し、結露をおこすことで、空気中から水分を採取するというもの。1時間走るとおよそ0.5リットルの飲料水が出来上がると言います。冷却するときに使う電気が気になりますが、これは「フォンタス」の本体にある、ソーラーパネルから作られるといいますから徹底したエコへのこだわりを感じます。

 

 空気から水を作り出す「フォンタス」が好評なのは、サイクリングを楽しむ人々だけではありません。途上国における深刻な水不足問題の解決に役立つのでは、と期待が高まっています。

 

 

************************************

 

番組では、みなさんからのエコ活動報告をお待ちしています。

テーマは

「残ったおかずの利用法」

 

どっさり作ったはいいけど、食べるのを飽きてしまった・・なんて時、工夫して食べてたら、その利用法を教えてくださいね。

 

************************************

 

おまけ ☆☆☆☆☆

 

この前、家の近くを歩いていたら、赤とんぼがいました〜!

道の真ん中にとまってたんです☆

踏まれちゃうと危ないので、すぐ近くにあった草のところに逃してあげました(^-^)

 

秋ですねぇ〜(*^^*)

 

紅葉も綺麗な季節になってきましたが、これからもっと寒くなって、またあっという間に一年が終わっちゃうよ〜!!!

早い…(^◇^;)

 

私の周りで風邪が流行ってるみたいですが、みなさんも体調には気をつけて、秋を満喫して下さいね(^ー^)ノ

 

では、また来週☆

1
アーカイブ