ADVANCE EARTH

パーソナリティー

プロフィール 今井ちひろ


ウィンターアロハ2019

☆タイトル:ADVANCE EARTH
☆放送日時:毎週日曜日 10:10〜10:20

(「びーさんぼーいず〜Be SUNDAY BOYS〜」内)
☆パーソナリティー:今井ちひろ

5/28(土)ADVANCE EARTH放送後記

環境に優しい取り組み、世界中のエコ活動を共有する「ADVANCE EARTH」。

今日の担当は、今井ちひろです。

 

 今日は、インドのムンバイで活躍しているカバン、その名も『ヘルプ デスク』をご紹介しました。名前から想像できる通り、通学するときはカバンとして使い、学習するときには、机として使うことができます。形も他のカバンとはちょっと違い、ランドセルを横長にしたような見た目です。

 

 ではどのようにして、カバンから机に変身するのでしょうか? まず『ヘルプ デスク』の中身を空にし、一枚に広げると、折り目が現れます。その折り目にそって組み立てていけば、寺小屋にあるような高さの学習机になるという仕組み。素材は、オフィスなどで捨てられたダンボールをリサイクルしているといいますからここにも一ひねりありますよね。

 

 『ヘルプ デスク』は、ムンバイを拠点に十分な教育を受けることのできない子どもたちをサポートしているNPOが、地元の学校と共に作りました。毎日教室のかたい床の上で背中を丸め不自然な姿勢で授業を受けている子供たちは、目が悪くなったり、頭が痛くなったりと、体の不調を訴えていたのですが、この『ヘルプ デスク』を使うようになって解消されたと言います。そしてもうひとつうれしいことに、机で書くことで、文字もきれい書けるようになったそうです。

 

 「捨てられるはずだったものに、一手間かけることで生活を豊かにするものへと変身させる」・・・

そんな工夫から、素敵な結果が、一つだけでなく、いくつも生まれることがあります。皆さんも、モノを捨てる前に一度、考えてみませんか。

 

 

************************************

 

番組では、みなさんからのエコ活動報告をお待ちしています。

テーマは

 

「ゴミを減らす工夫」

そして次回のテーマは

「職場で見かけたエコ」

 

どちらも思いついたら、すぐメール! みんなで共有しましょう♪

 

************************************

 

おまけ ☆☆☆☆☆

 

最近、日照時間が長くなってきましたね☆

真夏日を観測する日もありました!

 

ふと夜空を見上げたら、雲がくっきりと見えてお月様がすごく綺麗で、思わずパシャり♪

 

pic16-0528.jpg

 

写真だとちゃんと伝わらないかもしれませんが…(⌒-⌒; )

お月様のパワーをもらった感じでしたっ\(^o^)/

 

それではまた来週〜(^-^)/

5/21(土)ADVANCE EARTH放送後記

環境に優しい取り組み、世界中のエコ活動を共有する「ADVANCE EARTH」。

今回の担当はスタッフのMです。

 

 暑くもなく、寒くもなく、今は旅行にばっちりな季節ですよね。宿泊先も旅行の楽しみの一つです。今回ご紹介したのは、今、世界から注目を集めているホテル、パリにある5つ星ホテル

「フーケ バリエール」です。

 

 こちらは、高級家具にシャンデリア、優雅な空間が広がっていることで有名ですが、注目を集めたのは、5つ星だからではありません。「2020年までにCO2の排出量を20%削減すること」を目指し フランスのホテル業界で初めて、国際標準化機構が定める環境マネージメント「ISO 14001」を取得したからです。宿泊客の30%が、「環境保護活動への共感が理由で、ホテル フーケバリエールに決めた」と答えているという、こちら。取り組んだのは、「食」の部分です。それもフランス料理には欠かせない「ワイン」でした。では、ワインがCO2の排出量に、どう関わったのでしょうか?

 

 2009年に立ち上げた「フーケ ハーベスト プロジェクト」では、ワインの名産地であるアキテーヌ地域で葡萄を製造後オークション形式でワインを販売。すると、とても好評でたくさんの売上げを得ることに成功しました。そして、その売上をCO2を吸収させるための植林活動に使ったのです。2013年には、およそ東京ドーム8個分の敷地に3万7千本の木々を植えたそうですよ。

そんなフーケバリエール、ワインとともに提供されるお料理の食材は、すべてオーガニック、そして地産地消を心がけているといいます。

 

 皆さんも、宿泊施設を選ぶときに「環境に配慮しているか?」という観点を気にしてみるのもいいかもしれませんね。

 

 

************************************

 

番組では、みなさんからのエコ活動報告をお待ちしています。

テーマは

 

「ゴミを減らす工夫」

そして次回のテーマは

 「職場で見かけたエコ」です。

 

どちらもメールをお待ちしています。

番組内で採用された方には、今井ちひろサイン入りステッカーをプレゼントしています!

 

************************************

 

おまけ ☆☆☆☆☆

 

久々、自動販売機シリーズ。

いつも見つけては、少し感動してしまいます。

 

pic16-0521.jpg

 

被災地への支援も地道に継続していこうと思います。

では、また来週!

5/14(土)ADVANCE EARTH放送後記

環境に優しい取り組み、世界中のエコ活動を共有する「ADVANCE EARTH」。
今日の担当は、構成のIです。

 

今回は、DIYにまつわるお話しを

ポートランドからご紹介しました。

 

最近日本では、古民家をリノベーションしたカフェやレストランが話題ですよね。
 
アメリカ西海岸に位置する「ポートランド」では、
住民自らがリノベーションを行うことも多く、
築100年以上のお家をコツコツ直しながら住み続ける・・といった傾向があります。
 
日本でもDIYへの関心は高まっていますが、
いざ重い腰を上げたところで「材料は? 道具は?」と、
始める前に、面倒臭くなってしまうと言う方も多いのではないでしょうか。
 
その点「ポートランド」では、
家一軒建てるのに必要な材料が揃うホームセンターや
あらゆる道具を貸出すサービスが豊富にあると言います。
 
例えば、ミシシッピ通りにある「リビルディングセンター」では、
家を解体するときに出る廃材を寄付で募り、安い価格で販売。
品揃えは、窓、建具、照明からドアノブ、タイル、バスタブまで、何でもあります。
「サルベージ・ワークス」というお店では、
解体業者から買い取った木材から、手作業で作った家具が人気です。
 
リノベーション物件に目を向けると
空き地に古い小屋を並べたコテージがあったり、
ビル1棟分はある大きさの貨物船を利用した、川に浮かぶ住宅もあるそうです。
 
 
不要となった物、もう価値が無いとされた物に再び目を向け
自分たちのニーズにあった形に、変えて使う・・・。
アイディア次第で夢は広がりそうです。
 

 

 

************************************
 
番組では、みなさんからのエコ活動報告をお待ちしています。
テーマは
 
「ゴミを減らす工夫」
 
お家でも外でも! あなたの工夫を教えてください。
 
************************************
 
おまけ ☆☆☆☆☆
 
 
ゴールデンウィークに出かけた地で花火が上がってました!
少し冷たい空気が心地よい中見る花火も、なかなかでした(^^)/
hanabi.jpg
 
 
 
それではまた来週〜\(^o^)/

5/7(土)ADVANCE EARTH放送後記

環境に優しい取り組み、世界中のエコ活動を共有する「ADVANCE EARTH」。

今回の担当は、今井ちひろです。

 

 ご紹介したのは、必要がなくなった教科書を捨てるのではなく、困っている人達に役立てる活動を行っている「スタディー フォー トゥー」。ある日本の大学生が立ち上げた団体です。

 

 活動内容は、捨てられてしまう教科書を集め、必要とする学生に安く販売するというもの。

そしてその収益金を、途上国で学校に通えない子どもたちへ寄付し、教育支援につなげているのです。

 

 例えばラオスの小学校では、学年が上がるにつれ、『お金がない』という理由で、子供たちの数が減ってしまうとか。その現状に対し、「スタディー フォー トゥー」は最初の2年間で、

およそ400人もの子どもたちを支援してきたそうです。 

 

 教科書のリサイクルで有機的な点は、まず「教科書が不要となった人」は、ゴミを出さずに済むこと、そして「教科書が必要な人」は、安く手に入れることができること、さらにリサイクルで得たお金によって、子供たちが勉強できること。そんな「スタディー フォー トゥー」の取り組みは、年々、日本各地に広まっているそうです。

 

 みなさんのちょっとした思いが、社会を変える一歩になるかもしれません。

「周りの人と、小さなことでも意見をシェアする」まずは、そこから心がけてみてはいかがでしょうか。

 

 

************************************

 

番組では、みなさんからのエコ活動報告をお待ちしています。

テーマは

 

「ゴミを減らす工夫」

 

洋服を入れ替えたりする時期ですね〜。

整理整頓のタイミングで工夫していることなども教えてくださいね。

 

************************************

 

おまけ ☆☆☆☆☆

 

先日和菓子を頂いたのですが、包装紙を開けてみたら、裏側に封筒の型が描かれていました!

 

pic16-0507.jpg

 

捨ててしまいがちな包装紙ですが、切り取って貼り付けるとまた封筒として使える!

ゴミを減らす工夫がされていました(^-^)

 

みなさんからのメッセージもお待ちしておりますヾ(*´▽`*)ノ

 

それではまた来週〜(^◇^)

4/30(土)ADVANCE EARTH放送後記

環境に優しい取り組み、世界中のエコ活動を共有する「ADVANCE EARTH」。

 

 今回ご紹介したのは、とてもユニークな野菜作りと収穫を行っている「グリーン・アーバン・ランチボックス」! なんと、スクールバスに作られた農園です。

 

 2011年、アメリカ・ユタ州のソルト・レイク・シティを拠点に始まり、学校やスーパーを巡りながら、人々にガーデニング体験の機会を与えています。車内は、座席の替わりにコンテナで埋め尽くされ、野菜がいっぱい。バスを見かけた人は、中に入ってその野菜を収穫できるんです。

 

 このスクールバス農園には、2つのエコな仕組みがあります。一つ目は、栽培で使う水を循環させるアクアポニック。太陽光発電で作られたエネルギーを使用します。そしてもう一つは、生ゴミから肥料を作り出すコンポストです。

 

 このプロジェクトを始めたのは、両親のガーデニングを見て育ったショーン・ピーターソンさん。

ある日、駐車場を歩いていて、「こんなにいっぱい車を停められるスペースがあるのに、ガーデニングをできるスペースが少ないのは、なぜだろう?」との疑問から、「もしバスで野菜を育てることに成功したら、どこでも野菜を育てられる」と気付いたことがきっかけだそうです。

 

 自分で収穫した野菜を街中で食べられるなんて、もっと食事を楽しめそうですよね。

 

 

************************************

 

番組では、みなさんからのエコ活動報告をお待ちしています。

テーマは

 

「ゴミを減らす工夫」

 

連休中のお出かけ先で、ゴミを出さないようにしている・・そんなアイディアもお待ちしています。

 

************************************

1
アーカイブ