ADVANCE EARTH

パーソナリティー

プロフィール 今井ちひろ


ウィンターアロハ2019

☆タイトル:ADVANCE EARTH
☆放送日時:毎週日曜日 10:10〜10:20

(「びーさんぼーいず〜Be SUNDAY BOYS〜」内)
☆パーソナリティー:今井ちひろ

8/27(土)ADVANCE EARTH放送後記

環境に優しい取り組み、世界中のエコ活動を共有する「ADVANCE EARTH」。

本日の担当は構成のKです。

 

今日は、一年を通して暑い国・タンザニアから、

インターネット環境にまつわるお話をご紹介しました。

 

私たちの生活では、当たり前のように電気やインターネットが使えますが、

まだインフラが整っていない地域では、

電気はもちろん、インターネットにアクセスするのも難しいのが現状です。

 

ユネスコによると、サハラ砂漠より南の地域では、

1億8,200万人を超える大人たちが、読み書きできず、

4,800万人の若者たちが、十分な教育を受けられていないといいます。

 

アフリカ南部に位置するタンザニアにも、

奥地は、電力や通信といったインフラが整っておらず、

教育や経済の発展の、大きな障壁となっているのです。

 

こうしたインフラ不足による情報格差を埋め、

教育環境を改善するために誕生したのが「デジトラック」です。

 

「デジトラック」は、使わなくなった貨物用のコンテナをリフォームした、

移動可能なパソコン教室。

中には20台のノートパソコンの他、

LEDの薄型モニターやプリンタなどの、周辺機器も充実していて、

一度に18人の学生が、パソコンを使って勉強できます。

しかも必要な電力は、コンテナの屋根に張ったソーラーパネルで、

すべてまかなうことができる、エコな造りなのです。

 

アメリカの企業と、タンザニアで活動するNPO法人が

共同で取り組む「デジトラック」の普及は、

今後、アフリカ全土での展開を目指しています。

そして、必要に応じ、移動式の病院や、サイバーカフェとして

活用することも考えているのだそうです。

     

自然とリサイクル、そして情報通信の技術を掛け算したこのアイディア。

タンザニアの子どもたちが、世界に飛び出す懸け橋になることを、

期待せずにはいられませんね。

 

************************************

 

番組では、みなさんからのエコ活動報告をお待ちしています。

テーマは

 

「職場で見かけたエコ」

 

ぜひ番組宛に、お知らせくださいね。

 

************************************

 

おまけ ☆☆☆☆☆

uchimizu.jpg

打ち水発見!写真の、道路の右側はやっぱり

左側に比べて涼しく感じました。

皆さんも、屋外で溜めた雨水や、お風呂の残り湯を使って、

夕方にやってみてくださいね。

 

それでは、また来週(^-^)/

8/20(土)ADVANCE EARTH放送後記

環境に優しい取り組み、世界中のエコ活動を共有する「ADVANCE EARTH」。

おはようございます、今井ちひろです。

 

  夏休みなのか、海外から観光でやってくる人たちも多い時期ですね。

そんな方達に「ゴミがなくて清潔」と、評価の高い日本ですが、タバコの吸い殻や空き缶が落ちているのを、

たまに見かけることがあります。街中のゴミをゼロにするのは、なかなか難しい課題ですね。

 

 インドでも、路上に放置されるゴミが問題になっていますが、日本とちょっと違うのは、

その原因の一つにパッケージの図柄が関係あること。

 

 国民のおよそ80%がヒンズー教を信仰しているインドでは、売られているさまざまな商品に、

ヒンズー教の神様が描かれています。なんでも、パッケージに神様の絵が描いてある方が、売れ行きが良いんだとか! 問題は、商品を買った人が、神様の描かれたパッケージをゴミ箱に捨てられず、

街路樹の下や、川に放置してしまうということ。これは彼らにとって、“ゴミを路上に捨てる”・・・・

というより、“神様をうやまう行動”のようなのです。

 

 でもやっぱり、ゴミはゴミ。そこで、日用品を作っているインドの会社「ヘルプ アス グリーン」は、販売している商品のうちの一つ、“お香”のパッケージを紙で作り、その中に、植物の種を混ぜました。不要になったパッケージを丸めて土に埋めれば、種が発芽し、植物が育つという仕組みです。

また、育てた植物と一緒に撮った写真を募集し、送ってくれた人にはクーポン券をプレゼントする、という特典も付けています。

 

 住む人たちの思いや習慣に合わせた、ユニークな解決方法。インドの街が、ゴミではなく、

緑でいっぱいになる日が来るといいですね。

 

 

************************************

 

番組では、みなさんからのエコ活動報告をお待ちしています。

テーマは

 

「職場で見かけたエコ」

 

職場ならでは、でなくともお家でも使える工夫でもOK! ぜひ番組あてにおしえてください。

 

************************************

 

おまけ ☆☆☆☆☆

 

念願のニューヨーク旅行☆

 

『ツアー会社のニューヨーク支店に立ち寄ると先着でプレゼント!』

というので、泊まっていたホテルからちょっと離れていましたが、

地下鉄に乗りゲットしてきました♪

 

pic16-0820.jpg

 

エコバッグ〜*\(^o^)/*

 

トレーダージョーズというオーガニックのスーパーがあるのですが、

そこのエコバッグです(^-^)

 

ポップで可愛いエコバッグが、タダでもらえるとなれば、

もらうしかないでしょ〜♪(´ε` )

お買い物の時に使っています!

 

それではまた来週〜(*^◯^*)

 

8/13(土)ADVANCE EARTH放送後記

環境に優しい取り組み、世界中のエコ活動を共有する「ADVANCE EARTH」。

今日の担当はスタッフのMです。

 

 今日ご紹介したのは漁業が盛んな国、チリの話題。魚を獲るための網は、漁師さんにとって大切な

商売道具ですが、チリには、古くなった網を適切に処理する仕組みがなく、残念ながら、海に捨ててしまう人がいるのも事実です。

 

 捨てられた網は、プラスチックやナイロンを使って丈夫にできているため、分解されることなく

何十年も海中を漂います。そのため、ウミガメやイルカたちの身体に絡まって、命を奪ってしまうことも少なくありません。動物保護団体「ワールド アニマル プロテクション」の発表によりますと、

こうして海に放置されている古い網は、およそ64万トンにのぼると言います。

 

 この問題を解決するために、アメリカのサーファー3人組が「ブレオ」という会社を立ち上げました。

取り組んだのは、チリの古い網をリサイクルし、スケートボードを作ること。ブレオは、チリの海岸に網を回収する、専用のリサイクルボックスを設置し、原材料を集めました。そして、生産はすべてチリで行い、地域に新たな雇用も生み出したのです。こうして昨年は、50トン以上の網を集め、9000個

以上の製品をつくりました。現在は、新たな取り組みとして、チリの会社と一緒に、古い網を

リサイクルしたサングラス作りも始めているそうです。

 

************************************

 

番組では、みなさんからのエコ活動報告をお待ちしています。

テーマは

 

「職場で見かけたエコ」

 

ご自身の職場でなくとも、外で見かけた工夫でもかまいません。

みんなでアイディアをシェアしましょう。

 

************************************

 

おまけ ☆☆☆☆☆

 

お盆ですね。新幹線で帰省しました。

車窓からの風景です。

 

pic16-0813.jpg

 

水不足で、農家の方は大変な思いをされている夏ですね。。

節水、頑張るからね。良いお米に育っておくれ。

 

では、また来週♪

8/6(土)ADVANCE EARTH放送後記

環境に優しい取り組み、世界中のエコ活動を共有する「ADVANCE EARTH」。

今回の担当は、構成のKです。

 

泊りがけでキャンプに出かけたり、野外フェスに参加したりと、

屋外で楽しめるイベントがいっぱいの夏!

今日は、海外の野外イベントで活躍する、

テントにまつわるお話をご紹介しました。

 

野外フェスは、人気の高いイベントですが、

欧米では、ゴミと一緒にテントや寝袋といった、

たくさんのキャンプグッズが残され、大きな問題となっています。

泊りがけで野外フェスに参加した人のうち、およそ25%が、

使ったテントを、会場に残して帰るそうです。

 

そんな事実を知った、オランダのデザイナー、ヤンさんとバウトさん。

「まだ使えるのに、ゴミになってしまうテントを減らしたい。」

という思いから、ダンボールで出来たテント「カーテント」を開発しました。

 

この「カーテント」、ダンボール製だからと言って、あなどれません。

しっかり防水加工が施されていて、雨が降っても3日間は大丈夫!

折り畳み式で、組み立ても簡単です。

大人2人が、寝そべっても十分な広さがあります。

 

さらに、ダンボール製であることから印刷も簡単なため、

屋根には協賛企業の広告を印刷。PRにも一役買っています。

 

そして、ここからが大事なポイント。

使い終わった「カーテント」は、リサイクル工場に持ち込まれ、

教科書や学校用の靴箱に、生まれ変わっているのです。

 

100%のリサイクルを実現した、この仕組み。

楽しい夏のイベントが、さらにいい思い出になると思いませんか。

 

************************************

 

番組では、みなさんからのエコ活動報告をお待ちしています。

テーマは

 

「職場で見かけたエコ」

 

職場の皆さんで、楽しく取り組める、

ユニークな方法があったら教えてくださいね。

 

************************************

 

おまけ ☆☆☆☆☆

 

スイーツや冷凍食品を買うと入れてくれる保冷剤。

ハンドタオルを巻いて持ち歩くにはちょうどいいサイズなんですよね。

捨てずにストックして、何度も使っています。

首筋やおでこにあてると、ひんやりして気持ちいいですよ〜

 

 

 

 

 

image.jpg

それでは、また来週〜(σ≧∀≦)σ

1
アーカイブ