ADVANCE EARTH

パーソナリティー

プロフィール 今井ちひろ


ウィンターアロハ2019

☆タイトル:ADVANCE EARTH
☆放送日時:毎週日曜日 10:10〜10:20

(「びーさんぼーいず〜Be SUNDAY BOYS〜」内)
☆パーソナリティー:今井ちひろ

9/24(土)ADVANCE EARTH放送後記

環境に優しい取り組み、世界中のエコ活動を共有する「ADVANCE EARTH」。

おはようございます、スタッフのMです。

 

 今日は、オランダに住むトミーさんが始めた清掃活動をご紹介しました。トミーさんは、毎日川沿いの道を通る時、川岸に投げ捨てられた、たくさんのゴミを見ていました。見かねたトミーさん、川をキレイにしたいと、1人でゴミ拾いを始めたのです。30分のゴミ拾いで、ビニール袋1つ分が満タンになり、これを、およそ1.6kmの川岸からゴミが無くなるまで、毎日続けたんだそう。途中から友人も参加し、1ヶ月近くゴミ拾いを続けた結果、なんと、野生の鳥が巣をつくるほどにキレイになったのです。

 

 実はこの活動、これだけで終わりませんでした。大きな影響をもたらしたのが、インターネットでの発信です。トミーさんは、毎日のゴミ拾いの様子や、ゴミ拾い前と後の、川岸の写真を、SNSに投稿しました。すると、これを見た人たちが、活動に共感し、同じように、それぞれの地域で、自主的にゴミ拾い活動を始めたのです。トミーさんの運営する、SNSの専用ページには、アメリカやドイツなど、世界中から活動報告の写真が寄せられ、デンマークからは、1週間で海岸から950kgものゴミを拾い集めたとの報告も掲載されました。トミーさんは、この清掃活動をプロジェクトとして立ち上げ、地域の人たちと一緒に、エリアを広げて川岸の清掃活動を行っているそうです。

 

 小さな一歩でも、インターネットを通じて大きな共感を呼び、世界中に広まったこの活動。私たちも、何かできそうな気がしてきませんか。

 

************************************

 

番組では、みなさんからのエコ活動報告をお待ちしています。

募集するテーマは・・・

 

「食事にまつわるエコ」

 

お家での食事でも、外食でも。食べ物だけに限らず、食事関連のアイディアを教えてください。

 

************************************

 

おまけ ☆☆☆☆☆

 

ADVANCE EARTHからお知らせです。

この番組は、来週10月から日曜日10:10〜10:20からの放送に変更となります。

日曜日にお引越ししても、これまで同様、どうぞよろしくお願いします。

秋ですし、食べ物にまつわるお話もご紹介していきますよ!

 

pic16-0924.jpg

 

いチゴならぬ、栗のショートケーキ。

食べ物で季節を感じられる幸せを味わっています。

ではまた来週!

9/17(土)ADVANCE EARTH放送後記

環境に優しい取り組み、世界中のエコ活動を共有する「ADVANCE EARTH」。
今回の担当は、構成のKです。
 
今日は、自然のエネルギーとIT技術を駆使した、クリーンな街づくりのお話を、韓国からご紹介しました。
 
イベントやお祭りの時、会場に設置されているゴミ箱は、ちょっとしたゴミを捨てられる、ありがたい存在です。
けれども、ゴミがあふれかえっている、残念な光景を見かけることも。
なるべくゴミは持ち帰りたいですね。
 
韓国でも、たくさんの人が行き交う都市部では、街中に設置したゴミ箱がいっぱいになって、あふれてしまうこともあるのだとか。
そんな状況を変えたのが、韓国の会社、イーキューブ ラボが開発した、「クリーンキューブ」です。
 
「クリーンキューブ」は、駅や、サービスエリアなどでよく見かける箱型の、一見普通のゴミ箱。ですが、ゴミが溜まると、自動で中のゴミをギュッと圧縮する、驚きの機能がついているのです。
また、ゴミ箱にはセンサーがついていて、どのゴミ箱に、どれぐらいゴミが溜まっているか、いつでもデータで確認できます。
ゴミを収集する時も、満タンのサインが出ているゴミ箱だけ収集すればいいので、人手も少なくて済むという仕組み。
このおかげで、ゴミ箱からゴミがあふれることはなくなり、さらに、これまでの8倍のゴミを収容できるようになりました。
 
しかもクリーンキューブの電力は、取りつけられたソーラーパネルから太陽光でまかなう、エコなつくりになっています。
 
ソウル市で「クリーンキューブ」を設置したところ、ゴミを集める回数はおよそ6割減少、回収コストは8割以上も減ったのだとか。
 
人と環境に優しいこのゴミ箱は、イギリスやドイツなど、各国の大都市での導入実験も進んでいます。
世界中で活躍する日も、そう遠くないかもしれませんね。
 
************************************
 
番組では、みなさんからのエコ活動報告をお待ちしています。
テーマは
 
「職場で見かけたエコ」
 
 
「ADVANCE EARTHでご紹介したエコ活動を取り入れてみました!」というお話も大歓迎です。
 
************************************
 
おまけ ☆☆☆☆☆
 
雲の合間から一瞬だけ見えたお月様の撮影に挑戦!
月がきれいな季節になりましたね。
 
kamotae0917.JPG
 
それではまた来週♪

9/10(土)ADVANCE EARTH放送後記

環境に優しい取り組み、世界中のエコ活動を共有する「ADVANCE EARTH」。

おはようございます、今井ちひろです。

 

 今日は、売れ残って捨てられてしまう食べ物にまつわるお話をご紹介しました。

国際連合食糧農業機関によると、先進国で作られる食品の、およそ4割が食べられることなく捨てられているとか。アメリカも、食料廃棄量が多い国のひとつで、年間およそ3,300万トンの食料が廃棄されています。こうした食料を、ただ廃棄するのではなく、何か別のものにして活用できないかと考えたジャン・アレンさん。なんと、廃棄される食べ物から、電気と液体肥料を作る発電機を開発しました。

 

 「ザ・ホース」と名付けられた発電機は、トレーラーに載せて運搬可能な、いわば動く発電所。使い方は、食べ残しや生ゴミを、投入口から入れたら、ボタンを操作するだけ。すると、バイオガスと液体肥料が作られます。そして、このバイオガスを燃やすことで、機械の中のタービンを回し、電気を作り出すのです。気になるのは、その発電量ですが、年間25トンの食糧廃棄物から、最大で37メガワット、日本の4人世帯に置き換えると、実におよそ8世帯の年間消費電力分を作ることができるのです。

 

 ジャンさんは、「ザ・ホース」を、地域で活用してもらいたいと考えています。廃棄せざるをえない食べ物から、エネルギーを作る循環を生み出すだけでなく、地域の人たちがみんなで運営することで、コミュニティの活性化も期待できそうですね。

 

 

************************************

 

番組では、みなさんからのエコ活動報告をお待ちしています。

テーマは

 

「職場で見かけたエコ」

 

お勤めしていない方も、出先で見かけて印象に残っている工夫があれば、教えてくださいね。

 

************************************

 

おまけ ☆☆☆☆☆

 

ニューヨークのある日♪

道を歩いていると、日本食屋さん発見‼︎

 

その名も『Wasabi』。

 

カフェのような雰囲気の、お寿司やうどんなどの日本食が食べられるお店でした(^-^)

 

店内で食べている外国の方たちも、上手に箸を使って食べてましたよー(*^◯^*)

 

テイクアウトもできたので、持って帰ってホテルで食べたのですが、テイクアウトのお寿司は完売していたので、カレーにしました♪

 

pic16-0910.jpg

 

日本で食べるカレーと同じ味でびっくり!

 

ただ、写真右上の人参の千切りみたいなものは不思議な味で、完食したけど結局謎だった…(´∀`; )

 

それではまた来週〜♪( ´▽`)

9/3(土)ADVANCE EARTH放送後記

環境に優しい取り組み、世界中のエコ活動を共有する「ADVANCE EARTH」。

今日の担当はスタッフのMです。

 

 最近はエコバッグを持ち歩く人も増えてきましたが、買い物をした時にくれるビニール袋は、

ちょっとした小物を入れたり、ゴミ袋にしたり、なにかと便利ですよね。

 

 エジプトでも、お店で買い物をすればビニール袋に入れてくれますが、家庭で不要になったビニール袋の処理が、今、大きな問題になっているのだとか。10年ほど前、エジプト政府は、ゴミを処理する施設を海外から誘致しましたが、それによって、もともとゴミの処理を仕事にしていた人たちが、職を失ってしまいました。さらに2011年からアラブの国々で起こった革命以降、エジプトではゴミ処理施設が十分に稼働せず、処理されない、ビニール袋などのプラスチックゴミが、どんどん溜まってしまっているのだそうです。

 

 「これはエジプトの、最も深刻な問題のひとつだわ!」と考えた、デザイナーのハゼムさんとリヤドさん。2人は、不要なビニール袋から、布を作る方法を開発しました。まず、ビニール袋に消毒と殺菌をし、細長くカット。そして伝統的なエジプトの手織り機で、丁寧に織っていきます。すると、もともとのビニール袋の色を活かした、カラフルな布ができるのです。およそ3割のリサイクルコットンを混ぜることで、耐久性も強化した布は、バッグの他、椅子の座面や背もたれにも活用されています。布づくりに、あえて手織りを採用したのは、

エジプトの伝統的な機織り工芸を守るため、そして、雇用を生み出し、地域を元気にするためなんだとか。

 

 リサイクルをビジネスにするだけでなく、伝統や雇用を守り、未来につなげたこのアイディアは、

新しいエジプトの注目産業になるかもしれませんね。

 

 

************************************

 

番組では、みなさんからのエコ活動報告をお待ちしています。

テーマは

 

「職場で見かけたエコ」

 

あまりに普通になり過ぎていて、エコと気づかない場合も! 気づいたらメールくださいね。

 

************************************

 

おまけ ☆☆☆☆☆

 

自宅で使っていたサンダルが壊れてしまい、

100円ショップにビーサンを買いに行ったところ、

季節商品のため、すでに扱いがなくなっていました。

 

が、近所のお店の夏物処分セールで、1000円のビーサンを発見!

しかも一目惚れ!

 

pic16-0903.jpg

 

もう超お気に入りで、気分はアゲアゲ。

当初より予算オーバーですが、ずっと大切に使いたいと思いました。

 

では、また来週♪

1
アーカイブ