ADVANCE EARTH

パーソナリティー

プロフィール 今井ちひろ


☆タイトル:ADVANCE EARTH
☆放送日時:毎週日曜日 10:10〜10:20

(「びーさんぼーいず〜Be SUNDAY BOYS〜」内)
☆パーソナリティー:今井ちひろ

9/17(日)ADVANCE EARTH放送後記

環境に優しい取り組み、世界中のエコ活動を共有する「ADVANCE EARTH」。

おはようございます、スタッフのMです。

 

今年も熱い戦いが繰り広げられた、テニスの四大大会が終わりました。有名選手の試合で使われた

ボールは、試合後に会場で販売されることもありますが、それ以外のボールはどうなるか、

ご存知ですか? 1度の大会で使用されるテニスボールの数は、5万個を超えることもあります。

残念ながらそのほとんどは、ゴミとして捨てられてしまうそうです。

 

「試合中、わずか35分使われただけで、用済みになってしまうなんてもったいない!」

 

そう考えたイギリスのリチャード・モスさんは、大会で使われたテニスボールを、

ポータブルスピーカーに作り変えることにしました。

 

テニスボール表面のフェルトの下には、ゴムカップが入っているため音が反響して、スピーカーに

ピッタリの構造なんだとか。Bluetooth内臓のスピーカーをはめ込むと、クリアでいい音がするそう

ですよ。

 

実はリチャードさん、ご自身もかつてはプロテニスプレイヤーを目指したことがあったそうで、

リチャードさんならではのアイディアと言えます。役目を終えた公式ボールが、今度はファンの手元で、

熱い戦いを思い出させてくれそうですね。

 

************************************

番組では、みなさんからの、エコ活動報告もお待ちしています。

ただいま募集中のテーマは

「簡単! 手作りエコグッズ」

 

あなたお気に入りの一品をメールで教えてください。

************************************

 

おまけ ☆☆☆☆☆

 

買ってきたお惣菜が入っている容器です。

キレイに洗って使います!

 

pic17-0917.jpg

 

持ち寄りパーティーの時、

お料理を入れて行くのに軽くて便利なんです。

 

母は、作りすぎたおかずをご近所に

おすそ分けする時に利用しています。

お皿やタッパーと違って、返してもらう必要がないので気楽。

リサイクルに出す前に、もう一度活躍してくれるアイテムです。

 

では、また来週♪

9/10(日)ADVANCE EARTH放送後記

環境に優しい取り組み、世界中のエコ活動を共有する「ADVANCE EARTH」。

今回の担当は構成のKです。

 

今日はカナダから、割り箸を使ったインテリアをご紹介しました。
 
お寿司や麺など、今や世界中でアジア料理が楽しめますが、同時に、割りばしのような使い捨てのお箸も、世界中で消費が拡大しています。
 
カナダの大学で林業を学んだフェリックスさんによれば、バンクーバーには、アジア料理のお店が2,000以上あって、毎日10万個以上もの割りばしが捨てられていると言います。
そこで、フェリックスさんは、1度使われただけでゴミになってしまう箸を、どうにか活用できないかと割りばしから木の板を作る方法を開発しました。
 
まず、使用済の割りばしをキレイに洗浄し、樹脂でコーティングします。そして、向きを揃えて機械でギュッとプレスすると、平らな板になるのです。
バンクーバー市内のレストランに協力をお願いし、割りばしの回収専用ボックスを置いているので、原料の確保もバッチリ。
1枚1枚風合いが異なるこの板は、棚やコースター、テーブルの表面などのインテリアに加工して販売されています。
 
今度は長く愛着を持って使えるものとして、私たちの暮らしの中に戻ってくる割りばし。
アップサイクルの精神が感じられますね。

 

************************************

番組では、みなさんからの、エコ活動報告もお待ちしています。

ただいま募集中のテーマは

「簡単! 手作りエコグッズ」

 

簡単にできるアップサイクル案もおまちしています。 

************************************

 

おまけ ☆☆☆☆☆

銀座で、ユニークな街灯を発見しました!

風力と太陽光で発電しているそうですよ。

omage.jpg

 

それでは、また来週〜(^-^)/

9/3(日)ADVANCE EARTH放送後記

環境に優しい取り組み、世界中のエコ活動を共有する「ADVANCE EARTH」。

おはようございます、今井ちひろです。

 

 愛用している家電にちょっとした不具合が出た時、捨てずに修理して使いたい場面ってありますよね。

そんな時、解決してくれるかもしれない活動がオランダから、世界中に広がっています。

その名も「リペア・カフェ」。壊れたものを持っていけば、ボランティアの方が無料で修理してくれるのです。直してくれるものは家電だけでなく、おもちゃや家具、洋服に至るまで実にさまざま!

 

「リペア・カフェ」は、実際に店舗があるわけではなく、仕事などで得た修理の腕と知識を、誰かの

ために活かしたい人たちが定期的に集まるコミュニティです。「修理してほしい人」と

「修理したい人」が気軽に出会える場所なので、修理品を持ち込む側の人も腕に自信があれば、

修理する側に回ることもあるのだとか。

 

 この仕組みを考えたオランダのジャーナリスト、マーティン・ポストマさんは語ります。

「壊れたものをすぐ捨てるのではなく、修理して長く使うことでゴミを減らし、

さらに「修理って意外と簡単で楽しい! と伝えるのが狙いなんだ。」

2007年にマーティンさんが始めたこのカフェは、今や世界1,300ヶ所以上で行われていて、

日本でも東京や大阪など、5ヶ所で開催されています。これなら、愛着あるものが壊れてしまっても、長く使いつづけられそうですね。

 

************************************

番組では、みなさんからの、エコ活動報告もお待ちしています。

ただいま募集中のテーマは

「簡単! 手作りエコグッズ」

 

修理でもない、新しくオリジナルなお気に入りを生み出す工夫を教えてください。

************************************

 

おまけ ☆☆☆☆☆

 

もう9月ですね〜!

早いっ!

 

夏休みの思い出 1

 

pic17-0903.jpgのサムネイル画像のサムネイル画像

 

初めてのラフティング

NACK5のスタッフさんたちや事務所のマネージャーに誘って頂き、

初体験してきました(≧▽≦)ノ

水色の服で必死に漕いでいるのが私ですσ(^_^;)

楽しすぎるー!!!

また機会があったら行きたいな〜

 

夏休みの思い出2は次回…

それではまた来週〜(^○^)

1
アーカイブ