ADVANCE EARTH

パーソナリティー

プロフィール 今井ちひろ


ウィンターアロハ2019

☆タイトル:ADVANCE EARTH
☆放送日時:毎週日曜日 10:10〜10:20

(「びーさんぼーいず〜Be SUNDAY BOYS〜」内)
☆パーソナリティー:今井ちひろ

6/24(日)ADVANCE EARTH放送後記

環境に優しい取り組み、世界中のエコ活動を共有する「ADVANCE EARTH」。

おはようございます、今井ちひろです。

 

アメリカのマサチューセッツ工科大学でこのたび、植物自身がエネルギーを発する、新しい技術が開発されました。この実験に取り組んだのは、「植物ナノ生体工学」という新しい研究領域に取り組むチーム。これまでに、爆発物を検知するホウレンソウや、葉に備えたセンサーで水不足を警告する植物を研究してきたチームです。

 

マサチューセッツ工科大学によりますと世界中のエネルギー消費のうち、およそ2割は、照明によるものだといいます。そこで注目したのが、植物そのものでした。実験に使ったのは、サラダでもお馴染みのクレソンやルッコラ。ホタルのおしりを光らせる発光酵素などを液体に溶かし、植物に吸わせてみたところ、薄ぼんやりとした明かりが、およそ4時間つづいたと言います。ほとんどの植物に応用が可能で、研究チームは今後、より強く、より長く光るよう、開発を重ねていく予定です。

 

************************************

番組では、みなさんからの、エコ活動報告もお待ちしています。

来月から募集するテーマは

「こんなエコグッズがあったらいいな」

 

「まだ見かけたことはないけど、こんなグッズがあったら、

こんなエコに繋がるのでは?」といった、夢広がるグッズを考えてみてください。

 

************************************

 

おまけ ☆☆☆☆☆

 

とある駅を利用した時、駅構内で発見!

 

pic18-0624.jpg

 

すくすくと育ちざかりの雛たち。

 

人通りの多い、こんな場所で、たくましい!

感動しました!

元気に成長して巣立っていくことを願っています☆

 

それではまた来週〜♪

6/17(日)ADVANCE EARTH放送後記

環境に優しい取り組み、世界中のエコ活動を共有する「ADVANCE EARTH」。

おはようございます、スタッフのMです。

 

今日は、楽しくゴミ拾いに参加できる取り組みをご紹介しました。アメリカのシカゴ川をキレイにしているチャリティー団体「アーバン・リバーズ」は、毎日カヤックに乗って川のゴミを掃除していました。

これをもっといろんな人たちに参加してもらえるように考え出したのが、ゴミ収集ロボットを使ったオンラインゲーム! プレイヤーは、インターネット経由でゲームにアクセスし、ゴミ収集専門のボート型ロボット「Trashbot」を操縦して、シカゴ川の水面に浮かぶゴミを集めていきます。さらに集めたゴミの量に応じてポイントが与えられるので、ハイスコアを目指す楽しみも味わるんです。

 

「いつか片付けるゴミがなくなって、このゲームがつまらなくなればいい。」と、団体の設立者のひとり、ニックさんは語ります。現在はゴミを集めるステーションの建設や、ロボットの改善をしているのだとか。ゲーム好きな方は、サービスが始まったら、挑戦してみてはいかがですか?

 

************************************

番組では、みなさんからの、エコ活動報告もお待ちしています。

ただいま募集中のテーマは

「あなたがこれから取り組むエコ活動」

 

これを機会にこれまで手付かずだったことに着手してみては?

番組あてに教えてくださいね。

************************************

 

おまけ ☆☆☆☆☆

 

pic-0617.jpg

 

みなさんは、シャンプーを詰め替えしていますか?

私はお気に入りのボトルをずっと使っています。

商品を変えて、そのデザインがイマイチでも、

ボトルは常にお気に入りだから関係ない〜。

今は100円ショップでも、かわいいものがたくさんありますよね。

毎日使うものには、ちょっとこだわってます。

 

では、また来週♪

 

6/10(日)ADVANCE EARTH放送後記

環境に優しい取り組み、世界中のエコ活動を共有する「ADVANCE EARTH」。
今回の担当は構成のKです。
 
今日は廃棄されるパンが、オトナが大好きなアノ飲み物になるお話をご紹介しました。
 
イギリスの食卓で、日本のお米のように毎食並ぶのがパン。
ところが、大手スーパーマーケット・テスコによると、イギリスで生産されるパンのうち、44%が、家庭に届く前の工程で廃棄されてしまっているそうです。
量にして、実に年間90万トンになります。
 
こうした現状を変えたいと考えたのが、ジャーナリストのトリストラム・スチュアートさん。
捨てられてしまうパンを材料に、ビールを作ることにしました。
その名もずばり、パンビールという意味の「トースト・エール」。
 
材料となるのは、街のパン屋さんの売れ残りや、サンドイッチ工場などパンを加工する工程で発生する廃棄パン。
それらを、大きなタンクの中に入れ、水やホップ、イーストを加えると、お馴染みのビールができあがります。
「トースト・エール」のサイトでは、廃棄パンからビールを作るレシピも公開しています。
ノウハウを公開し、食料ロスを減らすのが目的で、廃棄パンからビールを作るのは、ドイツやアメリカなど、世界中に広まっているんです。
 
さらに、「トースト・エール」の売上は全て、食品廃棄問題の解決に向けて活動している団体に寄付されるのだとか。
つまり、このビールを買えば、世界の食料廃棄問題にも貢献できるということになります。
 
捨てられる食品を救う、2度おいしいアイディアですね。
 
 
************************************
 
番組では、みなさんからの、エコ活動報告もお待ちしています。
 
ただいま募集中のテーマは
 
「これから取り組むエコ活動」
 
 
私は、ビニール袋を三角畳みにして持ち歩くのを継続していますよ。
 
************************************
 
 
 
おまけ ☆☆☆☆☆
 
8108366162139 - コピー.jpg
地域の皆さんで取り組むエコ!
皆さんの街でも、実施していませんか?
 
それではまた来週〜(^-^)/~

6/3(日)ADVANCE EARTH放送後記

環境に優しい取り組み、世界中のエコ活動を共有する「ADVANCE EARTH」。

おはようございます、今井ちひろです。

 

プラスチックを、1ヶ月間使わない生活を送る、「プラスチック・フリー・ジュライ」、みなさんはご存知ですか? これは、2011年にオーストラリアから始まった、誰でも参加できるエコチャレンジキャンペーンで、毎年7月、1ヶ月間に渡って開催されます。参加方法は、専用サイトからプラスチックを使わないための具体的な方法を選んで登録するだけ。今や150ヶ国、200万人以上の人々が参加する、一大イベントに成長しました。

 

ちなみに、最も身近なプラスチックのうちのひとつ、ペットボトルは、年間どれぐらい消費されているか、知っていますか? PETボトルリサイクル推進協会によりますと、日本でのペットボトルの年間消費量は、2008年の時点でおよそ56万トン。500ミリリットルのものに換算すると、2日に1本捨てていることになります。これを、全員が水筒やマイタンブラーに変え、1週間に1本だけにすれば、40万トン減らすことにつながるんです!

 

6月5日は環境の日で、この日を含めて毎年6月は、環境月間です。全てのプラスチックを断つのは難しくても、まずはペットボトルから…というように、できることからチャレンジしてみませんか?

 

************************************

番組では、みなさんからの、エコ活動報告もお待ちしています。

ただいま募集中のテーマは

「これから取り組むエコ活動」

 

小さなことからコツコツと。これを機会に何か始めませんか?

************************************

 

おまけ ☆☆☆☆☆

 

アイスコーヒーはじめました♪

 

pic18-0603.jpg

 

番組のスタッフに、使わないからと譲り受けた水出しコーヒーポット♪

 

手軽にアイスコーヒーが作れて、飲みたいときにすぐ冷たいのが飲めるなんて最高です!

 

みなさんの、使わずに眠っているものも、誰かが欲しいと思っているものかもしれませんよ〜。

 

それでは、また来週〜(^-^)/

1
アーカイブ