ADVANCE EARTH

パーソナリティー

プロフィール 今井ちひろ


ウィンターアロハ2019

☆タイトル:ADVANCE EARTH
☆放送日時:毎週日曜日 10:10〜10:20

(「びーさんぼーいず〜Be SUNDAY BOYS〜」内)
☆パーソナリティー:今井ちひろ

9/30(日)ADVANCE EARTH放送後記

環境に優しい取り組み、世界中のエコ活動を共有する「ADVANCE EARTH」。

今日の担当はスタッフのMです。

 

今日はコーヒー文化のさかんなオーストリアの首都ウィーンのお話。1日に77万リットルものコーヒーが消費されていて、その裏では、実に44トンものコーヒーかすが、毎日ゴミとなっているのです。こうした、使い道のないコーヒーかすを活かしたいと思った、フロリアンさんとマニュエルさん。大学で、機械工学と農業を学んだ2人が考えついたのは、キノコを栽培することでした。コーヒー豆にはたくさんの栄養素が含まれているにも関わらず、飲み物として抽出されるのは豆全体のわずか1%、

あとは出がらしとなってしまいます。その豊富な栄養は、キノコを育てるのにピッタリだったんです。

 

コーヒーかすは、地元ウィーンのコーヒーショップやレストランなどから買い取り、キノコ栽培用の苗床にします。そして、収穫したキノコはコーヒーかすを提供してくれたお店にも卸します。2017年には農林省などから、環境に配慮した持続可能なビジネスを行うベンチャー企業として表彰もされました。

 

2人のモットーは、「みんなで力を合わせればもっといいことができる」!

地元のお店と一緒に取り組む新しい農業として、注目されていきそうですね。

 

************************************

番組では、みなさんからの、エコ活動報告もお待ちしています。

次回のテーマは

「おでかけ先で見つけたエコ」

 

秋の行楽先で見つけたエコを教えてください。

************************************

 

おまけ ☆☆☆☆☆

 

先日、近所を散歩していたところ、

ごく普通のご家庭に葡萄の実がなっているのを発見。

これまで全く気づかなかったのですが、

食べられるのかな??

 

pic0930.jpg

 

では、また来週♪

9/23(日)ADVANCE EARTH放送後記

環境に優しい取り組み、世界中のエコ活動を共有する「ADVANCE EARTH」。
今回の担当は構成のKです。
 
今日は日本の話題です。
消費者庁が行った、食品ロスを削減する調査をご紹介しました。
 
食べられるのに捨てられてしまう「食品ロス」。
世界中で、飢餓に苦しむ人々に向けた食料援助量は、1年間で320万トンなのに、日本の食品ロスは、およそ630万トンにものぼります。
これは、毎日みんながお茶碗1杯分のご飯を捨てている計算になるのですが、そう言われるとちょっとドキッとしますよね。
 
食品ロスを減らすには、どうしたらよいのでしょう?
消費者庁は、今年の1月に実証調査を行い、先日その結果を発表しました。
調査に協力したのは、徳島県のモニター家庭およそ100世帯。
1ヶ月間に渡って、「食品・お買い物ダイアリー」に、「購入したもの」と「金額が不明瞭なもの」に分け、重さ・金額・買った時期・捨てた理由など、詳細を書き込み続けてもらいました。
 
その結果、食品ロスを20%も減らすことにつながったんです!
それだけでなく、「食品ロスを減らすコツ」を教えた家庭では、40%もの食品ロスを減らすことができたんだとか。
「食品ロスを減らすコツ」は、消費者庁のサイトに「食品お片付け・お買い物マニュアル」として載っています。
「お腹が空いている時や、イライラしているときに買い物をしない」といったアドバイスや、「食材を無駄にしないレシピ」、さらには「冷蔵庫の片付けテクニック」など、いろいろなヒントがいっぱいです。
調査を行った消費者庁は、「計量するという行為が、食品ロスにつながりやすい行動を自覚し、
減らす工夫が自然と取り入れられたのではないか」とコメントしました。
 
ウチでもやってみよう! と思った方は、消費者庁のサイトをチェックしてみてくださいね。
 
 
********************
 
おまけ ☆☆☆☆☆
 
 
今年は本当に、雨の多い9月でしたね。
晴れの日が珍しいくらい。
 
でも、中秋の名月の日は晴れっ!
思いがけず、スカイツリーと満月の共演を見ることができました!
 
tuki0925.jpg

9/16(日)ADVANCE EARTH放送後記

環境に優しい取り組み、世界中のエコ活動を共有する「ADVANCE EARTH」。

今日の担当は今井ちひろです。

 

今日はドイツの宅配サービスをご紹介しました。ドイツでは1日におよそ80万個もの小包が国内中に運ばれていて、配送時などに排出される二酸化炭素は、400トン分にもなるのだとか。

 

そこで、ドイツの広告制作会社が立ち上げたのが、オンラインの買い物代行サービス「キーツカウフハウス」。こだわったのは、地域の個人商店から購入すること、そして、配達方法もエコであること、この2つです。本当は街の専門店で買い物をしたいけれど、あちこちお店へ行くのが面倒で、通販で買い物を済ましていた人も、「キーツカウフハウス」を使えば、悩みは解決!  サイトには、地元のオーガニックスーパーや、精肉店、さらには本やおもちゃの専門店が掲載されていて、通販サイトと同じように使えます。

 

サービスを支える配達人は、1家庭からの注文票を確認し、電動自転車でそれぞれのお店を回って、全ての商品をピックアップします。ひとつの大きな袋に入れて、各家庭へ届けてくれるので、余計な梱包がゴミになるのを減らせるという訳です。現在、このサービスを利用しているのは、1,300人ほど。

それでも、登録しているお店の売上は全体で25%もアップしているというから驚きです。地域活性にもつながっていると話題になっていて、今年中には、新たに2つの都市でもサービスを開始する予定となっています。

 

************************************

おまけ ☆☆☆☆☆

 

先日、食事に行った先で、天ぷらにつける大根おろしに癒されました♪

 

pic0916.jpg

 

可愛くて崩すのがもったいないと思いつつ、美味しく頂きました!

 

インスタ映え〜!?

インスタやってないけど〜!笑

 

それではまた来週〜♪

 

9/9(日)ADVANCE EARTH放送後記

環境に優しい取り組み、世界中のエコ活動を共有する「ADVANCE EARTH」。

今日の担当は、スタッフのMです。

 

今日、取り上げたのはオランダのアムステルダムのちょっと変わったエコツアー。市内を流れる運河で、釣りをしながらボートで下るのですが、このエコツアーで釣り上げるのはプラスチックゴミなんです!

運営しているのは、プラスチック集めのプログラムを運営する会社 「プラスチックホエール」。

 

参加者は、ボートから美しい風景や観光名所を眺めつつ、運河の底や、水面を流れてくるプラスチックのゴミを網ですくいます。集めたゴミはリサイクルして、リビングテーブルや椅子、ランプといった、

家具の材料にするそうです。さらに乗り込むボートも、廃棄されたプラスチックゴミを原料に作られたもの。7年前にはわずか1隻だったものも、今や10隻まで増えました。

 

「プラスチックはゴミではない。」というのが、この会社の理念です。使い捨ての、価値のないものと思うから問題になってしまうだけで、逆に貴重な素材だと示すことが狙いだそうです。事実、およそ2時間のエコツアーはとても人気で、アムステルダムの運河だけではなく、南西に60kmほど離れたロッテルダムの港でも、プログラムが始まりました。

 

プラスチックホエール社の合言葉は「議論ばかりするのではなく、解決に向けて動く」。ゴミの見方を変えた、前向きで楽しい取り組みですね。

 

************************************

番組では、みなさんからの、エコ活動報告もお待ちしています。

ただいま募集中のテーマは

「あったらいいな、こんなエコグッズ」

 

エコで便利な都合のよいグッズはないものか。。みなさんはどんなグッズがあったらいいと思いますか? ぜひメールで教えてください。

************************************

 

おまけ ☆☆☆☆☆

 

お気に入りのタンブラーです。

パッキンなしなのに漏れないし、洗う時もスポンジを持った手で洗える優れもの。

しかも軽い!

タンブラーはいくつか持っているのですが、

使いやすいものが一番活躍しています。

 

では、また来週♪

pic0909.jpg

9/2(日)ADVANCE EARTH放送後記

環境に優しい取り組み、世界中のエコ活動を共有する「ADVANCE EARTH」。
今回の担当は、構成のKです。
 
今日はアメリカから、屋外広告を活用したブランドのお話でした。
 
街を歩けば、目を引く大きな広告。
告知期間を過ぎた広告は、じきに廃棄されますが、アメリカでは、毎年30万枚もの巨大な広告が差し替えられ、捨てられています。
 
これらをなんとか活用したいと考えていたアレックさんとアリックさん兄弟は、南米を旅した時、古い広告が屋根の雨漏り補修に使われているのを見て、あるリサイクルを思いつきました。
廃棄される広告を利用して、オリジナルグッズを作る会社「レアフォーム」を立ち上げたのです。
 
実は屋外に貼りだされる広告は、防水加工が施され、丈夫なビニール素材にプリントされていることが多いといいます。
レアフォーム本社には、そんな使用済み広告が、アメリカ中から、毎月およそ9000キロあまり届くのですが、それらをひとつひとつカットし、リュックや財布、スマートフォンのケースなどの素材にするのです。
いろいろな広告を使うので、全て一点モノ、ひとつとして同じものがありません。
 
2人は「広告が溢れるアメリカなら、社会のためにもなるし、きっと成功すると確信していた」と語ります。
 
商品やサービスを伝え終えた広告。
生まれ変わって、今度はエコなメッセージを発信しているように感じますね。
 
************************************
 
番組では、みなさんからの、エコ活動報告もお待ちしています。
 
ただいま募集中のテーマは
 
「あったらいいな、こんなエコグッズ」
 
 
実際に作ってみた、なんて方、発明のコンテストに出してみるのもアリ!?
 
************************************
 
 
 
おまけ ☆☆☆☆☆
 
先日、箱根にドライブへ行ってきました。
「箱根駅伝ミュージアム」は、あの駅伝のいろいろなエピソードが知れて、想像以上に楽しかったです^^
 
hakone - コピー.jpg
それではまた来週〜(^-^)/

1
アーカイブ