ADVANCE EARTH

パーソナリティ

プロフィール 三原勇希

ウィンターアロハ2019

☆タイトル:ADVANCE EARTH
☆放送日時:毎週日曜日 10:10〜10:20

(「びーさんぼーいず〜Be SUNDAY BOYS〜」内)
☆パーソナリティー:三原勇希

6/16 ADVANCE EARTH 放送後記

環境にやさしい取り組み、世界中のエコ活動を共有する「ADVANCE EARTH」。

世界では毎年520万ヘクタール、日本の国土全体の15%にあたる森林が、消滅しているといいます。そして、その減少率の最も多い国がブラジルです。

 

今日は、そんなブラジルで世界から注目を集めているフォトジャーナリストのセバスチャんさんと、その妻、レリアさん夫婦のお話し。セバスチャンさんは、30年前に東アフリカへわたり、ルワンダの取材で数々の賞を獲るなど、写真家として活動してきました。その後、ブラジルへ帰ってきた夫婦は、故郷の姿に驚愕します。あったはずの青々とした木々は、跡形もなく消えてしまい、そこに住んでいた野生動物も、いなくなっていたのです。「これではいけない!」と、彼らは環境団体「Instituto Terra」を設立し、植林活動を通じて、森を再生しようと決意しました。

 

その道のりは、決して容易ではなく、最初の植え付けでは、種の5分の3が土の中でアリに食べられて死んでしまったこともあります。試行錯誤を重ねて被害を防いでも、森の復活にかかる費用は莫大です。資金不足となった時には、写真家にとって命ともいえるカメラをオークションにかけ、自己資金で補いながらプロジェクトを続行しました。

 

そして、団体設立から20年あまり経った今、見違えるような森が戻ってきたのです。夫婦が植えた木々は、およそ数百万本にものぼります。さらに緑がよみがえったことで、より多くの雨と涼しい気候をもたらし、枯れていた8つの天然温泉まで復活させたのです。
 

そんな彼らの半生は、長編ドキュメンタリーにもなり、世界中で賞賛されています。

 

**********************************************************

 

番組ではみなさんからのエコ活動報告もお待ちしております。

ただいま募集中のテーマは

「エコ成功談・失敗談」

 

試しにやってみたら大正解だったエコな工夫や、

張り切ってやってみたけどイマイチだったエコ体験など

あなたのエピソードを教えてください。

 

**********************************************************

★  おまけ★

 

パーソナリティの三原勇希です。

 

今日のお話、すごいなぁ・・・

たった二人でここまで行動できるなんて、かっこいいなぁ…!

 

でも思い切って一歩踏み出してみたら、なんでそんなに躊躇してたんだろう…

って思うことってよくありませんか?

 

私はそれでいうと最近、一般の方向けに会員制のランニングクラブを始めました。

 

走ることが好きで7年続けていて、マラソンで人生の充実感を味わえたりして

自分自身がすごく明るく強い方に変わったと思うから、

若い女性たちに少しでも共有したかったんです。

 

蓋を開けてみたら、1日も経たない内に定員に達して、

今はそのメンバーで定期的に活動しているんですが

もっと早く始めればよかった、と思います。

もちろん課題はその都度出てきますが、

始める前に「こうなったらどうしよう…」って心配していたこととかって

意外と起きなかったり。大した問題じゃなかったり、

全く別の問題が見えてきたり。

起きる前に色々心配するより、

起きてから対処する責任と覚悟を持つ方が大事ですね。

 

ランニングクラブのお話は、また放送でできればと思います♪

 

pic0616.jpg

 

6/9 ADVANCE EARTH 放送後記

環境にやさしい取り組み、世界中のエコ活動を共有する「ADVANCE EARTH」。

今日の担当はスタッフのMです。

 

今日取り上げたのは、マレーシアの会社「FOODABOX(フーダ・ボックス)」。

2014年、プラスチック容器よりも紙を使ったパッケージを世界に広めようと、設立されました。立ち上げたのは、マレーシアの大学に通う学生たちで、彼らは、脱プラスチックの動きが進まないのは、価格の問題があるのではないか、と考えました。マレーシアでは、プラスチック製のランチボックス1個がおよそ3円、それに対し、紙で出来ているものは、およそ10円かかります。そこで、紙容器に広告を載せ、その分、飲食店へ安く提供するビジネスを彼らは思いついたのです。

 

紙の素材自体も、環境に負担のかからないものを選び、コーディング材は、オーガニックな自然由来のものを、印刷には大豆で出来たインクを使うなど、エコにこだわりました。もちろん、機能性も優れていて、温かいものから冷たいものまで大丈夫。食べ物が漏れることもありません。また、クライアントへのサービスも充実していて、例えば、最低5万個からの注文からしか受け付けない会社が多い中、フーダボックスでは、5千個から引き受けています。顧客のニーズをくみ取ることで、利益よりも目的を重視する姿勢が、ここでも伺えますよね。

       

飲食店、広告主、そして私たち消費者、みんながハッピーになれる取り組み。学生たちによる柔軟な発想だからこそ、生まれたのかもしれません。

 

**********************************************************

 

番組ではみなさんからのエコ活動報告もお待ちしております。

ただいま募集中のテーマは

「エコ成功談・失敗談」

 

思った通りの結果、思った以上の結果、思いもしなかった結果、

みなさんのエコ体験を教えてください。

 

**********************************************************

★  おまけ★

 

梅雨に入り、本格的な夏ももうすぐですね。

環境に配慮した舗装ばかりだったら、

何度くらい温度が下がるんでしょう??

 

pic0609.jpg

 

それでは、また来週!

6/2(日)ADVANCE EARTH放送後記

環境に優しい取り組み、世界中のエコ活動を共有する「ADVANCE EARTH」。

今回の担当は構成のIです。

今日はニュージーランドから「世界を代表するエコホテル」と認められた

ホテルをご紹介しました。

           

ニュージーランドにあるホテル「シャーウッド・クイーンズタウン」。

こちらは、アメリカの新聞で「世界を代表する5つのエコホテル」の

一つに選ばれました。

「エコホテル」と聞くとまず、「ソーラーパネルを設置しているの?」と

想像しますが、もちろんホテルの電気は全て太陽光発電。

でも、それだけじゃないんです。

まず注目したいのは、お部屋の内装。

カーテンは、イタリア陸軍払い下げのブランケットに手を加えた

オリジナルのもの、カーペットには漁師が廃棄したネットを再利用し、

壁の断熱材はワインコルクからリサイクルしたものを使っています。

これだけでも、それぞれどんなものか、実際に行って見てみたいですよね。

ほかの家具も、廃材を使って作られたものが置かれています。

 

楽しみな食事も、このホテルならでは。

敷地内には養蜂場や畑があり、農薬や化学肥料を使わない

自然由来にこだわった野菜や果物の栽培をしています。

お料理の材料は全て、ここで採れたものか、

地元で有機栽培をしている農家さんから仕入れたもの。

ジャムやピーナッツバター、ヨーグルトなども

すべて無添加で作られた、シェフのお手製です。

 

そして、このホテルの大きな目玉は、様々な体験プログラムがあること。

専門のインストラクターがいるヨガクラスや、

自然の中を思いっきり走る、マウンテンバイクのアクティビティ、

スパなどを楽しめます。

 

泊まるだけでなく、心も体も健やかになれそうなホテル

シャーウッド・クイーンズタウン」。

もしニュージーランドに行くことがあったら、

みなさんもぜひチェックしてみてください。

      

 

 

***********************************

番組では、みなさんからの、エコ活動報告もお待ちしております。

ただいま募集中のテーマは

エコ成功談・失敗談」です!

みなさんが体験した成功談、失敗談を

募集しています。

番組あてに教えてください!!

***********************************

 

 

おまけ☆☆☆☆☆

 

私のエコ失敗談は……

この間お風呂のお湯を節水しようと思って、

ペットボトルに水を入れてかさ増しを試みましたが、

なんとお風呂をいれる時点で蛇口を閉め忘れたまま熟睡してしました。。。

 

恐る恐る見てみると、水道水掛け流しお風呂になっていました。

 

何で寝てしまったんだろう…。

節水に全然なってないよ、とトホホ・・・でした。

1
アーカイブ