ADVANCE EARTH

パーソナリティ

プロフィール 三原勇希

ウィンターアロハ2019

☆タイトル:ADVANCE EARTH
☆放送日時:毎週日曜日 10:10〜10:20

(「びーさんぼーいず〜Be SUNDAY BOYS〜」内)
☆パーソナリティー:三原勇希

8/25(日)ADVANCE EARTH放送後記

環境に優しい取り組み、世界中のエコ活動を共有する「ADVANCE EARTH」。

今回の担当は構成のIです。

 

私たちの町でも数多く見かける自動販売機。

アメリカ・サンフランシスコでは、

地元のアーティストがデザインしたネックレスやシール、

それに絵画まで売っている面白い自販機があるそうです。

そしてニューヨークでは、プラスチック容器を使わない、

少し変わったものが登場しました。

扱っているのは、新鮮なサラダやアサイーボウル。

これらが再利用可能で、持ち運びしやすいガラス容器に入って売られています。

サラダの価格は一つ、600円から1,200円ほど。

決して安くありませんが、朝食を通勤途中で手軽に買えるのは嬉しいですよね。

なんといってもポイントは、入れ物が何度も繰り返し使われるということ。

加えて、容器を回収ボックスに戻すだけで、次回購入するときは、

およそ200円の割引がされるといいますから、お得感もあります。

気になる回収率ですが、

実験的に運用した半年間で、返品率は80%にも上ったそうです。

その結果、この夏には設置箇所を10箇所に増やすこととなりました。

便利なものを利用すると同時に、エコな循環を自ら生み出す取り組みは、

まだまだたくさん展開していきそうです。

ユニークな自動販売機に夢が広がりますね。

 

***********************************

番組では、みなさんからの、エコ活動報告もお待ちしております。

ただいま募集中のテーマは

「私の自慢エコ料理」です!

レシピでも調理法でも、みんなでアイデアを共有しましょう!!

番組あてに教えてください!!

***********************************

8/18 ADVANCE EARTH 放送後記

環境にやさしい取り組み、世界中のエコ活動を共有する「ADVANCE EARTH」。

 

今日は、ブラジルでの食品ロスへのユニークな取り組みについてご紹介しました。2日間の期間限定ですが画期的なレストランがサンパウロに登場したのです。それは「食材のないレストラン」。こちらは料理に使う食材をお店側では用意せずに、お客さんが持ってくる、という新たな仕組みにチャレンジしたお店です。

 

まず、家庭の冷蔵庫に放置された「もう、食べないかも・・・」と思った食材をお店へ持参します。シェフたちはそれを材料に、グルメな一皿へ変身させ、お客さん達に提供するのです。帰る時には、自宅でも作れるようにと、料理のレシピが請求書の代わりにプレゼントされたのだとか。また、レシピは動画でも公開され、しっかりと一皿の料理に生まれ変わる様子が話題を呼びました。結果的に、このキャンペーンでは、2,700種類もの食料品がただ捨てられるのではなく、美味しいお料理として食べられたそうですよ。

 

**********************************************************

 

番組ではみなさんからのエコ活動報告もお待ちしております。

ただいま募集中のテーマは

「私のエコ料理自慢」

 

エコな取り組みは節約にも繋がりますが、

毎度毎度のご飯ならなおさらのこと。

あなた自慢のエコ料理を教えてください。

 

**********************************************************

★  おまけ★

 

パーソナリティの三原勇希です。

 

暑い、暑すぎる…

逃げるように川遊びをしてきました。

群馬県の水上で、初めての「キャニオニング」!

 

ウエットスーツを着て、キャニオニングシューズを履いて、

ヘルマットをつけて渓谷に入り、川を身一つで、下って行くスポーツ。

 

こんな風に。涼しそうでしょ?笑

 

pic0818-1.jpg

 

途中には20mの高さの滝壺に落ちる場所も。笑

 

pic-0818-2.jpg

 

運営しているランニングクラブの女子16人を連れて行ったのですが、

みんなテンション全開で楽しんでくれました。最高のリフレッシュ!

自然を利用した、エコツーリズムですね〜。

8/11 ADVANCE EARTH 放送後記

環境にやさしい取り組み、世界中のエコ活動を共有する「ADVANCE EARTH」。

今日の担当はスタッフのMです。

 

今日はポーランドで開発された、これまでにはない「ラップ」をご紹介しました。作ったのは、科学者やデザイナーたちで構成された「Make Grow Lab」という団体。見た目は色が付いていて、スタイリッシュな印象ですが、これまでのラップと大きく違う点は、それ自体を食べられるということです。

 

原料には、地元農家などで余ってしまった野菜を使いました。柔軟性や耐久性は、従来のものと比べても、何ら変わりありません。耐水性にも優れ、食材を新鮮に、しっかりと保つことができます。ラップの賞味期限はおよそ2年で、食べなければ、肥料としても利用できるのだそうです。このように、廃棄物をそのまま再利用するのではなく、商品としての価値を高めるような加工を行う「アップサイクル」は、環境問題を考える上で、大切な視点となっています。

 

究極のエコ商品として注目を集めている、このラップ。どんな味がするのか、一度食べてみたいですよね。

 

**********************************************************

 

番組ではみなさんからのエコ活動報告もお待ちしております。

ただいま募集中のテーマは

「私のエコ料理自慢」

 

私は最近、暑さのあまり、火を使わない料理に凝っています。

缶詰で作る冷汁風なものとか!

みなさんのお料理での工夫を、みなさんにぜひシェアしてください!

 

**********************************************************

★  おまけ★

 

年々、夏が猛烈に暑くなり、あまり外に出なくなりましたが、

朝はやっぱり清しい!

そして、公園の緑の中に入ると明らかに涼しいです。

運動不足にならないためにも、朝の散歩は続けたい習慣です。

 

pic-0811.jpg

 

それでは、また来週!

8/4(日)ADVANCE EARTH放送後記

環境に優しい取り組み、世界中のエコ活動を共有する「ADVANCE EARTH」。

今回の担当は構成のIです。

 

今日はカナダから、持つのが少し恥ずかしいレジ袋をピックアップしました。

 

日本では、簡単にもらえなくなってきているレジ袋。

世界を見渡してみても、その傾向は広がっています。

カナダでも2021年までに、

ビニール袋など、使い捨てプラスチックが禁止になるそうです。

けれども、有料にしただけでは

その成果はなかなか上がらない、とも言われています。

 

そこで、バンクーバーのスーパー

East West Market (イースト ウェスト マーケット)は、

レジ袋に、ある工夫をしました。

それは袋の前面を“持ち歩きたくない”デザインにするというもの。

種類は3種類ほどあって、

「アダルトビデオ店」といった大きなロゴなど

持ち歩くには少し恥ずかしい言葉がプリントされているのです。

 

「このレジ袋を見かけた、他のお客さんには

『エコバッグを忘れずに持ってこよう!』という意識づけに繋がります」と

スーパーのオーナー、デヴィッドさんは話しています。

そして、将来的にレジ袋を完全になくすことが目標なのだそうです。

 

「こんなの持ち歩きたくない!」という気持ちが

環境問題に一役買うことができるなんて、ユニークなアイデアですよね。

 

***********************************

番組では、みなさんからの、エコ活動報告もお待ちしております。

ただいま募集中のテーマは

「私の自慢エコ料理」です!

レシピでも調理法でも、みんなでアイデアを共有しましょう!!

番組あてに教えてください!!

***********************************

 

おまけ(^^)

 

暑い日が続いていますね。

みなさん、水分補給などを多めにして、体調にはお気を付けてくださいね!!

 

 

1
アーカイブ