ADVANCE EARTH

パーソナリティ

プロフィール 三原勇希

ウィンターアロハ2019

☆タイトル:ADVANCE EARTH
☆放送日時:毎週日曜日 10:10〜10:20

(「びーさんぼーいず〜Be SUNDAY BOYS〜」内)
☆パーソナリティー:三原勇希

1/19 ADVANCE EARTH放送後記

環境に優しい取り組み、世界中のエコ活動を共有する「ADVANCE EARTH」。
今日は中国から、街をキレイにしてくれるロボットのお話でした。
 
家の中を自動でキレイにしてくれるお掃除ロボット。とても便利ですよね。
中国では、それがついに、街に登場することで話題になっています。
環境保全サービスを展開する、盈峰(インフェン)環境ハイテクグループは、街中を自動で掃除する「都市清掃ロボット」を発表しました。
これまで、入り組んだ細い路地や、障害物の多い公園の掃除は、人の手に頼らざるを得ませんでした。
けれども、AIを搭載したこのお掃除ロボットは、人と同じくらい複雑な動きができるのです。
 
ロボットの大きさはリヤカーほどで、通行人や障害物を認知し、華麗によけながら作業をします。
そして、どんな天気でも作業が可能、雪かき作業もできるんだとか!
二酸化炭素の排出量を削減したり、焼却コストを下げるためには、適切なゴミの収集が必要ですが、街の美化を守るための清掃業務は重労働で危険も多く、常に人手不足です。
 
お披露目のあった湖南省長沙市の計算によれば、65人のスタッフで作業しているエリアに、ロボット8台を導入すれば、年間経費をおよそ4割も減らせるのだといいます。
 
今後5年の市場規模は1兆2301億円。
今、世界中が注目しているAIを利用したエコビジネスのひとつです。
 
************************************************
 
番組では、みなさんからの、エコ活動報告もお待ちしています。
ただいま募集中のテーマは
「ゴミ捨てのマイルール」!
 
習慣化するコツも、あったら合わせて教えてくださいね。
 
************************************************

1/12(日)ADVANCE EARTH放送後記

環境に優しい取り組み、世界中のエコ活動を共有する「ADVANCE EARTH」。

 

今日ご紹介したのは、フィンランドで8番目に大きい街・ラフティの取り組み。ヨーロッパの中でも環境対策に熱心な街のひとつですが、この街で暮らす、およそ12万人の人々の、主な移動方法は自動車でした。地下鉄のような公共交通機関が少ないため、どうしてもマイカー移動が中心。そのため交通による二酸化炭素の排出量は、全体のおよそ3割を占めていたのです。

 

そこで街を上げて取り組んだのが、「CitiCAP」というエコプロジェクト。専用のアプリに登録すると、ユーザーの移動手段、距離、所要時間などから二酸化炭素の排出量が自動で計算されます。そして、シェアカーや自転車など、車よりもエコな交通手段を使うと、バスの割引券や自転車修理の割引クーポンなど特典がもらえるのです。

 

結果、お財布にもうれしいこのエコプロジェクトは、多くの市民に受け入れられました。昨年6月には、持続可能な開発に向けた取り組みをしている、最も先進的な自治体として、「欧州グリーン首都賞」も受賞したそうです。

 

************************************

番組では、みなさんからの、エコ活動報告もお待ちしています。

ただいま募集中のテーマは

「ゴミ捨てのマイルール」

 

捨て方にも一工夫! そんなあなたのアイディアを教えてください!

************************************

 

おまけ ☆☆☆☆☆

 

あけましておめでとうございます!

パーソナリティの三原勇希です。

 

今年のお正月は多分初めて? 地元に帰らず、

東京で年越しをしたのですが

実家に帰らないと、お正月って特にやることないですね。笑

やっぱり家族や親戚で集まっておせち食べないとね!

 

pic20-0112.jpg

 

新年早々、オーストラリア火災やイラク情勢など

心痛むニュースが届きましたね。

ネットで流れるフェイクニュースや噂に惑わされず、

自分でよく調べよく考え、

地球と隣人に優しいことを 一つ一つやって行こうと思います。

 

今年もADVANCE EARTHをよろしくお願いいたします^^

1/5(日)ADVANCE EARTH放送後記

環境に優しい取り組み、世界中のエコ活動を共有する「ADVANCE EARTH」。

 

今日はノルウェーのトロンヘイム市では、最大限その恩恵を受けられるオフィスビルをご紹介しました。

「Power House」と名付けられたプロジェクトで、建物自体が、内部で消費する電力をすべて太陽光発電で作ってしまうというこちら。

 

発電量は年間50万kWhで、これはビル内で必要なエネルギーの2倍にもなるので、余った分は外部に供給しています。建物の見た目は真っ黒で、不思議な形をした屋根には3,000平方メートル、一般的な25mプールでいうと、およそ10個分の広さに渡って、ソーラーパネルがびっしりと敷き詰められています。色や形がちょっと変わっているのは、1年中を通して日光を集めるのに最適な角度を追求したから。北極に近いノルウェーは、夏は白夜になるほど日照時間が長いものの、反対に冬は5時間程度になってしまうのです。そこで、昼間の長い夏の間にできるだけ多くの電力を吸収し、冬の間はその蓄えを使えるようにしました。

 

60年は発電を続けられるという「Power House」、環境に負荷をかけない街のシンボルになりそうです。

 

************************************

番組では、みなさんからの、エコ活動報告もお待ちしています。

ただいま募集中のテーマは

「ゴミ捨てのマイルール」

 

実践中のルール、これから取り組みたいルールを教えてください。

 

************************************

 

おまけ ☆☆☆☆☆

 

出かけた先で見かけるお正月飾り、

気分を盛り上げてくれますよね。

他の季節ものより、自然由来のものを使っていることが

多い気がします。

 

pic20-0105.jpg

 

今年もADVANCE EARTHをどうぞよろしく。

では、また来週♪

12/29 ADVANCE EARTH放送後記

環境に優しい取り組み、世界中のエコ活動を共有する「ADVANCE EARTH」。
今日は、職場のごみ箱をゼロにする挑戦をした、日本のアパレル企業のお話でした。
 
みなさんは、1日にどれだけゴミを捨てているか、意識したことがありますか?
環境省の調査によりますと、日本人1人が1日に出すゴミは、およそ1 kg。
そんなに捨てているかなぁ? と、意外に思われるかもしれません。
 
そこで、ゴミを捨てるための「ゴミ箱」それ自体を、思い切って職場から撤去してしまった会社が登場しました。
earth music&ecologyなどのブランドを展開するアパレル企業、株式会社ストライプインターナショナルは、今年の9月、1ヶ月間に渡って職場からゴミ箱をなくす、「ごみ箱ゼロチャレンジ」というプロジェクトに挑戦したのです。
 
まずは岡山と東京のオフィスで、ごみ箱の撤去を実行。
そして、全国1,422店舗では、廃棄するものすべてを細かく分別し、何をどれぐらい捨てているのかわかるように、徹底的に見える化をしました。
分別は、配送の段ボールから、お店で使うタグに至るまで、実に71種類にも渡ります。
測定の結果、1ヶ月間に全社で35.8トンのごみが出ていることが分かりました。。
 
取り組みを続けていくスタッフの方の中には、
「業務ではどうしても出てしまうごみがある。それならプライベートでごみを出さないようにしよう」
と、マイボトルを持ち歩いたり、エコバッグを使ったりするようになったんだとか。
 
こうして、岡山本社では捨てられるペットボトルをゼロに、東京オフィスでは、ゴミを1,620kgも減らすことができました!
 
会社を挙げて、総勢8,446人で挑んだごみ箱ゼロチャレンジ。来年3月の再チャレンジに向けて、さらなる作戦を立てているそうです。
 
************************************************
 
番組では、みなさんからの、エコ活動報告もお待ちしています。
新年1月から募集中のテーマは
ゴミ捨てのマイルールです!
 
新しい年を迎えるのに合わせて、エコなマイルールを決めてみては!?
 
************************************************
 
今日は、年内最後のADVANCE EARTHでした。
みなさん、良い年をお迎えください。
来年もADVVANCE EARTHをどうぞよろしくお願いします。

12/22 ADVANCE EARTH放送後記

環境に優しい取り組み、世界中のエコ活動を共有する「ADVANCE EARTH」。

今日ご紹介したのは、アメリカの車を所有していると住むことができない街!
来年の秋、アリゾナ州でオープンする居住地区「カルデサックテンピ」です。
住民1,000人でスタートするこの街は、自家用車の数が0台なんです!

「交通渋滞、事故の発生や二酸化炭素の排出による大気汚染など、
車が原因の課題なら、車を使わない仕組みを作ればいいんじゃない?」

そんな大胆なアイディアを思いついた、街の開発者ジョンソンさんとベレンズさんは、
「自動車が当たり前になった後の世界を作る、世界初の不動産デベロッパー」として、
この大がかりな街づくりに取り組みました。

とはいえ、カルデサックテンピ地区では、あくまでも“自家用車を持たない”決まりがあるだけで、
車を使ったサービスを利用することはできます。人々の移動は、バスなどの公共交通機関や自転車を利用。
そして車の往来が通常の街より少ないので、道路はアスファルトではなく、花崗岩や雨水が浸透しやすいもので作られ、
熱がこもるのを抑えられるといいます。

環境への配慮を町全体で実現するという、まさにダイナミックな計画は今後、街づくりのお手本になるかもしれませんね。

************************************************

番組では、みなさんからの、エコ活動報告もお待ちしています。
ただいま募集中のテーマは

「私の空きビン・空き缶リサイクルアイディア!」

捨てるのがもったいないビンや缶。あなたはどう再利用していますか?

************************************************

おまけ☆☆☆☆☆

パーソナリティの三原勇希です★

今年最後のブログ担当です。
この一年は間違いなくエコなことや環境問題への関心が高まり、
行動できた一年でした!
気持ちがいいもんですね。

最近はクリスマスリースを手作りしました!
100均でリース台とワイヤーを買い、
おはなやさんでもみの木の枝などを購入。
木を何種類か使うと、
シンプルでも立体感が出てかわいい♡
これ、それっぽいものなら何でも、
お庭の木とかでも作れちゃいますよ。

pic-1222-1.jpg

今年、アドバンスアースを聞いて下さった皆様
ありがとうございました!
良いお年をお過ごしください♩
年末年始は、こーんな感じで↓過ごしたい…

19-1222pic-2.jpg

12/22 ADVANCE EARTH放送後記

環境に優しい取り組み、世界中のエコ活動を共有する「ADVANCE EARTH」。

もうすぐ幕開けとなる2020年、アメリカでは、車を所有していると住むことができない街が誕生することになりました。
それは来年秋、アリゾナ州でオープンする居住地区「カルデサックテンピ」。
住民1,000人でスタートするこの街は、自家用車の数が0台なんです!

「交通渋滞、事故の発生や二酸化炭素の排出による大気汚染など、車が原因の課題なら、車を使わない仕組みを作ればいいんじゃない?」
そんな大胆なアイディアを思いついた、街の開発者ジョンソンさんとベレンズさんは「自動車が当たり前になった後の世界を作る、世界初の不動産デベロッパー」として、この大がかりな街づくりに取り組みました。

とはいえ、カルデサックテンピ地区では、あくまでも“自家用車を持たない”決まりがあるだけで、車を使ったサービスを利用することはできます。人々の移動は、バスなどの公共交通機関や自転車を利用。そして車の往来が通常の街より少ないので、道路はアスファルトではなく、花崗岩や雨水が浸透しやすいもので作られ、熱がこもるのを抑えられるといいます。

環境への配慮を町全体で実現するという、まさにダイナミックな計画は今後、街づくりのお手本になるかもしれませんね。

************************************************

番組では、みなさんからの、エコ活動報告もお待ちしています。
ただいま募集中のテーマは
「私の空きビン・空き缶リサイクルアイディア!」

大掃除のゴミに出さずに再利用!
あなたのアイディアを募集中です。

************************************************

おまけ☆☆☆☆☆

12/15 ADVANCE EARTH放送後記

環境に優しい取り組み、世界中のエコ活動を共有する「ADVANCE EARTH」。
今日は、2022年にフィンランドでオープンするリゾートホテル「Arctic Blue Resort」をご紹介しました。こちらは、排出する二酸化炭素の量が少なければ少ないほど宿泊費が下がるというちょっと変わった仕組みを導入予定のホテです。宿泊している間、電気や水の使用量を抑えたり、より環境に配慮した食事を摂るようにすれば、それに応じて割引されるのだとか。

ホテルの場所は、大自然に囲まれたところにあるので、電気を消して、満点の星空を楽しめるのですが、こうしたアクティビティ自体が、環境への負荷を減らす行動とみなされ、最大で50%もオフになるといいますから、うれしいですよね。

エリア内に木を植えて帰れば、さらに5%割引されるので、のちのち木々が増えていく仕組みづくりにも、ぬかりありません。また、エリア内の電気はすべてバイオエネルギーなど自然由来のものを供給し、建物は環境への負荷を最小限に抑えた建築資材を使うなど、施設の運営にもこだわりが詰まっています。

エコフレンドリーな生活を、まずは旅で体験してみるのもいいですね。

************************************************

番組では、みなさんからの、エコ活動報告もお待ちしています。
ただいま募集中のテーマは
「私の空きビン・空き缶リサイクルアイディア!」

ゴミとして扱わず、インテリアに使っている方も多いようです。
あなたの利用法を教えてくださいね。

************************************************

おまけ☆☆☆☆☆

 

pic19-1215.jpg

 

点灯時間直前のイルミネーションです。
電気が通ってなくても、十分にキレイ!!
しかもこちらは、開催期間の全期間、使用電力の100%を
再生可能エネルギーの電気で運営しているそうです。

寒さ本番となってきましたが、心温まるイルミネーションも
そんな取り組みを知ると、もっと素敵に見えるものですね〜。

では、また来週!

12/8(日) ADVANCE EARTH放送後記

環境に優しい取り組み、世界中のエコ活動を共有する「ADVANCE EARTH」。
今日はメキシコから、缶のドリンクを持ち運びしやすくした、ユニークな方法をご紹介しました。
 
缶のドリンクをたくさん持って運ぶ時、みなさんはどうしますか?
「ビニール袋に入れて運ぶ」のは手軽ですが、プラスチックゴミが問題視される中、お店で、しかも無料でビニール袋をもらうのは、これからは難しくなるかもしれません。
 
そこで、メキシコのコロナビールが考えたのは、缶そのものをつなげて持ち運びやすくすること。
ペットボトルの蓋を閉めるように、上の缶と下の缶を合わせて少しひねったら、つなげられるようにしたのです。
縦に10個くらいまで連結が可能ですが、10個もつなげると、まるで野球のバットのよう!
でもこれなら一度にたくさんの缶を、何も使わずに持ち歩けますね。
 
飲料業界では毎年、1,700万トン以上ものプラスチックを包装に使っているのだとか。
実際コロナビールも、これまでは6缶を1セットにして運べるプラスチック製の輪っかをつけて販売していました。
コロナビールのブランドマネージャーは、
「誰でもこの缶のデザインを使えるように設計図を公開しています。
業界全体で取り組めば、環境にとってプラスになるでしょう。」と語っています。
 
ちょっとした工夫でゴミを減らせる仕掛けは、発想を変えたら、まだまだあるかもしれませんね。
 
 
 
************************************
 
番組では、みなさんからの、エコ活動報告もお待ちしています。
ただいま募集中のテーマは
「私の空きビン・空き缶リサイクルアイディア!」
 
「この使い方、私だけ?」と思うものの中に、
グッドアイディアがあるかも!?
 
************************************
 
おまけ ☆☆☆☆☆
 
IMG_2729 (1).JPG
 
いつもお惣菜を買うスーパーで、持ち帰り用に入れている袋を何気なく見ると、なんと! 紙とフィルムでできたこの袋だと、プラスチック容器よりもCO2の排出が70%も抑えられるんだとか!
単純に、プラ容器はかさばるから…という理由で使わなかっただけなんですが、ゴミも少なくて済むし、エコな選択ができていたなぁと思いました^^
 
それではまた来週〜(^-^)/

12/1 ADVANCE EARTH 放送後記

環境に優しい取り組み、世界中のエコ活動を共有する「ADVANCE EARTH」。

今日は、自宅に簡単に設置できるソーラーパネルをご紹介しました。
オーストラリアの建築家ベン・バーウィックさんが開発したのは、
“ソーラー”と日本の“折り紙”をあわせた「ソルガミ」。
照明効果と発電効果を兼ね備えた、折り畳み式のブラインドです。

ソーラーパネルといえば、大きな一枚板が一般的ですが、「ソルガミ」は、
薄い膜のような太陽電池が貼られた、三角形のパネルを使います。
これが、立体的に積み上げられ、まるで牛乳パックが積み重なったような見た目です。

本来は日光を遮るのがブラインドの役割ですが、
「ソルガミ」は日当たりの少ない住まいでこそ活躍します。
光を何度も反射させる角度でパネルを積み上げてあるので、
部屋の奥まで明かりが届くうえに、わずかな太陽の光でも、
より多くの電力を生み出すことを可能にしました。
しかも、使わない時は折り畳んでコンパクトにできるのもうれしいポイントです。

狭いおうちでも、太陽光発電を簡単に行える、全く新しいソーラパネル。
私たちのエネルギーに対する意識も変わりそうです。

************************************

番組では、みなさんからの、エコ活動報告もお待ちしています。

ただいま募集中のテーマは

「空き缶・空き瓶のリサイクル法」

「これは!」と思う、あなた自慢のリサイクル法をぜひ教えてください。

************************************

おまけ ☆☆☆☆☆

パーソナリティの三原勇希です。

いよいよ今年もあと30日。

 

pic1201.jpg

 

今朝の放送でお話した、レシートでできたお花。

新幹線で隣になったおじいさんが

私にくださいました。

…惚れてまうやろー!!!

 

たまたま(もう反対の)隣になった外国人の女性と、

英語で話しながらこの折り方を教えていたおじいさん。

素敵な方でした。

 

こんな風に、隣合わせた知らない人と、

自然に話せることが増えたらいいな〜。

 

11/24(日)ADVANCE EARTH放送後記

環境に優しい取り組み、世界中のエコ活動を共有する「ADVANCE EARTH」。

今日ご紹介したのは、着なくなった服に対する取り組み。オーストラリアでは、着なくなった服を集めて貸し出すお店「Lost Property Library」がオープンしました。お店の会員になると、1カ月3,000円で、お店の中にある好きな服を借りられるようになります。
貸し出す服は、寄付によって集められますが、何度もいろいろな人の手に渡るので、お手入れが必要になってきます。そこで、定期的に服を補修するボランティアの会合も開催しているのです。

古着が大好きで、クローゼットの中と、小売業界の無駄をなくしたい! と、このお店を立ち上げたサラ・フリーマンさんは語ります。洋服もいつか、シェアすることが当たり前になるかもしれませんね。

************************************

番組では、みなさんからの、エコ活動報告もお待ちしています。
ただいま募集中のテーマは
「空き缶・空き瓶のリサイクル法」

飾っておくだけでも可愛いものがたくさんある缶や瓶。
あなたの工夫を番組にメールしてください。

************************************

おまけ ☆☆☆☆☆

 

pic1124.jpg

 

すっかり秋となりました。
年々、変な天候が多くなってきて
地球はどうなってしまうんだろう? 
と不安になることもありますが、
日本の四季を感じると、
「環境に対して自分の出来ることを小さくても確実に・・」と
改めて思います。

では、また来週♪

アーカイブ