ADVANCE EARTH

パーソナリティ

プロフィール 三原勇希

ウィンターアロハ2019

☆タイトル:ADVANCE EARTH
☆放送日時:毎週日曜日 10:10〜10:20

(「びーさんぼーいず〜Be SUNDAY BOYS〜」内)
☆パーソナリティー:三原勇希

5/19 ADVANCE EARTH 放送後記

環境にやさしい取り組み、世界中のエコ活動を共有する「ADVANCE EARTH」。

今日の担当はスタッフのMです。

 

今日はタイのチェンマイにある「エレファントプープーペーパーパーク」という観光施設をご紹介しました。草食動物である象の糞には、食物繊維が多く含まれているため、それを原料に紙を作ろう! というユニークな施設です。この紙は、象のフンのほか、サトウキビやバナナなど植物の繊維、自然由来の着色料などを人の手で混ぜあわせ、作られます。訪れた観光客は、象のフンが紙となるまでの工程を見学したり、実際に紙作りを体験することができるのです。ここで作られた紙は販売もされていて、そのとき、包装に使われるプラスチックも、植物の成分から作ったものにこだわっています。

 

さらに敷地内にあるカフェは、ストローに廃棄された植物の繊維を再利用して作ったものを使い、フルーツやサラダの多くは、公園にあるオーガニックガーデンから収穫したものを提供する…。そんな風に、いろいろな場面で環境に配慮しています。

 

**********************************************************

 

番組ではみなさんからのエコ活動報告もお待ちしております。

ただいま募集中のテーマは

「エコ成功談・失敗談」

 

エピソードを番組あてに送って、アイディアをみなさんでシェアしませんか?

**********************************************************

★  おまけ★

 

pic0519.jpg

 

先日、出先で散歩をしていたら紙ゴミを収集する

「リサイクルステーション」なるものを発見。

紙の種類によって、分けて置いていけるようになっていました。

いつでも持って来てもいいのかな??

こんな場所があるとエコ心がくすぐられますよね。

 

それでは、また来週!

5/12(日)ADVANCE EARTH放送後記

環境に優しい取り組み、世界中のエコ活動を共有する「ADVANCE EARTH」。

今回の担当は構成のIです。

今日は、主婦目線でエコを実践する、イギリスのあるお母さんのお話をお送り致しました!

 

水を使うと必ず出てしまう、生活排水。

それを再びキレイにするためには、さらに多くの水が必要となります。

例えば、あるデータによりますと、1回のシャンプーで出た排水に対し

およそ一般的な家庭の浴槽、1杯分くらいの水が使われるそうです。

 

そんな中「水(みず)環境」に対し、高い意識を持った、

1人のイギリス人女性が注目されています。

デヴォン州に住む二児の母親、ジェニーさんです。

彼女は、インドやネパールで、衣類を洗うときに

ムクロジという木の実が、洗剤代わりに使われているのを知りました。

この木の実は、市販の洗濯洗剤と同じ、サポニンという成分が含まれています。

けれども、イギリスでムクロジは手に入りません。

そこで、彼女は同じサポニンが含まれる、トチの実を使って洗剤を作ったのです。

 

作り方は、粉々に潰したトチの実を、衣類と混ざらないように布の小袋に入れ、

あとは洗濯機に入れるだけ! これでジェニーさん流、お手軽洗剤の完成です。

また、洗濯以外にも、こだわりはいろいろ。

彼女はシャンプーの代わりに重曹水を使い、

コンディショナーには、アップルビネガーを代用しているのです。

このアップルビネガーもジェニーさんの手作りといいますから、

徹底ぶりがうかがえますよね。

 

そんな彼女の主婦目線で手軽に取り組めるエコ活動は、

今、SNSを通して世界中で支持を集めています。

 

 

「身近なところから、すぐ始められる。」

そんなところに、ヒントがありそうです。

 

 

 

 

***********************************

番組では、みなさんからの、エコ活動報告もお待ちしております。

明日、4月からの募集テーマは

エコ成功談・失敗談」です!

 

みなさんの「工夫して、こんなエコに成功したよ!」や、

「試みたけれど、失敗してしまったエコ…」など、みなさんが体験した成功談、失敗談を

募集しています。

番組あてに教えてください!!

***********************************

 

 

おまけ☆☆☆☆☆

 

今回のジェニーさんのお話・・・・・・身近なところからエコを実践するなんて

素敵な取り組みだなと思いました。

是非、習ってみたいです!・・・・・・が、まったく料理もできない私、いろいろハードルは高そうです。。

 

そして・・・

やっと花粉症が治まってきました(>_<)*

花粉症の皆さん、お疲れ様でした・・・!

5/5 ADVANCE EARTH 放送後記

環境にやさしい取り組み、世界中のエコ活動を共有する「ADVANCE EARTH」。

 

今日ご紹介したのは、オーストラリアのロイヤルメルボルン工科大学が開発した「気体である二酸化炭素を、固体の石炭に変えて地中に戻す」という新技術。これまでも、地下に埋めるという試みはありましたが、様々な問題があり、実現するのは難しかったといいます。しかし今回、研究チームは独自に開発した液体金属を混ぜることで、固めることに成功したそうです。

 

この生まれ変わった石炭は、リサイクルできる蓄電池として、将来、自動車のバッテリーなどに使えるかもしれないとのこと。さらに、製造過程で作られる合成燃料も、様々な工業分野で活用できる「資源」となる可能性があるのです。この開発は実現に向けて、まだまだ研究が必要ですが、ドイツや、中国、アメリカなど各国の研究者も参加し、力を合わせて取り組んでいます。実現が待ち遠しですよね。

**********************************************************

番組ではみなさんからのエコ活動報告もお待ちしております。

ただいま募集中のテーマは「エコ成功談・失敗談」

 

過去にトライしたエコな取り組みをメールで教えてください!

**********************************************************

4/28 ADVANCE EARTH 放送後記

環境にやさしい取り組み、世界中のエコ活動を共有する「ADVANCE EARTH」。

スタッフのMです。

今日は2012年、若干7歳にしてエコバンク「バートセラーナ学生銀行」を設立たペルーの男の子のお話を紹介しました。この銀行の大きな特徴は、子供だけしか預金者になれないこと! そして、預金にはお金ではなく、“リサイクル可能なゴミ”が使われるのです。

  

仕組みはまず、プラスチックや紙などのゴミをエコバンクに持っていきます。そうすると、提携しているリサイクル業者がゴミを買い取り、その量に応じた金額が口座に振り込まれるというもの。預金者は、自分で設定した目標金額が貯まるまでは口座からお金を引き出すことはできないというのも、この銀行の面白い点です。

 

彼がこのアイデアを思いついた当初、周りからは大反対されたそうですが諦めることなく先生たちの協力を得て銀行を設立、現在は、利用者が3000人以上となり、世界の一流銀行からも提携したいとアプローチを受けるまでになりました。      

 

**********************************************************

 

番組ではみなさんからのエコ活動報告もお待ちしております。

ただいま募集中のテーマは

「エコ成功談・失敗談」

 

「この取り組みは成功か失敗か?」現在、お試し中のアイディアもOK!

メール、お待ちしています。

 

**********************************************************

★  おまけ★

pic0428.jpg

本日、放送で発表となりましたが、

パーソナリティーの今井ちひろさんが産休のため、

しばらく番組をお休みすることになりました。

ママとなって元気にマイクの前に帰って来るまで、

来週から番組を預かるのは、タレントでモデルの三原勇希さん。

みなさん、これまで通り今井さん、そして三原さん、

2人への応援をどうぞよろしくお願いします。

 

それでは、また来週!

4/21(日)ADVANCE EARTH放送後記

環境に優しい取り組み、世界中のエコ活動を共有する「ADVANCE EARTH」。

今回の担当は構成のIです。

 

みなさんは普段、本を読みますか?

文化庁が行っている3500人を対象とした調査によれば

「1ヶ月に本を一冊も読まない」と答える人は、およそ半分にものぼるそうです。

       

今日ご紹介するのは、そんな日本と同じような傾向にあるイタリアのお話し。

南部の小さな町「ポッラ」の、とある書店が

子どもたちに本を読んでもらおうと、面白い取り組みを始めたのです。

それはペットボトル1つ、アルミ缶1つのセットと

本1冊を交換するというもの。14歳未満の子供が対象です。

 

このプロジェクトが生まれたきっかけは、

書店を経営するミケーレ・ジェンティーレさんが、

ゴミの山を目にした時でした。

 

「このゴミを換金したら、中学生の子供、1年分の書籍代が

十分まかなえる金額だ!」と気付いたのだそうです。

 

すぐに、ミケーレさんは地元の学校に提案し、

2日間でおよそ6万5000円分のゴミを集めました。

そしてこのお金はすぐに、クラス全員分の本の購入に当てられたのです。

                    

ちなみに、ミケーレさんによる、このプロジェクトは、

戦後、ナポリで生まれたという、助け合いの気持ちを取り入れています。

 

それは、温かい飲み物を必要としている誰かのために

会計のとき、一人分多くコーヒー代を支払う、という風習のこと。

そのおかげでカフェを訪れた貧しい人は、

無料でコーヒーを飲むことができるのだとか。

 

ミケーレさんのお店でも、事前に沢山ゴミを寄付した子がいたら、

後から来た別の子は、ゴミを渡さずに本を受け取れる・・

そんな仕組みもあるそうですよ。

 

***********************************

番組では、みなさんからの、エコ活動報告もお待ちしております。

明日、4月からの募集テーマは

エコ成功談・失敗談」です!

 

みなさんの「工夫して、こんなエコに成功したよ!」や、

「試みたけれど、失敗してしまったエコ…」など、みなさんが体験した成功談、失敗談を

募集しています。

番組あてに教えてください!!

***********************************

 

 

おまけ☆☆☆☆☆

 

私は最近はなかなか本を読めなくなってしまいました。

今回のミケーレさんのお話しで、祖母のことを思い出しました。

 

祖母は厳格な人で、当時流行っていたゲームボーイなどは買ってくれませんでしたが、

本なら何冊でも買ってくれました(^^)

本当はゲームボーイやりたかったんですけどね……。

 

いくつになっても本から学ぶことは沢山ありますね!

今回のような取り組みが日本にも生まれると嬉しいなと思いました。

4/14(日)ADVANCE EARTH放送後記

環境に優しい取り組み、世界中のエコ活動を共有する「ADVANCE EARTH」。

今日の担当は今井ちひろです。

 

今日ご紹介したのは、古タイヤを再利用して、新たな商品を生み出したブラジルのデザインアーティスト、アマリウド・シルヴァさんのお話し。普段、小売店でレジ打ちの仕事をしている傍ら、環境問題にも積極的に取り組んでいる彼が作ったのは、ペットたちの「ベッド」です!

            

作り方はまず、タイヤを横に倒し、上部の開いた平たい円柱になるようにカットします。大きな鍋のようになったタイヤに、今度はカラフルな色を使ってペイント。タイヤ特有の黒い色をパステルカラーへ変えてしまうのです。あとは、持ち運ぶための取っ手をつけ、自ら縫ったマットレスを敷いて完成! 

 

最初は、野良犬や野良猫のために作っていたのですが、いつしかSNSでカラフルなデザインが人気となり、世界中からオーダーがくるようになりました。2年間で500個以上も売れたそうですよ。

 

休日には保護動物たちの救助活動も行うシルヴァさんですが、ときには、公立中学校などを訪問して、

生徒たちにベッドの作り方をレクチャーすることもあるのだとか。ゴミになるはずのものがヒット商品となり、さらには動物愛護にも繋がるこの取り組み。なんだか温かい気持ちになりますよね。

 

************************************

番組では、みなさんからの、エコ活動報告もお待ちしています。

ただいま募集中のテーマは

「エコ成功談・失敗談」

 

成功して引き続きトライしていること、失敗して工夫したこと。。あなたの経験談を送ってください。

************************************

 

おまけ ☆☆☆☆☆

 

新しく、お出かけ先で使う歯ブラシをゲットしました〜!

 

pic0414.jpg

 

およそ一年半程前に番組で取り上げた、スウェーデンの100%土に還る素材で作られた環境にいい歯ブラシです。

ちなみに、パッケージもリサイクル紙を使用しています。

せっかく買うなら、少し値段は高いけど、環境にいいものを!と思い、購入しました。

 

何色から使おうかな♪

見た目もオシャレだし、歯磨きタイムが楽くなりそうです♪

 

それではまた来週〜(^-^)/

4/7(日)ADVANCE EARTH放送後記

環境に優しい取り組み、世界中のエコ活動を共有する「ADVANCE EARTH」。

おはようございます、スタッフのMです。

 

みなさんは公益財団法人イオンワンパーセントクラブが主催している「イオンeco-1(エコワン)グランプリ」という活動をご存じですか? これは、高校生が学校単位で取り組んでいるエコ活動を募集し、

その取り組みを表彰するコンテストです。  これまでの受賞校は、特産物の「ウニ」を資源としてリユースしたり、また、ごみ処理について考えるために28分別にチャレンジした学校もあります。ほかにも、学校そのものを緑地化したり、使われなくなった車いすを修理して海外に届ける活動など、工夫と創造を生かした高校が認められてきました。

 

イオンエコワングランプリには〈『エコの環(わ)』スクール〉という登録制度も設けられていて、すでに200を超える高校が登録しています。こちらは、高校生同士の全国的なネットワーク作り、情報交換などができるコミュニティとして活用されているんだそうです。

 

イオンエコワングランプリホームページでは、第7回までの高校生たちの取り組みが紹介されているので、みなさんもぜひチェックしてみてください。

 

高校生が取り組むエコ活動を知ること。それは、私たちが出来ることのヒントになるかもしれませんね。

 

************************************

番組では、みなさんからの、エコ活動報告もお待ちしています。

ただいま募集中のテーマは「エコ成功談・失敗談」です。

 

失敗しても、取り組む姿勢が大事! いろいろ教えてください!

************************************

 

おまけ ☆☆☆☆☆

花粉症ゆえ、この時期使用するマスクの数が半端ないです。

 

pic0407.jpg

 

お風呂の排水口に溜まった髪の毛を取る時、素手で触るのが嫌で、

これまで厚手のキッチンペーパーを使っていたのですが、

使用済マスクを使ってみたら、あら便利。

以来、使用済みマスクは取っておくようになりました。

セコイですかね。。

 

では、また来週♪

 

3/31(日)ADVANCE EARTH放送後記

環境に優しい取り組み、世界中のエコ活動を共有する「ADVANCE EARTH」。

今回の担当は構成のIです。

 

毎年、およそ13億トンが捨てられるという、食品廃棄の問題。

これは、食料生産量の3分の1にあたるといわれています。

そんな中、イギリスのスーパー「テスコ」は、

廃棄される運命だった食べものを、慈善団体に寄付するアプリを開発しました。

 

その仕組みはとても効率的で、

各店舗がその日に余った食品をアプリに入力する一方、

慈善団体は、そこから欲しいものだけ選んで受け取り、

必要としている人たちに提供するというもの。

 

テスコはこれまでにも、

30万食もの食材を寄付してきた実績があります。

ただその反面、どのように調理したらいいかわからない、

といった声もあがっていました。

 

このような状況を受けて、テスコはさらなる取り組みを始めます。

今回は調理を担当する慈善団体の人たちへ

余った食材を使った料理教室を開いたのです。

レシピを担当したのは、ジェイミー・オリヴァー氏。

彼はシェフでありながら、学校給食改善運動などの取り組みや、

ジャンクフードばかりの子どもたちの食生活を変えようといった、

活動を行ってきた人物です。

 

この教室のレシピは、廃棄予定だった食品を使っているからといって

特に変わったものではなく、

コテージパイなどイギリスではお馴染みの料理をラインアップ。

 

料理教室への参加は無料で、ナイフの技術や食品の栄養素、

ソースのレシピまで学べる、多彩なものになっているそうですよ。

 

単なる食品の寄付では終わらないテスコの取り組み。

これからも目を離せません。

 

***********************************

番組では、みなさんからの、エコ活動報告もお待ちしております。

明日、4月からの募集テーマは

エコ成功談・失敗談」です!

 

みなさんの「工夫して、こんなエコに成功したよ!」や、

「試みたけれど、失敗してしまったエコ…」など、みなさんが体験した成功談、失敗談を

募集しています。

番組あてに教えてください!!

***********************************

 

 

おまけ☆☆☆☆☆

 

私のエコ成功談は……

トルコランプ作りに挑んだことです!

部屋で電気を付けることの多かった私ですが、トルコランプを自分で作ってから、

その明かりの綺麗さを堪能するためになるべく早く布団に入るようになりました!

そのため、明かりをきちんと消す習慣が出来ましたよ!

トルコランプの柔らかい明かりは心身のリラックスにも繋がって月々の電気代も僅かですが安くすることが出来ました(^^)!小さいですが私の成功談です。

みなさんの成功談、失敗談も教えてくださいね*

3/24(日)ADVANCE EARTH放送後記

環境に優しい取り組み、世界中のエコ活動を共有する「ADVANCE EARTH」。

おはようございます、今井ちひろです。

 

今日は、年間550万人以上の観光客が訪れるバリ島のお話し。人気のバリ島ですが、実は、海岸線に食品トレーやビニール袋が積もっている・・・そんなビーチもあるほど、プラスチック問題は深刻だと言います。このような状況を背景に、今日ご紹介するバリ島のリゾートレストラン「イジェン」は誕生しました。「なるべくゴミを出さないようにしよう!」というコンセプトのもと、生まれたレストランです。

 

店内のこだわりから注目するとイジェンはフロアからメニューまでの、ほぼ全てがリサイクル素材で作られています。家具には、廃棄されたオートバイの一部を使ったり、床に至っては、割れたグラスやお皿をオシャレに再利用してしまうなど、すぐには思いつかない、意外なリサイクルを実現しているんです。そして肝心となるお料理は、オーガニックなものや地元で獲れた食材を使います。ちなみにお魚は、

必要な量だけを捕る「一本釣り」の漁師さんから仕入れているという、徹底ぶりです。食べ残しは、農場で豚に与えたり、敷地内のコンポストで堆肥に再資源化。貝殻も粉末にして肥料にしてしまうそうですから、まさに「ゴミを生み出さない」レストランと言えますね。

 

************************************

番組では、みなさんからの、エコ活動報告もお待ちしています。

ただいま募集中のテーマは

「着なくなった服の有効活用法」

 

春ものを出した時に不要に感じたもの。どうしていますか?

番組宛てに教えてください。

************************************

 

おまけ ☆☆☆☆☆

 

机を整理してたら出てきました!

 

pic0324.jpg

 

古新聞を再利用して作られた鉛筆☆

いつどこで手に入れたのか、全く覚えてないのですが…笑

何年も前に何かの記念にもらった物だと思います(^^)

 

オシャレですよね!

日本語バージョンもあったら面白そう〜。

この鉛筆で何を書こうかなっ♪

 

それではまた来週〜ヽ(^o^)

3/17 ADVANCE EARTH 放送後記

環境にやさしい取り組み、世界中のエコ活動を共有する「ADVANCE EARTH」。

今日の担当はスタッフのMです。今日は、有害な化学物質を含まない、新しい建築資材をご紹介しました。実は、有害物質を多く含む建築資材は、寿命が短く、すぐに廃棄されてしまうため、環境にも大きな負担がかかるそうです。

 

紹介したのは、イギリスでは科学者とデザイナーたちがタッグを組み、廃棄予定のジャガイモを原料とした「Chip[s] Board」。使われるのは、食品として規格外になったジャガイモや、その皮。廃棄する時は、土に埋めても、自然由来なので環境に負荷がかかりません。つまり、資材の廃棄と食品廃棄、両方の問題を解決する、優れた素材なのです。さらには、チップスボード自体に、天然色素で着色したシリーズも登場! カラー展開も豊富です。素材そのものに色が付いているので、塗装しなおす手間がありません。そのため、手軽にDIYに使えたり、インテリアにも一役買いそうです。

 

今では、建築資材とてだけではなく、コースターやボタンなどが作られていたり…と、使い勝手のよい素材としても活躍しるそうですよ。

 

**********************************************************

 

番組ではみなさんからのエコ活動報告もお待ちしております。

ただいま募集中のテーマは

「着なくなった服の有効利用方」

 

春を感じる日には、洋服の整理をしたくなりませんか?

そんな時、不要となった服をどうしているか教えてください。

 

**********************************************************

★  おまけ★

 

pic0317.jpg

 

毎年、開花を楽しみにしている近所の庭木です。

1年が経つとちゃんと花を咲かせる不思議。

綺麗だな〜と感じるとき、

こういった自然のサイクルを壊したくないな〜

とも改めて思います。

 

それでは、また来週!

 

アーカイブ